このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

目的
本研究の目的は、咀嚼筋緊張を伴う顎関節症(TMD)の治療において、関節穿刺の補助としてのボツリヌス毒素(BTX-A)の筋肉内注射の効果を単独で比較することであった。
研究デザイン
臨床試験には20人のTMD患者が2つのグループに分けられました。List and Helkimoによる評価尺度を用いて、顎関節(TMJ)領域の疼痛に対する日々の活動の影響を両群で評価した。治療前後の処置の臨床効率を決定するために、視覚的アナログ尺度(VAS)によって測定される最大歯間開口部(MIO)および関節痛の範囲を調べた。A群は12人の患者から構成された。側頭筋および咬筋に関節穿刺およびBTX-A注射を行った。B群は8人の患者から構成された。彼らは言及されたのと同じ筋肉にBTX-A注射だけをしました。
結果
A群では、VASは有意に減少し(P = 0.005)、そしてMIOは有意に改善した(P <0.005)。 結論 BTX − Aのみを用いた場合の結果と比較して、BTX − Aを用いた関節穿刺は、MIOおよびVASに関する臨床転帰に影響を及ぼすようである。関節穿刺術と組み合わせたBTX-Aは、TMJ領域の症状を改善しました。 前の記事次の記事 この研究は、プロジェクトIUT2-8、エストニア科学財団の助成金6591、そして欧州社会基金を通じた欧州連合によって資金援助されました。 ©2016 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2212440316300852