このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
日常の鍼治療のテクニックと比較して側副血行療法と組み合わせてこすることで治療した膝関節痛の臨床的有効性を観察すること。
方法
2017年3月から2017年9月まで、鍼灸部から60人の膝関節痛の外来患者が収集されました。それらを無作為にA群(側副血行療法と組み合わせた掻爬で治療した)とB群(鍼治療の単純な針療法で治療した)に分け、それぞれ1例につき30症例であった。治療が毎日与えられ、10回が1コースからなると、2コースの治療が必要とされた。治療の終わりに、視覚的アナログ尺度(VAS)を2群の患者の疼痛指数、圧痛指数および全体的効果を評価するために採用した。Lysholm膝スケールに基づいて、スコアは治療前後の2つのグループの患者で比較された。
結果
総有効率はA群で96.7%、B群で86.7%であり、有意差を示した(P <0.05)。治療後のA群でVAS値は3.03±0.62であり、B群で3.67±0.74であり、差は統計的に有意であることを示した(P <0.05)。治療後のLysholm膝スコアはA群で89.2±4.8であり、B群で82.4±2.6であり、差は統計的に有意であることを示した(P <0.05)。 結論 側副血行療法と組み合わせたこすり取りは、膝関節痛に対する有効性において重要であり、そして臨床指導において実行可能である。 前の記事次の記事 キーワード 側副血行療法と組み合わせたかき取り膝関節痛定期的な鍼治療 ☆ 2017安徽省漢方医学大学の自然科学財団によるサポート:2017zrzd002。 ©2018鍼灸院の世界ジャーナルを代表してエルゼビアBVによって公開。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1003525718301181