このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

目的
他の主要な関節または脊椎に疼痛を有する患者が、併発性整形外科疼痛を有さない患者よりも術後転帰が不良であるかどうかを判定すること。
方法
2012年1月1日から2015年7月16日までの間に、少なくとも2年間の術後追跡調査で、股関節鏡検査を受けた患者の前向きに維持された施設内手術登録のレビューを行った。筋骨格罹患率(MSM)スコアを、他の関節および脊椎における痛みの存在(グレード1、股関節のみ;グレード2、股関節および脊椎のない他の主要関節;グレード3、脊椎の股関節;腰椎の股関節);手術前に各患者に割り当てた。グレード4、股関節、その他の脊椎関節。術前および術後2年の時点で、機能的転帰は股関節転帰スコア – 日常生活活動(HOS-ADL)、および臨床的に重要な差が最小になる患者の割合を使用して測定された (MCID)および患者に許容される症状状態(PASS)を計算した。
結果
合計で821人の患者が確認され、そのうち700人(85.3%)が2年間の追跡調査を完了した。術前に、MSMグレード1の患者はグレード2の患者よりも高いHOS-ADLを示した(P = 0.02)が、グレード1とグレード3の患者(P = .63)またはグレード1とグレード4の患者(P = .63)の間に差はなかった。P = 0.14)。同様に、グレード2、3、および4の間で術前HOS-ADLに差はなかった。MSMグレード1および2の患者はグレード3および4の患者より若かった。術後2年で、MSMグレード1の患者はより高いHOSを持っていたグレード3(P = 0.01)およびグレード4(P = 0.02)よりもグレード2(P = 0.02)よりも大きい-ADL値 = .07)患者。全体として、患者の84%がMCIDを示し、患者の72%がHOS-ADLに関してPASSを達成した。MCIDまたはPASSに関して、MSMグレード間に統計的に有意な差はありませんでした。
結論
全体として、患者の84%がHOS-ADLのMCID基準により股関節鏡検査で改善した。他の関節に痛みがない患者(MSMグレード1)は、脊椎痛の患者(グレード3および4)よりも股関節鏡検査後の術後2年HOS-ADL値が優れていた。ただし、MSMグレードに関して患者間でMCIDまたはPASSに有意差はありませんでした。股関節鏡検査を受けた患者の合計40.5%が別の関節に痛みを感じた。しかしながら、異なるグレードの筋骨格系共存症を有する患者の間で転帰の有意差を検出するのに十分な数の患者が研究されていなかったかもしれないという点で、制限はII型エラーの可能性があるということである。
証拠レベル
レベルIV、治療事例シリーズ。
前の記事次の記事
3202ページの解説を参照
著者らは、以下の潜在的な利益相反または資金源を報告しています:CAB-J。は、American Journal of Sports Medicineの編集委員会/理事会にあり、米国スポーツ整形外科学会の理事会/委員会の委員であり、Cresco Labからストック/ストックオプションを受けています。SJNは、AlloSource、Arthrex、Athletico、DJ Orthopedics、Linvatec、Miomed、SmithおよびNephew、そしてStrykerから研究支援を受けています。American Journal of Orthopedicsの編集/運営委員会に所属しています。; アメリカ整形外科スポーツ医学会および北米関節鏡検査協会の理事会/委員会のメンバー。Ossurから知的財産権使用料を受け取り、Ossurのコンサルタントです。Springerから出版料と金銭的・物的サポートを受けます。補足資料として、ICMJEの全著者情報開示フォームをこの記事でオンラインで入手できます。
北米の関節鏡検査協会による©2018

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0749806318305887