このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
顎関節機能不全は痛みを伴うことができ、そして無能にすることができます。いくつかのケースでは、それは古典的な治療に耐えられません。関節内ボツリヌス毒素注射は、抗炎症作用および鎮痛作用を有することが示されている。本研究の目的は、重度の難治性の顎関節痛に対するそのような注射の有効性を評価することでした。これは後ろ向き研究でした。 他のすべての治療が完了した後も、ビジュアルアナログスケールで関節痛が 5以上の場合は、患者を含めた。完全な治療プロトコル(理学療法、舌副木、筋肉内注射を含む) ボツリヌス毒素およびヒアルロン酸の注射(手術を除く)が30ボトックス*単位(ボツリヌス毒素A)の注射の前に行われたこと。ビジュアルアナログスケールが少なくとも2ポイント減少すれば治療は臨床的に成功したとみなされる。77人の患者が含まれた。患者の66%が1ヶ月で疼痛の有意な減少を示し、それは少なくとも3ヶ月まで続いた。口の開きと生活の質も向上しました。さらに、合併症は報告されていません。結果を確認するためにさらに無作為化比較試験が必要であるが、この研究は、ボツリヌス毒素の関節内注射が、手術を回避し、重度の難治性の顎関節痛に対する安全で効果的な治療法であることを示唆している。
前の記事次の記事
キーワード
ボツリヌス毒素疼痛顎関節関節内注射鎮痛効果

この作品はすでに議会で発表されています。BatifolD、El Najjar F、Harding-Kaba B、Goudot P、Yachouh J(2010)。関節内注射による毒素ボツリヌス薬の作用 2010年9月30日〜10月2日、パリ(フランス)で開催された第46回「フランス国立口腔病学会」で発表された論文。Batifol D(2014)。ボツリヌス毒素鎮痛効果の関節内注射。2014年7月28日〜30日、米国サンフランシスコで開催された第3回国際会議および整形外科およびリウマチに関する展覧会で論文が発表されました。
©2018 Elsevier Masson SAS。全著作権所有。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2468785518301265

関連記事はこちら