このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
バックグラウンド
足首は、外傷、乱用症候群、および炎症過程で頻繁に傷害を受けます。単純X線撮影法、コンピューター断層撮影法(CT)、磁気共鳴画像法(MRI)、および超音波検査法(US)を含むさまざまな画像診断法が足首を評価します。
目的
私たちの目的は、足首関節痛の原因の描写における貴重な道具としての高解像度米国の役割を評価することです。
患者と方法
この研究には、17〜60歳の範囲の足首の痛みを呈した 28人の患者が含まれた 。それらは米国によって検査され、所見はMRIと相関していました。
結果
米国は様々な病変(滑膜炎、関節炎、足底筋膜炎、腱および靱帯病変)を検出することができた。感度は95.4%、特異度は83.3%、全体の精度は92.8%でした。米国では、無血管性壊死(AVN)、骨髄浮腫、骨折の検出には限界がありました。
結論
足首の痛みの場合、USは最初のステップの診断ツールとして使用できます。MRIは、否定的またはあいまいな米国の所見がある症例には当てにされるべきである。
前の記事次の記事
キーワード
高解像度超音波足首関節の痛み腱靭帯滑膜炎関節炎
1 。前書き
通常、足首関節の病変は外傷、炎症性疾患または乱用症候群によるものです。単純X線撮影、CT、USおよびMRI を含むさまざまな画像診断法が足関節の評価に使用されています[1]。
米国は迅速で利用可能、安全かつ非侵襲的な手段です。CTやMRIに比べて低コストです。これは、CTや平野撮影も同様に電離放射線の危険性を持っていない禁忌の心臓ペースメーカー MRIのような金属インプラント。Color and Power Doppler(PD)は、関連する血管構造に関する重要なデータを追加します [2]。
米国のもう1つの利点は、放射線科医が痛みの場所を特定し、反対側と比較するのを助けるリアルタイムで行われることです[3]。
さらに、米国では腱や筋肉の動的評価を認めています。それは全体の腱の長さと同様に腱機能と可能な亜脱臼を評価することができます。圧迫はまた、腱断裂から腱障害を区別するのにも役立ちます [4]。
MSK USは、MSK病変の評価に役立つ画像診断法です。それはMRIが米国よりもMSK病変のためにより頻繁に実行されるという事実です、それでもそれらの両方とも賛否両論があり、お互いを補完するものと見なすことができます。米国に関しては、複数のMSK病変を高い分解能で検出する能力が著しく向上しています[5]。
ただし、MSK USにはいくつかの落とし穴がありますが、最も重要なのはその狭い視野と限られた侵入にあり、それが骨と関節の構造の不適切な評価につながる可能性があります。MSK USは、USマシン自体の品質とコストのばらつきによっても制限される可能性があります。それはまたオペレータの技能によって制限されたオペレータに依存する[6]。
本研究の目的は、MRIと比較した足首関節痛の原因の評価における高解像度の米国の役割を評価することです。
2 。患者と方法
この研究は、平均年齢34.9 ± 12 歳で17〜60歳の範囲の28人の患者を対象とした 。この試験は、2015年7月から2016年7月までの期間中に実施され、アインシャムス大学医学部の地域研究倫理委員会によって承認された。
2.1 。患者の選択基準
包含基準:

足首関節の痛み(急性または慢性)、(外傷後または非外傷)。

年齢や性的嗜好なし
除外基準

腱または靭帯の修復のために以前に足首手術を受けたことがある患者。

持っていた患者の禁忌するMRI、心臓ペースメーカーを持つものとします。
すべての患者は以下の治療を受けました:

詳細な歴史

罹患足首関節の臨床評価
2.2 。方法
2.2.1。高解像度アメリカ試験
特別な準備は必要ありませんでした。検査部位に応じて患者さんの体位が変わりました。Philips HD11とEsaoteの私のlab60 USマシンを表面の7-10 MHzトランスデューサーと共に使用しました。米国の検査はコンパートメント方式で行われました。
(1)
前コンパートメント:患者は仰臥位で嘘をついた。足首の縦方向のスキャンは、脛骨 – 距骨関節の包括的な視野を得るために、そして足首と前脛骨 – 靭帯(ATFL)の伸筋腱の別々の評価で、関節滲出液または関節内遊離体を描写するために最初に行われた。)
(2)
外側コンパートメント:側副側副靭帯および腓骨腱を評価するために、患者が仰臥位で横になっている間に、足のわずかな反転が行われた。臨床的に疑われる場合、腱の脱臼または亜脱臼を記録するために、外転位置および背屈位置の両方で動的検査を行った。
(3)
内側区画:患者は、三角筋靭帯および屈筋腱を評価するために、彼の下肢を側臥位に横方向に回転させるように依頼された。
(4)
後部区画:患者は腹臥位で横になり、足の指で休むように依頼された。アキレス腱(AT)は、筋腱接合部から踵骨挿入までの縦軸および横軸の両方において、周囲の構造を十分に評価しながら調べた。
(5)
足の裏:足底筋膜を評価するために、足裏の矢状面の矢状面内にプローブを下方に配置した。
2.2.2。ゴールドスタンダードテスト(MRI検査)
米国の検査の後、患者は最大2 日以内に足首関節のMRIを行う予定でした。
MRI検査のテクニック:
特別な患者の準備はありません。足首のMRIは、専用の四肢サーフェスコイル、視野12〜16 cm、スライス厚3〜5 mm、ギャップ1 mmの1.5 Tユニット(Signa、GE Healthcare)を使用して行いました。 256 × 192 – 512の行列。全ての患者は、足を20°の足底屈曲で仰臥位で撮影した。イメージングは​​、テーブルの上部に沿って軸方向、冠状面および矢状面で行われます。T1強調(繰り返し時間msec /エコー時間/ msec = 600/20)およびT2強調(2000/20,80)およびSTIRシーケンス(1500/20;反転時間msec = 100-150)。造影後研究では、0.1mmol / kgのガドリニウムを注射し、T1 FAT SATシーケンスを軸方向および冠状面で撮影した。コントラストは3人の患者に用いられた 滑膜炎および敗血症性関節炎。
2.2.3。追加の手順
いくつかの追加の処置が少数の患者に対して行われ、そこでは1人の患者に対して細針吸引が行われ(敗血症性関節炎)、1人の患者に対してCTスキャンが行われ(骨折の疑い)、1人の患者に対して補完的な手指が行われた。 3人の患者(敗血症性関節炎および滑膜炎)に対して補完的な造影後MRIが行われた。
2.3 。統計分析
データの分析は、以下のようにSPSS(社会科学のための統計プログラム、バージョン16)を使用してIBMコンピュータによって行われた。

平均、SDおよび範囲としての量的変数の説明。

数と割合としての定性的変数の説明。

フィッシャーの正確確率検定を用いて定性的変数を比較した。
妥当性パラメータ

感度。

特異性

PPV(陽性適中率)。

NPV(負の予測値)

正確さ。
P値 > 0.05は有意ではない。
P < 0.05有意。
P < 0.001非常に有意[7]。 3 。結果 この研究は、男性5人(17.9%)および女性23人(82.1%)を含んでいた。年齢は17歳から60歳まで で、平均年齢は34.9 ± 12 歳でした。 慢性足首痛は20人の患者(71.4%)で最も一般的な症状であったが、8人(28.6%)の患者は急性足首痛を示した。2番目に多く見られる症状は、痛みを伴う(26.7%)または痛みを伴わない(13.3%)どちらかの足首関節腫脹でした。 足首外側区画は、最も一般的な罹患区画(30%)であった。足首痛の部位の分布を図1に示す。 高解像度画像をダウンロードする(61KB)フルサイズの画像をダウンロード 図1。研究グループ間の足首の痛みの分布を示す円グラフ。 外傷の既往歴は35.7%の症例で見られた。 米国の異常所見は22件(78.6)%に発生した。3人の患者が複合病理を持っていました。米国の画像異常のスペクトルは(表1)にまとめられています。 表1。米国の画像異常のスペクトル 変数 数 % 腱異常(腱滑膜炎、涙、腱障害) 7 25年 靱帯損傷 2 7.1 滲出液、滑膜炎 3 10.7 軟部組織異常(蜂巣炎、足底筋膜炎) 6 21.4 軟部組織塊 3 10.7 骨の病理 2 7.1 関節空間病理(OA、敗血症性関節炎) 2 7.1 普通 6 21.4 (OA:変形性関節症) 注意3人の患者が合併した病理を持っていた。 ゴールドスタンダードとしてのMRIと比較して。米国の感度は95.4%、特異度は83.3%でした。CTおよびMRI上で対応する骨の異常が陰性で骨折が疑われた唯一の偽陽性症例があった。4つの偽陰性症例がありました。見逃された病理学は表2に列挙されている。 表2。米国による偽陰性症例。 MRIによる最終診断 いいえ % 骨髄浮腫 1 3.6 タラードームAVN 1 3.6 骨折 1 3.6 靭帯の病理 1 3.6 米国のPPVは95.4%、NPVは83.3%で、全体の精度は92.8%でした。 行われた追加の手順は、5人の患者で米国の診断を確認し、表3にリストされているように1人の患者で疑わしい骨折を除外するのに役立ちました。 表3。追加手順の調査結果 手順 米国による診断 ケース数 細針吸引 敗血症性関節炎 1 手と指 SLE 1 ポストコントラストMRI 滑膜炎および敗血症性関節炎 3 CT 骨折の疑い 1 4 。討論 米国は長年にわたりMSKシステム評価で人気がありました、それでも高解像度の足首米国は広く使用されていません。これは、と比較して、米国の限られた研究である可能性がありますMRI 、相対的な専門家の放射線科医の不足だけでなく、検出するのが困難な解剖学的構造の与えられた米国の画像上の病変を、[8] 。 2009年にJacobsonによって報告された米国の特権[9] は、金属製インプラントの近くに見られる軟部組織病変の評価におけるその有効性です。金属アーティファクトの抑制におけるCTおよびMRIの改善にもかかわらず、それでも米国は金属板またはねじの近くの膿瘍または腱の存在の設定におけるようにこの実体において理想的であることが証明された。 私たちのケースシリーズは足首を提示28人の患者が含ま関節痛そのコースだった何を、いずれかの急性(28.4%)または慢性(71.4%)と足首腫脹関節のどちらか痛い(26.7%)または35.7における外傷の歴史を持つ(13.3%)、無痛年齢や性的嗜好がない人の割合。 我々の症例の30%は、Chan等と一致している前外側足首痛を示しました。[10] スポーツ関連の足首損傷のほぼ75%が外側靱帯複合体に影響を与えていると仮定した。ATFLは、最も頻繁に影響を受ける靭帯横区画における最も弱い靭帯である [11] 、[12] 。 炎症性および感染性病変から靱帯損傷から腱損傷までの範囲の、様々な病変が米国によって検出された。 腱滑膜炎は、私たちがこの症例シリーズで遭遇した最も一般的な病変でした。それは孤立した所見または炎症性関節炎との組み合わせのいずれかでした。関節炎または腱滑膜炎のほとんどの症例は女性の性別に属していた。この発見はArtulとHabibによって行われた以前の研究と一致していました[13] 。足首関節に関する彼らの米国の研究は、彼らの症例の40%以上で腱滑膜炎または関節炎のどちらかを報告しました。腱鞘炎の症例の3分の2以上、および関節炎の症例の50%が女性であった [13](図2)。 高解像度画像をダウンロードする(87KB)フルサイズの画像をダウンロード 図2。腓骨腱滑膜炎A.横および米国の腓骨腱の縦方向の画像では、腓骨腱の周囲に低エコー性肥厚(白い矢印)が見られます。 Artul and Habib [13]の研究では、足底筋膜炎が米国で2番目に一般的な踵の検出異常でした。 足底筋膜炎が踵痛の最も頻繁な原因であることは十分に確立されている。多くの報告が、更なる調査なしに、足底筋膜炎を自信を持って描写する米国の能力を確認しました[14]。 足底筋膜炎は、我々の研究の5つのケースで注目され、それは研究集団の 17.8%を占めています(図3)。足底筋膜炎の診断は通常、足底筋膜の通常の高エコー線維性外観を妨害する低エコー領域がある場合に設定される[15]。足底筋膜の肥厚> 4 mmは、病理学的症状と考えられています[16]。
高解像度画像をダウンロード(115KB)フルサイズの画像をダウンロード
図3。治療中レベルでのAおよびBの縦方向の米国の画像は、両側の足底筋膜炎(白矢印)の診断を設定する肥厚低エコー足底筋膜(白矢印)を示しています。C.対応する矢状方向のSTIR画像は、わずかな骨膜周囲浮腫を伴う肥厚した近位足底筋膜(白い矢印)を示す。
今回の研究では、足首関節感染症の 2例を示しました。1例は蜂巣炎と診断され、米国では血管性の増加に関連した皮下脂肪の典型的な玉石状の石の外観を示した。
他の症例は敗血症性関節炎であり、側mal周囲の膿で満たされた膿瘍腔を伴う濁った関節滲出液の存在に基づいて診断された。これは骨びらんおよび滑膜肥大と関連していた(図4)。
高解像度画像をダウンロードする(234KB)フルサイズの画像をダウンロード
図4。A.横断米国像は、外側マロラスの周りの局在化された病原性コレクションを示し、白い矢印は外側マロラス収集とBにおけるCDにおける限界流れを伴う関節空間との間の接続部位を指す。C.矢印)。D.前方陥凹コレクション(白い矢印)を示す縦断のUS画像。E. Coronal T1W造影後研究では、関節スペースが狭くなり(白い矢印)、横方向の関節スペースでの局所的な収集が増強されながら骨髄浮腫が増強されている(青い矢印)。F.軸方向T1コントラスト後の脂肪飽和画像、青い矢印は中心の非増強成分を有する増強炎症皮下組織を指し、白い矢印は完全に引き裂かれたATFLを指す。
ChauとGriffith [17] はまた、著しい軟骨損傷が起こる前に米国が敗血症性関節炎の早期発見の出現を報告していると報告した。さらに、それは感染した滲出液の誘導吸引による早期介入を可能にし、それ故に状態の早期治療を提供する。
足首関節変形性関節症が人口の1%未満で発生することが確立されています[18]。基礎となる病因は、大多数の被験者で特発性である傾向があります。ただし、外傷後の原因は米国で最も一般的な原因の1つです。 Furman et al。[19]。
したがって、これは、関節軟骨の菲薄化を伴う肥大性骨関節症を示す特発性足首関節症を有する1人の被験者のみに注目したという我々の結果と一致していた(図5)。
高解像度画像をダウンロードする(215KB)フルサイズの画像をダウンロード
図5。A.罹患した足首関節が不規則な骨表面外観を有する重なり合った骨(白い矢印)を示す一方、反対側は正常な健康な足首関節を示す、変形性関節症の変化を示す米国横断画像。B.縦断的な米国の画像は、変形性関節症の変化に伴って進行する骨棘のリッピングを示しています(白い矢印)。C.矢状方向のSTIR画像は、舟状骨髄浮腫を示しています(矢印)。D.冠状T2WIは、その線維の正常なシグナルを伴う無傷の三角靭帯を示す(白い矢印)。図E.軸方向CT画像の骨窓は、舟状骨の内側面で注目される複数の骨の断片を示している。 mm(白い矢印)F.冠状CT画像骨窓変形性関節症の変化は、骨棘リッピングによって示されます(白い矢印)。
我々の研究では、滑膜炎は3つのケースで描写された。それは関節炎ならびに関節滲出液および腱鞘炎と関連していた(図6)。
高解像度画像をダウンロードする(191KB)フルサイズの画像をダウンロード
図6。A.前脛骨関節の縦方向の米国の画像。青い矢印は軽度の足首関節滲出液を、白い矢印は周囲の距骨の肥厚した低エコー性滑膜を指しています。B.縦方向力およびCD画像は、滑膜周囲血管新生の増加を示す白い矢印を示す。C.軸方向T2WIは、前部関節腔に足首関節の軽度の滲出液を示す(白い矢印)。D&E軸方向および矢状方向のT1WI FAT SAT造影後画像は、肥厚した滑膜周囲の増強を示している(白い矢印)。
ウェイクフィールド他。[20]は、力とCDは滑膜炎と滑液の間の重要な差別化ツールであると述べた。
肥厚した滑膜はほとんどの場合炎症性敗血症性関節炎で検出されます。この条件では、高解像度USは滑膜の厚さを高い精度で容易に描写します[21]。
部分的物質内裂傷を伴う腱炎は、我々の研究集団のうちの2例(6.7%)で米国によって正しく診断された。最初の症例はアキレス腱障害であり、他の症例は脛骨後部腱機能障害(PTTD)を呈した。
アキレス腱障害の範囲は、腱炎、腱炎、腱周囲炎、および部分的または完全な腱断裂の間で異なります。MSK USはこれらの根本的な原因を互いに区別するのに重要な役割を果たします。
ATは特徴的に腱鞘を持たない。しかし、それは腱の内外に血液供給がある腱腱を持っています[22]。
我々の研究では、アキレス腱周囲炎の症例を描写し、そして米国によって容易に検出され、そしてMRIによって確認された(図7)。
高解像度画像をダウンロードする(69KB)フルサイズの画像をダウンロード
図7。後部関節区画における米国の縦断画像は、正常なアキレス腱(青い矢印)の周りの焦点の肥厚した低エコー周囲腱(白い矢印)を示しています。
しかしながら、入手可能な研究は、肉芽組織と同様に線維性瘢痕組織が涙によって引き起こされるギャップを隠すかもしれないので、ATの長期裂傷は米国の感受性に影響するかもしれないと述べました[23]。
一般的に、文献は、米国がアキレス腱障害の特徴付けにおいて中程度から高い正確度を有するか、またはMRIよりさらに優れていると報告している。それはこの臨床実体で非常に励まされます、米国が否定的であるならば、特に部分的な涙が疑われるならば補完的なMRIが推奨されます[23]。
私たちの研究では靱帯損傷の2例が発生しました。三角靱帯捻挫が1例に示され、MRIによりこの所見が確認された(図8)。
高解像度画像をダウンロードする(125KB)フルサイズの画像をダウンロード
図8。A.米国の縦断像は、三角靭帯の肥厚した低エコー脛骨部を示しています。三角靱帯の脛骨側部分の正常な外観を示すための対側の米国の縦方向の画像。C.冠状STIR画像は、その繊維が無傷であるので捻挫を示す三角靱帯の脛骨側部分の内側に高いシグナルを示す(白い矢印)。
入手可能な文献は、米国が三角靭帯の裂傷のような靭帯性病変を検出するのに有用であり、そしてそれが単純X線撮影 における古典的なストレスの見方に代わることさえできることを報告している[24]。
Oaeら。[25] ATFL病変の描写における古典的なストレスビュー、MSK US、およびMRIの精度を一致させることによってこのデータを確認し、それらを関節鏡検査の結果と相関させた。結果は米国の精度は91%であるのに対し、ストレスビューの精度は67%、MRIの精度は97%であることを証明した。
しかし、靱帯実体の他の症例は引き裂かれたATFLであり、それは関連する敗血症性関節炎のために米国によって見逃された。関節腔が膿で満たされていたので、米国による靭帯の完全性の評価は困難でした。この場合、MRIはATFLの破れの存在を証明した(図4)。
神経節嚢胞は、足や足首に最も頻繁に見られる腫れと考えられています[26]。
しかしながら、我々の研究では、神経節嚢胞を呈した1例のみがあり、他の2例の軟部組織腫瘤は皮下脂肪腫と限局性アキレス腱炎の1例であった(図7、図9)。
高解像度画像をダウンロードする(190KB)フルサイズの画像をダウンロード
図9。A. 脂肪小葉で形成された側方のくるぶし腫脹(脂肪のエコー源性)に関する米国の縦断画像。MRIコロナル画像B.T2WIおよびC.T1WIおよびD.STIR画像は、皮下脂肪腫を示すSTIR画像において完全な信号抑制を伴うT1およびT2WIの両方に脂肪性信号を表示する腫脹を示す(白い矢印)。
私たちの研究の2つのケースでは、外傷後の足首関節の痛みに遭遇しました。1例に足首関節軽度の滲出液が認められた。他の症例は、米国の検査では見逃され、MRIによってのみ検出された、距骨ドームの無血管性壊死を有した。
これは、MRIが早期の骨髄の変化、骨の生存能力の喪失、死んだ骨片の部位と大きさを正確に検出するというこの実体で優位を占める私たちの研究の限界の1つと考えられています[27]。
米国は単純X線では見逃される可能性のある足および足首の骨折を検出するのに価値があると報告されているが、米国は1人の対象で骨折を逃したが、追加のCTによって検出された[28]。
私たちの研究には、足首の痛みを引き起こすすべての足首の病状を示すのにサンプルサイズが十分ではなかったという別の制限があることにも言及すべきです。私たちの現在の研究をさらに発展させるためには将来の研究が必要です。
しかしながら、米国は軟部組織異常を伴う多くの症例を正確に診断することができた。本発明者らの結果は、米国の感度が(92.4%)の全体的な精度で特異性よりも高いかまたは陰性よりも良好に陽性である(95.4%)ことを示した。
それはオペレータに依存したままですが、それでも標準化されたプロトコルの実装はこの落とし穴を最小にして、プロの超音波検査技師の存在を可能にするでしょう。他の画像診断法、特にMRIと比較すると、それは安価で、迅速で、侵襲性が少なく、そして単純X線撮影およびCTと比較して電離放射線の危険性がない。
ガイド付き生検と願望が必要とされるとき、それはまだ管理に役立ちます。
5 。結論
結論として、MSK USは足首の痛みの根本的な原因を検出するのに役立ちますが、それでも超音波検査技師が熟知していればより価値のあるデータを提供する可能性があります。
足首の痛みを評価する最初の画像診断法になることをお勧めします。CTとMRIは米国の価値が制限されている条件に保たれるべきです。
利益相反
著者は、利益相反がないと宣言しています。
参考文献
[1]
S. Marcelis 、M. デMaeseneer 、T. イェーガー、ら。
正常足首の超音波検査:骨格基準点を用いた標的アプローチ
AJR 、192 (2009 )、頁487 – 495
Google Scholar
[2]
臨床整形外科の診断における
A. Blankstein
超音波:整形外科用聴診器
世界J整形外科、2 (2 )(2011 )、頁。13 – 24
[18]
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[3]
S. ビアンキ、C. Martinoli 、C. Gaignot 、ら。
足首の超音波診断:腱、嚢、靭帯の解剖学
Semin Musculoskeletal Radiol 、9 (2005 )、pp。243 – 259
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[4]
NM Rawool 、LN Nazarian
足首と足の超音波
Semin Ultrasound CT MR 、21 (3 )(2000 )、pp。275 – 284
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[5]
PH レント、S. Primackの
進歩や筋骨格医学の診断米国の有用性
CURR改訂Musculoskeletメッド、1 (1 )(2008 )、頁。24 – 31
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[6]
JS Reach 、ME Easley 、JA Nunley
断面腱サイズに基づく腱障害の分類:手術所見との超音波相関
東南Orthopaed准PROC 、24 (2007 )、頁。20 – 21
Google Scholar
[7]
Knapp RG、ミラーMC。生物学の統計 で:Knapp RG、ミラーMC、編集者。臨床疫学および生物統計学、第3版。ボルチモア、ウィリアムズ&ウィルキンズ、メリーランド州。1992年
Google Scholar
[8]
スポーツ医学における
J. Jacobson
Ultrasound
Radiol Clin N.Am。、40(2002)、p。363
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[9]
J. ジェイコブソン
筋骨格超音波:MRIに焦点を当てた影響
AJR 、193 (2009 )、頁619 – 627
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[10]
KW チャン、BC Ding 、KJ Mroczek選手の
急性および慢性の横方向の足首の不安定性
ブルNYU HOSP JTディス、69 (1 )(2011 )、頁。17 – 26
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[11]
Rosenberg ZS、Beltran J、Bencardino JT。RSNA復習コースから。北米の放射線学会。足首と足のMRイメージング。RadioGraphics 2000; 20仕様書番号:S153-179。
Google Scholar
[12]
MH リー、JG チャ、YK リー、他。
関節鏡視下相関を伴う前距骨靭帯損傷に対するMRIの明るい縁サイン
AJR Am J Roentgenol 、198 (2012 )、pp。885 – 890
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[13]
痛みを伴う足首と足の
S. Artul 、G. Habib
超音波所見
J CLIN IMAGサイエンス、4 (2014 )、頁。25 – 30
CrossRef Google Scholar
[14]
SK ノイフェルド、R. Cerrato
足底筋膜炎:評価と治療
J Am Acad Orthop Surg 、16 (2008 )、pp。338 – 346
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[15]
E. カーディナル、RK Chhem 、CG ボールガール、B. オーバン、M. ペルティエ
足底筋膜炎:超音波診断評価
放射線、201 (1996 )、頁257 – 259
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[16]
AM マクミラン、KB Landorf 、JT バレット、HB MENZ 、AR 鳥
慢性的な足のかかとの痛みの診断イメージング:系統的レビューとメタアナリシス
J Foot Ankle Res 、2 (2009 )、p。32
Google Scholar
[17]
C. チャウ、J。 グリフィス
筋骨格系感染症:超音波検査
Clin Radiol 、60 (2005 )、pp 149 – 159
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[18]
J. Cushnaghan 、P. Dieppe
肢関節変形性関節症患者500人の研究。I.年齢、性別、および症状のある関節部位の分布による分析
アンダイオウディス、50 (1991 )、頁。8 – 13
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[19]
BD ファーマン、SA オルソン、F. Guilak
関節骨折後の外傷後関節炎の開発
J Orthop Trauma 、20 (2006 )、pp。719 – 725
CrossRef Google Scholar
[20]
RJ ウェークフィールド、JE Freeston 、P. オコナー、N. Reayの、A. Budgen 、EM Hensor 、ら。
後肢関節リウマチの最適評価:臨床検査、超音波および高磁場MRIの比較研究
Ann Rheum Dis 、67 (2008 )、pp。1678 – 1682
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[21]
U. Fiocco
慢性関節リウマチおよび乾癬性増殖性膝関節滑膜炎の超音波経過観察
Br J Rheumatol 、35 (1996 )、pp。155 – 163
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[22]
VP Chandnani 、YC Bradley
アキレス腱およびその他の腱病変
MAGN Reson IMAG CLIN Nアム、2 (1994 )、頁。89 – 96
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
[23]
M. Paavola 、T. Paakkala 、P. Kannus 、M. Järvinen
アキレス腱傷害と関連する障害の鑑別診断における超音波検査。術前超音波検査と手術所見の比較
アクタRadiol 、39 (1998 )、頁612 – 619
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[24]
PY Chen 、TG Wang 、CL Wang
両顎等価骨折における三角靭帯の超音波検査
Foot Ankle Int 、29 (2008 )、pp。883 – 886
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[25]
K. OAE 、M. 隆夫、Y. Uchio 、M. 越智
ストレスX線撮影、超音波及びMRイメージングとの評価
骨格Radiol 、39 (2010 )、頁。41 – 47
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[26]
D. ワイスハウプト、ME シュバイツァー、WB モリソン、AH Haims 、K. Wapner 、M. カーン
の足と足首のMRI:有病率とオカルトと触知できる神経節の分布
J MAGN Reson IMAG 、14 (4 )(2001 )、PP。464 – 471
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[27]
DG Mitchell 、
早期無血管壊死の
HY Kressel
MRイメージング
Radiology 、169 (1988 )、pp。281 – 282
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[28]
CL Wang 、JY Shieh 、TG Wang 、FJ Hsieh
足と足首のオカルト骨折の超音波検査
J Clin Ultrasound 、27 (1999 )、pp。421 – 425
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
放射線と核医学のエジプト協会の責任の下での査読。
©2017放射線と核医学のエジプト協会。Elsevierによる制作とホスティング。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0378603X17300566