このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

腰痛は世界的に障害の主な原因の一つです。

受動的筋肉特性は、腰痛と関連している可能性があります。

総股関節の瞬間、力と仕事は腰痛の影響を受けます。

介入は受動的要素と能動的要素を区別するべきです。
抽象
バックグラウンド
受動的筋肉特性の変化は腰痛と関連し得ることが見出されており、これらは腰痛を有する対象においてしばしば観察される変化した歩行パラメータの原因となり得る。本研究の目的は、歩行の股関節屈曲部における腰痛の有無にかかわらず、総股関節および受動的股関節伸展モーメントを評価することであった。
方法
52人の被験者がこの研究に志願した(腰痛グループ、n  = 25(男性n  = 13、女性n  = 12)、対照グループ、n  = 27(男性n  = 15、女性n  = 12))。受動的股関節モーメントは、仰向け検査中に適応力変換器を用いて計算した。生体力学モデルと予測式を使用して、歩行中の受動的股関節モーメントを計算した。全股関節モーメントは、9カメラ、3-Dモーションキャプチャシステムを使用して計算されました。
調査結果
独立したサンプルのt検定は、歩容パラメータまたは腰または膝の角度に関して群間に有意差がないことを実証した。ANOVAの結果は、股関節屈曲の後半の間に受動的な股関節屈筋運動モーメントの有意差を示した(P  <0.05)。また、股関節の力と電力吸収のピークと発電の第2のピークの間に行われた仕事の有意差もあった(P  <0.05)。 解釈 本データは、腰痛を有する対象が、健康な対照と比較して、受動的股関節伸展者および歩行中に行われる総力および仕事を変化させたことを実証する。生体力学的モデルは、受動関節モーメントの個々の測定値を含むべきです。 前の記事次の記事 キーワード 受動的な瞬間股関節伸筋腰痛力行った作業 ©2018 Elsevier Ltd..All rights reserved。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S026800331830843X