このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
バックグラウンド
術前のオピオイド使用は、全関節形成術(TJA)後の疼痛およびオピオイド要求量の増加を引き起こすが、この関係に対するうつ病の影響は明確に定義されていない。
方法
施設内データベースを用いて原発性TJA患者の遡及的レビューを行った。人口統計学的変数、入院患者のオピオイド要求量、および退院処方量を収集し、以前のオピオイド使用および非使用コホートの両方において、鬱病の事前診断の有無にかかわらず患者間で比較した。
結果
2016年8月1日から2017年7月31日までの間に、433人の患者が分析されました。以前のオピオイド使用者の中で、鬱病患者はより高い入院疼痛レベルを経験しました(4 vs 3; P = .001)モルヒネ当量[OME]対70 OME; P = 0.022)は退院時により多くのオピオイドを処方され(1163 OME対750 OME; P = .02)、より長期のオピオイド補充を必要とした(57.7%対15.4%; Pうつ病のない患者より<0.001)。しかしながら、うつ病は、オピオイド未経験患者の疼痛、オピオイド要求量、処方量、または補充率の増加とは関連していなかった。 結論 うつ病は、TJA後のオピオイド未経験患者では疼痛またはオピオイド要求量の増加とは関連していないが、術前にオピオイドを使用している患者では有意に高い疼痛およびオピオイド要求量と関連している。これらの変数の相互作用は、関節形成術集団に​​おける術前カウンセリングおよびリスク修正のための標的を際立たせる可能性があります。 前の記事次の記事 キーワード オピオイド流行ジョイント交換人工膝関節置換術人工股関節置換術オピオイド処方疼痛管理 前書き 米国は処方オピオイド危機の最中にあります。1999年から2012年の間に、処方オピオイド薬による売上とそれに関連する過剰摂取による死亡は4倍になりました[1]、[2]、[3] 。オピオイドは手術後の疼痛管理に欠かせない要素ですが、外科医や周術期の医療提供者は、これらの習慣性薬物の使用と蔓延を抑制するのに重要な役割を果たしています。以前のオピオイド治療歴のない患者の3〜7%が1年以上経過しても処方薬の鎮痛薬を服用し続けると研究は推定しています[4]、[5]。。さらに、医師は患者に必要以上のオピオイド薬を服用させることが多く、オピオイド流用の危険性があります[6] 。また、多くのヘロイン使用者にとって、中毒は他の患者に処方されることが多い処方鎮痛薬で始まることが研究によって示されています [7]。 周術期オピオイドの臨床利用に対する医師、政府職員、および公共政策立案者の関心が高まっていることから、整形外科医が手術後の疼痛およびオピオイド消費を増加させる具体的な患者特性、特にリスク修正の対象となる患者を考慮することは重要です。。そのような患者の1つのサブセットは、うつ病を有する患者を含んでいた。一般人口における鬱病の有病率は9.1%と推定されており[8] 、それは公衆衛生および世界規模の疾病負担に 大きな影響を及ぼしている[9]。整形外科集団における鬱病の有病率はさらに高いと考えられている[10]、[11]、[12]、[13] 。オピオイド使用に関して、うつ病は慢性疼痛と強く関連していることが示されており、そしてうつ病患者のオピオイド使用の罹患率は適切な対照集団の それと比較して2倍になる [14] 。鬱病とオピオイド使用との間のこの関係は、潜在的に、鬱病患者を周術期にオピオイドへの依存を増大させる危険にさらす。 我々の知る限りでは、うつ病が術後の痛み、オピオイドの必要量、関節全置換術(TJA)後のオピオイド処方にどのように影響するか、そしてこの関係が以前のオピオイド使用者と非使用者の間で変わるかどうかについて限られた研究がある。本研究の目的は、うつ病の有無にかかわらずTJA患者の術後疼痛、オピオイド要求量、および処方を比較し、この関係が術前にオピオイドを使用している患者と使用していない患者との間でどのように変化するかを評価することである。 材料と方法 患者コホート 著者らは、2016年8月1日から2017年7月31日までの1年間にわたり、単一の大規模な三次紹介センターから施設内臨床データベースの遡及的レビューを実施した。入場 除外基準には、整形外科サービスからの退院および24時間未満の入院期間が含まれた。股関節骨折のために関節置換術を受けている患者また除外されました。年齢、積極的なオピオイド使用(入院時の薬物調整にオピオイドを有すると定義される)、およびうつ病の能動的診断(1つまたは複数のF33.9、F33の1つ以上の国際分類を有すると定義される)を含む患者要因。 0、F33.1、F33.2、F33.3、F33.41、F33.42、F32.8、F32.9(アクティブ問題リスト)を手術時間と入院期間とともに収集した。 電力分析 鬱病患者と非鬱病患者との間の放電前オピオイド消費について以前に報告されている効果量を使用して、先験的分析を行った。Etchesonらによる研究。[15] 入院3日目のオピオイド消費量が鬱病患者の23.2経口モルヒネ当量(OME)対鬱病患者の10.2 OMEであることが全膝関節形成術(TKA)患者の間で見出された(ただし、オピオイド使用者と非ユーザー)検出力を0.8に設定し、有意差を0.05に設定した両側検定でこの効果サイズを使用すると、各グループに少なくとも15人、合計30人の患者が必要になります。 周術期疼痛管理 周術期疼痛管理プロトコルはこの期間中一定であり、マルチモーダルレジメンを含んでいた。これには、必要に応じて経口アセトアミノフェン、セレコキシブ、およびニューロチンを経口オキシコドンと共に投与する術前および術後の予定用量、ならびに突発性疼痛のための静脈内ヒドロモルホンが含まれた。全ての患者は、Kelleyらによって記載されたように関節周囲注射を受けた。[16] それは、ロピバカイン、エピネフリン、ケトロラク、およびクロニジン。全膝患者も麻酔科で術前に外転カニューレカテーテルの留置を受けた0.5%ロピバカインを投与したサービス。このカテーテルは術後1日目の朝に取り除かれた。 術後の痛み、オピオイドの摂取、および退院処方 退院時に処方され、退院前日に患者によって摂取されたオピオイドの種類、量、および投与計画と同様に、視覚的アナログスケールで測定された疼痛レベルを術後最初の日に得た。施設のオピオイド換算表を使用して、入院の最後の暦日(24時間)に患者が摂取したすべてのオピオイド(経口投与、静脈内投与、または経皮投与を含む)は、オピオイド投与の標準報告に従ってOMEに変換された。 17]。同様に、総および1日当たりの退院時のオピオイド処方レジメンもOMEに変換されました。複数の退院時のオピオイド処方の設定では、それぞれを独立してOMEに変換してから、合計して各患者に処方された単一の合計OME量を作成しました。退院後 0〜30日、31〜60日、および61〜90日の間にオピオイド処方の補充が行われた場合も記録されました。 統計分析 Shapiro-Wilk検定を用いて、疼痛レベル、入院患者のオピオイド必要量、退院処方量、および滞在期間が非正規分布を含むことが示された。続いて、これらの変数を、偏りのある分布を有する変数についてMann-Whitney U検定を使用して、うつ病の事前診断の有無にかかわらず患者間で比較し、この比較を以前のオピオイド使用によって層別化した。カテゴリカル変数(手術の種類、うつ病の診断、補充)をカイ二乗検定を使用して比較しました。すべての統計分析は、有意性をP<0.05に設定して、STATAソフトウェア(バージョン15.0; StataCorp、College Station、TX)で行った。 この試験は医療センターの施設内審査委員会によって承認された。 結果 人口統計 初回股関節置換術(n = 234)または膝関節置換術(n = 169)後に認められた合計403人の患者を分析した。患者の年齢は22〜95歳、鬱病率は10.7%、過去のオピオイド使用率は45.2%、そして退院時オピオイド処方の中央値は675 OME(四分位範囲、450〜960)でした。過去のオピオイド使用の有無にかかわらず、年齢、性別、処置、および手術時間に関して同程度であることがわかったが、以前のオピオイド使用の患者はより高い鬱病率およびより長い入院を有していた(表1 )。非オピオイド使用コホートでは、うつ病患者 17 人がいましたオピオイド使用コホートでは、うつ病のない患者が25人、うつ病のない患者が156人いたが、うつ病のない患者は204人であった。これらのグループは、この分析で十分な権限を得るために必要な、グループあたり最低15人の患者を満たしました。以前のオピオイド使用コホートと非オピオイド使用コホートの両方において、人口統計学的、外科的、および入院患者の特性は、うつ病の有無で同程度であった(表2)。 表1。以前のオピオイド使用および鬱病による患者、手術、および入院患者の特徴。 患者の特徴 事前のオピオイド使用なし(N = 221) 以前のオピオイド使用(N = 182) P値 年齢(年) 64(IQR、59〜67) 64(IQR、57〜71) .93 男性 45.7% 37.4% .09 一次THA 132人(59.7%) 102人(56.0%) .46 プライマリTKA 89人(40.3%) 80(44.0%) 手術時間(分) 104.5(IQR、82-126) 111(89-126) .27 うつ病の事前診断 17人(7.7%) 26人(14.3%) 0.033 滞在期間(d) 1.5(IQR、1.3〜2.3) 2.2(1.3〜2.4) .037 IQR、四分位範囲。 値は中央値(IQR)または数値(パーセントの合計)として表示されます。太字の項目は統計的に有意です。 表2。以前のオピオイド使用および鬱病による患者、手術、および入院患者の特徴。 患者の特徴 事前のオピオイド使用なし(N = 221) 以前のオピオイド使用(N = 182) うつ病あり(N = 17) うつ病なし(N = 204) P値 うつ病あり(N = 26) うつ病なし(N = 156) P値 年齢(年) 64(62〜70) 63(59〜67) .39 61(57-68) 64(57〜71) .76 男性 35.3% 46.6% .37 23.1% 39.7% .10 一次THA 9人(52.9%) 123人(60.3%) .55 10人(38.5%) 92人(59.0%) .051 プライマリTKA 8人(47.1%) 81人(39.7%) 16人(61.5%) 64(41.0%) 手術時間(分) 100(81〜125) 104.5(82〜127) .80 113.5(104-128) 109.5(86〜125) ・20 滞在期間(d) 2.2(1.4〜3.3) 1.5(1.3〜2.3) .12 2.3(2.1〜3.3) 2.1(1.3〜2.4) .02 IQR、四分位範囲。 値は中央値(IQR)または数値(パーセントの合計)として表示されます。太字の項目は統計的に有意です。 痛みレベルの比較 以前のオピオイド使用者の間では、鬱病患者は、鬱病のない患者よりも術後初日(4対3;P = 0.001)および最終入院日(4対3;P = 0.003)で有意に高い疼痛レベルを経験した。しかしながら、うつ病は、非 オピオイド使用者の間で術後最初の日(2 vs 3; P = .33)または最終入院日(2 vs 2; P =。28)に高い疼痛レベルと関連していなかった(表3)。 表3。疼痛スコア、滞在期間、摂取したオピオイド、処方したオピオイド 痛みと処方の詳細 事前のオピオイド使用なし(N = 221) 以前のオピオイド使用(N = 182) うつ病あり(N = 17) うつ病なし(N = 204) P値 うつ病あり(N = 26) うつ病なし(N = 156) P値 POD1のVAS疼痛スコア 2(1-4) 3(2-4) .33 4(4〜6) 3(2-4) .001 最終入院日のVAS疼痛スコア 2(1-3) 2(2-4) .28 4(3〜4.5) 3(2-4) 0.003 退院24時間前に服用したオピオイド(OME) 38(23〜53) 30(15〜60) .73 117(75-153) 70(38〜137) .022 退院時に処方される毎日のオピオイドレジメン(OME) 95(90〜135) 90(90-128) .44 150(120〜240) 120(90〜180) .02 退院時に処方された総オピオイド(OME) 675(450〜750) 600(450〜750) 60 1163(675-1600) 750(563〜1350) .02 退院後0-30日補充 41.2% 29.4% .31 61.5% 47.4% .18 退院後31-60 dを補充する 17.7% 10.8% .39 76.9% 39.1% <.001 退院後61-90 dを補充する 4.4% 0% .38 57.7% 15.4% <.001 IQR、四分位範囲。POD、術後の日。VAS、ビジュアルアナログスケール。 値は中央値(IQR)または数値(パーセントの合計)として表示されます。太字の項目は統計的に有意です。 入院患者のオピオイド要件 以前のオピオイド使用者の中では、鬱病患者は、鬱病患者よりも退院24時間前より多くのオピオイドを必要としていた(117 OME対70 OME; P = 0.022)(表3 ; 図1)。非オピオイド使用者の間では、うつ病は退院前の日のオピオイド必要量の差と関連していなかった(38 OME対30 OME; P = 0.73)(表3 ; 図1)。 高解像度画像をダウンロード(418KB)フルサイズの画像をダウンロード 図1。事前事後の排出オピオイド対。 退院処方の比較 鬱病と診断された患者は、鬱病のない患者よりも、退院時の総オピオイド処方が大きく(1163 OME対750 OME; P = 0.02)、より大きい退院処方レジメン(150 OME対120 OME; P = .02)が与えられた。以前のオピオイドユーザーの間で。対照的に、うつ病は、うつ病 患者と非うつ病患者の間の総退院処方量の差(675 OME対600 OME; P = .60)または1日当たりの退院処方計画(95 OME対90 OME; P = .44)の差と関連していなかった。オピオイドナイーブコホート(表3;図2)。 高解像度画像をダウンロード(307KB)フルサイズの画像をダウンロード 図2。総退院処方 処方リフィル率 以前のオピオイド使用者の中では、鬱病の診断の有無にかかわらず、退院後 0から30日までに同様のオピオイド補充率が必要であった(61.5%対47.4%; P = 0.18)。しかしながら、鬱病患者は、以前のオピオイド使用者の中で退院後31〜60 日(76.9%対39.1%;P<0.001)および61〜90日(57.7%対15.4%;P<0.001)まで有意により多くの補充を必要とした。術前にオピオイドを使用しなかった鬱病患者および鬱病患者は、退院後のすべての時点で同様の補充率を必要とした(表3;図3)。 高解像度画像をダウンロード(381KB)フルサイズの画像をダウンロード 図3。料金を補充します。 討論 本研究の結果は、術後疼痛に対する鬱病の影響を示唆している。そしてオピオイドの摂取は、術前にオピオイドを使用している人と使用していない人とで異なります。特に、うつ病は術後初日の痛みレベル、入院日の最後の痛みレベル、退院前24時間以内に摂取したオピオイド、退院時に処方されたオピオイド、および以前のオピオイド使用者の補充率と関連したがオピオイドではなかったナイーブな患者。鬱病と疼痛との関連性は研究されてきたが、我々の知る限りでは、これは術後疼痛およびオピオイド使用に対する鬱病の影響を以前のオピオイド使用によって層別化する最初の研究である。この傾向は、術前にオピオイドを使用している患者では、うつ病が術後の疼痛およびオピオイド使用の増加の重要な危険因子であることを示唆しています。 うつ病で起こる神経生物学的変化は、急性疼痛で起こるものと有意に重なることが以前に示されており、これらの症状が同様の経路を共有し、完全に別々のプロセスではないかもしれないことを示唆する[18]、[19]、[20]、[21]。Bistolfiら。[22] 術後の疼痛知覚に対する軽度の鬱症状の影響を研究したTKA後。手術前の疼痛知覚に差はなかったが、軽度の鬱病のあるコホート患者は疼痛を報告する可能性が高く、術後1年で特別手術病院のスコアが低下した。さらに、SinghとLewallenはTJAにおける鎮痛剤使用の予測因子を分析し、2年間の追跡調査で鬱病と鎮痛剤使用の間の関連を見出した[23]、[24] 。これらの研究はまとめて、うつ病を伴う全関節患者が術後の期間にアヘン剤の必要量を増やし、痛みを増した可能性があることを示唆している。 本研究はさらに術後疼痛とオピオイド必要量の増加のための既知の危険因子である術前オピオイド使用のための制御による術後疼痛とオピオイド消費の予測因子としての鬱病の役割を定義することを目的とした。結果は、術前のオピオイド使用と鬱病が危険因子として相互作用し、鬱病が術後の痛みと以前のオピオイド使用者の間のオピオイド要求においてより重要な役割を果たすことを示唆している。術前のオピオイド使用は、アクティブ術前投薬リストにオピオイドを有するものとして定義されたが、いくつかの術前オピオイドユーザーも持っていたかもしれない慢性疼痛多くの研究でうつ病にリンクされている、[25] 、[26] 。500人のプライマリケア患者の縦断的分析において持続性の背中、腰、または膝の痛みを伴う、Kroenke et al。[27]痛みの重症度の変化はその後の鬱病の重症度の強力な予測因子であり、鬱病の重症度の変化も疼痛の重症度の変化を予測することを発見した。したがって、疼痛、オピオイド使用、および鬱病の相互作用は複雑であり、手術のために患者を最適化し、術後期に予想される疼痛および回復について患者を教育するためにこの関係をより明確に定義することが重要です。 手術前にオピオイドを使用している患者は、オピオイド耐性のために術後の疼痛管理がより困難になる可能性がありますが、同様にオピオイドの使用に影響を与える他の要因があるかもしれません。この議論で有用な1つの用語は痛みの破局です。そして、それは患者がどのように解釈して痛みに反応するかに影響を与えることができます。それは誇張された否定的な考え方であり対処することができないと考えられており、それはより激しい痛みの一因となり得る[28]。Riddleらによる研究。[29] TKAの6ヵ月後の膝の痛みを予測するために、鬱病および痛みの大惨事を含むさまざまな心理的要因を分析した。彼らは、うつ病ではなく痛みの大惨事が、予後不良の唯一の一貫した予測因子であることを見出しました。 我々は我々の研究で疼痛破局について特に評価しなかったが、我々の調査結果は術後疼痛とオピオイド要求の増加をもたらすのは既存の鬱病だけではないが、以前のオピオイド使用の設定における鬱病はこれらの課題を著しく増加させることを示唆する。これは、鬱病および以前のオピオイド使用の両方を有する患者をよりよく標的化しそして最適化する必要があり得るという可能性を示す。術後のオピオイドの増加とは別に、これらの患者を治療するための代替方法を見つけることが可能であり得、そして術前のオピオイド減少は術後の使用に影響を及ぼし得る。1件のランダム化比較試験で、12週間の最適化群からなる介入群で、うつ病および併存する股関節、腰、または膝の痛みを伴うプライマリケア患者のグループを対象とした抗うつ薬療法とそれに続く6セッションの疼痛自己管理プログラム[30] 。1年後、介入群の患者は鬱病の有病率が減少しただけでなく、臨床的にも統計的にも有意な疼痛の減少を示した。これらの結果は、鬱病患者におけるオピオイド療法に代わるものが示唆されており、これは最終的により効果的であることが証明され、患者は関節置換術の恩恵を十分に実感することが可能になる。 オピオイドの使用と処方を取り巻く会話の多くは長期的な依存と中毒に焦点を当てていますが、術後の期間にオピオイドの使用が増加することによる短期的な影響があるかどうかという問題もあります。なんば他。[31]24,105人のTKA患者を研究し、そのうちの41%は術後90日の最初の期間後もオピオイドを使用し続けました。この期間中に中低から高オピオイドを使用し続けた患者は術後1年で改訂のリスクが高かった。これらの結果を我々の研究に拡大すると、このサブグループで見られる劇的に増加したオピオイド消費を考慮すると、以前にオピオイドを使用したことのある鬱病患者のサブセットは、改訂のリスクが高い可能性がある。これはさらに、術後の期間におけるオピオイドの使用および有害な合併症の危険性を最小限にするための術前のカウンセリングおよび介入の必要性を強調している。さらに、一般の人々に配布されるオピオイドの数を最小限に抑えることは重要な目標です。 我々の研究には多くの制限があります。それは遡及的レビューに存在する固有のバイアスと制限を受ける。オピオイドデータの収集に関して、本研究は退院後に摂取されたオピオイドの数を推定するために処方を使用した。これは代用品であり、患者が服用した薬の数と正確には一致しない可能性があります。しかし、我々は手術後3ヵ月までにオピオイドを以前に使用して鬱病に罹患した患者の中でより高い補充率を確認することができた。この所見は、退院時にこれらの患者がより多くのオピオイドを処方されているだけでなく、彼らはこの薬を使用しており、さらなる補充を必要としていることを意味しています。この研究のもう一つの重要な部分は、うつ病患者の特定でした。この識別はチャートの見直しを通じて行われ、スクリーニングや管理された機器の完成を通じて行われたものではありません。したがって、抑うつ症状の程度、治療の状況、または診断からの経過時間を判断する方法はありません。患者に関するより詳細な詳細 鬱病状態は、重症度および治療状態に関連した集団のサブセット内でオピオイド使用に違いがあるかどうかを判断するための将来の研究において有用であろう。同様に、術前の疼痛スコアやオピオイド摂取量に関するベースラインデータはありません。グループ間および/またはグループ内での術前の差異を評価し、術後の変化を定量化できるようにするために、ベースラインデータがあることが好ましいだろう。そうは言っても、オピオイドグループのどの患者も真に積極的に術前にオピオイド薬を服用していると確信できるように、すべての患者は手術の直前に看護師と彼らの薬リストの対面審査を受ける。この制限があっても、詰め替えデータを含む我々の調査結果は、手術後3ヶ月であることを示しています、以前にオピオイドを使用していた患者と鬱病にかかっていた人々との間で服用されている鎮痛剤の量に差が残っています。最後に、この研究では術後3ヶ月までのオピオイド摂取のみを検討したため、この短期間での使用量の増加が長期使用と依存につながるかどうかを評価することはできません。しかしながら、先行研究はこれが事実であることを示唆している。今後の研究では、術前オピオイド使用患者のうつ病がTJA後の長期オピオイド使用と関連しているかどうかを判断するための長期転帰に焦点を当てるべきである。この研究では術後3ヶ月までのオピオイド摂取のみを検討したため、短期間での使用量の増加が長期使用と依存につながるかどうかを評価することはできません。しかしながら、先行研究はこれが事実であることを示唆している。今後の研究では、術前オピオイド使用患者のうつ病がTJA後の長期オピオイド使用と関連しているかどうかを判断するための長期転帰に焦点を当てるべきである。この研究では術後3ヶ月までのオピオイド摂取のみを検討したため、短期間での使用量の増加が長期使用と依存につながるかどうかを評価することはできません。しかしながら、先行研究はこれが事実であることを示唆している。今後の研究では、術前オピオイド使用患者のうつ病がTJA後の長期オピオイド使用と関連しているかどうかを判断するための長期転帰に焦点を当てるべきである。 結論 原発性股関節または膝関節置換術後のオピオイド未経験患者では、鬱病のみが疼痛レベルの増加またはオピオイドの必要量と関連していないが、術前にオピオイドを使用している患者ではこれらの結果を有意に増加させる。整形外科医は、適切なリスクの層別化とカウンセリングのために、術前にこれらの患者を特定することに集中するべきです。最も重要なことに、この研究は、特にうつ病の既往歴のある患者における術前のオピオイド減少に関するさらなる研究を保証する、起こりうるリスク修正のための標的を特定しています。 謝辞 すべての作者、その直近の家族、および彼らが所属する研究財団は、この記事の主題に関連する商業的実体から金銭的支払いまたはその他の恩恵を受けていません。 付録A 。補足データ Word文書のダウンロード(17KB)docxファイルに関するヘルプ ワードに対する利益相反の声明。 Word文書のダウンロード(17KB)docxファイルに関するヘルプ Crociのための利益相反の声明。 Word文書のダウンロード(17KB)docxファイルに関するヘルプ グレースのための利益相反の声明。 Word文書のダウンロード(17KB)docxファイルに関するヘルプ ルーベンシュタインのための利益相反の声明。 参考文献 [1] RA ラッド、P. セス、F. デイヴィッド、L. ショルの 薬とオピオイド関与過剰摂取による死亡の増加-米国、2010年から2015年 MMWR Morb Mortal Wkly Rep、65(2016)、p。5051 Google Scholar [2] CDC 疫学研究のための広範囲のオンラインデータ(WONDER) (2016年) Wonder.cdc.gov [アクセス05.01.18]。 Google Scholar [3] S. Frenk 、K. ポーター、L. Paulozzi 成人の間で処方オピオイド鎮痛薬の使用:米国、1999年から2012年 NCHSデータブリーフ(189)(2015)、p。1 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [4] A. アラム、T. ゴメス、H. 鄭、MM マムダニ、DN Juurlink 、CM ベル 低リスク手術後の長期鎮痛剤の使用:後ろ向きコホート研究 Arch Intern Med、172(2012)、p。5 Google Scholar [5] H. クラーク、N. Soneji 、DT コ、L. ユン、DN Wijeysundera 大手術後の長期のオピオイド使用のための料金とは、リスク要因:人口ベースのコホート研究 BMJ、348(2014)、p。g1251 CrossRef Google Scholar [6] MV Hill 、ML McMahon 、RS Stucke 、RJ Barth Jr. 一般的な一般外科手術のためのオピオイド処方の 幅広い バリエーションと過剰な投与量 Ann Surg、265(2017)、p。4 CrossRef Google Scholar [7] CM Jones ヘロイン使用およびヘロイン使用は処方オピオイド鎮痛剤の非医学的使用者の間でリスク行動 – 米国、2002-2004および2008-2010 Drug Alcohol Depend 、132 (2013 )、p。1 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar [8] 疾病管理予防センター(CDC) 成人の間の現在の不況—米国、2006年および2008年 MMWR Morb Mortal Wkly Rep、59(2010)、p。38 Google Scholar [9] HA Whiteford 、L. Degenhardtの、J. レーム、ら。 精神障害および物質使用障害に起因する世界的な疾病負担:世界疾病負荷調査2010年の調査結果 Lancet、382(2013)、p。9904 Google Scholar [10] RJ Crichlow 、PL Andres 、SM モリソン、SM ヘイリー、MS Vrahas 整形外科外傷患者のうつ病。有病率および重症度 J Bone Joint Surg Am 、88 (2006 )、p。9 Google Scholar [11] T. Rosemann 、G. Lauxは、J. Szecsenyi 変形性関節症:プライマリケア患者の大規模なサンプルで評価の生活、併存疾患、薬物治療と健康サービス利用の品質 J Orthop Surg Res 、2 (2007 ) Google Scholar [12] ML マッカーシー、EJ マッケンジー、D。 エドウィン、MJ ボッセ、RC カスティーヨ、A。 スター、LEAP研究グループ 重症下肢損傷に関連する心理的苦痛 J Bone Joint Surg Am 、85-A (2003 )、p。9 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [13] G. マグニ、C. モレスキ、S. Rigatti-Luchini 、H. Merskey 抑うつ症状および慢性筋骨格痛の関係に関する前向き研究 Pain、56(1994)、p。3 Google Scholar [14] LA McWilliams 、BJ Cox 、MW Enns 気分および慢性疼痛に関連する不安障害:全国的に代表的なサンプルにおける検査 Pain、106(2003)、p。1 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [15] JI Etcheson 、CU Gwam 、NE ジョージ、S. Virani 、MA モン、RE Delanois 関節全置換術後の患者の痛みの大うつ病性障害の経験の増加知覚とオピオイド消費 J関節形成術、33(2018)、p。4 Google Scholar [16] TC Kelley 、MJ Adams 、BD Mulliken 、DF Dalury人工 膝関節全置換術における関節周囲薬剤注入によるマルチモーダル周術期鎮痛プロトコルの有効性:無作為化二重盲検試験 J関節形成術、28(2013)、p。8 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [17] S. ニールセン、L. Degenhardtの、B. 湖畔、N. Gisev オピオイド利用研究のための経口モルヒネ等価物(OME)の合成 Pharmacoepidemiol Drug Saf、25(2016)、p。6 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [18] HJ カン、B. Voleti 、T. Hajszan 、ら。 大うつ病性障害におけるシナプス関連遺伝子の発現低下とシナプス消失 Nat Med、18(2012)、p。9 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [19] MN Baliki 、B. ペトレ、S. Torbey 、ら。 皮質線条体機能的連結性は慢性腰痛への移行を予測する Nat Neurosci、15(2012)、p。8 Google Scholar [20] 心理的疼痛に関連する EL Meerwijk 、JM Ford 、SJ Weiss Brain領域:神経回路網との関係および身体的疼痛との関係 Brain Imaging Behav 、7 (2013 )、p。1 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [21] J. Sheng 、S. Liu 、Y. Wang 、R. Cui 、X. Zhang 鬱病と慢性疼痛の関連性:脳内の神経メカニズム ニューラルプラスト、2017 (2017 ) Google Scholar [22] A. Bistolfi 、E. Bettoni 、A. Aprato 、ら。 原発性人工膝関節全置換術後の術後疼痛知覚に対する軽度鬱症状の存在と影響 膝サージスポーツTraumatol Arthrosc (2015 ) Google Scholar [23] 原発性股関節全置換術後の疼痛および鎮痛薬の使用の予測: JA Singh 、D. Lewallen :2年時点で5,707 THA、5年時点で3,289 THA BMC Musculoskelet Disord 、11 (2010 ) Google Scholar [24] 原発性膝関節全置換術後の持続性膝関節痛に対する鎮痛剤の使用の JA Singh 、DG Lewallen 予測因子:施設共同登録を用いたコホート研究 Arthritis Res Ther、14(2012)、p。6 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [25] JM Mossey 、RM ギャラガー 継続ケア退職地域住民における2年間にわたる併存する慢性疼痛と慢性鬱病の長期的発生と影響 Pain Med、5(2004)、p。4 Google Scholar [26] BA Arnow 、EM Hunkeler 、CM Blasey 、他。 プライマリケアにおける併存うつ病、慢性的な痛み、および障害 Psychosom Med 、68 (2006 )、p。2 Google Scholar [27] K. Kroenke 、J. 呉、MJ ベア、EE クレブス、TM Damush 、W. 火 痛みとうつ病との相互関係:プライマリケアにおける12ヶ月の長手方向分析 J Pain、12(2011)、p。9 Google Scholar [28] MJ サリバン、B. ソーン、JA Haythornthwaite 、ら。 大災害と痛みの関係についての理論的展望 Clin J Pain、17(2001)、p。1 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar [29] DL Riddle 、JB Wade 、WA Jiranek 、X. Kong 術前の疼痛破局的 処置は、 膝関節形成術後の疼痛転帰を予測する Clin Orthop Relet Res、468(2010)、p。3 Google Scholar [30] K. Kroenke 、MJ Bair 、TM Damush 、他。 うつ病および筋骨格痛を伴うプライマリケア患者における最適化された抗うつ療法および疼痛自己管理:無作為化対照試験 JAMA、301(2009)、p。20 Google Scholar [31] RS 難波、MCS Inacio 、NL Pratt 、SE Graves 、EE Roughead 、EW Paxton 人工 膝関節全置換術後の持続性オピオイド使用:綿密な監視のためのシグナル J関節形成術、33(2018)、p。2 Google Scholar この論文に関連した著者は、この作品と差し迫った矛盾があると考えられるかもしれない潜在的または適切な矛盾を開示していません。完全な開示声明についてはhttps://doi.org/10.1016/j.artd.2018.07.002を参照してください。 ©2018作者。アメリカ股関節および膝外科医協会を代表してElsevier Inc.によって公開されています。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2352344118300712