このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
変形性関節症(OA)は、痛みを伴う衰弱性の疾患です。OAの顕著な特徴は、血管内皮増殖因子(VEGF)レベルおよび関節内の新しい血管形成の劇的な増加であり、これらは両方ともOA疼痛の重症度と相関する。私たちの目的は、抗VEGF モノクローナル抗体(mAb) – MF-1(VEGFR1へのmAb)およびDC101(VEGFR2へのmAb) – が、Flt-1などのVEGFシグナル伝達経路を標的にすることによって軽減できるかどうかを決定することです。VEGFR1)およびFlk − 1(VEGFR2)。
IACUC承認後、OAはC57 / BL6 マウス(20 g)において部分半月板半内側切除術(PMM)によって誘発された。最初の実験では、DRG中のVEGFR1の検証のために、マウス後根神経節(DRG)をNGFで48時間刺激して、RT-PCRによる18Sに対するVEGFR1の相対的遺伝子誘導を見出した。第2の実験では、VEGFR1およびVEGFR2を特徴付けるために、ビオチン結合VEGFA(1μg /膝関節)を、進行性OAを有するマウスの左膝関節に投与した。pVEGFR1 / VEGFR2は DRGにおける免疫染色によって検出された。最後に、MF - 1およびDC101を、髄腔内(IT)注射および関節内(IA)注射の両方によってOAマウスに投与し、足引っ込め閾値(PWT)の変化を測定した。
VEGFの逆行性輸送は、DRGにおけるpVEGFR1 / VEGFR2の検出について確認された。PMM手術はOAおよび機械的異痛症を発症し、足引っ込め閾値(PWT)が減少した(P  <0.0001)。MF-1のIT注射は進行性OAにおける異痛症の減少をもたらしたが、DC101の注射はそうではなかった。PMM損傷の1週間後のMF-1またはDC101のIA注射は異痛を減少させなかったが、12週の進行OAマウス関節に注射されたとき、両方のMabはPWTを鎮痛の指標として増加させた。我々のデータは、MF - 1(VEGR1阻害)が、ITまたはIA注射後の進行性OAの疼痛を軽減することを示している。MF-1またはDC101の活性化は、OA関連関節痛を改善する可能性があります。 前の記事次の記事 略語 OA変形性関節症PMM部分内側半月板切除術時間時PWT足引っ込め閾値PTT足温閾値DRG後根神経節それくも膜下腔IA関節内のRT-PCRリアルタイムポリメラーゼ連鎖反応P確率SEM平均の標準誤差mAbsモノクローナル抗体VEGF血管内皮細胞増殖因子Flt-1VEGFR1Flk-1VEGFR2IACUC施設内動物管理使用委員会NGF神経成長因子PIGF胎盤成長因子TGF-β/ BMPトランスフォーミング増殖因子beta / Bone Morphogenetic ProteinWnt細胞表面受容体を介して細胞内にシグナルを伝達するタンパク質からなるシグナル伝達経路群Cx43コネキシン43またはGap junction alpha-1タンパク質SASP老化関連分泌表現型米国アメリカ合衆国HBSSハンクスバランスソルトソリューションL1〜L6木材1〜木材6PDGF血小板由来増殖因子ECM細胞外マトリックスHSヘパリン硫酸OADMDOA疾患修飾薬FDA食品医薬品局 キーワード 変形性関節症OA疼痛VEGFPIGFFlt-1Flk-1 1 これら2人の著者は等しく貢献しました。 ©2018 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2452014418300244