このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
バックグラウンド
動的膝外反(DKV)は、体重負荷時の下肢の過度の内側への動きによって視覚的に特徴付けられる異常な動きパターンです。DKVの股関節と膝の運動学的要素の違いは、同じ観察された運動障害を示す人々における異なる疼痛問題の出現を説明するかもしれません。既存のデータセットの二次分析を使用して、機能的タスク中の股関節と膝の正面と横断面の角度が膝蓋大腿骨痛の女性と慢性股関節痛の女性の間で異なるかどうかを調べたこれら2つの痛みの集団。
方法
当初の研究では、膝蓋骨大腿骨痛を有する20人の女性および慢性股関節痛を有する14人の女性において、片足のスクワット中の3次元股関節および膝の運動学が得られた。スクワット中の疼痛強度を両群で評価した。二次分析のために、運動学データを、それぞれの対照群を参照として用いて疼痛群間で比較した。各疼痛群内で、運動学とスクワット中の疼痛との間の関係を決定するために相関係数を使用した。
結果
股関節の内転および対側性骨盤低下は、膝蓋大腿痛を伴うものと比較して慢性股関節痛を伴うものにおいて大きかった(効果量≧0.40)。膝関節外転(r  = 0.57、p  = 0.05)と股関節内転(r  = 0.55、p  = 0.05)が大きい間、より大きい膝外旋( r  = 0.47、p  = 0.04)は膝蓋大腿骨痛のある人におけるより大きい膝痛と相関していた。 0.04)慢性股関節痛患者におけるより大きな股関節痛と相関していた。
結論
腰部前頭面運動は、膝蓋大腿痛を伴うものと比較して慢性股関節痛をもつものにおいて大きかった。両方のグループにおいて、それぞれの関節でのより大きな異常な動き(例えば、膝蓋大腿痛グループにおける膝外転、慢性股関節痛グループにおける股関節内転および内旋)は、単肢スクワット中のその関節におけるより大きな疼痛と関連していた。
キーワード
前膝痛症候群大腿骨寛骨臼インピンジメント股関節キネマティクス膝関節片足スクワット
1 。前書き
18歳以上の4人に1人は慢性関節痛を報告している。1この状態は重大な機能上の制約2と経済的負担を招く可能性があります。2慢性関節痛の2つの一般的な原因は、膝蓋大腿痛と慢性股関節痛です。膝蓋大腿痛は、膝蓋大腿関節に位置する疼痛であり、下肢負荷を伴う活動を伴う膝蓋後または膝蓋骨周囲の疼痛を特徴とする。3つの慢性股関節痛4つのしばしばの診断に関連した深い股関節または鼠径部の痛みとして提示股関節インピンジメント、4構造の不安定性、4つの寛骨臼涙、 5つと軟骨の病変。6膝蓋大腿の痛みや慢性的な股関節の痛みのために最善の治療アプローチは、とらえどころのないまま。将来の治療戦略を最適化するためには、これらの疼痛状態に関連する要因をよりよく理解することが必要です。
機能的な作業中に示される異常な運動パターンは、慢性的な筋骨格痛の一因となる可能性があります。図7は、8つの動的膝外反(DKV)を目視中に下肢の過度の内側運動によって特徴付けられる異常な下肢運動パターンである重量軸受活性(図1 )。この過度の内側下肢の動きは、股関節の内転と内転、および膝の外転と外転を含むさまざまな程度の3次元(3D)関節運動学の増加からなる多関節多平面パターンです。9
図1
高解像度画像をダウンロードする(87KB)フルサイズの画像をダウンロード
図1。動的膝外反:明らかに増加した前頭面膝角度によって証明されるような下肢の過度の内側移動。
DKVの動きの増加は、膝または股関節に過度のストレスを引き起こし、時間が経つにつれて膝蓋大腿痛または慢性股関節痛につながる可能性がある。例えば、股関節内転の増加、腰内部回転、および膝外旋は、動的増加させることができる四頭角度を、図9は、それによって横方向に向けられた応力増加10 に膝蓋骨膝蓋大腿痛に関与し、peripatellar組織。同様に、誇張された股関節内転および内部回転は、大腿骨、骨盤、および関節内構造の互いに対する接合部を増大させることによって股関節応力を増大させ得る。11時間が経つにつれて、これらの過度のストレスは慢性的な股関節痛につながる可能性があります。11
DKVに関連付けられた変更された股関節と膝運動は膝蓋大腿痛を有する女性で報告されている12、13、14、15、16未満検討するが、改変された股関節運動は、慢性股関節痛を有する女性において観察されている7、17これは、DKVを有する女性が膝蓋大腿骨痛または股関節痛を有する患者の間で患者の表現型を表し得ることを示唆している。しかしながら、膝蓋大腿骨痛を有する人は、慢性的な股関節痛を有する人と比較して、DKVの異なる3D運動学的構成要素(例、股関節内転、膝外転、および膝外転)を示す可能性がある。 。この運動学的変動は、膝関節または股関節のどちらかに比較的大きな応力を生じさせる可能性があり、非常に似た外観の異常な運動パターンにもかかわらず、一方の集団が膝痛および他方の腰痛を発症する理由を説明するのに役立ち得る。
我々は、観察されたDKV(膝蓋大腿痛および慢性股関節痛)を有する女性のサブグループがDKVの3D運動学的構成要素において異なるかどうか、および関節特有の運動と機能的作業中に経験する痛みとの間の関係があるかどうかを決定することに興味を持った。これらの質問の最初の調査として、既存のデータセットの二次分析を行いました。我々は、膝蓋大腿骨痛の女性は、慢性股関節痛の女性と比較して、単肢スクワット中に、より大きな膝外転と相対的な膝外旋、およびより少ない股関節内転と股関節内旋を有すると仮定した。第二に、膝関節大動脈痛と膝運動学の間の関係を示すが、股関節運動学の間ではないことを示す我々の以前に発表された研究に基づいて、18我々は、股関節の運動や痛みがこのグループに関連していないのに対し、より大きな股関節内転および内旋が慢性股関節痛の人々のより大きな股関節痛に関連すると仮定した。臨床医が患者の膝蓋大腿痛または慢性股関節に寄与する可能性がある特定の運動障害に対処するためのよりターゲットを絞った運動ベースの治療法を開発するのを助けることができるので、関節特有の運動学的差異および関節特有の運動と痛みの間の関係を決定することは重要です疼痛。
2 。材料および方法
2.1 。実験計画
運動学的、疼痛、および参加者の特徴的なデータは、当初、別々の研究室で行われた 2つの独立した横断的研究の一部として取り込まれた。最初の研究では膝蓋大腿痛のある人の運動学を分析し、 18番目の研究では慢性股関節痛のある人の運動学を分析した。19 元の研究では、治験審査委員会によって承認されたサン・ルイ大学とワシントン大学ヒューマン研究保護庁。最初の研究に参加する前に、すべての参加者はインフォームド・コンセントの声明に署名しました。参加者のすべての権利は保護されていました。
2.2 。参加者
2.2.1。募集
最初の研究からの疼痛群の参加者は18〜40歳のすべての女性であり、過去1週間で少なくとも10分の3の平均疼痛レベルを有し、症状の持続期間は少なくとも2ヶ月であった。膝蓋大腿痛グループの参加者は、セントルイス首都圏から2009年から2011年の間に募集されました。セントルイス大学とワシントン大学のキャンパスから。医師の連絡先や理学療法士からの口コミによる紹介同僚 そして周囲のコミュニティに掲示されたチラシを通して。2011年から2013年の間に、ワシントン大学の整形外科、理学療法およびリハビリテーション、ならびに理学療法クリニックから慢性股関節痛グループの参加者が募集された。ワシントン大学の研究ボランティアデータベース。そして公の発表。
両方の研究室はまた、口コミ紹介とコミュニティに掲示されたチラシを使用して、同じ期間にコントロール参加者(18〜40歳の女性)を募集しました。現在の分析の目的のために、データが異なる実験室で収集された疼痛群間で運動学を比較するための参照を提供するために、対照群からのデータを含めた。
2.2.2。包含基準
膝蓋大腿痛グループ(膝蓋骨の後ろまたは周囲にある痛み)の症状は、3回のうち2回の誘発試験(抵抗性等尺性膝関節伸展、ステップダウン、片足スクワット)によって誘発されなければなりませんでした。18慢性股関節痛群(深関節または前股関節痛)の症状は、股関節屈曲、内転、内転試験によって引き出されなければならなかった。20この分析に含まれるように、両方の痛みのグループの参加者はまた、単一の四肢スクワットテスト中に観測可能DKVを証明しなければなりませんでした。観察可能なDKVは、目視観察によって決定されるように、10°以上の正面の膝角度の増加として定義された。、観察されたスクワット試験の大部分の降下段階の間。この視覚的分類は、単肢スクワットの間に得られる2次元の膝の前面の投影角度と高いレベルの一致を有することが実証されている。21元の研究からの20人の膝蓋大腿痛患者がこの基準を満たし、この分析に含まれた。疼痛基準を満たした31人のスクリーニングされた潜在的参加者のうち4人(13%)のみが、DKVを有していなかったために除外された。他に7人の参加者が除外されました。膝蓋大腿痛およびDKVを有する女性は、年齢(DKV 対 noDKV:22.4±4.3 対23.3±2.4歳)、体重(62.5±7.6)に関してDKVを有しない女性(noDKV)と同様であった。対 63.5±8.8キロ)、身長(167.2±6.5 対 165.1±4.8センチメートル)、そして先週の平均痛み(4.0±1.3 対 3.7±1.4)。最初の慢性股関節痛研究から、DKV基準を満たしていなかったため、30人中16人(53%)が本分析から除外された。そのため、残りの14名の慢性股関節痛参加者が現在の分析に含まれた。慢性股関節痛およびDKVを有する女性は、年齢(DKV 対 noDKV:27.2±5.3 対 25.6±4.5歳)、体重(66.4±11.9 対 65.1±7.8 kg)、身長に関してDKVを有しない女性と類似していた(166.9±8.0 対 167.6±5.1 cm)、および過去1週間の平均疼痛(3.9±2.2 対 3.6±1.7)。
膝蓋大腿痛の研究では、DKVは24年間の経験を持つ理学療法士である主任研究者によって決定され、患者はリアルタイムでスクワットを行うことを観察しました。慢性股関節痛の研究では、DKVはスクワット試験のビデオ記録を観察した16年間の経験を持つ理学療法士である主任研究者によって決定されました。ビデオ録画は複数回視聴することができたが、それらは通常の速度で再生され、膝蓋大腿痛研究と同様にDKVを決定するために同じ基準が使用された。さらに、2人の主任研究者は、DKVの視覚的分類において互いに優れた一致を示しました。21
対照参加者の包含基準は、膝関節(膝対照)または股関節(股関節制御)の無痛状態であった。
2.2.3。除外基準
すべてのグループの参加者は、彼らの肥満度指数が30 kg / m 2を超える場合、または運動試験中の調整またはバランスに影響を与えるであろう神経学的関与を有する場合は除外した。膝靭帯、腱、または軟骨損傷の病歴(または現在の報告)がある場合、膝蓋大腿痛グループの参加者は除外された。外傷性膝蓋骨脱臼。膝蓋骨の不安定 前膝の手術。可動性を制限する股関節や足首の痛み。慢性股関節痛グループの参加者は、股関節骨折または股関節手術または膝または腰痛の既往歴がある場合は除外した。 それは彼らの機動性を制限した。
膝蓋大腿痛(膝制御)または股関節痛(股関節制御)の現在または過去の病歴がある場合、対照参加者は除外した。元の膝蓋大腿骨痛研究のさらなる除外基準は、観察可能なDKVの存在であった。スクリーニングされ、他のすべての基準を満たした52人の潜在的な膝制御参加者のうち、29人(56%)がDKVを示したため除外された。3人の追加の参加者は試験手順を完了せず、現在の分析のために20人の膝制御参加者を得た。同様の比較をするグループ、観察可能なDKVを示した場合、股関節対照の参加者は現在の分析から除外された。元の慢性股関節痛研究から、30人中17人(57%)の参加者がDKVを示したために除外され、現在の分析では13人の対照参加者が得られた。
2.3 。データ収集と処理
2.3.1。モーションキャプチャ手順
三次元(3D)運動学的データは、120Hzでサンプリングする8カメラの3D運動分析システム(Vicon; OMG plc、オックスフォード、英国)を用いた最初の研究において収集された。膝蓋大腿痛患者はデータ収集中にランニングシューズを着用していたが、慢性股関節痛患者は裸足であった。参加者がするように指示された時にスクワット試験のコレクション、静的立裁判に先立ちスタンド離れて、骨格モデルを構築し、セグメントは座標軸を一致させるために行われた足腰幅に直進直面。
参加者は以下のように片足スクワットの試験を行った。立った姿勢から、参加者は体重を彼らのかかわった肢の上に移しそして彼らの足をそれらの後ろに置いて彼らの関与していない膝を曲げるように指示された。次に、彼らはまだバランスを保ったまま行くことができるのと同じくらい深くしゃがむように指示され、それから直立した姿勢に戻りました。フルスクワットサイクルは、フルニーエクステンションまでの膝屈曲の開始として定義された。被験者が少なくとも60°の膝屈曲にしゃがみ(目視で推定)、バランスを失うことなく立った状態に戻った3つの試験を記録した。
2.3.2。疼痛評価
膝蓋大腿痛グループのスクワットタスク時の痛みを100mm使用して評価した視覚的アナログスケール、22 0 =無疼痛及び100 =最悪の痛み可能と; そして、口頭で使用して慢性股関節グループ、のための数値痛みの評価スケール、22 0 =なし痛みと10 =最悪の痛み可能とします。慢性股関節痛の参加者が口頭で各試行後に知覚される痛みを評価し、一方、膝蓋大腿痛参加者は、スクワット試験中の平均疼痛に相当する100mmのライン上の点をマークするように求めていた、との平均疼痛測定がありました計算済み。
2.3.3。キネマティック分析
現在の分析の目的のために、両方の実験室からの運動学的データを、同じ運動学的モデルおよびマーカーセットを使用して再処理して、群間の運動学的比較を可能にした。身体部分および座標軸は、骨盤部分(以下に記載)を除いて、元の膝蓋大腿痛研究18におけるように定義された。Visual3Dソフトウェア(C Motion Inc.、米国メリーランド州ジャーマンタウン)を使用して、6Hzカットオフ周波数の4次バターワースフィルターを使用してマーカー軌跡をローパスフィルター処理した。6 自由度モデルには、骨盤、太もも、およびすねが組み込まれていました。骨盤については、Codamotionモデル(Charnwood Dynamics Ltd.、Leicestershire、UK)を使用した。大腿部の正面は股関節中心で定義されています23と2大腿骨上顆マーカー。シャンクの前面は、2つの大腿骨上顆マーカーとくるぶしマーカーの中点によって定義されました。各セグメントについて、局所座標系は近位端点に位置していた。前面は x軸の向き(屈曲と伸展)によって定義されました。Z軸(内部および外部の回転)は、各セグメントの近位端と遠位端の点を通過しました。Y軸(外転及び内転)の両方に直交して配向されたのX軸及び Zの軸。
三次元股関節および膝関節角度を計算し、近位セグメントの基準系で表した。股関節内転角に対する骨盤の寄与を決定するために、実験室座標系に対して骨盤前面の角度を計算した。正の値は、股関節および膝の屈曲、内転、内転、および反対側の骨盤下降を表した。カルダン回転シーケンスは、骨盤を除くすべての関節およびセグメント角度についてx、y、zであり、骨盤はz、y、xであった。24各試行について、ピーク膝屈曲時に、股関節および膝の前面および横断面角度ならびに骨盤前面角度が得られた。ピーク膝屈曲の時間は、ピーク膝伸筋モーメントの時間、膝蓋骨大腿骨関節の最大応力の点、25と一致し、ピーク股関節の屈曲と密接に対応しているので選択した。股関節屈曲は、内旋および内転と組み合わせて、大腿骨寛骨臼アバットメントの可能性を最大にするので、ピーク股関節屈曲は、股関節の最大応力を表し得る。3回の試行にわたって11個の角度を平均した。少なくとも2日おきに得られた運動学的測定の試験 – 再試験の信頼性、26は両方の研究室で以前に決定された。クラス内相関係数ICC(3,3)は0.54から0.87の範囲であり、測定の標準誤差は1.59°から3.54°の範囲であった(補足表S1参照)。
2.3.4。追加の被験者の特徴付け
疼痛および活動レベルの自己申告による測定値は最初の研究で得られ、サンプルを特徴付けるために現在の分析で報告されています。膝蓋大腿痛および慢性股関節痛の両方の群について、11ポイントの数値尺度(0は疼痛なしを表し、10は重度の疼痛を表す)を用いて、試験前の週の平均疼痛重症度を収集した。さらに、参加者は数ヶ月で痛みの期間を報告しました。活動レベルは、Baecke Habitual Activity Questionnaireを使用して収集しました。
2.3.5。統計的方法
膝蓋大腿痛グループと慢性股関節痛グループの間の参加者の特徴を比較するために、独立したt検定を使用した。実験室間の方法論的相違およびこの分析の探索的性質のために、群間の運動学を比較するためにp値ではなく効果量27を計算した。効果サイズ0.40以上のものは中程度の効果と見なされた。各検査室では、群間(疼痛管理)の違いについて効果量が得られた。実験室間で、グループ間(実験室内)の差の差を計算した。膝関節、膝関節、および骨盤部分の角度と単肢スクワット中の疼痛との間の関係は、膝蓋大腿痛群についてのPearson相関係数(区間データ)および慢性股関節疼痛群についてのSpearman相関係数を用いて各群内で決定した。 (序数データ)有意性の閾値をp  ≦に設定して、SPSSバージョン22.0(米国ニューヨーク州アーモンクのIBM社)を使用してデータを分析した。0.05。
3 。結果
年齢を除いて、膝蓋大腿痛および慢性股関節痛を有する参加者は、身長、体重、活動レベル、過去1週間の平均疼痛強度、および疼痛期間に関して類似していた(表1 )。運動学的値を表2に示す。膝蓋大腿痛群と慢性股関節痛群の両方が、それらの対照群と比較して、より大きな相対膝外旋(より少ない膝内旋)およびより大きな股内旋を有していた(効果量≧0.40)。両疼痛群はまた、より大きな股関節内転および対側性骨盤を有した対照群と比較して低下したが、股関節群の差は膝群群の差より大きかった(効果量≧0.40)。股関節屈曲は、股関節対照群と比較して慢性股関節痛群において少なかった(効果量= 0.42)。他のすべての運動学的比較の効果量は0.40未満でした。
表1。参加者の特徴(平均±標準偏差)。
変数 PFP
(n  = 20) ニーコントロール
(n  = 20) CHJP
(n  = 14) 股関節コントロール
(n  = 13) p値
(PFP と CHJP)
年齢(年) 22.4±4.3 21.6±2.7 27.6±4.1 25.6±4.5 <0.01 体重(kg) 62.5±7.6 61.3±8.0 66.4±12.1 65.1±7.8 0.26 高さ(cm) 167.2±6.5 165.7±6.8 164.7±8.4 167.6±5.1 0.34 痛みの期間(月) 54.5±55.6 – 53.9±42.4 – 0.97 平均的な痛み – 前週(NPRS a) 4.0±1.3 – 3.9±2.2 – 0.81 習慣的な身体活動(合計スコア)b 8.4±0.9 – 8.0±9.0 – 0.23 前膝痛スケールc 76.7±9.2 – – – – 修正ハリスヒップスコアd – – 77.4±10.4 – – 略語:CHJP =慢性股関節痛。NPRS = 疼痛評価尺度の数値。PFP =膝蓋大腿痛。 ある NPRS(0 =無痛、10 =最悪の考えられる疼痛)。 b 習慣的な身体活動(各指数(仕事、スポーツ、レジャー)の範囲:1〜5、1 =  活動なし、5 =  活動性が高い、指数スコアは合計スコアを得るために合計されます)。 c 前膝痛スケール(範囲:0〜100、100 =制限なし)。 日 修正されたHarris Hip Score(範囲:0〜100、100 =制限なし) 表2。単肢スクワット中のピーク膝屈曲における三次元関節角度(平均±SD)。 角度(°) 膝グループ ヒップグループ 違います。違いの Diffの効果サイズ ある PFP (n  = 20) ニーコントロール (n  = 20) 差分 (PFPコントロール) エフェクトサイズA CHJP (n  = 14) 股関節コントロール (n  = 13) 違います。 (CHJPコントロール) エフェクトサイズA 膝の屈曲 69.9±7.5 69.2±7.5 0.7 0.10 63.9±8.2 65.4±9.4 −1.5 0.17 -2.2 0.28 膝内転 0.3±6.9 0.7±6.0 −0.4 0.06 1.5±4.3 3.3±6.8 −1.8 0.32 -1.4 0.23 膝の内側回転 2.7±5.7 5.9±5.7 −3.1 0.55 6.1±6.1 10.6±8.1 −4.5 0.63 -1.4 0.21 股関節屈曲 59.0±17.2 57.9±12.7 1.1 0.07 66.8±10.9 72.5±16.4 −5.7 0.42 −6.8 0.46 股関節内転 14.3±5.8 10.1±5.6 4.2 0.74 23.6±4.8 16.0±6.0 7.6 1.39 3.4 0.59 ヒップ内部回転 1.1±5.8 -1.4±5.1 2.5 0.46 10.3±6.4 6.9±6.1 3.3 0.54 0.8 0.15 対側骨盤ドロップ 1.1±4.1 −0.4±3.6 1.5 0.40 5.3±4.0 1.9±4.3 3.4 0.80 1.9 0.45 略語:CHJP =慢性股関節痛。違います。=違い。PFP =膝蓋大腿痛。 ある コーエンのd  = |(平均PFP – 平均CHJP)/ [(SD PFP  + SD CHJP)/ 2] |; Dの  ≥0.40:中等度の効果、太字でマーク。 膝蓋大腿骨痛のある患者の場合、新しく定義された骨盤部分でデータを再処理しても、以前に発表された関係は変わりませんでした。18膝の外部回転が大きいほど、片脚スクワット中の膝の痛みが大きかった(表3)。慢性股関節痛のある患者では、より大きな股関節内転および股関節内旋が、片脚スクワット中のより大きな股関節痛と関連していた。さらに、膝蓋大腿痛を伴う人では、股関節角は膝痛と関連していなかった。同様に、慢性股関節痛を有する者では、膝角度は腰痛と関連していなかった(表3)。 表3。単肢スクワット中の膝屈曲ピーク時の膝と股関節の運動学と疼痛の間の相関 PFP:DKV (n  = 20) CHJP:DKV (n  = 14) 痛み – 膝屈曲 −0.06(0.80) −0.08(0.79) 痛み – 膝内転 0.20(0.40) 0.13(0.66) 痛み – 膝の内部回転 −0.47(0.04) −0.26(0.37) 痛みを伴う股関節屈曲 0.05(0.83) 0.21(0.47) 痛みを伴う内転 0.01(0.97) 0.53(0.05) 痛みを伴う内部回転 0.15(0.52) 0.55(0.04) 疼痛対側骨盤ドロップ 0.03(0.90) 0.01(0.99) 注:膝蓋大腿痛の値は、ピアソン相関係数(p 値)として報告されています。慢性股関節痛値は、スピアマンの相関係数(p値)として報告されている。Dの ≥0.40:中等度の効果、太字でマーク。 略語:CHJP =慢性股関節痛。DKV =動的な外反 ; PFP =膝蓋大腿痛。 4 。討論 関節特異的な運動障害と疼痛の関係をよりよく理解するために、我々は、そのメンバーが同じ視覚的に分類された異常な運動パターン(DKV)を示した2つの異なる筋骨格疼痛集団から収集したデータの二次分析を行った。私たちは、股関節、膝、と比較して骨盤の運動膝蓋大腿痛グループと慢性的な腰の間に関節痛の研究所間の方法論的差異を考慮するための基準として、それぞれの対照群を使用してグループを。さらに、各疼痛群内で、本発明者らは単肢スクワット中の股関節および膝関節角度および骨盤部分角度と関節痛との間の相関関係を決定した。 仮説として、膝蓋大腿骨痛群の参加者は、慢性股関節痛群と比較して、相対的な外部外膝関節回転が大きかった。しかしながら、研究室内の違い(疼痛対対照群)は2つの研究室で非常に類似していたので、この違いは研究間の方法論的な違いによって説明されるように思われる。それにもかかわらず、より大きな膝外部の回転が大きいと関連していた膝の痛みの元研究、で述べたように、膝蓋大腿の痛みを持つ人々に18といません慢性股関節痛を有する人々におけるより大きな股関節痛と関連しており、それは膝蓋大腿痛の問題の一因となる過度の外転のメカニズムの支持を与える。この知見は、単一肢のスクワット、中に健常対照に比べて膝蓋大腿の痛みを持つもので大きな相対膝外旋を報告した以前の研究のそれらの上に構築15、28シングル四肢のジャンプ、15およびランニング、15との間の機械的リンクを実証することにより、運動作業中の膝の外旋および痛み。 我々の仮説とは反対に、膝関節外転は膝関節大腿骨痛群において慢性股関節痛群と比較して大きくはなかった。また、膝外転角度は、3D前頭面膝角度は、スクワット単肢の間に全体的なダイナミック外反運動パターンの主要な構成要素ではないことを示唆している膝蓋大腿痛群と膝対照群間で同様であった29としないかもしれません膝蓋大腿関節痛の主な原因である。そうは言っても、膝外転角の増加がない場合に起こり得る膝外転モーメントの増加(すなわち負荷)は、膝蓋大腿痛の発生と関連している。30 我々の仮説と一致して、慢性股関節痛を有する参加者は膝蓋大腿痛を伴う参加者と比較してより大きな股関節内転を示し、これはこの集団において膝蓋骨大腿痛を有する女性よりも股関節前面運動がDKVに大きく寄与したことを示唆する。彼らはまた、より大きな対側骨盤降下を有していた。これは、慢性股関節痛を有する参加者において、骨盤の動きの増加が股関節内転の増加の主な原因であることを示唆している。重要なことに、グループ間の股関節および骨盤の運動学的差異は、実験室間の方法論的差異に関係なく検出された。運動学と痛みの関係については、股関節内転と内旋の間に正の相関があることがわかった。片足スクワット中に腰痛。我々は、この関係が股関節内転の増加と内転の複合運動として存在するという仮説を立てた。これは大腿骨の寛骨臼に対するより大きな骨当接をもたらすことが示されている。11この増加した骨のアバットメントを含む、慢性股関節痛およびそれに関連する条件を導くことが提案されている股関節インピンジメント、 11の labral涙、 31及び軟骨病変。11 慢性股関節痛群における我々の知見は、慢性股関節痛を有する者における下肢の運動学を分析した他の運動分析研究と一致している。Kumar et al。大腿骨寛骨臼インピンジメント患者では、健常者と比較して、最大スクワット深さの間に比較的大きい股関節内転が17人であることがわかった。同様に、Kennedy等。32は、歩行中に、コントロールと比較して、大腿骨寛骨臼インピンジメントを有するものは、つま先を外した直後に比較的内転位置にあることを見出した。これとは対照的に、他の研究では股関節内転17に差がないこと、または股関節内転の減少33が発見されている。慢性股関節痛のある人の機能的な作業中。この股関節の動きの減少が腰痛を軽減するための戦略である可能性があります。 膝関節大腿骨疼痛群と比較して股関節疼痛群ではより大きな股関節内回転を観察したが、研究室間の差(疼痛対対照群)は2群で非常に類似していたので、差は研究間の方法論的差によって説明されるようである。実験室 それにもかかわらず、我々は、単一の四肢スクワット中に増加し、股関節の内部回転と股関節痛との間には直接的な関係、とラインである発見を見つけオースティンら、7に腰内部回転および慢性股関節の痛みとの関係を発見しましたランニング中に寛骨臼の唇の裂け目と前内側の鼠径部の痛みを患っている、ドロップジャンプ、およびタスクを降ろす。Austinら。7この被験者において下肢装具を使用して股関節内回転および内転を減少させることは、各課題における被験者の前内側鼠径部痛を減少させることを実証した。我々の研究とAustinらの研究を組み合わせたもの。図7は、過度の股関節内回転が慢性股関節痛の患者の疼痛増加と関連している可能性があることを示唆している。 私たちの目的の一部ではありませんが、単肢スクワットの間に2つの疼痛グループによって使用された運動パターンのより完全な写真を得るために、矢状面の股関節と膝の角度を分析しました。膝の屈曲は両方の疼痛群において、および各検査室内の疼痛群と対照群との間で類似していた。しかしながら、慢性股関節痛群は膝蓋大腿痛群よりも股関節屈曲が大きかったが、それより少なかった股関節屈曲よりも股関節屈曲。膝蓋骨大腿骨疼痛群と膝対照群との間で同様の股関節屈曲値が与えられた場合、実験室間の方法論的差異が疼痛群間の股関節屈曲差を説明することができるが対照群は、慢性的な股関節痛を有する参加者が、正面および横断面における運動の増加を補うために矢状面における股関節の運動を減少させている可能性があることを示唆している。 ひとまとめにして、我々のデータは、視覚的に分類されたDKVも示す膝蓋大腿痛および慢性股関節痛を有する人々が、同様の指示を与えられたとしても、単一四肢スクワット課題を完了するために異なる関節特異的運動戦略を用いることを示唆する。さらに、両方の集団において、それぞれの関節におけるより大きな運動障害は、機能的課題の間にその関節において経験される痛みの強度に寄与し得る。これらの結果は可能性のある疼痛メカニズムへの洞察を提供し、これら2つの疼痛集団における直接臨床試験検査およびリハビリテーション介入を助けることができる。例えば、膝蓋大腿痛を伴う人々において、相対的な膝の外部回転を減少させる(遠位または近位の運動トレーニングまたは筋肉強化を介して)一方、慢性股関節痛のある人では、機能的な作業中に最適な骨盤と股関節の動きを目標にすることが示唆されるかもしれません。 我々の研究にはいくつかの制限がありました。この二次分析は最初の2つの研究の開発中に最初は計画されていなかったので、いくつかの手順は研究所間で標準化されていませんでした。主に、膝蓋大腿痛グループの運動捕獲試験中に靴を履いていたが、これは系統的に運動学に影響を及ぼした可能性がある。しかし、履物が運動学的な違いの主な原因である場合、膝蓋大腿骨痛グループは慢性股関節痛グループと比較して相対的な膝外旋がより少ないことが実証されていると予想されるでしょう。履物の違いにもかかわらず、他の多くの方法は2つの実験室で一貫していました。たとえば、2つの研究では、同じマーカーの配置、しゃがみの指示、および運動学的な処理手順を使用しました。さらに、膝蓋大腿痛グループにおける股関節および骨盤の運動学的変数の信頼性は中程度であった。測定値の標準誤差よりも大きい、股関節内転におけるかなり大きな実験室内差異を検出することができたが、股関節内回転および対側性骨盤降下についての実験室内差異は測定値の標準誤差より小さかった。したがって、慎重に解釈する必要があります。また、痛みを伴うグループとコントロールとの間で検出された運動学的な違いは、観察された運動パターンに対する我々の事前定義された包含基準と除外基準によって影響されたことにも注意すべきです。最後に、我々が発見した関連性は本質的に相関性があり、そのため、運動学と痛みの間に因果関係を確立することはできません。筋骨格痛のメカニズムを確立するのを助けるために、将来の研究は前向きに様々な筋骨格痛状態にわたる痛みへの関節特有の動きの貢献を調査するべきです。これらの関係のより良い理解は、臨床医が彼らの患者の膝蓋大腿痛または慢性股関節痛に寄与しているかもしれない特定の運動障害に取り組むためのより特定の運動ベースの治療法を開発するのを助けるかもしれません。 5 。結論 視覚的に分類されたDKVを示す女性では、膝蓋内大腿痛を伴う女性と比較して慢性股関節痛を有する女性の方が股関節内転および対側性骨盤低下が大きかった。両群において、各関節(例えば、膝の膝蓋大腿痛基、股関節内転における外旋とで大きな異常な運動内部回転慢性股関節痛群では)単一肢スクワット中にその関節に大きな痛みと関連していました。 謝辞 著者は、統計分析手順についての彼のインプットについてRandy Richterに感謝します。この研究は、ワシントン大学臨床翻訳科学研究所(No. UL1 TR000448)(Schmidt)によって支援された。翻訳科学前進させるための国立センター(特許TL1 TR000449)(シュミット)。国立センターリハビリテーション研究、子どもの健康と人間開発研究所、および神経疾患・脳卒中研究所(番号K23 HD067343、K12 HD055931(ハリス – ヘイズ); 以下とから医療リハビリテーション研究のためのナショナルセンター、子どもの健康と人間開発研究所(番号R15HD059080 )(Salsich)。資金提供団体は、データの収集、分析および解釈、あるいは完成した原稿の出版を承認または否認する権利については何の役割もありませんでした。内容は作者の責任であり、必ずしもNIHの公式見解を表すものではありません。 著者の貢献 ES は、データの均一性を保証するために以前に収集された試料の二次運動学的データ処理および分析を実行し、ならびに群を比較するために統計的分析を実行した。ESは原稿の起草も担当しました。MHHは元の慢性股関節痛のあらゆる側面に関与していました研究デザイン、参加者募集、データ収集、分析、および配布を含む研究。GBSは、試験デザイン、参加者の募集、データ収集、分析および播種を含む、元の膝蓋大腿骨痛研究のすべての側面を担当しました。MHHとGBSはどちらも、1年間にわたる博士後期臨床研究研修プログラムの一環として、二次分析と原稿作成のすべてのステップでESを支援し指導しました。著者全員が原稿の最終版を読み、承認し、著者の発表順序に同意します。 競合する利益 作者は彼らが競合する利益を持っていないと宣言します。 付録。補足資料 以下は、この記事の補足データです。 Word文書のダウンロード(17KB)docxファイルに関するヘルプ 表S1。膝蓋大腿痛および慢性股関節痛群に対する運動学的変数の測定の日々の信頼性と標準誤差 参考文献 1 DL ブラックウェル、JW ルーカス、TC クラーク 米国の成人の健康統計の要約:全国健康インタビュー調査、2012 Vital Health Stat 10 (2014 )、1 – 161ページ Scopus Google Scholarでレコードを表示する 2 AM ブリッグス、MJ クロス、DG ホイ、L. サンチェス-リエラ、FM ブライス、AD ウルフ、ら。 筋骨格系の健康状態は健康的な高齢化に対する世界的な脅威を表しています。 老年学者、56 (補遺2 )(2016 )、pp。S243 – 55 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 3 IS デイビス、CM パワーズ 近位、遠位、および局所因子、国際的な後退、2009年4月30日から5月2日まで、フェルズポイント、ボルチモア、MD:膝蓋大腿痛症候群 J整形外科スポーツPHYS THER 、40 (2010 )、頁。A1 – 16 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 4 D. ハント、H. プラザー、M. ハリスヘイズ、JC Clohisy prearthritic、関節、股関節疾患の臨床徴候を有する患者の保存的および外科的治療の臨床転帰分析 PM R 、4 (2012 )、pp。479 – 487 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar 5 RL マーティン、KR Enseki 、P. Draovitch 、T. Trapuzzano 、MJ Philippon 腰の寛骨臼labral涙:検査と診断の課題 J Orthop Sports Phys Ther 、36 (2006 )、pp。503 – 515 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 6 R. ガンツ、J. Parvizi 、M. ベック、M. LEUNIG 、H. Nötzli 、KA Siebenrock Femoroacetabular衝突:股関節の変形性関節症の原因 CLIN整形外科Relat RES 、417 (2003 )、PP。112 – 120 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 7 AB Austin 、RB Souza 、JL Meyer 、CM Powers 寛骨臼のLabral病理に関連する異常な股関節の動きの同定 J Orthop Sports Phys Ther 、38 (2008 )、pp。558 – 565 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 8 MC Boling 、DA パドヴァ、SW マーシャル、K. Guskiewicz 、S. パイン、A. ボイトラー 生体力学的膝蓋大腿痛症候群の危険因子のA前向き調査:共同事業監視し、防止ACL損傷(JUMP-ACL)コホート Am J Sports Med 、37 (2009 )、pp。2108 – 2116 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 9 CM Powers 股関節損傷に対する異常な股関節力学の影響:生体力学的展望 J整形外科スポーツPHYS THER 、40 (2010 )、頁。42 – 51 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 10年 SS Schulthies 、RS Francis 、AG フィッシャー、KM Van de Graaff Q角は、前面の膝蓋骨にかかる力を反映していますか? PHYS THER 、75 (1995 )、頁。24 – 30 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 11 DP Beall 、CF スウィート、HD Martin 、CL Lastine 、DE Grayson 、JQ Ly 、他。 大腿骨寛骨臼インピンジメント症候群の画像所見 Skeletal Radiol 、34 (2005 )、pp。691 – 701 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 12年 GB Salsich 、F. Long-Rossi 膝蓋大腿痛を伴う女性は、歩行中に股関節と膝の異常な運動を示しますか? Physiother理論PRACT 、26 (2010 )、PP。150 – 159 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 13年 B. Noehren 、MB Pohl 、Z. Sanchez 、T. Cunningham 、C. Lattermann 膝蓋大腿痛を伴う女性ランナーの近位および遠位の運動学 CLIN Biomech(ブリストル、エイボン)、27 (2012 )、頁366 – 371 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 14年 TH 中川、ET 森谷、CD マシエル、FV セラオ トランク、骨盤、股関節、膝の運動、股関節筋力および膝蓋骨大腿骨痛症候群を伴うまたは伴わない女性における臀筋活動 J Orthop Sports Phys Ther 、42 (2012 )、pp。491 – 501 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 15年 JD Willson 、IS Davis 膝蓋大腿骨痛のある場合とない場合の女性の下肢力学。 CLIN Biomech(ブリストル、エイボン)、23 (2008 )、PP。203 – 211 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 16 RB ソウザ、CM パワーズの 膝蓋大腿の痛みとない被験者間の股関節運動、筋力、及び筋肉の活性化の違い J整形外科スポーツPHYS THER 、39 (2009 )、頁。12 – 19 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 17年 D. クマール、A. ディロン、L. ナルド、TM リンク、S. Majumdar 、RB スーザの 股関節軟骨病変および移動パターンを有するカム型股関節インピンジメントの関連の違い:予備的研究 PM R 、6 (2014 )、pp。681 – 689 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar 18年 GB Salsich 、V. Graci 、DE マクサム 膝蓋大腿痛を有する女性における下肢の運動と痛みの移動パターンの変更の影響 J Orthop Sports Phys Ther 、42 (2012 )、pp。1017 – 1024 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 19年 M. ハリス・ヘイズ、S. Czuppon 、LR ヴァンDillen 、K. Steger-月、S. Sahrmann 、M. Schootman 、ら。 慢性股関節痛患者の機能改善のための運動パターン訓練:実現可能性無作為化臨床試験 J Orthop Sports Phys Ther 、46 (2016 )、pp。452 – 461 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 20 S. マクドナルド、D. ガーブズ、R. ガンズ 症候性若年成人股関節の臨床評価 SEMIN関節形成術、8 (1997 )、頁。3 – 9 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 21 M. ハリス・ヘイズ、K. Steger-月、C. コ、NK ロイヤー、V. Graci 、GB Salsich 視覚的評価に基づいて、下肢の動きパターンの分類:2次元映像分析と信頼性との相関 J Athl列車、49 (2014 )、頁304 – 310 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 22 A. ウィリアムソン、B。 ホガート 疼痛:3つの一般的に使用される疼痛評価尺度のレビュー J CLIN Nurs 、14 (2005 )、PP。798 – 804 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 23 AL Bell 、DR Pedersen 、RA ブランド いくつかのヒップセンター位置予測方法の精度の比較 J Biomech 、23 (1990 )、頁617 – 621 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 24 R. Baker 三次元関節角度のグロボグラフィック可視化 J Biomech 、44 (2011 )、頁。1885年- 明治24年(1891) 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 25年 TP Andriacchi 、GB アンダーソン、R. Ortengren 、RP Mikosz 膝関節の筋活動に影響を与える要因の研究 J Orthop Res 、1 (1984 )、266 – 275ページ Google Scholar 26 V. Graci 、LR ヴァンDillen 、GB Salsichの シングルレッグスクワット中のトランク、骨盤と下肢運動における性差 歩行姿勢、36 (2012 )、pp。461 – 466 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 27年 J. コーエン 行動科学のための統計電力解析 (第2版)、ローレンスアールバウムアソシエイツ社、ヒルズデール、ニュージャージー州(1988 ) Google Scholar 28年 RB Souzaの、CE ドレーパー、M. Fredericson 、CM パワーズ 大腿骨回転および膝蓋大腿関節運動:体重を支える磁気共鳴イメージング解析 J Orthop Sports Phys Ther 、40 (2010 )、pp。277 – 285 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 29年 SA Scholtes 、GB Salsich 股関節角度と膝角度を組み合わせた動的外反指数:膝蓋大腿痛を伴う女性における有用性の評価 Int J Sports Phys Ther 、12 (2017 )、pp。333 – 340 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 30 GD Myer 、KR フォード、KD バーバーフォス、A。 グッドマン、A。 シーサー、MJ ラウ、他。 女子スポーツ選手における膝蓋大腿痛の発生率と潜在的な病理力学 CLIN Biomech(ブリストル、エイボン)、25 (2010 )、PP。700 – 707 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 31 CL ルイス、SA Sahrmann 寛骨臼の涙涙 PHYS THER 、86 (2006 )、頁110 – 121 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 32 MJ ケネディ、M。 ラモンターニュ、PE ボーレ 大腿 寛骨 臼インピンジメントはFAIの歩行歩行中に股関節および骨盤バイオメカニクスを変更する 歩行姿勢、30 (2009 )、頁。41 – 44 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 33 MA Hunt 、JR Guenther 、JR Gunether 、MK Gilbart 症候性大腿骨寛骨臼インピンジメントの有無による患者の歩行中の運動学的および速度論的差異 CLIN Biomech(ブリストル、エイボン)、28 (2013 )、PP。519 – 523 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 上海スポーツ大学の管轄下にあるピアレビュー。 要約を見る ©2017スポーツと上海大学を代表するElsevier BVによる制作とホスティング。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2095254617301084