このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
変形性関節症(OA)は、世界で最も一般的な関節炎疾患であり、衰弱性の痛みと関節組織の破壊を引き起こします。疼痛は変形性関節症の顕著な症状であるが、疼痛と関節悪化に関与する疾患過程との間の明確な関連性は欠けている。OA疼痛は多因子性であり、そして複数の異なるまたは同時に起こるメカニズムから生じる可能性があり、したがって異なる疼痛サブタイプとして存在する可能性がある。重要な病理学的プロセスを反映するために開発されたいくつかのバイオマーカーが利用可能であり、このようなバイオマーカーやOAの痛みとの関連は、臨床放射線または使用して評価することはできなかった重要な病理学的特徴にヒントを与えることがあり、磁気共鳴イメージング技術を。このレビューは重要な、タンパク質由来の選択を強調します OA患者の体液中で測定されたバイオマーカー。これは、OA疼痛のさまざまなタイプおよび側面と関連しており、関連の背後にある可能性のあるメカニズムについて論じています。
意義
変形性関節症(OA)は、軟骨、骨および滑膜を含む関節全体に影響を与える不均一な病気です。疼痛は変形性関節症の顕著な症状であるが、疼痛と関節悪化に関与する疾患過程との間の明確な関連性は欠けている。したがって、根本的なプロセスを正確に記述し、異なる疾患と疼痛の病状を区別することができるバイオマーカーが明らかに必要とされている。この総説では、直接的または間接的に、構造相関を介して、または分子増感剤として、疼痛機序およびOAにおける疼痛の発症に関連している、選択された数のバイオマーカーについて論じる。我々はさらにOA分野がOA疼痛のためのバイオマーカーの開発と応用において直面する課題を評価する。
前の記事次の記事
キーワード
バイオマーカー生化学マーカー変形性関節症疼痛軟骨滑膜
1 。前書き
変形性関節症(OA)は、世界で最も一般的な関節炎疾患であり、身体障害の大きな原因です[ 1 ]。OAは、主要関節構造の劣化によって特徴付けられる。軟骨、骨、及び滑膜[ 2、3 ]。主な臨床症状は、関節痛、こわばり、そして痛みとこわばりの結果としての身体機能障害です。症状は承認された数によって軽減することができる鎮痛薬、しかし、新しい安全で効果的な鎮痛薬はまだ[必要とされている4、5 ]。
生化学的にOAの構造的進行を抑制しようとするか、またはそれに関連する確立されたまたは推測される病理学的プロセスを逆転させる試みは、疼痛に対してほとんどまたは全くポジティブな効果をもたらさなかった[ [6]、[7]、[8]、[9]、[10]。プラセボ【に比べ狭く関節空間を遅らせるという点で測定効力にもかかわらず、6、10、11 ]。軟骨を再生することを目的とした1つの実験的処置は、磁気共鳴画像法(MRI)で測定したときに軟骨成長を誘導することが見出された。しかしながら、プラセボと比較して痛みの改善はありません[ 10]。]。これらの観察は、OAの進行に関与する重要な病理学的過程の治療にもかかわらず、他の分子メカニズムが疼痛に寄与しそしてそれを維持するかもしれないことを示す。
いくつかの構造的特徴が、OA患者の発症と痛みの程度に関連しており、最も顕著なものはおそらく軟骨侵食、骨棘、骨髄病変および滑膜炎である[12]、[13]、[14]、[15]。 ]。OAにおける疼痛の湿性バイオマーカーの成功は限られている。現在のマーカーは、神経学的疼痛プロセス自体に由来するのではなく、疼痛を引き起こす構造的および分子的変化を通じて疼痛と関連している[ 16 ]。疼痛プロセスに直接由来するバイオマーカーの開発は、中枢感作、末梢感作[ 17 ]および/または神経因性疼痛[ 18 ]を経験している患者によってはさらに複雑になります。これは、OAが神経学的レベルでも不均一な疾患であることを意味します。
2 。OAにおける痛みのメカニズム
2.1 。OAの慢性的な痛み
OAの主な症状は、疼痛および関連する物理的な障害[ある19、20 ]。ヨーロッパの全慢性疼痛症例の20%が変形性関節症に関連しています[ 21 ]。OAの初期段階は、予測可能な方法で特定の活動または動きに関連した急激な痛みの急増に関連しています。疾患の後期段階では、疼痛はより慢性的になり、鈍い痛みまたは痛む疼痛が急性疼痛のフレアと混ざり合って現れる(図1)[ 22 ]。OAの痛みは主に侵害受容性であると考えられています関節の損傷した組織からの警報信号を中継する痛みの状態。構造的には、OAは、すべて[痛みの発生及び維持に寄与し得る軟骨下リモデリング、骨棘の開発及び滑膜炎の増加、進行性軟骨劣化として現れる23、24 ]。しかしながら、放射線学的OAの特徴を持つ個人の最大40%が痛みを感じないと推定されています[ 25 ]。神経系の末梢感作は、主に関節の変化によって引き起こされると考えられている疼痛の維持に実質的に寄与する。増加する証拠はまた、集中型疼痛感作メカニズムが一貫したOA疼痛において役割を果たすことを示唆している[ 26]。OAは末梢侵害受容と集中型疼痛調節の間の混合疼痛状態であるという考えを支持している [ 27 ]。
図1
高解像度画像をダウンロード(528KB)フルサイズの画像をダウンロード
図1。変形性関節症のさまざまな種類の痛みの概要
2.2 。末梢痛
滑膜関節は感覚ニューロンによって神経支配されている。これらのニューロンの細胞体は、後根神経節に位置し、そこでそれらは、末梢で関節構造内へ、さらに信号がさらに脳へ伝播され処理される脊髄へと中枢的に延びる。通常の急性疼痛は、組織損傷を回避するための迅速な防御反応を中継する活動電位として、化学的、機械的または熱的刺激などの痛みを伴うメディエーターの伝達を介して活性化される [28 ]。OAにおける関節損傷に関連した組織変化は、慢性疼痛状態により関連した異なる一連のシグナルを生じる。これらのシグナルには、サイトカイン、ケモカインなどの炎症メディエーターが含まれるそしてプロスタグランジン活性化することが示された侵害受容器ジョイント[における29]。さらに、研究は、組織の損傷、いわゆる損傷関連分子パターン(DAMPS)によって生成された特定の分子断片は、直接感覚ニューロンを励起または活性化を介して間接的にそれらを活性化することができることを示唆している免疫受容体(及び炎症の増加を図2。)[30 ]、[31]、[32]、[33]]。
図2
高解像度画像をダウンロード(850KB)フルサイズの画像をダウンロード
図2。疼痛シグナルを説明するバイオマーカーは、関節の異なる組織および細胞型から放出される。(軟骨/骨)外傷、機械的変化または炎症は、軟骨の破壊、軟骨下骨リモデリングの増加および骨硬化症を引き起こす。軟骨の新血管新生は骨軟骨接合部を横切って広がり、組織区画化を危うくする。組織代謝回転および分解の増加は、ネオエピトープの放出の増加、炎症性メディエーター、ならびに神経ペプチドおよび増感剤の関連する放出の神経支配の増加と関連している。(滑膜)滑膜の炎症は関節の腫れ、免疫細胞を引き起こす浸潤、細胞過形成および神経支配の増加。これらの変化は、侵害受容増感剤として作用するサイトカインおよび神経ペプチドなどの炎症性メディエータの放出に関連している。増加した炎症は、増加したタンパク質分解活性の結果としてCRPMに代謝されたCRPの放出と関連する。このタンパク質分解活性の増大はまた、結合組織から局所的にも循環中へもバイオマーカーの放出を増大させる。(神経支配)関節での侵害受容は、信号がさらに脳に伝達される脊髄の後角にDRGを介して中継されます。神経ペプチドおよび伝達物質は、末梢神経終末、DRG、およびOA疼痛の後角で調節される。
末梢関節神経支配の変化は、様々な関節組織の劣化と関連しており、OA病理に寄与している。軟骨下骨コンパートメントおよび滑膜を含む関節の神経支配の増加は、OA患者において見出されている[34]。滑膜炎は、[滑膜の増加神経支配およびプロ炎症性メディエーターおよびプロ発痛分子の産生の増加と関連している28、35 ]。末梢侵害受容器の持続的刺激は、罹患個体における疼痛閾値の低下をもたらす、分子感作の増加をもたらし得る。これは局所感作または痛覚過敏として経験される可能性があります。長期刺激は、広範囲にわたる慢性疼痛、痛覚過敏、および関連する疼痛をもたらす、OAにおける集中型疼痛または感作成分の主な要因であると提唱されている[26]。
臨床的OAと疼痛との間の強い関連は、構造変化、炎症および神経伝達の生化学的マーカーがOA患者においてどのように調節されるかを調査する多数の研究をもたらした。血清、尿、および滑液バイオマーカーおよびウェスタンオンタリオ及びマクマスター大学の骨関節炎インデックス(WOMAC)を含む疼痛出力の異なるタイプ間の関連付けは、VAS疼痛および神経障害性疼痛は、示されている[ 12、36、37 ]。しかしながら、個々の患者におけるマーカーと痛みの発生との間の関連を説明する個々の根底にある病理学的メカニズムは未だ明らかにされていない[ 29、[38]、[39]、[40] ]。
2.3 。集中型増感
ますます多くの証拠が、中枢神経系の興奮性亢進が、OA患者が経験する慢性疼痛において重要な役割を果たすことを示唆している。罹患した関節から離れた領域に痛覚過敏を含むOAに集中痛み成分を示唆する変化[ 41、42 ]、痛みのメカニズムならびに[空間の両方における増加降順の損失43 ]と時間的総和を [ 41 ]。通常、神経因性疼痛指標[として中枢性感作に関連する症状のさらに、プレゼンス12、44 ]および中枢作用性の治療薬の有益な効果[ 26、45また、広範囲の痛み、睡眠障害、疲労、およびOA患者のサブセットにおける認知障害[ 46 ]は、慢性的なOA痛みの中心的な要素も示しています。改変された中枢性疼痛処理の根本的な原因は、現在のところ明らかではないが、[炎症または損傷した関節の侵害受容器から連続的かつ持続的な侵害受容性の入力からなることができる41、42、47 ]。
OAにおける生化学的マーカーと中枢性疼痛プロセスとの関連を説明する研究は限られている。これらのマーカーは通常、疼痛プロセス自体に特異的ではないが、炎症、および異なる種類の疼痛に関連する構造的または炎症的変化と高度に関連している。中枢性疼痛処理を説明するために、脳脊髄液(CSF)のサンプリングが必要となる可能性があり、これはOA疼痛研究では実施されそうにない。最近の刊行物は、と比較して、OA疼痛を有する非重量はより神経因性疼痛の特徴に関連付けられていることが見出さ体重支持痛み[ 48 ]、およびその他のレポートは、疼痛パターンの臨床的およびおそらく生化学的差異は、これら2つの痛みの種類との間に存在することをサポートして49、50]。これは、集中感作の徴候の有無にかかわらず患者間のバイオマーカーの違いを調べることによって、または単に主に非体重性疼痛もしくは体重負荷性疼痛によってバイオマーカーの関連性を集中感作で評価する方法を可能にする。
2.4 。バイオマーカーと痛みの概要
疼痛は、OAの主な症状であり、それは多くの場合、それが患者に医療的援助を求めることにつながります。個々の患者に対する所与のバイオマーカーと疼痛の重症度との間の関連性の直接的な臨床的関連性は小さい。しかし、病因が不明瞭なびまん性疼痛の存在下では、疼痛に関連するバイオマーカーは将来の薬物開発の標的に関する貴重な情報を提供する可能性がある。選択されたバイオマーカーの概要は表1に提供されている。
表1。生化学的マーカーと痛みの臨床的特徴との間の関連の概要。
バイオマーカー 体液 疼痛協会 参考文献
サイトカイン
TNF-α SF 症候性KOAにおけるWOMAC疼痛、運動痛および安静時の痛み、ならびにNPS安静時痛および運動時の痛みと正の関連がある。 Leung等。[ 51 ]
治療未経験の症候性KOAにおけるWOMAC総スコア、疼痛、硬直および機能と正の関連がある。 オリタ等。[ 50 ]
IL-1β SF 症候性KOAにおけるNPS運動の疼痛と負の関連がある。 Leung等。[ 51 ]
IL-6 SF 症状のあるKOAにおけるNPS運動の疼痛と正の関連がある。 Leung等。[ 51 ]
治療未経験の症候性KOAにおけるWOMACの硬直性と負の関連がある。 オリタ等。[ 50 ]
TKRを受けている症候性KOA患者におけるWOMAC疼痛およびNPQと正の関連がある。 Radojčić他。[ 12 ]
IL-8 SF 症状のあるKOAにおけるNPS運動の疼痛と正の関連がある。 Leung等。[ 51 ]
ネオエピトープ
CTX-II U ACLR後のNPSならびにIKDC-SKFの疼痛および機能の低下と正の関連がある。 Chmielewski等。[ 36 ]
痛みを伴う膝のVAS痛み(KL1)および早期の痛みを伴うRKOA(KL2)と正の関連があります。 石島他 [ 37 ]
痛みを伴う初期KOAの骨棘領域と正の関連があります。 Van Spil等。[ 66 ]
CRPM S 膝の痛みとRKOAの程度が異なる患者における集中型感作(一時的な合計と痛みの調整)と正の関連がある。 Arendt-Nielsenら。[ 69 ]
体重が減少している肥満KOA患者におけるWOMAC機能と正の関連がある。 Loeserら。[ 71 ]
C1M S TKRを受けている症状のあるKOA患者におけるNPQと正の関連がある。 Radojčić他。[ 12 ]
C3M S 体重が減少している肥満KOA患者におけるWOMAC機能と正の関連がある。 Loeserら。[ 71 ]
神経ペプチド
CGRP S
SF TKRまたは膝関節鏡検査を受けているKOA患者におけるWOMAC合計スコア、疼痛、硬直および機能と正の関連がある。 Dongら。[ 90 ]
サブスタンスP S 症候性X線撮影のOAにおいてNPSと積極的に関連している(関節は特定されていない)。 Lisowskaら。[ 96 ]
神経ペプチドY SF KOAにおける渡辺英雄の疼痛スコアと正の関連がある。 Wang et al。[ 104 ]
他のタンパク質
CRP S KOAにおけるWOMAC機能と積極的に関連している。 Garnero等。[ 62 ]
HOAのVAS疼痛と正の関連がある。 Garnero等。[ 118 ]
HOAおよびKOAにおけるCLINHAQ機能障害、関節の圧痛および疼痛と正の関連がある。 ウルフ[ 108 ]
COMP S 機械的膝痛の中年コホートにおける症候性RKOA、WOMAC総スコア、VAS痛およびLequesne指数と正の関連があった。 フェルナンデス等。[ 128 ]
中年女性の自己申告による膝痛と正の関連がある。 Kluzek et al。[ 132 ]
中年女性における有痛性または症候性RKOAの発症と正の関連があります。 Kluzek et al。[ 133 ]
RKOAのインタビューで評価した疼痛およびこわばりと正の関連がある。 Sowers et al。[ 60 ]
痛みを伴う初期KOAの骨棘領域と正の関連があります。 Van Spil等。[ 66 ]
グレリン S 症候性KOAにおけるWOMAC総スコア、疼痛、体重負荷の痛み、体重負荷のない痛み、機能および硬直と正の関連がある。 Wuら。[ 142 ]
TRACP 5b S 症状のあるKOAにおいて、ベースラインのWOMAC疼痛およびNHANES I疼痛が悪化することと正の関連がある。 Nwosuら。[ 149 ]
略語:ACLR、前十字靭帯再建。CLINHAQ、臨床健康評価質問表。HOA、ヒップOA。IKDC-SKF、国際ニードキュメンテーション委員会の主観的ニーフォーム。KOA、膝OA; NHANES I、国民健康栄養調査I。NPQ、神経因性疼痛アンケート。NPS、数値痛みスケール。RKOA、レントゲン写真用膝OA。S、血清。SF、滑液。TKR、膝関節全置換術。U、尿。VAS、ビジュアルアナログスケール。WOMAC、西オンタリオおよびマクマスター大学変形性関節症インデックス。
2.5 。サイトカイン
広義には、サイトカインは複数の細胞型および複数の組織から排出される細胞間シグナル伝達タンパク質です[ 51 ]。いくつかのサイトカインは炎症反応において主要な役割を果たし(例えば、IL-1αおよびIL-6)、いくつかの対照抗炎症プロセス(IL-36およびIL-38) – 炎症性サイトカインとOAにおける疼痛との関連は、炎症は疼痛感作と直接関係しています。さらに、最近の総説[ 29 ]に記載されているように、これらのサイトカインのいくつかは神経弛緩に沿ってニューロンを興奮させるように直接作用するかもしれないという十分な証拠がある。
サイトカインはしばしば傷害または他の細胞ストレスに応答して局所的に分泌されるので、病態生理学におけるサイトカインの役割およびOAにおける疼痛を評価するほとんどの研究は滑液中で測定した。関節の細胞によって分泌されることが知られているサイトカインの多くは、OA患者の滑液中で検出されているが、滑膜炎などの他の要因とは無関係にタンパク質レベルと疼痛の間の一貫した関連を見出すことができる研究は比較的少ない。
竹下他 症候性股関節OA(HOA)患者の滑膜は神経支配が増加しており、非OA対照と比較して感覚神経関連タンパク質およびTNF-αを発現する可能性が高いことが示された[ 52 ]。47人の膝関節症OA(KOA)患者の滑液を対象とした研究では、WOMAC total、痛みの硬さ、および機能スコアで測定したTNF-αは痛みと正の関連がありました。剛性WOMACサブスコア[ 53 ]。
全膝関節置換術を予定されている患者における全身性または局所性滑液量のIL-6の関連性を調べた最近の研究では、滑液量はIL-6の全身性血漿量ではなくWOMAC痛と神経因性疼痛の両方に関連していた。興味深いことに、神経障害性疼痛との関連は滑膜炎によって説明されたが、WOMAC疼痛はそうではなく、異なる種類の疼痛がOAの特定の疾患表現型と潜在的に関連していることを示している[ 12]。]。さらに、Leungらは、sf-IL-6とsf-IL-8の両方が11ポイントの運動時の痛みと関連しているが安静時の痛みとは関連していないことを見いだした。興味深いことに、TNF -αは、無痛性および機械的疼痛の両方に関連しているように思われる。さらに、彼らは、検出可能または検出不可能なレベルとして評価した場合、IL-1βが疼痛と逆相関することを見出しました[ 54 ]。
これらの所見とは対照的に、末梢血白血球におけるIL-1β遺伝子発現の増加は疼痛(WOMAC疼痛、WOMAC合計およびVAS疼痛)の高いKOA患者のサブセットを特定し、これらの患者はX線撮影の進行リスクが高いことを示す研究である。55 ]。興味深いことに、著者らはまた、TNF-αとX線撮影の進行との関連性を見出したが、痛みとの関連性は認めなかった。これは、血管新生したパンヌス様構造および骨棘などの症候性OAに関連する領域においてIL-1βが上方制御され得ることを示唆している可能性がある[ 55 ]。体液中の所見との比較は、これらの所見が細胞プール中の遺伝子発現に基づいているために行うのは困難であるが、IL-1βがOA疼痛に関与していることを示唆している。
2.6 。プロテオミクス
プロテオミクスは、質量分析やタンパク質マイクロアレイなどのさまざまなタンパク質単離技術と組み合わされた幅広い技術を使用して、OAの分野での使用が増えています。現在利用可能な多くの異なる様相はしかしながらこのレビューの範囲外です。OAのコンテキストでは、プロテオミクスには2つの大きな役割があります。バイオマーカーの発見とバイオマーカーとしての直接使用です。前者が最も一般的な使用法です。OAプロテオミクス研究は通常、滑液、血清、組織生検、外植片培養、細胞培養からなるサンプルを分析します。そして、より少ない程度で、尿。バイオマーカー発見のためにプロテオミクスは貴重なツールであったが、バイオマーカーパネルとしての使用のためにはプロテオームアプローチは典型的にあまり特異的ではなく、検出されるタンパク質の数はしばしば非常に多く、数百またはそれ以上に及ぶ。OAプロテオミクス研究は、OA患者における個体内および個体間の大きな変動、ならびに関節組織内で差次的に発現されたタンパク質を調査するための健康な生検を得ることの困難性によって複雑になっている。
今日まで、OAにおけるほとんどのプロテオミクス研究は本質的に探索的であり、そして新規のバイオマーカーの発見、OA関節の構造的組成の調査、OA病因の調査に焦点を当ててきた。プロテオミクスは、神経因性疼痛の多数の動物モデル[ 56 ]および末梢神経因性疼痛を有するヒト対象からの脳脊髄液[ 57 ]の両方において、神経因性疼痛の病因に関与するタンパク質を調査するために適用されている。非常に少数のタンパク質がこれらの研究において差次的に発現されることが見出され、これは広い異質性、および変化したタンパク質発現を示している。明らかに特定の神経損傷にリンクされていたと神経因性疼痛の病因の一般的な要因によるものではありませんでした。それはOAでは一般的ではない神経の損傷に由来すると神経因性疼痛は、OAの痛みよりも明らかに異なっているが、このような病気の関節から遠い地域でアロディニアおよび痛覚過敏などの機能は、[慢性OA疼痛を有する患者に記載されている58、59 ]。このレビューの目的のために、我々は特にOA疼痛が結果であったプロテオミクス発見またはバイオマーカー研究の例を見つけることができませんでした。
2.7 。ネオエピトープ
ネオエピトープは、タンパク質分解切断によって生成されたペプチド配列である。したがって、全タンパク質ではなくネオエピトープは、タンパク質と酵素的切断との組み合わせを表し、これらはしばしば所与の組織または器官に対して単離され、したがって標的特異性を増大させる。湿潤試料中のこれらのネオエピトープを標的とし、ELISAまたは類似のイムノアッセイ法によってそれらを定量化することができる特異的モノクローナル抗体を開発する可能性は、OA バイオマーカー研究においてこの技術を特に興味深いものにした。。OA発生および病理学に関連した増加した組織代謝回転は、滑液および血流へのネオエピトープの放出をもたらし、それはその後バイオマーカーとして標的にされ得る。相当な努力がこれに割り当てられてきたが、今日までに、痛みを含むOA病理学および疾患経過の異なる側面との一貫性のある有意な関連性を示すマーカーはほんのわずかしかない。
2.7.1。CTX-II
CTX - IIは、II型コラーゲンの架橋C-テロペプチドフラグメントであり、そしてこれまでに変形性関節症の最も記載されている生化学的マーカーである。硝子軟骨の主要な細胞外成分として、II型コラーゲンは軟骨恒常性の崩壊を分析するための非常に適したバイオマーカー標的である。
CTX-IIは、OAの発症および進行と関連している[ [60] 、[61] 、[62] 、[63] ]、OAの重症度[ 54、64、65 ]、および骨髄病変の存在[ 66 ]及び骨棘[ 67 ]。免疫組織化学的染色は、コラーゲン損傷領域および軟骨細胞周辺に断片を局在化させているが、興味深いことに、血管新生領域および骨 – 軟骨界面において軟骨下骨にも近い [ 68 ]。
CTX-IIと疼痛との関連に関する報告は多様であり、おそらくOA患者とOAコホート研究との間の大きな異質性に起因する。初期のKOAにおいて、van Spilらは最小JSWと負の関連性を見いだしたが、疼痛のある患者とない患者の間に差はなかった[ 69 ]。興味深いことに、CTX-IIは痛みを伴う膝のある患者においてのみ骨棘領域と関連していた。これは、CTX-IIが骨棘などの特定の構造的特徴の痛みを伴う発生と関連している可能性があることを示唆している。CTX-IIがKellgren-Lawrence(KL)グレード – 関節狭窄、骨棘および骨硬化症のX線写真所見に基づくスコアリングシステムと関連していることを示す同様の所見[ 70]] – そして、症候性KOAを有する患者においてCTX-IIが増加することが以前に報告されている[ 37 ]。
前十字靭帯再建手術(ACLR)を受けている患者では、手術後のCTX-IIレベルの低下が疼痛の軽減および身体機能の改善と関連していることがわかった[ 36 ]。これらの知見は、II型コラーゲンのリモデリングが疾患活動性および重症度の増加と関連している一方で、CTX-IIの低下はより良性の損傷パターンを反映していることを示している可能性がある。
2.7.2。CRPM
マトリックスメタロプロテイナーゼ(MMP)は、代謝産物-generated C反応性タンパク質(CRP)を、CRPMは、慢性炎症[関連付けられている 71おそらくいくつかの滑膜炎の程度を介して媒介される]、71、72の関連を調査した]、したがっていくつかの研究痛みを伴う。急性期反応物CRPとは対照的に、CRPMはMMPおよびCRPの存在下でのみ生成され、それによって慢性組織炎症をより正確に反映すると予想される。
CRPMは、それがOA患者のベースラインの股関節痛との関連傾向[とともに、構造的な進行のリスクと関連することが見出されたOA放射線の特徴と痛みとの関連のためにロッテルダム研究のコホートで評価されてきた73 ]。KPM患者における食事と運動の研究において、CRPMレベルの変化は身体機能の変化と有意に関連しているが痛みではないことが明らかにされている[ 74 ]。Arendt-Nielsenらは、CRPMは一時的な合計およびコンディショニングによる疼痛調節の形で集中型感作と関連しているが、KOAにおける疼痛の強度または期間とは関連していないことを示した[ 72]。]。CRPMと疼痛との関連性の根底にある機序は完全には理解されていないが、おそらくCRPMネオエピトープの発生剤ならびに侵害受容および感作に関与する炎症性メディエータの両方として作用している局所炎症性成分の上方制御を含む。
2.7.3。C1M
I型コラーゲン(C1M)のMMP生成代謝産物は炎症と関連している[71]。C1Mは、いくつかの慢性関節リウマチ(RA)およびOA試験で予後または診断方法で使用されてきましたが、これまでにOAの疼痛のアウトプットを分析する研究は少数しか行われていません。最近、ある研究では、[C1Mは、人工膝関節置換(TKR)を予定している患者では、一般的なOAの痛みに神経因性疼痛における役割を示唆しているではなく、なくWOMACと、神経因性疼痛アンケート(NPQ)と関連していたことがわかった12 ]。この研究におけるNPMとC1Mの関連は滑膜炎によって説明され、滑膜炎は神経因性疼痛を患っている患者を用いたOAバイオマーカー研究における交絡変数として示されている[ 12]。]。エクスビボ研究はまた、C1Mが滑膜炎のバイオマーカーであることを実証した[75]。C1Mは、有意ではないが、膝および股関節のOA患者において持続性の関節痛および硬直を示したことと正に関連している[ 73 ]。さらに、研究はC1Mと膝の痛みの増感の増加との間の関連性を示しているが、この関連性は交絡因子について調整すると失われた[ 72 ]。KOA患者を対象とした別の研究では、C1Mと疼痛転帰、圧痛閾値およびVAS との間に関連性は認められなかった[ 76 ]。肥満および過体重のKOA患者が食事や運動から体重を減らすことを検討したところ、WOMACの疼痛、C1M、および炎症(CRPM)の両方が減少しました。74 ]さらに、本研究でC1MとWOMACの痛みとの間に関連は見られなかったがC1Mは、炎症を介して疼痛に連結されるかもしれないことを示します。これらの所見は、C1MがOA疼痛に関連する可能性のあるバイオマーカーになり得ることを示唆しているが、これまでの所見は決定的なものではない。疼痛バイオマーカーとして、それは神経因性疼痛および炎症に関連することによってそうであるように思われる。
RAでは、C1Mはベースライン時のVAS疼痛および健康評価質問票(HAQ)と正の関連があった。C1Mは疾患活動性スコアDAS28とも関連しており、疼痛とC1Mの関係は炎症によって説明される可能性があることを示している[ 77 ]。
2.7.4。C3M
III型コラーゲンのMMP生成代謝物(C3M)は、C1Mと同様に、炎症と関連している[71]。C3Mは、予後または診断バイオマーカーとしてRAおよびOAにおいて使用されてきたが、C3Mを調査するOA疼痛研究はほとんどない。ある研究では、症状のあるKOA患者においてC3Mとますます広がる疼痛との関連性が示されているが、この関連性は交絡因子を調整する際に失われた[ 72 ]。C3Mは、OA炎症の研究において高感度CRP(hsCRP)およびCRPMが上昇した患者において上昇しており、それがOA炎症に関連していることを示唆している[71]。しかしながら、同じコホートの別の研究では、C3Mと疼痛転帰、圧痛閾値およびVASとの間に関連はみられなかった。[ 76]]、痛みと炎症の関係は簡単ではないことを強調しています。
肥満および過体重のKOA患者が食事および/または運動から体重を減少させた研究では、C3MはWOMAC機能の変化とわずかながらわずかながらも有意に関連していたが、WOMAC疼痛との関連はなかった[ 74 ]。しかしながら、WOMACの疼痛とC3Mの両方が試験を通して減少し、炎症(CRPM)も減少しました[ 74 ]。
RAのより炎症性の状態において、C3Mは抗IL − 6受容体抗体トシリズマブのような抗炎症性阻害剤によって減少することが示されており、関節の炎症との関係を強調している。C3Mの早期の減少はより大きなACR50反応率と関連しており、その中でVAS疼痛はサブスコアである。しかしながら、直接疼痛スコアとの関連はこの研究では評価されなかった[ 78 ]。
OA患者からの滑膜組織外植片における研究は、C3MがTNF -α、IL - 1およびIL - 6を含む多くの異なる炎症誘発性サイトカインに応答して上方制御されることを見出した。滑膜炎[ 75 ]。
2.8 。神経ペプチド
神経ペプチドは、食欲、心拍数、免疫応答および炎症、骨恒常性および疼痛などの多様な生理学的特性を調節する中枢および末梢神経系全体にシグナルを伝達するためにニューロンによって使用されるペプチドである。疼痛伝達および侵害受容におけるそれらの役割は、特にOA関節の神経血管浸潤の文書化された存在を考慮すると、それらをOA疼痛を研究する際に特に興味深いものにする[ [79]、 [80]、 [81]、 [82]、 [83]、 [84]と神経血管浸潤が予防されたときに観察される痛みの軽減[ 85]]。しかしながら、神経ペプチドバイオマーカーデータの解釈は、神経ペプチドが典型的には多数の生物学的過程に関与しているために非常に複雑である。以下にリストされているOA疼痛のバイオマーカー研究は単一の研究から派生したものであり、すべて関連する状況における生物学的および技術的性能の独立した検証が必要です。
2.8.1 。CGRP
カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)は、主にCおよびA感覚線維に見られる37アミノ酸のニューロペプチドです[ 86 ]。これらは膝の滑膜を含む、体全体に広い神経支配を持っています[ 87 ]。有痛性HOAではCGRP陽性ニューロンが増加しているが無痛性HOAでは増加しておらず[ 34 ]、動物実験ではCGRPが関節炎モデルにおける侵害受容に重要であることが明らかにされている[ [88]、 [89]、 [90] ]。 。CGRPは、OA患者由来の末梢全血細胞からの炎症誘発性サイトカインの産生を刺激するので、CGRPはまた、OA炎症にとって重要であり得る[91]。OAにおける炎症と免疫反応への関与を示唆している。CGRPは中枢神経と末梢神経の両方で産生され[ 92 ]、したがってCGRPはOAの末梢感作と中枢感作の両方に関連する可能性がある。
Dongら。最近、血清および滑液の両方のCGRPレベルが、KOAの進行性関節損傷だけでなくWOMACの疼痛、硬直性、機能および総WOMACスコアとも正の相関があることが実証された[ 93 ]。血清および滑液のCGRPレベルは、おそらく末梢感作性による、いかなる構造的損傷とは無関係に、OAにおける疼痛の興味深いバイオマーカーとなり得るが、この解釈は、炎症におけるその推定的関与のために複雑である。
CGRPはまた、OA症状を治療するための興味深い薬物標的としても存在する。片頭痛臨床試験ではCGRP拮抗薬と抗体の有効性と安全性の両方が実証されていますが[ 94 ]、モノクローナルCGRP中和抗体を用いたOA患者のCGRPを対象とした臨床試験は現在までに欠けているため、フェーズ2で終了しましたOAの徴候および症状に対する有効性[ 95 ]。
2.8.2 。サブスタンスP
サブスタンスP(SP)は、侵害受容過程においてメディエータとして作用する11アミノ酸の神経ペプチドおよび神経伝達物質である[96]。SPはまた、上の前炎症性効果を有するような他の機能役割を果たす免疫細胞を [97]およびOA患者からの末梢全血細胞による産生IL-1β、IL-6およびTNF-αを刺激する[91、その受容体を介して媒介されます]TACR1遺伝子によってコードされるニューロキニン-1受容体(NK1R)[97]。SP陽性ニューロンの密度は、有痛性HOAでは増加するが、無痛性HOAでは増加しない[34]。これは、OA侵害受容における重要な役割を示唆している。一塩基多型TACR1遺伝子のSNP(SNP)は、複数の研究コホートで症候性KOAのリスク低下と名目上有意な関連があることが示されています[ 98 ]。
Lisowskaら。OA患者とRA患者の両方において、血清SP(sSP)濃度と慢性疼痛強度の間に数値疼痛尺度(NPS)の間に正の相関があること、およびOA患者とRA患者の間のsSPレベルの有意差より高いsSPレベルを持っていた[ 99 ]。OA患者とRA患者はどちらも同じ平均疼痛レベルを有していたので[ 99]、この違いは炎症状態の違いによって説明される可能性があります。しかしながら、研究者らは、OA関節の構造的変化、X線撮影によるOAの重症度およびsSPレベルの間に何らかの関連があるかどうかをまだ評価していない。SPは疼痛と炎症の両方に関与しているので、測定されたsSP濃度の影響は、特に構造変化が調査されていない場合、OA研究におけるその解釈を不明瞭にするこれらの状態のいずれかの代表であり得る。sSPとOAの構造変化および炎症との関連性との関連性についてのさらなる研究が必要である。
2.8.3 。神経ペプチドY
神経系において最も広く分布神経ペプチドの一つである神経ペプチドY(NPY)、36アミノ酸ペプチド神経伝達物質[ 100、101 ]。NPYは複数の複雑な生物学的役割を果たしており、心血管機能、摂食量および疼痛処理などのさまざまな機能に関与しています[ [102]、[103]、[104 ]。感染症、炎症及び自己免疫はまた、病理学的能力にNPYの影響を受けることが示唆されている[ 105、106OA患者由来の末梢全血細胞は、NPY刺激時に炎症誘発性サイトカインIL - 1β、IL - 6およびTNF -αの産生を有意に増加させることが実証されている[91]。
Wang et al。滑液中のNPY濃度は、KOA患者の方が対照群よりも有意に高く、疼痛の重症度とともに増加することを証明している[ 107 ]。NPYレベルはまた、初期のKOAと比較して、研究で定義されているように、中等度から進行期のKOAにおいて有意に高かったが、中等度と進行期のKOAの間に有意差はなかった[ 107 ]。
2.9 。他のタンパク質
2.9.1。C反応性タンパク質
C反応性タンパク質(CRP)は、によって生成される急性期反応物質であり、肝細胞及び脂肪細胞、肝臓および発現は炎症性サイトカイン[により調節される 108、109 ]。CRPは炎症のマーカーとして使用されており、多数の試験でそのように測定されています。多くの研究がOAのCRPとその構造、機能および痛みとの関連を調べてきたが、結果は矛盾している。多くの研究[ [110]、[111]、[112]、[113]、[114]、[115]によって決定されるように、CRAレベルはOA患者でわずかに増加している]。広範に調査されてきたが、CRPと炎症以外のOAの構造的特徴との間の関連は、いくつかのメタアナリシスによって示されるように弱い。全く関連はKLグレード【で見つかりませんでした116、117 ]も狭く関節空間【と65、118 ]。いくつかの研究では、発生率およびOAの進行に関連したCRPレベルの統計学的に有意な差異を発見したが、これらの所見は、BMIについて調整されないことによって制限されていた[ 110、119 ]、または比較的低い有するサンプルサイズを [ 112]。OAとの関連が有意肝臓CRP合成[トリガ炎症性サイトカインの脂肪放出を介してCRPに相関しているBMI、によって主に説明されると考えられている114、120 ]。しかし、最近のメタ分析では、BMIが研究の間、さらにCRPレベルが強く疼痛症状[と相関していたことがわかったCRPとOAとの間の関連性はBMIと同じ研究に依存しないように思われることを、すべての分散を説明していないと結論113 ]。
多くの研究が、OAの症状との有意な関連を見出した。Garnero等。これは有意ではなかったが、WOMACとマージナル関連を見つけ、VAS疼痛〔との有意な関連65、121 ]。CRPはWOMAC機能とも相関しており、症状のあるOAとの関係を示唆している[ 65 ]。CRPと臨床評価パラメータとを比較した別の研究では、CRPと炎症の徴候との間の関連性が、関節線の圧痛および疼痛、ならびに機能障害および疲労の形で見出された[ 111 ]。
2.9.2。COMP
OA疼痛のバイオマーカーとしての血清軟骨オリゴマーマトリックスタンパク質(COMP)の使用は広く研究されており、COMPとOA疼痛との間の関連の十分な証拠があるが、そのような関連を示さない研究もある。COMPは軟骨、滑膜および半月板を含むいくつかの組織型に由来する[122]が、その正確な役割は明らかではない。五量体COMP複合体はコラーゲン原線維形成を増加させることが実証されているが、単量体COMPの存在はそれを減少させる[ 123 ]。OAにおけるCOMPは、軟骨の分解または滑膜の炎症に由来する可能性が高いが、コラーゲン原線維形成に関与しているため、健康な関節にも起因すると思われる。
滑液およびOAおよびRA患者の血清中の増加したレベルでのCOMPの放出は十分に報告されている[ [124]、[125]、[126]、[127]、[128]、[129 ]。放射線KOAと血清COMP(SCOMP)の断面の関連付けは、いくつかの研究に示されている130、131 ]。ある縦断的研究はまた、高いベースラインのsCOMPレベルが、10歳以上の中年女性におけるX線撮影KOAの発症を予測することを示しています[ 132 ]。他の縦の研究では、KOAを有する個体と低SCOMPレベルが[フォローアップ時の内側軟骨体積損失の低い速度を有することが示されている133そして、より高いsCOMPレベルを有するものは、その後の軟骨喪失の危険性を有意に増加させた[ 134 ]。
フェルナンデス等。痛みを伴うレントゲン写真KOAを有する集団は、年齢および性別が一致した健康な対照および無症候性のJSNを有する集団よりも有意に高いsCOMPレベルを有することを示している[ 131 ]。レントゲン写真術前(KLグレード0または1)の症候性OA患者は、健康な対照で観察されたものより有意に高い中間のsCOMPレベルを有していた[ 131 ]。Sowersらによる縦断的研究では、インタビューで評価したところ、sCOMPの軌跡は痛みと硬直に関連していたが、機能していなかった[ 63 ]。ベースライン時にOAなし(KLグレード0)の中年女性を対象とした研究では、高いsCOMPレベルが自己申告による疼痛と正の関連が見られた[ 135]そして、sCOMPの上位4分の1において有痛性または症候性のX線撮影KOAを発症している[ 136 ]。sCOMPの最高四分位数はまた、20年にわたるX線撮影KOAのリスク増加と関連していた。疑わしいX線撮影OA(KL≤1)の初期のOA被験者のコホートでは、痛みを伴う膝と非痛みを伴う膝の両方で最小JSWと関連していたが関連性はなかったが、sCOMPは有痛性膝においてのみ骨棘領域と関連することが示された任意のWOMACサブスコアまたは合計WOMACスコア[ 69 ]。
sCOMPレベルとOA疼痛の間の関連性を支持するための研究はたくさんありますが、それと矛盾するものもあります。Vilímらによる研究。JSWの変化を3年間にわたって評価し、ベースライン時および試験終了時にsCOMPレベルとの相関を見出した[ 137 ]。ここで、両方の膝関節について合計された、2つのKLグレードを進行させた患者はまた、ベースラインおよび試験終了時に有意に高いsCOMPレベルを有した。この研究では、ベースラインも研究終了時のsCOMPレベルもWOMAC指標の変化と相関しなかった[ 137 ]。別の縦断的研究では、臨床的なOAと高いsCOMPレベルを持つ人は、関節疾患が急速に進行する危険性があるが、KOA症状の重症度とは相関がないことがわかっています[ 138 ]。横断研究sCOMPレベルはKOA症状の重症度と相関しないことも示しています[ 139 ]。膝の痛みのある集団を対象としたある特定の研究では、sCOMPレベルと構造的X線撮影またはMRIの変化との間に関連性がないことさえわかっている[ 140 ]。
疼痛とsCOMPは関連しているように思われるが、それはOA膝の構造変化とさらに強く関連している。sCOMPは、関節軟骨の劣化など、痛みを伴う可能性のあるメカニズムから解放されることによる疼痛バイオマーカーに過ぎない可能性があるが、必ずしも痛みをもたらすわけではなく、または痛みを伴う状態に達するまでにさらなる時間を要する可能性がある。所見間の違いのいくつかは、疼痛定量化システムとOAの包含/除外基準の違いによって、OA集団が異質であることで有名に説明される可能性があります。sCOMPはOA構造変化の証明済みのマーカーですが、OA疼痛研究におけるその解釈には注意が必要です。
2.9.3。グレリン
グレリンは28アミノ酸ペプチドで、成長ホルモン分泌促進物質受容体(GHSR)の内因性リガンドです [141]。循環グレリンは主に胃に由来しますが、下垂体、視床下部、腸、膵臓、心臓、肺、腎臓、生殖腺など、他の多くの臓器もグレリンを産生します[142]。グレリンは、いくつかの生理学的効果を持っている、それは一般的に「飢餓ホルモン」[と呼ばれているにもかかわらず、空腹に限定されないだけで143刺激、肥満の増加、食欲の促進を含む〕、成長ホルモン放出、グルコース、エネルギー恒常性を調節規制を改善心血管機能を、免疫応答および炎症過程を調節し、影響を与える骨代謝 [ 143、144]。
Wu等による最近の研究において。症候性KOAのうち、血清グレリンの上位四分位数はWOMACの痛みと機能障害と関連していた[ 145 ]。より高い血清グレリン(sグレリン)四分位数を有する患者はまた、増加したレベルのMMP-3およびMMP-13、ならびに血清I型コラーゲン架橋N-テロペプチド(NTX-1)レベルとの有意な正の関連を示した[ 145 ]。この研究で測定された構造関節のECM分解の他のバイオマーカー、sCOMPおよびCTX − 1は、sグレリンと有意に関連せず、またMMP − 10レベルでもなかった。KLグレード、JSN、骨棘、軟骨欠損、およびBMLを含むOA重症度の指標は、sグレリン四分位数と有意に関連していなかった[ 145 ]。
二つの研究がsGhrelinレベルが対照よりも線維筋痛症候群の患者で有意に低かった負の疼痛強度スコアと相関していた[することを報告している146、147 ]及びグレリンでの治療を有することが実証されている抗侵害作用炎症性疼痛および慢性神経因性にし動物実験の痛み[ 148、149 ]。これらの知見は、グレリンが直接、または[四分位構造sGhrelinに関連付けられていなかったOAの重症度および組織分解バイオマーカーとしての関節に影響を与えることなく、免疫応答および炎症を調節することによって、鎮痛効果を有し得ることを示唆している145 ]。しかし、肥満との強い負の相関[150 ]肥満などのOA疼痛バイオマーカーとしてsGhrelinの使用を複雑にする可能性はよく知られているOAの危険因子です。
多くの機能とグレリンの役割を与えられた[ 143、144、[148] 、[149] 、[150] ]、sGhrelinはOAの痛みに固有のバイオマーカーとして使用可能になることはほとんどありませんが、どのようなさらなる研究を見るのは興味深いだろうグレリンとOAに痛みが表示されます。
2.9.4 。TRACP 5b
酒石酸耐性酸性ホスファターゼ(TRACP)は破骨細胞のよく知られたマーカーであり、そしてまたマクロファージ、樹状細胞などを含む多数の他の細胞によっても発現される。TRACPの2つの異なるアイソフォーム、TRACP 5aおよびTRACP 5bがヒト血清に分泌される。TRACP 5bは、破骨細胞由来のものであり、したがって、相対的破骨細胞数の優れたバイオマーカーである[151]。
Nwosuら。最近、血清TRACP 5b(sTRACP 5b)活性が内側脛骨プラトーの軟骨下骨におけるTRACP陽性破骨細胞の密度と関連していること、およびこの領域の破骨細胞が対照と比較して症候性KOAにおいてより豊富であることが示された[ 152 ]。sTRACP 5b活性はベースラインのWANAC疼痛とNHANES Iの疼痛変化の両方と関連していたが、ベースラインのNHANES I疼痛またはWOMAC疼痛の悪化とは関連していなかった[ 152 ]。TRACP 5bも軟骨下硬化症と関連していたため[ 152 ]、疼痛との関連は骨表現型および軟骨下骨リモデリングと潜在的に関連している可能性があるこれらは両方とも、OAにおける上層の関節軟骨の分解にとって重要であることが知られており、神経血管浸潤などのOA疼痛の根底にある疼痛メカニズムを示唆している。sTRACP 5bとOAの疼痛との関連性をさらに調査するには、さまざまな疼痛対策を用いたさらなる研究が必要です。
3 。将来のタンパク質バイオマーカー
3.1 。アグレカン32-mer
過去10年以内に、痛みや病気の発症の原動力として関節組織から出てくるペプチド断片のアイデアが注目を集めています。32量体フラグメントは、ADAMTSおよびMMPによるアグリカンの切断によって生成され、軟骨が分解するにつれて潜在的に滑膜に放出される。32-merペプチドは、抗同化マウス細胞において、プロ異化およびプロ炎症応答ならびににおけるヒト細胞を誘導する[ 30、 32 ]インビトロ。Toll様受容体と相互作用することがわかった2(TLR − 2)および炎症誘発性応答を活性化し、より多くの組織分解、より多くの32 − mer放出および増加した炎症を誘発する悪循環ループを誘発すると仮定されている。これらの研究は、32量体が、疼痛および炎症関連組織破壊の両方に関して興味深いバイオマーカー標的であり得ることを示している。
4 。今後の展望
臨床的状況において、OA疼痛を定量化するためのツールとして現在利用可能なタンパク質バイオマーカーは、最も価値がある。OAにおける疼痛の病因の現在の理解は限られており、関節構造に積極的に影響を及ぼすだけでなく衰弱性疼痛も軽減する新しい薬剤の開発を妨げている。疼痛の機序や原因、例えば末梢性感作または中枢性感作を示すのに使用できるバイオマーカーは、疼痛を軽減できない不必要な手術を受けることによって、または過少投与によって引き起こされる慢性疼痛患者への潜在的な害 – 治療の必要性が高いことを示す他の臨床的特徴がない場合に、彼らの痛みを治療する。そのようなバイオマーカーは確かに各個々の患者に臨床上の利益を提供するだろう。しかし、臨床診療での使用に適切なレベルの妥当性に到達するには、さらに研究が必要です。しかしながら、OA疼痛の存在または将来の発症に関与する特定の生化学的過程を結び付けるためのバイオマーカーの使用は、一般にOA治療の開発を改善することによってより高い価値を有し得る。このレビューで議論されたバイオマーカーのうち、特に神経ペプチドバイオマーカーならびにネオエピトープCTX-IIおよびCRPMは、OAのより良い理解に役立つ可能性があります。CTX-IIとCRPMがOAの両方の構造部材と痛みに関連しているようなマーカーの差がOAの痛み、例えば痛み関節があるときのサブカテゴリーに観察することができるならば、評価することは興味深いであろう体重負荷は、それをアイドルです。著者の知る限りでは、そのような文献報告は現在存在しない。
一般に、OAで評価されたバイオマーカーの大部分は、研究間であいまいな、時には矛盾する結果さえも示します。これらの知見は個々のバイオマーカーの有用性をあいまいにするが、それはまた、すべての人にとってただ一つの一般的な疾患ではないとして、OA疼痛を含むOAを調査する必要性を強調する。OAは非常に不均一であることはよく知られており[ 153 ]、疼痛サブタイプの違い、例えば体重負荷と非体重負荷の間の違いを調査した研究は、非体重負荷の痛みが後で現れることを示しています疾患【ステージ154 ]、また、OAの構造的特徴【と関連の点で異なっていてもよい50 ]。
疼痛性OAにおける血清中のニューロペプチドバイオマーカーの存在は、それらが単にOA疼痛の神経学的処理に関与するのではなく、OA疼痛において機構的役割を果たし得ることを示唆する。しかしながら、CGRP抗体の最近の臨床試験における結果を落胆させることは、OA疼痛におけるこのニューロペプチドの役割がそれほど顕著ではないことを示し得る。
OAは、混合性疼痛状態として認識され始めており、そして総合的な証拠は、慢性的なOA疼痛状態における重要な中心的要素を示している。中心感作に特異的であるためには、末梢感作状態と混同されないようにするためにバイオマーカーをCSFで分析する必要があると思われるので、中心感作の体系的性質はバイオマーカーの開発にとって重大な挑戦をもたらす。集中感作成分の有無にかかわらずOA患者を検討するアプローチは、これらの患者間の疼痛の根底にある機序の違いおよびバイオマーカーの生成にさらに光を当てることができるかもしれません。
透明文書
Acrobat PDFファイルのダウンロード(7MB)pdfファイルのヘルプ
透明文書
開示
CST、MAK、ACBJ、およびARBは、バイオマーカーの同定、検証、開発に携わる企業であるNordic Bioscienceに勤務しています。しかしながら、これらの著者は、このレビューの内容に関して宣言すべきいかなる対立もありません。HLは利益相反はありません。
投稿者の投稿
すべての作者が記事のデータを評価し、内容の議論、記事の執筆、投稿前の最終原稿のレビューおよび/または編集に多大な貢献をしました。
資金源
CST、MAK、ACBJおよびARBはNordic Bioscienceの従業員です。ARB、ACBJおよびMAKは、ノルディックバイオサイエンスの株式を保有しています。
参考文献
[1]
T. ヴォス、AD Flaxman 、M. Naghavi 、R. ロサノ、C. ミショー、M. Ezzati 、K. 渋谷、JA サロモン、S. アブダラ、V. Aboyans 、J. アブラハム、I. アッカーマン、R. アガルワル、SY アン、MK アリ、M. アルバラド、HR アンダーソン、LM アンダーソン、KG アンドリュース、C. アトキンソン、LM Baddour 、AN Bahalim 、S. バーカー-COLLO 、LH Barrero 、DH バーテルズ、MG Basanez 、A. バクスター、ML ベル、EJ ベンジャミン、D. ベネット、E. Bernabe 、K 。 Bhalla 、B. バンダリ、B. Bikbov、AA ビン、G. バーベック、JA ブラック、H. Blencowe 、JD ブロア、F. ブライス、I. Bolliger 、A. ボナヴェントゥラ、S. Boufous 、R. ボーン、M. ブシネスク、T. ブレイスウェイト、C. Brayne 、L. ブリジット、S. ブルーカー、P. ブルックス、TS ブルガ、C. ブライアン・ハンコック、C. Bucello 、R. Buchbinder 、G. バックル、CM Budke 、M. バーチ、P. バーニー、R. バースタイン、B. カラブリア、B. キャンベル、CE キャンター、H. Carabin 、J 。 Carapetis 、L. カルモナ、C. セラ、F. Charlson 、H. チェン、AT チェン、D. チョウ、SS Chugh 、LE Coffeng 、SD Colan 、S. Colquhoun 、KE コルソン、J. コンドン、MD コナー、LT クーパー、M. Corriere 、M. Cortinovis 、KC デヴァッカロ、W. Couser 、BC Cowie 、MH Criqui 、M. クロス、KC Dabhadkar 、M. Dahiya 、N. Dahodwala 、J. msere-デリー、G. Danaei 、A. デイビス、LD ド、L. Degenhardtの、R. Dellavalle 、A. Delossantos 、J. Denenberg 、S. Derrett 、DCJ Des 、SD Dharmaratne 、M. Dherani 、C. az-Torne 、H. ドルク、ER ドーシー、T. ドリスコル、H. Duber 、B. エベル、K. エドモンド、A. Elbaz 、SE アリ、H. アースキン、PJ アーウィン、P. Espindola 、SE Ewoigbokhan 、F. Farzadfar 、V. Feigin 、DT フェルソン、A. フェラーリ、CP フェリー、EM フェブ、MM Finucane 、S. Flaxman 、L. 洪水、K. フォアマン、MH Forouzanfar 、FG フォークス、R. フランクリン、M. Fransen 、MK フリーマン、BJ Gabbe 、SE ガブリエル、E. Gakidou 、HA Ganatra 、B. ガルシア、F. Gaspari 、RF Gillum 、G. Gmel 、R. Gosselin 、R. グレインジャー、J. Groeger 、F. ギルマン、D. Gunnell 、R. グプタ、J. Haagsma 、H. ハガン、YA Halasa 、W. ホール、D. ヘリング、JM ハロ、JE ハリソン、R. Havmoeller 、RJ ヘイ、H. 東、C. ヒル、B. Hoen 、H. ホフマン、PJ Hotez 、D. ホイ、JJ 黄、SE Ibeanusi 、KH ヤコブセン、SL ジェームズ、D. ジャービス、R. Jasrasaria 、S. Jayaraman 、N. ジョンズ、JB ジョナス、G. Karthikeyan 、N. Kassebaum 、N. Kawakami 、A. ケレン、JP クー、CH キング、LM ノールトン、O. Kobusingye 、A. Koranteng 、R. Krishnamurthi 、R. Lalloo 、LL Laslett 、T. Lathlean 、JL Leasher 、YY リー、J。 リー、SS リム、E 。 四肢、JK 林、M. Lipnick 、SE Lipshultz 、W. 劉、M. ロエイン、SL 大野、R. ライオンズ、J. 馬、J. Mabweijano 、MF マッキン、R. Malekzadeh 、L. Mallinger 、S. マニバンナン、W. Marcenes 、L. 月、DJ Margolis 、GB マークス、R. マークス、A. 松森、R. Matzopoulos 、BM Mayosi 、JH McAnulty 、MM マクダーモット、N. マクギル、J. マクグラス、ME メディナ-モラ、M. メルツァー、GA メンサー、TR メリマン、AC マイヤー、V. Miglioli 、M. ミラー、TR ミラー、PB ミッチェル、AO モカンビ、TE モフィット、AA Mokdad 、L. Monasta 、M. Montico 、M. モラディ-Lakeh 、A. モラン、L. Morawska 、R. 森、ME マードック、MK Mwaniki 、K. ナイドウ、MN ナイール、L. Naldi 、KM ナラヤン、PK ネルソン、RG ネルソン、MC ネビット、CR ニュートン、S. ノルティ、P. ノーマン、R. ノーマン、M. オドネル、S. オハンロン、C. オリーブ、SB オメル、K. Ortblad 、R. オズボーン、D. Ozgediz 、A. ページ、B 。 Pahari 、JD Pandian 、AP リベロ、SB パッテン、N. ピアース、RP Padilla 、F. Perez-Ruiz
Yearsは、289の疾患と負傷の1160の後遺症に対して、障害を抱えて生活していました。1990年 – 2010年:世界疾病負荷調査2010の系統的分析
Lancet 、380 (2012 )、2163 – 2196ページ
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[2]
変形性関節症の病因における
MB Goldring 、SR Goldring
関節軟骨および軟骨下骨
アン。NY Acad サイ。、1192 (2010 )、頁230 – 237 、10.1111 / j.1749-6632.2009.05240.x
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[3]
炎症性疾患としての
F. Berenbaum
変形性関節症(変形性関節症は変形性関節症ではありません!)
オステオアーサー カルティル。、21 (2013 )、頁。16 – 21
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[4]
TE McAlindon 、RR Bannuru 、MC サリバン、NK アーデン、F. Berenbaum 、SM Bierma-Zeinstra 、GA ホーカー、Y. Henrotin 、DJ ハンター、H. 川口、K. Kwoh 、S. Lohmander 、F. Rannou 、EM ルース、
変形性膝関節症の非外科的管理のための
M. Underwood
OARSIガイドライン
オステオアーサー カルティル。、22 (2014 )、PP。363 – 388
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[5]
JM Bjordal 、AE Ljunggren 、A. Klovning 、L. Slordal
NSAIDは、コキシブ含め、おそらく良いよりも害を行うには、パラセタモールは、股関節OAのための効果的でありません
アン。Rheum Dis。、64 (2005 )、PP。655 – 656
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
[6]
J. Reginster 、J. Badurski 、N. ベラミー、W. Bensen 、R. Chapurlat 、X. シュバリエ、C. クリスチャン、H. Genant 、F. ナバロ、E. Nasonov 、PN のSambrook 、TD スペクター、C. クーパー
有効性と安全性性膝関節症治療におけるラネリン酸ストロンチウムの効果:二重盲検無作為化プラセボ対照試験の結果
アン。Rheum Dis。、72 (2013 )、PP。179 – 186 、10.1136は/ annrheumdis-2012から202231
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[7]
MP HellioルGraverand 、RS Clemmer 、P. Redifer 、RM Brunell 、CW ヘイズ、KD ブラント、SB エイブラムソン、PT マニング、CG ・ミラー、E. ヴィニョン
Aが2年間の無作為化、二重盲検、プラセボ対照、多施設研究症候性変形性膝関節症患者における経口選択的iNOS阻害剤、シンドニスタット(SD-6010)
アン。Rheum Dis。、72 (2013 )、頁187 – 195
CrossRef Google Scholar
[8]
MA Karsdal 、I. Byrjalsen 、P. Alexandersen 、A. Bihlet 、JR アンダーセン、BJ リイス、AC ベイ・ジェンセン、C. Christiansenの
経口サケカルシトニンと症候性変形性膝関節症の治療:二相3試験からの結果
オステオアーサー カルティル。、23 (2015 )、10.1016 / j.joca.2014.12.019
Google Scholar
[9]
JC Buckland-Wright 、EA Messent 、CO Bingham III 、RJ Ward 、C. Tonkin
変形性膝関節症患者の肋軟骨下骨量減少に対するビスホスホネート(リセドロネート)の効果を調べる2
年間の
縦断X線撮影研究
Rheumatology(Oxford)、46 (2007 )、pp。257 – 264
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
[10]
LS Lohmander 、S. Hellot 、D. ドレーヤー、EF クランツ、DS クルーガー、A. Guermazi 、F. エクスタイン
変形性膝関節症における関節内のsprifermin(組換えヒト線維芽細胞増殖因子18):無作為化、二重盲検、プラセボ対照試験
関節炎リウマチ。、66 (2014 )、頁1820 – 1831
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[11]
JP ペルティエ、C. Roubille 、JP Raynauld 、F. アブラム、M. Dorais 、P. デローム、J. マーテル、ペルティエ
定量的MRIを用いた位相III変形性膝関節症の研究SEKOIAから患者のサブセットにおけるストロンチウムラネレートの疾患修飾効果:骨髄病変の減少は軟骨損失を防ぐ
アン。Rheum Dis。、74 (2015 )、PP。422 – 429
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[12]
MR Radojčić 、CS Thudium 、K. ヘンリクセン、K. タン、R. Karlsten 、A. ダドリー、I. Chessell 、MA Karsdal 、A.-C.
末期膝関節症患者の滑膜炎および疼痛に関連する細胞外マトリックスリモデリングC1Mおよび炎症誘発性サイトカインインターロイキン6の
Bay-Jensen 、MD Crema 、A. Guermazi
Biomarker
痛み、158 (2017 )、頁1254 – 1263 、10.1097 / j.pain.0000000000000908
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[13]
TM リンク、X. 李
変形性関節症で骨髄変更
セミン。筋骨格。ラジオオール。、15 (2011 )、PP。238 – 246 、10.1055 / S-0031から1278423
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[14]
K. ベイカー、A. グレインジャー、J. 丹生、M. クランシー、A. Guermazi 、M. クレマ、L. ヒューズ、J. Buckwalter 、A. ウーリー、M. Nevitt 、DT Felsonの
コントラストを用いて、膝痛に滑膜炎の関係造影MRI
アン。Rheum Dis。、69 (2010 )、頁。1779年- 1783年、10.1136 / ard.2009.121426
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[15]
PA ディエップ、LS ローマンダー
変形性関節症の
発症
と疼痛管理
ランセット、365 (2005年)、PP。965 – 973 、10.1016 / S0140-6736(05)71086から2
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[16]
AC ベイ・ジェンセン、D. Reker 、CF Kjelgaard・ピーターセン、A. Mobasheri 、MA Karsdal 、C. Ladel 、Y. Henrotin 、CS Thudium
変形性関節症レビュー2015年:可溶性のバイオマーカーとBIPED基準
オステオアーサー カルティル。、24 (2016 )、頁9 – 20 、10.1016 / j.joca.2015.10.014
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[17]
AK スオーカス、DA ウォルシュ、DF マクウィリアムズ、L。 コンドン、B。 モートン、V。 ワイルド、L。 アレント – ニールセン、W。 張
痛みを伴う変形性関節症における定量的官能検査:系統的レビューとメタアナリシス
オステオアーサー カルティル。、20 (2012 )、頁。1075 – 1085 、10.1016 / j.joca.2012.06.009
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[18]
HP フランス語、KM スマート、F. ドイル
膝または股関節の変形性関節症における神経障害性疼痛の有病率:系統的レビューとメタアナリシス
セミン。関節炎Rheum。、47 (2017 )、頁。1 – 8 、10.1016 / j.semarthrit.2017.02.008
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[19]
症状のある変形性膝関節症における機能障害に関連する要因:
P. Creamer 、M. Lethbridge-Cejku 、MC Hochberg
リウマチ(オックスフォード)、39 (2000 )、頁490 – 496
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[20]
T. Neogi
変形性関節症における疫学と痛みの影響
オステオアーサー カルティル。、21 (2013 )、頁。1145 – 1153 、10.1016 / j.joca.2013.03.018
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[21]
T. オブライエン、H. Breivik
12ヶ月以上の慢性疼痛、欧州の患者の視点の影響
Scand J痛み、3 (2012 )、頁。23 – 29 、10.1016 / j.sjpain.2011.11.004
記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar
[22]
GA ホーカー、L. スチュワート、MR フランス語、J. Cibere 、JM ヨルダン、L. 月、M. スアレス-Almazor 、R. Gooberman・ヒル
、股関節と膝変形性関節症-OARSI / OMERACTイニシアチブの痛みの経験を理解します
オステオアーサー カルティル。、16 (2008 )、PP。415 – 422 、10.1016 / j.joca.2007.12.017
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[23]
RF Loeser 、SR Goldring 、CR Scanzello 、MB Goldring
変形性関節症:臓器としての関節の病気
関節炎Rheum。、64 (2012 )、頁。1697年- 1707 、10.1002 / art.34453
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[24]
S. Perrot
変形性関節症の痛み
ベストプラクティス 結果 クリン リウマトール。、29 (2015 )、頁。90 – 97 、10.1016 / j.berh.2015.04.017
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[25]
BL キッド
変形性関節症と関節痛
痛み、123 (2006年の)、頁。6 – 9 、10.1016 / j.pain.2006.04.009
記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar
[26]
E. はLluch 、R. ・トーレス、J. NIJS 、J. ヴァンOosterwijckの
変形性関節症の痛みを持つ患者における中枢感作の証拠:体系的文献レビュー
ユーロ。J.ペイン(英国)。、18 (2014 )、頁。1367 – 1375 、10.1002 / j.1532-2149.2014.499.x
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[27]
DJ ハロー、アラバマ・ ハセット
変形性関節症における集中型疼痛の役割
クリン 経験値 リウマトール。、35 (補遺1 )(2017 )、頁。79 – 84
Google Scholar
[28]
RE ミラー、PB トラン、AM Obeidat 、P. ラグー、S. 石原、RJ ミラー、A.-M. Malfait
変形性関節症の痛みの病態生理における末梢侵害受容ニューロンの役割を
Curr。オステオポロス 議員。、13 (2015 )、PP。318 – 326 、10.1007 / s11914-015-0280-1
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[29]
RE ミラー、RJ ミラー、A。 Malfait
変形性関節症関節痛:サイトカイン接続
サイトカイン、70 (2014 )、頁185 – 193 、10.1016 / j.cyto.2014.06.019
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[30]
S. リーズ、SB ゴラブ、K. 最後に、W. 曽、DC ジャクソン、P. サットン、AJ Fosang
アグリカン32-merの断片における生物活性は、Toll様受容体2によって媒介されます
関節炎リウマチ。、67 (2015 )、頁。1240 – 1249 、10.1002 / art.39063
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[31]
EAM マーラー、MC Zweers 、PLの バンはレント、AB ブロム、FHの ヴァンデンHoogen 、WBの ヴァンデンバーグ、J. ロス、T. Vogl 、JWJ Bijlsma 、CHMの ヴァンデンエンデ、AAの DEN Broeder
炎症誘発性タンパク質の血清レベルとの関連膝、股関節、および手の変形性関節症が確定した患者のS100A8 / A9および臨床的および構造的特徴
スキャンします。J.Rheumatol。、44 (2015 )、頁。56 – 60 、10.3109 / 03009742.2014.918176
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[32]
RE ミラー、A. Belmadani 、S. 石原、PB トラン、D. レン、RJ ミラー、AM Malfait
骨関節炎で発生ダメージ関連分子パターン直接Toll様受容体4を介してマウス侵害受容ニューロンを励起
関節炎リウマチ。、67 (2015 )、頁。2933 – 2943 、10.1002 / art.39291
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[33]
JH ローゼンバーグ、V. ライ、MF Dilisio 、TD Sekundiak 、DK Agrawalさんは、
股関節と比較して、ヒト膝関節の変形性関節症にダメージ関連分子パターン(DAMPS)の発現を増加させ
Mol。細胞。Biochem。(2017 )、頁。1 – 11 、10.1007 / s11010-017-3078-X
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
[34]
G. Saxler 、F. Löer 、M. Skumavc 、J. Pförtner 、U. Hanesch
SP-の局在と痛みを伴う変形性関節症及び痛みのある患者の患者の股関節におけるCGRP免疫陽性神経線維は、人工股関節全関節置換術が失敗しました
ユーロ。J.痛み、11 (2007 )、頁。67 – 74 、10.1016 / j.ejpain.2005.12.011
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[35]
LA Stoppiello 、PI MAPP 、D. ウィルソン、R. ヒル、BE Scammell 、DA ウォルシュ
症候性変形性膝関節症の構造協会
関節炎リウマチ。、66 (2014 )、頁。3018 – 3027 、10.1002 / art.38778
(ホーボーケン、ニュージャージー)
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[36]
TL Chmielewski 、TN Trumble 、AM ジョセフ、J. シャスター、PA Indelicato 、MW モーザー、FM Cicuttini 、C. Leeuwenburgh
尿CTX-II濃度が上昇し、ACL再建を有する対象における膝の痛みと機能に関連しています
オステオアーサー カルティル。、20 (2012 )、頁。1294 – 1301 、10.1016 / j.joca.2012.07.014
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[37]
M. 石島、T. 渡、K. 内藤、H. 金子、I. 二見、K. 吉村、石田、A. 朝永、H. 山口、T. 山本、I. 長岡、H. 黒沢、RA プール、K 。 金子
初期の変形性膝関節症の痛みの起源への洞察を提供し、軟骨、骨、滑膜代謝のバイオマーカーと膝の痛みの関係
関節炎研究。その 、13(2011)、p。R22 、10.1186 / ar3246
CrossRef Google Scholar
[38]
WH ロビンソン、CM Lepus 、Q. 王、H. ラグー、R. マオ、TM リンドストローム、J. Sokolove
低グレード炎症、変形性関節症の病因の重要なメディエーターとして
Nat。リウマトール牧師。、12 (2016 )、PP。580 – 592 、10.1038 / nrrheum.2016.136
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[39]
J. Sokolove 、CM Lepus
変形性関節症の病因における炎症の役割:最新の知見と解釈
その 前編 筋骨格。Dis。、5 (2013 )、頁。77 – 94 、10.1177 / 1759720X12467868
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[40]
RJ Miller 、H. Jung 、SK Bhangoo 、FA ホワイト
サイトカインおよびケモカインによる感覚ニューロン機能の調節
ハンドブック 経験値 Pharmacol (2009 )、頁417 – 449 、10.1007 / 978-3-540-79090-7_12
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[41]
痛みを伴う膝関節症の患者における
L. アーレント – ニールセン、H. ニー、MB ローレンス、BS ローレンス、P。 マドレーヌ、オハイオ州 シモンセン、T. グレイブン – ニールセン
感作
疼痛、149 (2010 )、頁573 – 581 、10.1016 / j.pain.2010.04.003
記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar
[42]
M. 今村、ST 今村、HHS Kaziyama 、RA Targino 、TH 呉、LPM ・デ・ソウザ、MM Cutait 、F. Fregni 、GL Camanho
痛み、身体障害、および変形性膝関節症の患者の生活の質の神経系の痛覚過敏の影響:制御分析
関節炎ケア研究。、59 (2008 )、頁。1424 – 1431 、10.1002 / art.24120
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[43]
T. 刻ん・ニールセン、T. ウッドハウス、RM ラングフォード、L. アーレント・ニールセン、BL キッド
広範知覚過敏の正規化および膝関節置換後の変形性膝関節症患者の深部組織の痛みの促進空間合計
関節炎Rheum。、64 (2012 )、頁。2907 – 2916 、10.1002 / art.34466
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[44]
JR Hochman 、L. Gagliese 、AM デイビス、GA ホーカー
コミュニティ膝OAコホートにおける神経因性疼痛症状
オステオアーサー カルティル。、19 (2011 )、頁647 – 654
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[45]
AS チャペル、MJ Ossanna 、H. 劉、サイフェルト、S. アイアンガー、V. Skljarevski 、LC リチウム、RM ベネット、H. コリンズ
13週間:デュロキセチン、変形性関節症の膝痛を有する患者の治療における中枢作用鎮痛剤、無作為化プラセボ対照試験
疼痛、146 (2009 )、頁253 – 260 、10.1016 / j.pain.2009.06.024
記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar
[46]
SL マーフィー、AK ライデン、K. フィリップス、DJ クロー、DA ウィリアムズ
さまざまな併存症状の提示と潜在的な根底にある疼痛メカニズムに基づく変形性関節症の高齢者のサブグループ
関節炎研究。その 、13(2011)、p。R135 、10.1186 / ar3449
CrossRef Google Scholar
[47]
L. アーレント・ニールセン
変形性関節症の痛みの感作
クリン 経験値 リウマトール。、35 (補遺1 )(2017 )、頁。68 – 74
Google Scholar
[48]
JD パワー、AV Perruccio 、R. ガンジー、C. Veillette 、JR デイビー、K. サイード、NN Mahomed 、YR Rampersaud
末期股関節と膝の変形性関節症における神経因性疼痛:患者報告疼痛を有する差動関連安静と痛みでの活性に
オステオアーサー カルティル。、26 (2018 )、PP。363 – 369 、10.1016 / j.joca.2018.01.002
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[49]
AR Bihlet 、I. Byrjalsen 、A.-C. ベイ・ジェンセン、JR アンダーセン、C. クリスチャン、BJ リイス、I. バルター、MA Karsdal 、MC Hochbergの
プラセボを受けている患者における疼痛の変化に伴う疼痛の種類の同定:二相3からのデータは、症候性変形性膝関節症における臨床試験を無作為
BMC Musculoskelet。無理。、19(2018)、10.1186 / s12891−018−1938−5
Google Scholar
[50]
GH ロー、TE McAlindon 、J. 丹生、Y. チャン、C. ビールス、C. Dabrowski 、MP ルGraverand 、DJ ハンター
骨髄病変および関節滲出強く独立変形性膝関節症における体重負荷の痛みに関連している:データ変形性関節症イニシアチブ
オステオアーサー カルティル。、17 (2009 )、頁。1562 – 1569
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[51]
WC Liles 、WC Van Voorhis
レビュー:炎症と宿主免疫応答に関与するサイトカインの命名と生物学的意義
J.インフェクト Dis。、172 (1995年)、頁1573 – 1580 、10.1093 / infdis / 172.6.1573
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[52]
M. 竹下、J. 中村、S. 鳳、G. 井上、S. 折田、M. 宮城、T. 石川、K. 高橋
感覚神経支配および股関節の変形性関節症における疼痛伝達に関連した肥大滑液における炎症性サイトカイン:ケースコントロール研究
リウマチ、51 (2012 )、頁。1790年- 1795年、10.1093 /リウマチ/ kes173
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[53]
S. 折田、T. コシ、T. Mitsuka 、M. 宮城、G. 井上、G. 新井、T. 石川
滑液及び放射線グレーディングにおける炎症性サイトカインの骨関節炎を有する47人の連続した患者における疼痛関連スコアとの間の関連付け膝
BMC Musculoskelet。無理。、12(2011)、p。144 、10.1186 / 1471-2474-12-144
Google Scholar
[54]
YY レオン、JL ヒューブナー、B. Haaland 、SBS ウォン、VB クラウス
滑液炎症誘発性プロファイルは、膝痛の特性に応じて異なります
オステオアーサー カルティル。(2017 )、10.1016 / j.joca.2017.04.001
Google Scholar
[55]
M. Attur 、I. Belitskaya -レヴィ、C. ああ、S. Krasnokutsky 、J. グリーンバーグ、J. サミュエルズ、S. 笑顔、S. リー、J. パテル、H. アルMussawir 、G. マクダニエル、VB クラウス、SB Abramson
末梢血白血球におけるインターロイキン-1β遺伝子発現の増加は疼痛の増加と関連しており、症候性膝関節症の進行リスクを予測する
関節炎Rheum。、63 (2011 )、頁。1908年- 1917年、10.1002 / art.30360
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[56]
E. Niederberger 、G. Geisslinger
神経因性疼痛研究におけるプロテオミクス
麻酔、108 (2008 )、頁314 – 323 、10.1097 / 01.anes.0000299838.13368.6e
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[57]
E. Backryd 、B. Ghafouri 、AK C. 、P. Olausson 、B. Gerdle
末梢神経因性疼痛および健常対照の患者の脳脊髄液の多変量プロテオーム解析:仮説生成パイロット研究
J.Pain Res。、8 (2015 )、PP。321 – 333 、10.2147 / JPR.S82970
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[58]
C. Fingleton 、K. スマート、N. モロニー、BM Fullen 、C. Doody
変形性膝関節症を持つ人々の痛み感作性:系統的レビューとメタアナリシス
オステオアーサー カルティル。、23 (2015 )、頁。1043 – 1056 、10.1016 / j.joca.2015.02.163
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[59]
V. ワイルド、S. パルマー、ID リアマンス、P. ディエップ
膝OAにおける体性感覚異常
リウマチ、51 (2012 )、PP。535 – 543 、10.1093 /リウマチ/ ker343
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[60]
P. Garnero 、E. Gineyts 、S. Christgau 、B. フィンク、PD デルマ
早期関節リウマチ患者における関節破壊の進行に尿グルコシル-ガラクトシル-ピリジノリンおよびII型コラーゲンC-テロペプチドのベースラインレベルの連合
関節炎Rheum。、46 (2002 )、頁。21 – 30 、10.1002 / 1529から0131(200201)46:1 <21 :: AID-ART10061> 3.0.CO; 2-Q
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[61]
EB ダム、I. Byrjalsen 、MA Karsdal 、P. Qvist 、C. Christiansenのは
MRIによって21ヶ月にわたって軟骨損失を予測タイプIIコラーゲン(CTX-II)のC-テロペプチドの尿中排泄を増加しました
オステオアーサー カルティル。、17 (2009 )、頁384個の- 389
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[62]
M. Reijman 、JM ヘイズ、SM Bierma-Zeinstra 、BW Koes 、S. Christgau 、C. クリスチャン、AG Uitterlinden 、HA POLS
変形性関節症のための新規マーカー:断面および長手方向アプローチ
関節炎Rheum。、50 (2004 )、頁。2471 – 2478
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[63]
MF Sowers 、CA カルボーネン-グティエレス、M. Yosef 、M. Jannausch 、Y. 江、P. Garnero 、J. ヤコブソン
血清COMPおよび尿CTX-IIの縦の変化は、女性におけるX線定義された変形性膝関節症の重症度および剛性を予測します
オステオアーサー カルティル。、17 (2009 )、頁。1609 – 1614 、10.1016 / j.joca.2009.06.001
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[64]
KM ヨルダン、HE Syddall 、P. Garnero 、E. Gineyts 、EM デニソン、AA セイヤー、PD デルマ、C. クーパー、NK アーデン
尿CTX-IIおよびグルコシル-ガラクトシル-ピリジノリンは、放射線変形性膝関節症の存在および重症度と関連しています男性に
アン。Rheum Dis。、65 (2006 )、頁871 – 877 、10.1136 / ard.2005.042895
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
[65]
P. Garnero 、M. Piperno 、E. Gineyts 、S. Christgau 、PD デルマ、E. ヴィニョン
変形性膝関節症患者における骨、軟骨および滑膜組織代謝の生化学的マーカーの断面評価:疾患活動および関節損傷との関係
アン。Rheum Dis。、60 (2001 )、PP。619 – 626
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[66]
P. Garnero 、C. Peterfy 、S. Zaimの、M. Schoenharting
3ヶ月縦断的研究:磁気共鳴イメージングに骨髄異常が変形性膝関節症におけるII型コラーゲン分解に関連しています
関節炎Rheum。、52 (2005 )、頁2822 – 2829
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[67]
WE ヴァンSPIL 、PMJ Welsing 、SMA Bierma-Zeinstra 、JWJ Bijlsma 、LD Roorda 、HA 猫、FPJG Lafeber
早期放射線膝および股関節の変形性関節症の存在、発生率、および進行を反映する全身生化学的マーカーの能力:CHECKからデータを
オステオアーサー カルティル。、23 (2015 )、頁。1388 – 1397 、10.1016 / j.joca.2015.03.023
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[68]
AC ベイ・ジェンセン、TL アンダーセン、TN Charni-ベン、PW クリステンセン、P. Kjaersgaard・アンダーセン、L. サンデル、P. Garnero 、JM Delaisse
タイプIIコラーゲン分解と合成の生化学的マーカーは、ヒト変形性関節症の膝の特定の部位に配置されています軟骨
オステオアーサー カルティル。、16 (2008 )、PP。615 – 623
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[69]
WE ヴァンSPIL 、SC Nairさん、MBの 種類、PJ Emans 、WKHA Hilberdink 、PMJ Welsing 、FPJG Lafeber
放射線パラメータや膝の痛みに関連した関節の代謝および炎症の全身生化学マーカー:CHECKからのデータ、初期変形性関節症のコホート科目
オステオアーサー カルティル。、23 (2015 )、頁。48 – 56 、10.1016 / j.joca.2014.09.003
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[70]
JH ケルグレン、JS LAWRENCE
骨関節症の放射線学的評価
アン。Rheum Dis。、16 (1957 )、PP。494 – 502
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[71]
aSに Siebuhr 、KK ピーターセン、L. アレント・ニールセン、LL Egsgaard 、T. Eskehave 、C. Christiansenの、O. シモンセン、HC Hoeck 、馬 Karsdal 、のaC ベイ・ジェンセン
同定および炎症由来の組織の代謝回転と変形性関節症患者の特徴付け
オステオアーサー カルティル。、22 (2014 )、頁。44 – 50 、10.1016 / j.joca.2013.10.020
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[72]
L. アレント・ニールセン、TN Eskehave 、LL Egsgaard 、KK ピーターセン、T. 刻ん・ニールセン、HC Hoeck 、O. シモンセン、AS Siebuhr 、M. Karsdal 、AC ベイジェンセン
患者における実験的疼痛のバイオマーカーと血清学的マーカーとの関連痛みを伴う膝変形性関節症の程度
関節炎リウマチ。、66 (2014 )、頁。3317 – 3326 、10.1002 / art.38856
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[73]
F. Saberi Hosnijeh 、AS Siebuhr 、AG Uitterlinden 、EHG OEI 、A. ホフマン、MA Karsdal 、SM Bierma-Zeinstra 、AC ベイ・ジェンセン、JBJ バンMeurs
組織の炎症や変形性関節症の進行のバイオマーカー間の協会:ロッテルダム研究からの証拠コホート
関節炎研究。その 、18(2016)、p。81 、10.1186 / s13075-016-0976-3
Google Scholar
[74]
RF Loeser 、DP ビーバー、AC ベイ・ジェンセン、MA Karsdal 、BJ ニクラス、A. Guermazi 、DJ ハンター、SP メシエ
持つと変形性膝関節症の成人における間質マトリックスの売上高及び組織の炎症バイオマーカーの行使せずに食事の減量の効果:関節炎試験(IDEA)のための集中的な食事と運動
オステオアーサー カルティル。(2017 )、10.1016 / j.joca.2017.07.015
Google Scholar
[75]
C. Kjelgaard・ピーターセン、AS Siebuhr 、T. クリスチャン、C. Ladel 、M. Karsdal 、A.-C. Bay-Jensen
滑膜炎バイオマーカー:炎症性変形性関節症の同定のための3つのバイオマーカーのex vivo特性評価
バイオマーカー、20 (2015 )、PP。547 – 556 、10.3109 / 1354750X.2015.1105497
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[76]
KK ピーターセン、AS Siebuhr 、T. 刻ん・ニールセン、O. シモンセン、M. Boesen 、H. Gudbergsen 、M. Karsdal 、AC ベイ・ジェンセン、L. アレント・ニールセン
度の異なる変形性膝関節症患者の感作および血清学的バイオマーカー滑膜炎
クリン J.疼痛、1 (2015 )、10.1097 / AJP.0000000000000334
Google Scholar
[77]
A. Siebuhr 、AC ベイ・ジェンセン、DJ リーミング、A. のPlat 、I. Byrjalsen 、C. クリスチャン、D. ヴァン・デ・Heijde 、M. Karsdal
関節リウマチの構造的損傷の迅速進行者の血清学的同定
関節炎研究。その 、15巻(2013年)、p。R86 、10.1186 / ar4266
CrossRef Google Scholar
[78]
AC ベイ・ジェンセン、A. プラット、I. Byrjalsen 、P. Vergnoud 、C. クリスチャンセン、MA Karsdal
LITHE研究における滑膜のバイオマーカーを循環のメトトレキサート、軟骨、骨と結合トシリズマブの影響
セミン。関節炎Rheum。、43 (2014 )、PP。470 – 478 、10.1016 / j.semarthrit.2013.07.008
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[79]
S. スリ、SE ギル、S. マセナデカミン、D. ウィルソン、DF マクウィリアムス、D. ウォルシュ
骨軟骨接合部における変形性関節症における骨棘における神経血管浸潤
アン。Rheum Dis。、66 (2007 )、頁。1423 – 1428 、10.1136 / ard.2006.063354
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[80]
S. Suri 、DA
変形性関節症における
Walsh
骨軟骨変化
骨、51 (2012 )、PP。204 – 211 、10.1016 / j.bone.2011.10.010
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[81]
DA ウォルシュ、DF マクウィリアムス、MJ ターリー、MR ディクソン、RE Fransès 、PI MAPP 、D. ウィルソン
関節リウマチおよび変形性関節症における骨軟骨接合部における血管新生および神経成長因子
リウマチ(オックスフォード)、49 (2010 )、頁。1852年- 1861年、10.1093 /リウマチ/ keq188
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[82]
PI Mapp 、DA Walshの
メカニズムと変形性関節症における血管新生および神経成長の標的
Nat。リウマトール牧師。、8 (2012 )、頁390 – 398 、10.1038 / nrrheum.2012.80
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[83]
S. Ashraf 、DA
変形性関節症における
Walshの
血管新生
Curr。意見 リウマトール。、20 (2008 )、PP。573 – 580 、10.1097 / BOR.0b013e3283103d12
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[84]
S. Grässel 、D. Muschter
末梢神経線維および変形性関節症の病理学での神経伝達物質
Int。J.Mol。サイ。、18 (2017 )、10.3390 / ijms18050931
Google Scholar
[85]
PI MAPP 、DA ウォルシュ、J. ボウヤー、RA Maciewicz
変形性関節症のラットモデルにおける骨軟骨、血管形成、軟骨疾患および疼痛行動上のメタロプロテアーゼ阻害剤の影響
オステオアーサー カルティル。、18 (2010 )、PP。593 – 600 、10.1016 / j.joca.2009.12.006
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[86]
FA ラッセル、R. キング、S.-J. スマイリー、X. Kodji 、SD 脳
カルシトニン遺伝子関連ペプチド:生理学と病態生理
フィジオル。牧師、94 (2014 )、頁。1099 – 1142 、10.1152 / physrev.00034.2013
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[87]
T. 斉藤、T. 越野の
変形性関節症と膝の滑膜における神経ペプチドの配布
クリン オルソ 関係 結果 (2000 )、pp。172 – 182
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[88]
L. チャンは、AO ホフ、SJ Wimalawansa 、GJ コート、RF Gagel 、KN Westlund
関節炎カルシトニン/アルファカルシトニン遺伝子関連ペプチドノックアウトマウスは、侵害受容性過敏症が減少しています
痛み、89 (2001 )、頁265 – 273
記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar
[89]
CM Bullockの、P. ウーキー、A. ベネット、A. Mobasheri 、I. ディッカーソン、S. ケリー
周辺カルシトニン遺伝子関連ペプチド受容体活性化および変形性関節症の疼痛のラットモデルにおける関節の機械的感
関節炎リウマチ。、66 (2014 )、頁。2188 – 2200 、10.1002 / art.38656
(ホーボーケン、ニュージャージー)
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[90]
J. Fernihough 、C. ジェントリー、S. ベヴァン、J. 冬
変形性関節症のラットモデルにおけるカルシトニン遺伝子関連ペプチドの調節およびTRPV1
神経症。レット。、388 (2005 )、頁75 – 80 、10.1016 / j.neulet.2005.06.044
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[91]
A. Hernanz 、S. メディナ、E. デミゲル、E. マーティンモラ
カルシトニン遺伝子関連ペプチド、ニューロペプチドY、サブスタンスP、およびインターロイキン1ベータに血管作動性腸管ペプチド、インターロイキン6及び腫瘍壊死因子-アルファの効果関節リウマチおよびオステオアートからの末梢全血細胞による産生
よろしく。ぺプト 、115 (2003 )、頁19 – 24
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[92]
MG Rosenfeld 、JJ Mermod 、SG Amara 、LW Swanson 、PE Sawchenko 、J. Rivier 、WW Vale 、RM エヴァンス
組織特異的RNAプロセシングによるカルシトニン遺伝子によってコードされる新規ニューロペプチドの製造
ネイチャー、304 (1983 )、頁129 – 135
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[93]
T. ドン、H. チャン、F. 張、W. チェン、Y. 朱、T. ウー、Y. 張
カルシトニン遺伝子関連ペプチドは、変形性膝関節症の進行および予後に予測バイオマーカーとして選択することができます
Int。オルソ 、39 (2015 )、頁。1237 – 1243 、10.1007 / s00264-015-2744-4
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[94]
WS Schouの、S. 芦名、FM アミン、PJ Goadsby 、M. 芦名
カルシトニン遺伝子関連ペプチドと痛み:系統的レビュー
J.頭痛、18 (2017 )、第34 条、10.1186 / s10194-017-0741-2
Google Scholar
[95]
Y. ジン、C. スミス、D. モンティース、R. ブラウン、A. Camporeale 、T. McNearney 、M. ディーグ、E. Raddad 、A. ・デ・ラ・ペーニャ、A. Kivitz 、T. シュニッツァー
LY2951742、モノクローナル抗体CGRPに対して、変形性膝関節症の徴候と症状を軽減できなかった
オステオアーサー カルティル。、24(2016)、p。S50 、10.1016 / j.joca.2016.01.114
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[96]
DG Snijdelaar 、R. Dirksen 、R. Slappendel 、BJ Crulの
サブスタンスP
ユーロ。J.痛み、4 (2000 )、PP。121 – 135 、10.1053 / eujp.2000.0171
記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar
[97]
TM オコナー、J. オコネル、DI オブライエン、T. グッド、CP Bredin 、F. シャナハン
炎症性疾患におけるサブスタンスPの役割
J.Cell。フィジオル。、201 (2004 )、頁167 – 180 、10.1002 / jcp.20061
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[98]
SC ワーナー、DA ウォルシュ、LL Laslett 、RA Maciewicz 、A. 曽爾、DJ ハート、W. チャン、KR ミューア、EM ・デニソン、P. Leaverton 、E. Rampersaud 、C. クーパー、TD スペクター、FM Cicuttini 、NK アーデン、G. ジョーンズ、M. ドハティ、AM バルデス
変形性膝関節症の痛みは、ニューロキニン1 /サブスタンスP受容体(TACR1)遺伝子の変化と関連しています
ユーロ。J.痛み、21 (2017 )、頁。1277 – 1284 、10.1002 / ejp.1027
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[99]
結合組織の慢性炎症を有する患者における
B. Lisowska 、A. Lisowski 、K. Siewruk
サブスタンスPおよび慢性疼痛
PLoSの一つ、10 (2015 )、条e0139206 、10.1371 / journal.pone.0139206
CrossRef Google Scholar
[100]
JM Cerdaの-リバータ、D. Larhammar
ペプチドの神経ペプチドYファミリー:構造、解剖学的発現、機能、および分子進化
Biochem。Cell Biol。、78 (2000 )、PP。371 – 392
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[101]
AW Duggan 、PJ Hope 、CW Lang
表在性後角へのニューロペプチドYのマイクロインジェクションは、麻酔猫における免疫反応性物質Pの刺激誘発放出を減少させる
神経科学、44 (1991 )、頁733 – 740
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[102]
R. Munglani 、MJ Hudspith 、SP ハント
ニューロペプチドYの治療上の可能性:鎮痛薬、抗不安薬、降圧薬
薬物、52 (1996 )、PP。371 – 389 、10.2165 / 00003495-199652030-00004
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[103]
AP シルバ、C. Cavadas 、E. Grouzmann
神経ペプチドYおよび潜在的な治療薬の標的としてのその受容体
クリン チム ACTA 、326 (2002年の)、頁。3 – 25
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[104]
T. Pedrazzini 、F. Pralong 、E. Grouzmann
ニューロペプチドY:ユニバーサル兵士
細胞。Mol。ライフサイエンス 、60 (2003 )、頁350 – 377
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[105]
S. Bedoui 、S. 三宅、Y. リン、K. 宮本、S. 沖、N. 川村、A. ベック-ジッキンガー、S. フォンHörsten 、T. 山村
ニューロペプチドY(NPY)は、実験的自己免疫性脳脊髄炎を抑制する:NPY1受容体vivoでの自己反応性Th1反応の細胞特異的阻害
Immunol。、171 (2003 )、頁3451 – 3458
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[106]
S. Bedoui 、N. 川村、RH ストラウブ、R. パブスト、T. 山村、S. フォンHörsten
神経免疫クロストークのためのニューロペプチドYの関連性
J.Neuroimmunol。、134 (2003 )、頁。1 – 11
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[107]
L. 王、L. チャン、H. パン、S. 鵬、M. Lvは、WW 呂
滑液におけるニューロペプチドYのレベルは、変形性膝関節症の患者における疼痛に関連します
BMC Musculoskelet。無理。、15(2014)、第319条、10.1186 / 1471−2474−15−319
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[108]
P. Calabro 、DW Chang 、JT Willerson 、ETH Yeh
ヒト脂肪細胞による炎症性サイトカインに反応したC反応性タンパク質の放出:肥満と血管炎症の関連
J.Am。Coll。カルジオール。、46 (2005 )、頁。1112 – 1113 、10.1016 / j.jacc.2005.06.017
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[109]
HJ Moshage 、HMJ Roelofs 、JF van Pelt 、BPC Hazenberg 、MA van Leeuwen 、PC Limburg 、LA Aarden 、SH Yap
インターロイキン-1、インターロイキン-6の効果、および血清アミロイドAおよびC反応性タンパク質の合成に対するその相互関係ヒト成人肝細胞の初代培養
Biochem。生物物理学。結果 コミュニ 、155 (1988 )、頁112 – 117 、10.1016 / S0006-291X(88)81056から8
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[110]
TD スペクター、DJ ハート、D。 ナンドラ、DV ドイル、N。 マッキロップ、JR ガリモア、MB Pepys
血清C反応性タンパク質の低レベルの増加が膝の初期変形性関節症に見られ、進行性疾患を予測する
関節炎Rheum。、40 (1997 )、PP。723 – 727 、10.1002 / 1529から0131(199704)40:4 <723 :: AID-ART18> 3.0.CO; 2-L
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[111]
F. Wolfe
膝または股関節の変形性関節症患者において、C反応性タンパク質は赤血球沈降速度ではなく臨床的重症度と関連する
J.Rheumatol。、24 (1997 )、頁1486 – 1488
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
[112]
M. Sharif 、CJ Elson 、PA Dieppe 、JR Kirwan
変形性関節症における血清C反応性タンパク質レベルの上昇
Br。J.Rheumatol。、36(1)(1997)、p。140年
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[113]
変形性関節症における
X
反応性C反応性タンパク質:
X. Jin 、JR Beguerie 、W. Zhang 、L. Blizzard 、P. Otahal 、G. Jones 、C. Ding
:系統的レビューとメタアナリシス
アン。Rheum Dis。、74 (2015 )、PP。703 – 710 、10.1136は/ annrheumdis-2013から204494
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[114]
HJM Kerkhof 、SMA Bierma-Zeinstra 、MC Castanoの-ベタンクール、MP デMAAT 、A. ホフマン、HAP のPOL 、F. Rivadeneira 、JC Witteman 、AG Uitterlinden 、JBJ ヴァンMeurs
血清C反応性タンパク質レベルおよび遺伝子変異CRP遺伝子であります肥満度指数とは無関係に変形性関節症の罹患率、発生率または進行と関連していない
アン。Rheum Dis。、69 (2010 )、頁。1976年の- 1982年の、10.1136 / ard.2009.125260
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[115]
T. スターマー、H. ブレンナー、W. ケーニッヒ、K.-P. ギュンター
重症度及び変形性関節症および軽度の全身性炎症の程度、高感度C反応性タンパク質によって評価されるように
アン。Rheum Dis。、63 (2004 )、頁200 – 205
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[116]
SS ブレンナー、U. クロッツ、DM Alscher 、A. Maisの、G. ラウアー、H. Schweer 、HW Seyberth 、P. フリッツ、U. Bierbach
膝の変形性関節症-臨床評価および炎症マーカー
オステオアーサー カルティル。、12 (2004 )、頁469 – 475 、10.1016 / j.joca.2004.02.011
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[117]
AD パール、CR Scanzello 、S. ジョージ、LA マンドル、EF DiCarlo 、M. ピーターソン、TP Sculcoは、MK クロウ
上昇高感度C反応性タンパク質レベルは、変形性関節症を有する患者における局所的炎症所見と関連しています
オステオアーサー カルティル。、15 (2007 )、頁516 – 523 、10.1016 / j.joca.2006.10.010
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[118]
M. 高橋、K. 内藤、M. 阿部、T. 澤田、A. 長野
変形性関節症のX線写真等級と膝の骨関節炎における関節炎のための生化学的マーカーとの関係
関節炎研究。その 、6 (2004 )、頁。R208 – R212 、10.1186 / ar1166
CrossRef Google Scholar
[119]
M. Sowers 、M. Jannausch 、E. スタイン、D. Jamadar 、M. Hochbergの、L. Lachanceさん
緊急変形性関節症のバイオマーカーとしてのC反応性タンパク質
オステオアーサー カルティル。、10 (2002 )、頁595 – 601 、10.1053 / joca.2002.0800
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[120]
G. Engström 、M. Gerhardssonデヴェルディエ、J. Rollof 、PM ニルソン、LS Lohmander
C反応性タンパク質、代謝症候群および重度の股関節と膝の変形性関節症の発生率。集団ベースのコホート研究
オステオアーサー カルティル。、17 (2009 )、頁168 – 173 、10.1016 / j.joca.2008.07.003
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[121]
P. Garnero 、B. Mazières 、A. Guéguen 、M. Abbal 、L. Berdah 、M. Lequesne 、M. グエン、J.-P. サレス、E. ヴィニョン、M. Dougados
骨、軟骨、および疾患活性および股関節の変形性関節症患者における放射線関節損傷と滑膜の10個の分子マーカーの断面アソシエーション:ECHODIAHコホート
J.Rheumatol。、32 (2005 )、頁697 – 703
(doi:0315162X-32-697 [pii])
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
[122]
G. ミュラー、A. ミシェル、E. アルテンブルク
COMP(軟骨オリゴマーマトリックスタンパク質)は靱帯、腱、半月板、および関節軟骨で合成されます
接続してください。組織の研究 、39 (1998 )、PP。233 – 244
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[123]
K. Halász 、A. Kassner 、M. Mörgelin 、D. Heinegård
COMPは、コラーゲン原線維形成に触媒として作用します
J.Biol。Chem。、282 (2007 )、頁31166 – 31173 、10.1074 / jbc.M705735200
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[124]
L. ダールバーグ、H. ルース、T. Saxne 、D. Heinegård 、MW ラーク、LA Hoerrner 、LS Lohmander
同じ患者の負傷者と無傷の膝軟骨代謝
アン。Rheum Dis。、53 (1994 )、頁823 – 827
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[125]
IF ピーターソン、T. Boegård 、B. スベンソン、D. Heinegård 、T. Saxne
膝関節の変形性関節症、早期に血清マーカーによって識別される軟骨および骨代謝の変化
Br。J.Rheumatol。、37 (1998 )、頁。46 – 50
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[126]
JF Bleasel 、AR プール、D. Heinegard 、T. Saxne 、D. Holderbaum 、M. イオネスク、P. ジョーンズ、RW モスコウィッツ
血清軟骨マーカーのレベルの変化は、変形性関節症に関連したタイプIIコラーゲン遺伝子COL2A1連れにおける軟骨代謝を改変示します突然変異
関節炎Rheum。、42 (1999 )、頁。39 – 45
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[127]
M. シャリフ、T. Saxne 、L. シェプストーン、JR カーワン、CJ エルソン、D. Heinegård 、PA ディエップ
膝関節の変形性関節症における血清軟骨オリゴマーマトリックスタンパク質レベルと疾患の進行との関係
Br。J.Rheumatol。、34 (1995 )、PP。306 – 310
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[128]
B. Månsson 、D. キャリー、M. Alini 、M. イオネスク、LC ローゼンバーグ、AR プール、D. Heinegård 、T. Saxne
軟骨および関節リウマチにおける骨代謝。軟骨代謝の血清マーカーにより同定された疾患の急速進行と緩徐進行の違い
J.Clin。投資します。、95 (1995 )、頁。1071 – 1077 、10.1172 / JCI117753
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[129]
LS Lohmander 、T. Saxne 、DK Heinegård
軟骨オリゴマーマトリックスタンパク質(COMP)の放出関節液に膝損傷後および変形性関節症で
アン。Rheum Dis。、53 (1994 )、頁。8 – 13
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[130]
SY Kong 、TV Stabler 、LG Criscione 、AL Elliott 、JM Jordan 、VB Kraus
X線撮影による変形性膝関節症患者における血清および尿バイオマーカーの日内変動
関節炎Rheum。、54 (2006 )、頁。2496 – 2504 、10.1002 / art.21977
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[131]
FA フェルナンデス、MLC Pucinelli 、NP ダ・シルバ、D. フェルドマン
血清ブラジル集団における変形性膝関節症における軟骨オリゴマーマトリックスタンパク質(COMP)レベル:臨床的および放射線学的相関
スキャンします。J.Rheumatol。、36 (2007 )、頁211 – 215 、10.1080 / 03009740601154186
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[132]
O. Blumenfeld 、FMK ウィリアムズ、DJ ハート、TD スペクター、N. アーデン、G. Livshits
軟骨と骨のバイオマーカーおよび英国の女性の放射線変形性膝関節症(RKOA)の発生率との関連:前向き研究
オステオアーサー カルティル。、21 (2013 )、PP。923 – 929 、10.1016 / j.joca.2013.04.009
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[133]
PA ベリー、RA Maciewicz 、AE Wluka 、MD ダウニー・ジョーンズ、A. フォーブス、CJ Hellawell 、FM Cicuttini
イメージングへの軟骨代謝の血清マーカーと膝関節の構造の臨床アウトカム指標の関係
アン。Rheum Dis。、69 (2010 )、頁。1816 – 1822 、10.1136 / ard.2009.124420
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[134]
DJ ハンター、J。 リー、M. LaValley 、DC バウアー、M. Nevitt 、J. DeGroot 、R. プール、D. エア、A. Guermazi 、D. ガーレ、DT Felson
軟骨マーカーおよび磁気で軟骨損失との関連変形性膝関節症のMRI:ボストン変形性関節症の膝試験
関節炎研究。その 、9(2007)、p。R108 、10.1186 / ar2314
CrossRef Google Scholar
[135]
S. Kluzek 、A.-C. ベイ – ジェンセン、T。 スペクター、D. ハート、K. レイランド、M. サンチェスサントス、N. アーデン、J. ニュートン
軟骨オリゴマーマトリックスタンパク質(COMP)のより高い血清レベルは自己申告された膝痛と関連する
オステオアーサー カルティル。、22(2014)、p。S74 、10.1016 / j.joca.2014.02.151
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[136]
S. Kluzek 、A.-C. ベイ・ジェンセン、A. 判事、MA Karsdal 、M. Shorthose 、T. スペクター、D. ハート、JL ニュートン、NK アーデン
血清放射線と痛みを伴う変形性膝関節症の軟骨オリゴマーマトリックスタンパク質と開発。中年女性の地域密着型コホート
バイオマーカー、20 (2015 )、頁557 – 564 、10.3109 / 1354750X.2015.1105498
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[137]
V. VILIM 、M. Olejárová 、S. Machácek 、J. Gatterová 、VB クラウス、K. Pavelka
軟骨オリゴマーマトリックスタンパク質(COMP)の血清レベルは、変形性膝関節症のX線写真進行と相関
オステオアーサー カルティル。、10 (2002 )、頁707 – 713
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[138]
変形性膝関節症における
P. Verma 、K. Dalal
血清軟骨オリゴマーマトリックスタンパク質(COMP):新規診断および予後バイオマーカー
J.オルソップ。結果 、31 (2013 )、頁999 – 1006 、10.1002 / jor.22324
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[139]
Y. ライ、X. ゆう、Y. チャン、Q. 天、H. ソング、MT Mucignat 、R. ペリス、J. サミュエルズ、S. Krasnokutsky 、M. Attur 、JD グリーンバーグ、SB アブラムソン、PE ディチェーザレ、CJ 劉
で検出された拡張COMP異化新規捕獲ELISA法による関節炎および動物疾患モデル患者の血清
オステオアーサー カルティル。、20 (2012 )、頁854 – 862 、10.1016 / j.joca.2012.05.003
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[140]
J. シベーレ、H。 チャン、P。 ガーネロ、AR プール、T。 ロバノク、T。 サクネ、VB クラウス、A。 ウェイ、A。 ソーン、H。 ウォン、J。 シンガー、J。 コペック、A。 ゲルマジ、C. Peterfy 、S. ニコラウ、PL ムンク、JM Esdaile
母集団ベースの研究におけるプレX線撮影で定義されたおよびX線撮影で定義された変形性膝関節症とバイオマーカーの関連
関節炎Rheum。、60 (2009 )、頁。1372 – 1380 、10.1002 / art.24473
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[141]
M. 小島、H. 細田、Y.の 日付、M. 中里、H. 松尾、K. 寒川
グレリンは胃からの成長ホルモン放出アシル化ペプチドであります
ネイチャー、402 (1999 )、頁656 – 660 、10.1038 / 45230
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[142]
S. Sever 、DL White 、JM Garcia
グレリン/グレリン類似体の癌への影響はありますか?系統的レビュー
内分泌 関係 癌、23 (2016 )、頁R393 – 409 、10.1530 / ERC-16から0130
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[143]
G. Pradhan 、SL サムソン、Y. Sun
Ghrelin:空腹ホルモン以上のもの
Curr。意見 クリン 栄養。メタ。ケア。、16 (2013 )、頁619 – 624 、10.1097 / MCO.0b013e328365b9be
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[144]
D. Baatar 、K. Patel 、DD Taub
グレリンが炎症と免疫系に及ぼす影響
Mol。細胞。エンドクリノール。、340 (2011 )、頁44 – 58 、10.1016 / j.mce.2011.04.019
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[145]
J. ウー、K. 王、J. 徐、G. ルアン、Q. 朱、J. カイ、J. レン、S. 鄭、Z. 朱、P. Otahal 、C. 丁
血清グレリン及び膝症状との関連性膝関節症患者における骨、関節構造および軟骨または骨のバイオマーカー
オステオアーサー カルティル。、25 (2017 )、頁。1428 – 1435 、10.1016 / j.joca.2017.05.015
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[146]
D. ホーマン、FM Louzada 、SM GOES 、S. Roizenblatt 、AL ロペス、AR ・デ・オリベイラ、N. レイテ
アシル化グレリン:線維筋痛症の潜在的なマーカー?
ユーロ。J.痛み、17 (2013 )、頁。1216 – 1224 、10.1002 / j.1532-2149.2013.00296.x
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[147]
B. Tander 、A. Atmaca 、Y. Aliyazicioglu 、F. Canturk
血清グレリンレベルではなく、GH、IGF-1及びIGFBP-3のレベルは、線維筋痛症候群の患者に変更されます
共同骨棘、74 (2007 )、頁477 – 481 、10.1016 / j.jbspin.2007.01.024
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[148]
V. Sibiliaは、N. Lattuada 、D. Rapetti 、F. パガーニ、D. Vincenza 、I. Bulgarelli 、V. Locatelliの、F. Guidobono 、C. Netti
グレリンは、ラットにおいて炎症性疼痛を抑制する:オピオイド系の関与を
神経薬理学、51 (2006 )、頁497 – 505 、10.1016 / j.neuropharm.2006.04.009
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[149]
C. 周、X. 李、Y.-Z。 朱、H. 黄、J. のLi 、L. 劉、Q. フー、T.-F. 馬、Y. 少、Y.-Q. Wu
Ghrelinはラット慢性狭窄損傷モデルにおいてGHSR ‐ 1aを介したp38 MAPK / NF ‐κB経路の抑制を介して神経因性疼痛を軽減する
登録 アネス。痛みの医学 、39 (2014 )、PP。137 – 148 、10.1097 / AAP.0000000000000050
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[150]
肥満および神経性食欲不振症における
L. ソリアーノ – ギレン、V. バリオス、A。 カンポス – バロス、J。 アルジェンテ
グレリンレベル:体重減少または回復の効果
J.Pediatr。、144 (2004 )、頁36 – 42 、10.1016 / j.jpeds.2003.10.036
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[151]
JM Halleen 、SL Alatalo 、H. Suominen 、S. チェン、AJ Janckila 、HK Väänänen
酒石酸抵抗性酸性ホスファターゼ5bは:骨吸収の新規な血清マーカー
J.Bone Miner。結果 、15 (2000 )、頁。1337 – 1345 、10.1359 / jbmr.2000.15.7.1337
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[152]
LN Nwosu 、M. アレン、L. ワイアット、JL ヒューブナー、V. チャップマン、DA ウォルシュ、VB クラウス
変形性膝関節症を持つ人々で骨代謝の血清バイオマーカーによって痛み予測:OA中の観察のTRACP5bの研究およびカテプシンK
オステオアーサー カルティル。、25 (2017 )、PP。858 – 865 、10.1016 / j.joca.2017.01.002
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[153]
MA Karsdal 、A. Bihlet 、I. Byrjalsen 、P. Alexandersen 、C. Ladel 、M. マイケルズ、JR アンダーセン、BJ リイス、V. クラウス、AC ベイ・ジェンセン、C. Christiansenの
OA表現型ではなく、病期、ドライブ構造的進行 – 症候性膝関節症OAを用いた2つの第III相無作為化臨床試験からの構造的進行因子の同定
オステオアーサー カルティル。、23 (2015 )、10.1016 / j.joca.2014.12.024
Google Scholar
[154]
EMA Hensor 、B. デュベ、SR キングスベリー、A. テナント、PG Conaghan
初期の変形性関節症の臨床定義に向けて:患者報告膝の痛みの発症は階段の上に始まります。変形性関節症イニシアチブからのデータ
関節炎ケア研究。、67 (2015 )、頁。40 – 47 、10.1002 / acr.22418
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
©2018 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1874391918301891

関連記事はこちら