このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

関節荷重変数を膝蓋大腿痛との関連について調べた。

最大膝蓋大腿関節圧が疼痛増加の最も良い予測因子であった。

最大関節力を低下させる介入は、膝蓋大腿痛を有する人々に利益をもたらし得る。
抽象
バックグラウンド
高い膝蓋大腿骨力と疼痛との間の関係が提案されているが、どの関節負荷変数(大きさ、速度)が疼痛変化と最もよく関連しているかは未知である。本研究の目的は、膝蓋大腿関節負荷変数と単肢着地の繰り返しによる膝蓋大腿痛の変化との関連を調べることであった。
方法
PFPを有する31人の女性(年齢:23.5(2.8)歳;身長:166.8(5.8)cm;体重:59.6(8.1)kg)は、0.25 mから5回の着陸試行を行った。従属変数は、各試験後に自己申告された疼痛スコアから得られた疼痛の変化率であった。独立変数には、前述のモデルを使用して得られた膝蓋大腿関節反力のピーク、時間積分、および平均および最大発達速度の5試行平均が含まれた。ピアソン相関係数を計算して、疼痛の変化率と各独立変数との間の個々の関連性を評価した(α= 0.05)。ステップワイズ線形重回帰は、(α 入る  = 0.05;α 出口  = 0.10)は、痛みの変化率の最良の予測因子を同定するために使用しました。
調査結果
被験者は各着陸試験で平均0.38痛みポイントの増加を報告した。疼痛の変化率はピーク力(r  = 0.44、p  = 0.01)、平均値(r  = 0.41、p  = 0.02)および最大力発現率(r  = 0.39、p  = 0.03)と正の相関があったがピーク力は疼痛変化率の19%の分散を説明する予測モデルに入った(r 2  = 0.19、p  = 0.01)。
解釈
ピーク膝蓋大腿関節反力は、反復的な単一の手足の着地に続く痛みの変化率の最も良い予測因子でした。本研究は、膝蓋大腿関節負荷が膝蓋大腿痛の変化に寄与するという理論を支持する。
前の記事次の記事
キーワード
膝蓋骨キネティクス膝蓋大腿関節反力
©2018 Elsevier Ltd..All rights reserved。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0268003318300950