このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

スプリント療法が顆および椎間板運動の改善を促進するかどうかの調査。

顆の副木関連の前方移動は顎関節痛と関連していた。

添え木療法は、いかなる種類のTMJ異常に対しても成功するとは思われませんでした。
抽象
目的
咬合側副木(添え木)療法によって顎関節(TMJ)顆と椎間板の位置を変えることがTMJの痛みを軽減するかどうかを明らかにし、添え木療法が顆と関節円板運動の範囲の改善を促進するかどうかを決定する。
研究デザイン
TMJ疼痛/不快感を認めた75人の患者の合計150の関節が評価された。視覚的アナログスケールTMJの痛みのためには、スプリント治療の開始後の訪問の間に投与しました。副子治療の開始時に、MRIを副子挿入の有無にかかわらず実施し、その後顆/椎間板運動を評価した。椎間板の位置と機能、椎間板の形状、関節滲出液、変形性関節症、および骨髄を評価した。統計解析には、ピアソンの相関係数、線形回帰、重回帰分析を用いた。
結果
顆の副木関連の前方移動は顎関節痛に関連していた。両凸椎間板および/または骨髄異常では、添え木治療は顎関節痛を軽減するのに効果的ではなかった。
結論
添え木療法は、骨髄の異常やMRIでの両凸椎間板の出現など、いかなる種類のTMJ異常にも成功するとは思われませんでした。
前の記事次の記事
キーワード
疼痛顎関節磁気共鳴画像咬合副木縦断調査
1
共著者です。
全文を見る
Cranio-Maxillo-顔面手術のための©2017欧州連合。Elsevier Ltd.が発行します。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1010518217300227