このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
バックグラウンド
変形性膝関節症は 2人に1人に1人の生涯リスクがあり、肥満の人が最もかかりやすいです。運動は普遍的に管理のための重要な要素として認識されているが、安全でないか無効な運動はしばしば関節症状の悪化を招く。
目的
変形性膝関節症(OA)患者における 12 週間下半身陽圧法(LBPP)支援低負荷トレッドミル歩行プログラムが膝の痛み、関節機能、および日常活動のパフォーマンスに及ぼす影響を評価します。
設計
前向き、観察的、繰り返し対策調査。
設定
地域密着型の集学的筋骨格医学クリニック。
患者さん
BMI≥と50-75高齢31個の患者、 25 kg /日M 2と放射線は、中程度の膝OAに軽度確認しました。
介入
12週間のLBPPトレッドミル歩行運動療法。
結果の測定
膝の怪我および骨関節炎転帰スコア(KOOS)とカナダの労働パフォーマンス測定(COPM)は、関節症状や患者の機能を定量化するために使用されました。等速性大腿筋力を評価した。歩行中の急性膝痛を定量化するために10点VASを使用した。12 週間の運動介入の効果を調べるために、ベースラインと追跡データを比較しました。
結果
ベースラインデータとフォローアップデータの間には有意差がありました。KOOSとCOPMのスコアはどちらも改善しました。大腿筋力が増加した。全体重負荷歩行中の急性膝痛は有意に減少した。
結論
12 週間のLBPP支援トレッドミル歩行運動療法への参加は、患者の機能と生活の質を大幅に向上させ、日常生活の活動を遂行する能力を高めると同時に、患者は重要だが実行が困難であると自認した。
前の記事次の記事
キーワード
運動下半身陽圧(LBPP)日常生活の行動疼痛変形性膝関節症
1 。前書き
変形性膝関節症(OA)は、世界で最も一般的な関節炎の形態です[1]。世界保健機関(1997)は、それをそれぞれ女性と男性の障害の4番目と8番目の最も一般的な原因として報告しています [2]。現在、膝のOAの割合は心臓病のそれと同じくらい高く、65歳以上の個人で最も一般的な病状です [3] 。疾患の進行は、関節痛および硬直の漸進的かつ衰弱性の発症によって特徴付けられる。患者は関節機能の漸進的な喪失を経験し、それは歩くこと、しゃがむこと、および階段を昇降することのような日常生活の本質的な活動を行うことを困難にする。[4]。
研究によれば、運動は膝のOAの進行に関連する症状の管理に重要な役割を果たすだけでなく、日常生活の通常の活動中に患者の機能的能力を高めることができることが示されています[5] 。残念ながら、安全でない、または効果のない運動はしばしば関節症状の悪化を招き、癒着不良および高いドロップアウト率をもたらします。これは、他の併存疾患の発症のために患者を重大な危険にさらす可能性がある薬理学的計画への依存度の増大につながります[6] 。新しいエクササイズ用トレッドミルの登場これは、下半身陽圧(LBPP)と呼ばれる技術を利用して、下肢の病状を患っている患者が症状の悪化の危険なしに低負荷運動を行うことを可能にします[7] 。トレッドミルは、正の空気圧(すなわちLBPP)で満たされた腰の高い空気室を使用して、運動中の体重を正確かつ確実に減少させます(図1)[8]、[9]、[10] 。これまでのところ、LBPP運動介入は、半月板切除術および前十字靭帯再建術後の患者のリハビリテーションを成功裏に加速するために 使用されてきた[7] 。下肢外傷 [11] 。私たちの研究グループは、以前に修復するための手段としてLBPP技術を使用することの可能性について検討している体重を支える運動のためと太りすぎの患者の運動を次の関節の症状の増悪のために重大なリスクの膝OAを[12]。この調査からのデータは、関節症状の悪化の危険なしに膝OA患者による安全でユーザーフレンドリーなトレッドミルウォーキングを容易にするためにLBPPサポート低荷重ウォーキングを使用でき、適切である正確なLBPPサポート運動方法論の開発を促進することを示唆したリスクのある患者集団向け。これらの結果はまた、我々の研究グループが、膝のOAの進行と病原性に及ぼす運動の長期的影響の安全な調査を始めるための基礎を築きました。このデータは、日々の関節症状をより効果的に管理し、病気の進行を遅らせ、そして全体的な健康状態、生活の質および生活の質の改善につながるエビデンスに基づく運動戦略の開発と改良を導くのに役立ちます。北米の高齢化社会における社会福祉
図1
高解像度画像をダウンロード(438KB)フルサイズの画像をダウンロード
図1。被験者はG-トレーナー用トレッドミルを歩いています。
2 。調査の目的
本研究の目的は、膝OAを有する男女患者の両方において、膝の痛み、関節機能、大腿筋力および日常生活の正常な活動を遂行する能力に対する12 週間のLBPP支援低負荷歩行運動療法の効果を調べることであった。
3 。方法
3.1 。設定と参加者
地元の地域保健機関による倫理審査および承認の後、症状の軽度から中等度の膝関節症のOAを有する50歳から75歳の間の31人の太り過ぎの参加者が、地域地域保健機関のCenter of Excellenceの患者集団から研究に参加するために募集された。筋骨格系ケア 包含基準は以下の通りであった:(1)ボディ・マス・インデックス(BMI)≥ 25 kg /日M 2 。(2)日常生活の通常の活動(例えば、歩く、しゃがむ、またはひざまずく)を行うときの膝の痛み。(3)片方または両方の膝に軽度から中等度(Kellgren&LawrenceのグレードIIまたはIII)の膝のOAのX線撮影による証拠。膝のOAの重症度は、体重負荷のあるすべての被験者について撮影された前後のX線写真によって確認されました両膝を5度の屈曲で位置させ、ケルグレンローレンス尺度を使用して同じ上級筋骨格放射線科医によって採点された[13]。X線撮影評価を使用して、患者の膝関節アライメントを決定し、そして人体計測的に患者を3つのグループ(正常/内反/外反)に分類した[14] 。両側膝OAの場合、より症候性の膝(ベースラインの膝損傷および変形性関節症転帰スコア質問票の得点から決定される)を罹患膝とした。すべての事前評価および事後評価の目的のために、参加者は、影響を受けた膝のみに彼らの反応を基づかせるよう指示された[15]。
除外基準には以下のものが含まれた:(1)Kellgren&Lawrence grade III +重症膝関節症のX線撮影による証拠。(2)外傷性股関節、膝関節、または足首の負傷または手術の病歴(前年以内)。(3)関節注射または理学療法を伴う患部膝の治療歴(昨年以内)。(4)歩行中の松葉杖または歩行補助具の使用。(5)身体活動を妨げるであろう病状の病歴。(6)心血管疾患の既往歴、または強直性脊椎炎、乾癬性関節炎、慢性反応性関節炎、または腹膜透析を必要とする腎臓疾患についてスクリーニング陽性 または血液透析。研究への参加を開始する前に、各参加者に識別(ID)番号が割り当てられ、参加者の膝OA(過去または現在の投薬を含む)の詳細な履歴を提供するインフォームド・コンセントおよび膝人口統計フォームを完成することが求められた。現在薬物治療を受けている患者については、12 週間の介入の過程で起こった変化を報告するように依頼されました。
3.2 。膝関節機能の前後評価
調査では、前向きで観察的な、繰り返し測定の設計を利用しました。試験は、参加者が12 週間のLBPP対応のトレッドミルウォーキングプログラムを完了する直前と直後に完了しました[12]。すべてのテストは、同じ研究施設内で、同様の環境条件下で、かつ前述の方法論に従って行われました[12]、[16]、[17]、[18]。。ベースラインからの得点膝損傷および変形性関節症転帰スコア質問票を用いて、研究のために各参加者の罹患膝を決定した。すべての参加者は、すべてのテストおよびエクササイズセッションのために、ショートパンツとTシャツ、そして同じ運動靴を着用するように指示されました。前後のテストは、5つのコンポーネントから構成されます。1. 身体測定評価。大腿四頭筋の筋力の評価3。全体重負荷歩行中の急性膝痛の評価; 4。膝関節痛と機能の主観的評価カナダの職業成績評価基準を用いた自己特定機能活動における成績の評価と成績の満足度質問票と5. 同じ評価者/作業療法士が、試験期間中に各参加者の試験前後のセッションを完了し、12 週間の低負荷運動療法を直接監督しました。この個人はまた、参加者が研究のために彼らの冒された膝としてどの膝に対して指定したかと同様に、全ての患者試験スコアに対して盲目であった。
すべての人体計測値は、同じ整形外科診療所で(同じ機器を使用して)収集された。患者の身長(メートル)および体重(キログラム)を、スタディオメーターを装備したSeca 700ビームスケール(Seca、Birmingham、UK)を使用して測定した。測定は靴を脱いだ状態で行い、参加者の身長は吸入のピーク時に測定した。身長および体重の測定値を使用して、BMI(体重(kg /身長の2乗(m 2)))を計算した。
大腿四頭筋の筋力は、Biodex System 3等速性システム(Biodex Corporation、Shirley、NY、USA)を用いて測定した。強度試験プロトコールは、試験の順序(左対右肢)を無作為化して、前述の方法論[19]、[20]に基づいた。参加者を着席位置で試験し、3つの速度を上げながら(60、180、および240°/秒)で膝伸展を4回繰り返すように指示した。参加者は、50%の努力でウォームアップすることから始めました各速度で、そしてそれから最大の努力を使用して二国間試験プロトコルを実行することを要求された。4回の繰り返しにわたって達成されたピークトルク(ニュートンメートル(Nm)で測定された)を記録されたスコアとした。被験者間の比較のための相対強度スコアを得るために、ピークトルク(Nm)を体重(kg)で割って得た。強度比(Nm / kg)。
10点視覚的アナログ尺度(VAS)が30実行しながら、参加者の影響を受けた膝の急性膝の痛みを測定するために使用された 時にセッションを歩い分フル体重負荷(FWB)トレッドミルを歩行速度 3.1の MPHと0°の傾斜。5分間のウォームアップ期間の後、VAS測定値(最も近い整数まで)を各ウォーキングセッション中に5分間隔で(10、15、20、25、および30分に)記録し、後に平均値を得るために平均した。各参加者の影響を受けた膝に対するセッション特有の急性膝痛スコア。
膝損傷および変形性関節症転帰スコア(KOOS)質問表は、以前に記載された方法論に従って投与された[16] 。KOOSは、さまざまな運動介入後の変化を評価するために研究者や臨床医によって一般的に使用されている患者報告結果測定機器です[21]、[22]。それは患者の膝関節機能および関連する問題の有効かつ信頼性の高い評価を提供する自己管理および標準化された質問票です[16]、[22]。。KOOSの得点は0(完全な障害)から100(障害なし)の範囲であり、5つのカテゴリーを使用して評価されます。(1)。疼痛; (2)症状 (3)日常生活の行動; (4)機能、スポーツ、レクリエーション活動 (5)生活の質[16]、[22]。
カナダ職業成績指標(COPM)は、個人が重要かつ遂行が困難であると自己特定した活動における職業成績の経時的変化を検出するために設計された、個別化された顧客中心の結果指標です[17] 。COPMは妥当性、信頼性、変化への反応性などの定評のある心理測定特性を持ち[23] 、治療による満足度やパフォーマンスの変化を検出するために作業療法の実践に広く使われています[17]。各参加者の評価は30から60の間でした COPMマニュアルに概説されている標準化されたプロトコールに従って、同じ資格の作業療法士によって実施された[23]。採点は行政指示書に従って計算され、COPMで特定された職業上の問題の頻度数は3つのカテゴリーに分類された。(2)セルフケア (3)生産性。
3.3 。運動療法
ベースライン評価の完了後、参加者 は前述の方法論に従って12 週間のLBPP対応のトレッドミルウォーキングレジメンを完了しました[12]。簡単に説明すると、参加者 は、G-Trainerトレッドミル(Alter G Inc.) を0°の傾斜で毎時3.1 マイルの設定速度で30 分間、週に2回運動しました(図1)。)各運動セッションについて、以下の基準のうちの1つが満たされるまで、毎分5パーセントの増分でLBPPサポートを加えた。(1)VASで急性膝痛レベルが0/10に達した。(2)疼痛のさらなる減少は達成されなかった。(3)LBPPサポートは最大40%体重に制限されていた。快適な歩行体験を維持するために、LBPP圧を絶えずモニターし、1パーセント刻みで調整しながら、急性膝痛のビジュアルアナログスケールスコアリングを各低負荷トレッドミルウォーキングセッションの期間にわたって5分間隔でモニターした。参加者は、各低負荷歩行セッション中に体重を減らすために使用されたLBPPの割合に対して盲検であった。トレッドミル
運動後のテストは、各参加者のウォーキング運動レジームの完了直後の週、および参加者の通常の運動時間に対応する時間に(すなわち、患者の通常の運動時間が火曜日と木曜日の午前12時間にスケジュールされた場合)完了した。 週の介入、それから彼らのフォローアップテストセッションもこの時間帯に予定されていました)。運動後の試験セッションは試験前のプロトコールと一致する方法で完了し、すべての被験者は12 週間の運動介入を完了してから7日以内に後試験を完了するように要求された(または彼らのデータは研究)。
3.4 。統計分析
分析ツールアドインを含むMicrosoft Office Excel 2007、StatPlus:Mac 2009、およびSPSS v.20をデータ分析に使用しました。一対のt検定を使用して、人体測定法の前後テストの結果と大腿四頭筋の強度を比較しました。ウィルコクソンの符号付き順位検定を使用して、FWBウォーキング、KOOSおよびCOPMスコアからのVASスコアを比較した。p <であれば、差異は統計的に有意と見なした。 0.05。ピアソン積相関を用いて、ベースライン評価および追跡調査評価から、COPM測定値に対するパフォーマンスとパフォーマンスの満足度との間の関係を決定した。そして、0.80を超える値は、高レベルの相関を考慮した[24]。ベースラインテストとフォローアップテストの間のCOPMパフォーマンススコアの変化も、各KOOSサブスケールのスコアの変化と相関していました。
4 。結果
研究参加者のための記述データは表1に要約されている。 31人の参加者(女性22人/男性9人)の平均(± SD)年齢は64.2(± 6.2)歳であった。膝人口統計データは、3名を除く全参加者がX線写真で確認されたOAを両側的に証明したことを示した。1つの例外を除いて、参加者全員が右足優勢でした。参加者の17のために、彼らの支配的な足は彼らの冒された膝でした、そして、残りの14のために彼らの非支配的な足は彼らの冒されたひざでした。以前の治療戦略に関しては、参加者の71%が理学療法を受けていると報告しました 、42%が膝支持具を使用し、32%が抗炎症薬を使用し、そして12%が以前に症状の管理のために関節内注射を受けていた。この研究の時点では、参加者は過去1年以内に理学療法治療や関節内注射を受けていませんでした。
表1。研究参加者のための人口統計情報。
人口統計 男性 女性 合計
被験者数 9 22 31
年齢(歳) 67.1 ± 6.4(59〜75) 63.1 ± 5.9(53〜72) 64.2 ± 6.2(​​53.0〜75.0)
症状の持続期間(月) 65.0 ± 54.0(9 – 156) 68.0 ± 78.0(4 – 372) 66.0 ± 70.0(4〜372)
影響を受ける膝(片側/両側) 0/9 3/19 3/28
OAの重症度(軽度/中等度) 2/7 10/12 12/19
平均値 ± SD(範囲)。
ベースラインで測定された人体計測測定は、参加者が1.66 mの平均身長、90.4 kgの体重、および32.8 kg / m 2の BMIを有することを示した。試験前と試験後の人体計測学の比較を表2に示す。データによると、男性と女性の両方の参加者が、調査の過程で身体の身体測定の有意な変化を経験しなかった。
表2。ベースラインおよび追跡調査からの人体測定
人体計測 ベースライン ファローアップ
男性 女性 合計 男性 女性 合計
身長(m) 1.74 ± 0.08 1.63 ± 0.06 1.66 ± 0.08 1.74 ± 0.08 1.63 ± 0.06 1.66 ± 0.08
重さ(kg) 91.2 ± 16.6 90.0 ± 17.8 90.4 ± 17.2 90.5 ± 17.3 89.4 ± 18.0 89.7 ± 17.5
BMI(kg / m 2) 29.9 ± 4.3 34.0 ± 7.0 32.8 ± 6.5 29.8 ± 4.5 33.8 ± 7.1 32.6 ± 6.6
レッグアライメント
/外反/通常 8/1/0 11/8/3 19/9/3 8/1/0 11/8/3 19/9/3
平均 ± SD。
体重に対するニュートンメートル単位のピークトルクのキログラム単位の比(Nm / kg)として表される等速四頭筋強度データを表3に示す。患肢と患肢の間に有意差は見られなかった。強度の有意な増加が、女性被験者についての3つの等速試験速度すべてにおいて、ベースライン試験と追跡試験との間で観察された。運動前と運動後のデータを比較すると男性参加者の大腿四頭筋強度の上昇傾向が観察されたが、変化の量は統計的に有意ではなかった。グループ全体のデータは性別によってまとめられた結果と一致しており、すべての試験速度でベースライン強度と追跡調査強度スコアの間に有意差があることが示された。
表3。ベースラインおよび経過観察評価からの罹患膝関節の大腿四頭筋強度(Nm / kgで表示)。
ベースライン ファローアップ
60° 180° 240° 60° 180° 240°
男性
(N = 9) 0.99 ± 0.42 0.64 ± 0.24 0.56 ± 0.26 1.11 ± 0.28
(p = 0.2391) 0.74 ± 0.17
(p = 0.0751) 0.64 ± 0.19
(p = 0.0913)
女性
(N = 22) 0.63 ± 0.26 0.36 ± 0.20 0.33 ± 0.20 0.74 ± 0.22 °
(p = 0.0051) 0.51 ± 0.16 ⁎⁎
(P = 0.0006) 0.44 ± 0.14 ⁎⁎
(P = 0.0032)
合計
(N = 31) 0.74 ± 0.35 0.45 ± 0.24 0.40 ± 0.24 0.86 ± 0.29 °
(p = 0.0024) 0.58 ± 0.19 °
(p = 0.0001) 0.50 ± 0.18 ⁎⁎
(P = 0.0001)
平均 ± SD。
⁎⁎
p < 0.01、(p値)。
ベースライン時およびフォローアップ時のFWBトレッドミルウォーキングセッション中の急性膝痛の視覚的アナログスコア付けを表4 に示す。データは、12週間のLBPP介入の結果として、全群の急性膝痛レベル(平均 ± SD)が有意に減少した(p = 0.0001)ことを示している 。データは、フォローアップFWBテストセッション中に両性が有意に少ない膝痛を経験し、女性グループが最大の変化を示したことを示した(フォローアップ評価で痛みのない歩行をすることができた参加者8人のうち7人は女性であった)。表4はまた、支持された1回目および最後の(24回目)30分間のLBPP中の急性膝痛の視覚的アナログスコア付けを示す。 トレッドミル運動セッション。データは、男性と女性の両方が、 (第1セッションと比較して)12週間の介入の最後の運動セッション中に運動したときに有意に少ない急性膝痛を経験したことを示唆する。データは、12の上に膝の痛みを解消するために必要なLBPP支援の量ことを示し た(pも週の介入が有意に減少 > (±17.9%から0.002) (±8.5%にセッションを歩いて最初のトレッドミルの間に9.4) 最後のトレッドミルの間に8.3) 12 週間の介入が終了するまでに、8人の参加者(サンプルの26%)が痛みを伴わずに(LBPPサポートなしで)サポートできるウォーキングセッション。
表4。トレッドミルウォーキングセッション中の患部の膝の痛み。
ベースライン
FWBウォーキング フォローアップ
FWBウォーキング 第1回LBPP
ウォーキングセッション 第24回LBPP
ウォーキングセッション
男性
(N = 9) 4.0 ± 2.0 2.8 ± 2.1 ⁎
(P = 0.0490) 3.7 ± 1.9 2.2 ± 1.9 ⁎
(P = 0.0464)
女性
(N = 22) 2.9 ± 2.2 1.0 ± 1.3 ⁎⁎
(P = 0.0002) 2.3 ± 1.7 1.6 ± 2.0 ⁎⁎
(P = 0.0098)
合計 3.2 ± 2.1 1.6 ± 1.8 ⁎⁎
(P = 0.0001) 2.6 ± 1.8 1.8 ± 2.0 ⁎
(P = 0.0344)
FWBウォーキングおよびLBPP支援ウォーキング条件下での30分間のトレッドミルウォーキングのためのビジュアルアナログスケール(mm)によって測定される参加者の膝の痛みの比較。平均 ± SD。
⁎⁎
p < 0.01、(p値)。

p < 0.05、(p値)。
ベースライン評価および追跡評価からのKOOSスコアを表5に示す。12の完了に続いて 1週間の歩行計画、KOOS追跡検査スコアの改善はすべての被験者で認められたが、これらの変化は2つの下位尺度(Sport / RecおよびQOL)の男性で有意であり、女性グループは追跡検査スコアの有意な変化を経験した。 5つすべてのサブスケールにわたって。Sport / Recサブスケールでは、ランニング、ジャンプ、しゃがむ、ピボット、ひざまずくなどのアクティビティを評価したことに注意することが重要です。この研究では、質問は自分のライフスタイルには当てはまらないと参加者が感じたため、Sport / Recの質問の多くは答えられませんでした。Sport / Recサブスケールの2つ以上の質問にデータが欠けている場合、サブスケールスコアは計算されませんでした[25] 。その結果、統計分析に使用可能なデータを提供したのは19人の被験者のみでした Sport / Recサブスケール
表5。ベースラインおよび経過観察評価からの罹患膝に対するKOOSスコアリング。
ベースライン ファローアップ
KOOS 男性 女性 合計 男性 女性 合計
痛み
N = 31 50 ± 13 55 ± 11 54 ± 12 54 ± 17
(p = 0.2846) 62 ± 14 ⁎⁎
(P = 0.0050) 60 ± 15 ℃
(p = 0.0200)
症状
N = 31 56 ± 16 54 ± 12 54 ± 13 60 ± 16
(p = 0.1930) 64 ± 18 °
(p = 0.0013) 63 ± 17 °
(p = 0.0019)
ADL
N = 31 58 ± 10 58 ± 15 58 ± 14 63 ± 21
(p = 0.2528) 67 ± 15 ℃
(p = 0.0016) 66 ± 17 ℃
(p = 0.0076)
スポーツ/ Rec
N = 19 38 ± 18 20 ± 14 27 ± 19 51 ± 16 ⁎
(P = 0.0235) 42 ± 21 °
(p = 0.0001) 45 ± 24 °
(p = 0.0033)
QOL
N = 31 35 ± 11 31 ± 13 32 ± 13 47 ± 11 ⁎
(P = 0.0116) 45 ± 15 °
(p = 0.0016) 46 ± 14 ⁎⁎
(P = 0.0002)
平均 ± SD。
⁎⁎
p < 0.01、(p値)。

p < 0.05、(p値)。
ベースライン評価および追跡調査評価からのCOPMデータを表6に示す。
表6。ベースラインおよび経過観察評価からの罹患膝関節のCOPMスコア。
ベースライン ファローアップ
サブスケール 男性 女性 合計 男性 女性 合計
パフォーマンス 5.0 ± 1.6 4.3 ± 1.5 4.5 ± 1.5 6.2 ± 2.5 ⁎
(P = 0.0415) 5.3 ± 1.6 ⁎⁎
(P = 0.0003) 5.5 ± 1.9 ⁎⁎
(P = 0.0001)
パフォーマンスへの満足 4.3 ± 1.8 3.0 ± 1.3 3.4 ± 1.6 6.2 ± 2.8 ⁎
(P = 0.0205) 4.5 ± 1.6 ⁎⁎
(P = 0.0003) 5.0 ± 2.2 ⁎⁎
(P = 0.0001)
平均 ± SD。
⁎⁎
p < 0.01、(p値)。

p < 0.05、(p値)。
全体として、自己特定活動に対するCOPMの採点は、参加者が12 週間のウォーキングレジメンの完了後に、成績および成績に対する満足度の両方において有意な変化を経験したことを示唆していた。データはまた、患者のパフォーマンスとベースライン評価時のパフォーマンスの満足度との間に中程度のレベルの相関(r = 0.70)が存在することを示した。12 週間のウォーキングレジメンの完了後、この関係の強さは高いレベルの相関(r = 0.83)に増加しました。
合計で149の活動が、ベースラインCOPMインタビューの間に参加者によって困難をもたらすと識別された。確認された問題の40%は、余暇として分類されました。確認された活動の38%がセルフケアに関連すると分類されました。活動の22%が生産性の面で困難をもたらしました。図2a、b、およびc は、参加者によって最も一般的に識別された活動を視覚的に示したものです。レジャーカテゴリ内(図2)a)参加者の25%が、最大の困難をもたらした#1活動として歩行を識別しました。その後、旅行などのその他のレジャー活動が続きました – 15%。ガーデニングや孫と遊ぶ – それぞれ12%。ゴルフ – 9パーセント。ジョギング、ダンス、スキー、野球などの下半身活動 – 8パーセント。運動クラス – 7パーセント。カヌー/野外活動 – 5パーセント、地域社会でのボランティア活動 – 3パーセント、そして聖歌隊で歌うため、またはブリッジで遊ぶために座って – それぞれ2パーセント。セルフケアカテゴリー内(図2)b)参加者の35%が最大のジレンマをもたらす活動として階段を上り下りすることを確認した。大きな課題となっていたその他の活動はバスタブの移動でした – 18%。車による送迎 – 14%。行動を起こすために座る – 14%。下半身ドレッシング(靴下や靴を履く) – 10%そしてひざまずくかしゃがむ – 9パーセント。生産性の観点から見ると(図 2c)、調理、清掃、洗濯などの日常的な家事の完了は、最大の課題である28%とされています。日々の生産性に関連するその他の活動には、食事の調理 – 25%、買い物 – 22%、庭仕事 – 13%が含まれます。孫の世話をする – 6パーセント。事務作業や仕事に長時間座っている(それぞれ3%)。
図2
高解像度画像をダウンロード(710KB)フルサイズの画像をダウンロード
図2。a、b、c。レジャー、自己 COPMのインタビュー中に参加者が識別ケアと生産活動。
最後に、図3は、KOOSスコアの変化とベースラインテストとフォローアップテストの間で観察されたCOPMパフォーマンススコアの変化との関係を視覚的に示したものです。ピアソン相関テストはCOPM性能スコアの変化が緩やか疼痛(RのKOOSの下位尺度の変化と相関していたことが明らかになっ = 0.65)、および日常生活動作(R = 0.65)。さらに、COPMパフォーマンススコアと他のKOOSサブスケール(QOL)、関節症状、およびスポーツ/ Rec活動などの間の関係にはプラスの傾向がありましたが、統計的にこれらの関係は低い相関レベルのみを示しました(QOL) :r = 0.39;関節症状:r = 0.35; Sport / Rec:KOOSとCOPMの間のr = 0.39)。
図3
高解像度画像をダウンロードする(600KB)フルサイズの画像をダウンロード
図3。COPMとKOOSの採点の関係
5 。討論
この調査の目的は、膝OAを有する過体重患者において、12 週間のLBPP支援低負荷運動プログラムが膝の痛み、関節機能、および日常活動のパフォーマンスに及ぼす影響を評価することでした。データによれば、運動療法は患者の機能強化、全体重負荷の歩行中の急性膝痛の軽減、大腿筋の増強に役立つ 力、そして最も重要なこととして、参加者が重要だと自己認識していたが実行が困難であると日常生活の活動を実行する能力を向上させた。これらの所見は、膝OAと診断された過体重患者の症状を管理し、関節機能を改善するために使用される運動戦略および介入の開発および改良にとって重要な意味を持っています。
現在の調査のための患者の人口統計は、膝OAの文献[26]、[27]で以前に報告されたものと同様です。参加者の大多数は女性であり、日常生活の通常の活動中に著しい痛みと機能障害を経験した老いた座りがちな患者集団を 代表した。参加者の大部分は、ランニング、ジャンプ、ひざまずくこと、階段を上り下りすることなどの活動を避けることを報告しました。人体計測データは、研究参加者が肥満患者集団の代表であることを示した(平均BMI 32.8 kg / m 2)。その大部分(31人の参加者のうち28人)は、彼らの罹患した側に何らかの形の異常な脚のアライメントを持っていました。そのように、試験サンプルは、進行性衰弱性関節痛および疾患の進行に関連する機能障害を経験している典型的な膝関節症の患者集団の代表であると考えられていた。ベースラインとフォローアップの人体計測データを比較しても、12 週間のエクササイズでは12週間のエクササイズはわずか12 時間しかなかったため、参加者の体格にほとんど変化がないことは明らかでした。このレベルの身体活動は、減量に関する運動の推奨値をはるかに下回っています。
膝伸筋の筋力低下は、OAの進行に関連する最も初期の最も一般的な特徴の1つです[19]、[28]。大腿四頭筋の筋力のベースライン評価は、得点が膝OA患者について以前に報告された値と同等であることを示した[15]しかし、我々の女性グループの太ももの筋肉の強度が正常よりかなり低いことも示唆されました(男性グループのベースライン値は、文献に報告されている標準値と一致していたことに注意してください)。追跡調査では、大腿筋力はすべての参加者で改善したが、女性グループでは統計的に有意であるに過ぎないことが示された。成功した膝OA患者の大腿四頭筋の強度を向上させるために使用されています-私たちの知る限りでは、これは(歩行この場合は)好気性の活動した最初の報告である[29] 、[30] 膝OAのための強度の向上の(以前の報告人口は主にレジスタンストレーニングを受けていますプログラム)。これは、LBPPが支援する歩行運動介入が、女性と比較して男性の大腿四頭筋強度に与える影響が少ないことを示唆しているだろう。興味深いことに、男性の参加者はより大きな初期の太ももの強さを示し、女性のグループと比較した場合、彼らの全体的な強さは増加しましたが、彼らの強さの増加は中程度でした。体重負荷運動の機能的性質が大腿筋力のほんのわずかな増加を支持したに過ぎず、リターンの減少の法則が大腿筋筋力を増加させるためにウォーキングプログラムを使用できる程度を決定するのに役立った。ウォーキングの結果として強度のより大きな増加を経験しました)。
FWBトレッドミルウォーキング中の急性膝関節痛に関するデータは、関節症状の悪化の危険性が高いOA患者において、LBPP技術が安全かつ効果的に長期運動遵守を促進するために使用できるツールとしてのさらなる調査を保証することを示唆する[5]。ベースラインテストは、参加者が最初のFWBウォーキングセッション中にかなりの急性膝痛を経験したことを明らかにした。12の完了後 1週間のウォーキングレジームでは、追跡FWBウォーキングセッション中の急性膝痛は有意に軽減され、31人の参加者のうち8人(または26%)が無痛で歩行することができた。これを超えて、最初と最後(24)のLBPPサポート低負荷歩行セッションの間のVASとLBPPデータの比較は、参加者が彼らの最終的なLBPPの間に有意に少ない膝痛を経験したことを示唆しました。ウォーキングセッション
KOOSアンケートは、OAの進行に関連する短期および長期の患者関連の転帰を評価するためのゴールドスタンダードな方法であるとして、整形外科文献で広く認識されています[23]。本研究に採用されたOA患者のベースラインKOOSスコアは低く(すべてのサブスケールにわたって女性の範囲20.0〜58.0、男性の範囲35.0〜58.0)、そして以前に文献内で報告された正常値よりかなり下(61.0〜88.4の範囲)。[31]、[32]。これは、膝の痛みの程度と、膝のOA患者集団にとって一般的に正常であると考えられるものと比較して、参加者が経験した機能障害のレベルに関連しているため、注意することが重要です。データによると、ランニング、ジャンプ、しゃがむ、階段を上る、階段を上る、降りるなど、日常生活の一般的な活動(ADL)を行う際に、参加者に著しい関節の痛みや症状、ならびに大きな困難が生じています。定期的な運動の後に関節の症状が悪化する危険性が非常に高い。12の完了後 1週間の運動療法では、KOOSスコアはすべての参加者で改善され、女性参加者の場合、スコアは5つのサブスケールのうち3つについて膝のOAの文献で報告されている規範値と一致しました。興味深いことに、男性のKOOS得点の有意な変化は、Sport / RecおよびQOLサブスケールでのみ観察されました。これは、女性のグループと比較して男性の参加者の割合が高いほど(9人中7人 =78%)、関節軟骨の劣化が大きいことを示していた(つまりKellgren&Lawrence grade III)ことを示しています。正常なADL中に関節の痛みや症状が悪化しやすい。
おそらく、研究参加者にとって最も重要な所見はCOPMの結果でした。我々の知る限りでは、この調査はCOPMを使用して膝OA患者の機能的パフォーマンス(およびパフォーマンスに対する満足度)の変化を評価する最初のものです。COPMデータは各参加者の全体的な機能的能力の現実的で意味のある、そして生態学的に有効な見積もりを提供したと私たちは信じています日常生活の活動中に、各個人が重要であり実行するのが難しいと自己認識していたこと。そのように、それは日常生活の自己特定活動を実行するときに性能および性能に対する満足度の患者特有の尺度を提供した。ベースラインおよび介入後のCOPM結果はKOOSの結果を反映しており、参加者の通常のADLがどの程度影響を受けたかについての追加の(または補足的な)情報も提供します。COPMベースラインデータは、参加者が、彼らの膝のOAが一般的なレジャー活動(ウォーキング、旅行、ガーデニング、孫と遊ぶことなど)を行う能力を著しく損なうと感じたことを示唆しています。セルフケアや自立生活に関連した活動(階段の上り下りなど)を実行する能力に悪影響を及ぼす。車や浴槽への乗り降り)彼らの全体的な仕事の生産性(例えば、ハウスクリーニング、洗濯、料理、そして買い物)を減少させました。これを超えて、結果は参加者が彼らのADLが彼らのOAの膝によって影響を受ける方法に一般的に不満であり、病気が劇的に日常生活の多くの一般的で単純でありながら個人的に意味のある活動を行う能力を制限すると感じました。12の完了後 まだ個人的に意味のある日常生活の活動。12の完了後 まだ個人的に意味のある日常生活の活動。12の完了後 COPMのデータによると、参加者は、12 週間の運動介入により全体的な機能的能力が向上し、ベースライン面接で自己認識された日常活動をいかにして達成できるかについての満足度が向上したと感じました。彼らにとって重要です。
A strong relationship was also observed between scoring on the performance component of the COPM and the change in scoring observed for the KOOS subscales of pain and joint function. These findings serve to highlight and reinforce participant’s perception regarding the effectiveness of the 12 week LBPP supported walking intervention. The KOOS provided a standardized data set that could be used to quantify knee pain and joint function, and facilitated comparison across research settings and populations. The COPM data placed in context the type of activity, and the expectations that participants had during these activities. This data helped to provide relevance, and a deeper understanding of how the 12 week LBPP supported intervention directly affected the lives of each individual participant.
本研究にもいくつかの制限があることを認識することが重要です。第一に、試験デザインは対照群を利用しなかった。第二に、方法論的アプローチは、膝関節関節軟骨の直接検査、または関節軟骨の健康に関連する病理学的バイオマーカーを除外した。第三に、患者のLBPPサポートの物理的知覚(すなわち、空気圧)が疼痛および機能の主観的な評点を混乱させる可能性があることについての懸念が有効である。第4に、サンプルは主に女性であり(そして男女間で筋力の大きな差が観察された)、結果は女性のOA患者集団に最も一般化可能である。最後に、この種の運動介入は費用対効果が高いか、それとも他の影響の少ない方法より優れているかという問題です。無体重運動はさらなる調査を保証する。私たちの知る限りでは、膝のOAに関連する症状の管理に関して、運動のいずれかの形態(すなわち、水泳、サイクリング、レジスタンストレーニング)の費用対効果が他のものより優れていることを示唆する証拠は現在ありません。[2]、[33]、[34]、[35]。
6 。結論
この調査の結果は、軽度から中等度の膝関節症のOAと診断された患者の日常生活における通常の活動に伴う関節痛や症状を安全かつ効果的に管理するために 12 週間のLBPP支援トレッドミルウォーキングプログラムを使用できることを示しています。LBPPウォーキングレジメンにより、参加者は関節症状を悪化させることなく運動に定期的に参加することができました。運動により、参加者は自分の体力/体重比を高め、活動中の膝の痛みを軽減することができました。KOOSとCOPMのデータは共に関節機能を示した 調査期間中、大幅に改善されました。さらに、COPMデータはまた、患者特有のパフォーマンスの尺度、およびパフォーマンスに対する満足度を提供し、そしてこれらのスコアは、KOOS質問票上の疼痛および日常生活の下位尺度の活動からのスコアと正に相関した。この調査から得られたデータは、研究者や臨床医が関節の痛みや症状を安全かつ効果的に管理し、進行性膝関節症のOAと診断された個人の仕事と余暇の生産性を最適化するために使用できる個別運動プログラムの設計と実施に役立ちます。
謝辞
この研究に対する支援は、マニトバ加齢センター、パンアムクリニック財団、およびマニトバ大学医学部(125474-340700)によって提供されました。著者は、Dr. Judit Takacs、Mr. Mathew Christian、およびMr. Steven Piotrowskiによる研究デザインおよびデータ収集への貢献を認めたいと思います。
競合する利益
この原稿の作者は、記述されている作業と競合する利害関係はないため、宣言する利害の対立はありません。
参考文献
[1]
DT フェルソン
体重と変形性関節症
Am J Clin Nutr、63(3補充)(1996年3月)、p。430S-2S
Google Scholar
[2]
KM ヨルダン、NK アーデン、M. ドハティ、B. Bannwarth 、JW Bijlsma 、P. ディエップ、ら。
EULAR Recommendations 2003:変形性膝関節症の管理に対するエビデンスに基づくアプローチ:治療試験を含む国際臨床試験常任委員会のタスクフォース(ESCISIT)の報告
Ann Rheum Dis 、62 (12 )(2003年12月)、pp。1145 – 1155
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[3]
AA グッチョーネ、DT フェルソン、JJ アンダーソン、JM アンソニー、Y. チャン、PW ウィルソン、他。
Framingham研究における高齢者の機能制限に対する特定の病状の影響
Am J Public Health 、84 (3 )(1994年3月)、pp。351 – 358
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[4]
D. Evcik 、B. Sonelの
膝の変形性関節症の在宅運動療法の有効性と歩くプログラム
RheumatolのInt 、22 (3 )(2002年7月)、PP。103 – 106
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[5]
KL Bennell 、RS Hinman
股関節および膝の変形性関節症における運動の臨床的証拠のレビュー
Jサイメッドスポーツ、14 (1 )(2011年1月)、PP。4 – 9
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[6]
E. Losina 、RP Walensky 、WM Reichmann 、HL ホルト、H. Gerlovin 、DH ソロモン、ら。
高齢アメリカ人の罹患率と死亡率に対する肥満と変形性膝関節症の影響
Ann Intern Med 、154 (4 )(2011年2月15日)、pp。217 – 226
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[7]
RK Eastlack 、AR Hargens 、ER Groppo 、GC シュタインバッハ、KK White 、RA Pedowitz
膝手術後の下半身陽
圧技

CLIN整形外科Relat RES 、431 (2005年2月)、PP。213 – 219
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[8]
EJ Quigley 、H. Noh 、ER Groppo
Gait力学、整形外科リハビリテーションのための下半身陽圧室の使用
Trans Orthop Res Soc、25(2000)、p。828
Google Scholar
[9]
A. Hargens 、A. Cutuk 、K. ホワイト
下半身陽圧の心血管への影響
Med Sci Sports Exercise 、31 (1S )(1999 )
Google Scholar
[10]
A. Cutuk 、ER Groppo 、EJ クイグリー、KW ホワイト、RA Pedowitz 、AR Hargens
心血管安全性と歩行分析:下半身陽圧を使用して歩行シミュレートされた分数の重力で
J APPL Physiol 、101 (3 )(2006年9月)、頁771 – 777
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[11]
J. タカーチ、JR Leiter 、JD ピーラー
複数下肢骨折を有する個体のリハビリテーションにおける下半身正圧の新規アプリケーション
J Rehabilメッド、43 (7 )(2011年6月)、PP。653 – 656
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
[12]
J. タクアス、JE アンダーソン、JR ライター、PB マクドナルド、JD ピーラー
下半身陽圧:変形性膝関節症との戦いにおける新技術?
CLIN Intervは老化、8 (2013 )、PP。983 – 991
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
[13]
JH Kellgren 、JS ローレンス
骨関節症の放射線学的評価
Ann Rheum Dis 、16 (4 )(Dec 1957 )、pp。494 – 502
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[14]
VB クラウス、TP ベイル、T. ウォレル、G。 マクダニエル
X線写真および身体検査法による膝のアライメント角度の比較評価
関節炎ダイオウ、52 (6 )(2005年6月)、PP 1730 – 1735
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[15]
MR Maly 、ペンシルバニア州 Costigan 、SJ Olney
変形性膝関節症患者の身体的作業に対する自己効力の決定要因
関節炎ダイオウ、55 (1 )(2006年2月15日)、頁94 – 101
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[16]
EM ルース、HP ルース、LS Lohmander 、C. Ekdahl 、BD Beynnon
膝の怪我および骨関節炎転帰スコア(KOOS) -自己管理アウトカム指標の開発
J整形外科スポーツPHYS THER 、28 (2 )(1998年8月)、頁。88 – 96
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[17]
MA McColl 、M. 法、S. バティスト、N. ポロック、A. カースウェル、HJ Polatajko
カナダの職業のパフォーマンス測定の対象アプリケーション
Can J Occup Ther 、72 (5 )(2005年12月)、pp。298 – 300
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[18]
J. ピーラー、M. クリスチャン、J. クーパー、J. Leiter 、P. マクドナルド
変形性膝関節症の管理:体重の効果は、関節の痛みに機能を物理的な活動をサポートし、太ももの筋力
Clin J Sport Med 、25 (Jan 30 2015 )、pp。518 – 523
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
[19]
NA シーガル、NA ガラス、DT Felson 、M. ハーリー、M. ヤン、M. Nevitt 、ら。
大腿四頭筋強さと固有受容の膝変形性関節症リスクに対する影響
メッドサイエンススポーツExerc 、42 (11 )(2010年11月)、頁。2081 – 2088
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[20]
D. Diracoglu 、R. アイドゥン、A. Baskent 、A. Celikの
変形性膝関節症における運動覚とバランスエクササイズの効果
J CLIN Rheumatol 、11 (6 )(2005年12月)、PP。303 – 310
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[21]
EM Roos 、HP Roos 、LS Lohmander
WOMAC変形性関節症指数 – 膝の外傷後変形性関節症患者に使用するための追加の寸法。西オンタリオ大学とマクマスター大学
変形性関節症軟骨、7 (2 )(1999年3月)、pp。216 – 221
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[22]
EM Roos 、LS Lohmander
膝損傷および変形性関節症転帰スコア(KOOS):関節損傷から変形性関節症まで
Health Qual Life Outcome 、1 (2003 )、p。64
CrossRef Google Scholar
[23]
A. カースウェル、MA McColl 、S. バティスト、M. 法、H. Polatajko 、N. ポロック
カナダの労働パフォーマンス測定:研究と臨床の文献レビュー
缶J Occup THER 、71 (4 )(2004年10月)、頁210 – 222
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[24]
LG Portney 、MP ワトキンス
相関
臨床研究の基礎 – 実践への応用(第2版)、Prentice Hall Health 、アッパーサドルリバー、ニュージャージー(2000 )、pp。491 – 508
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
[25]
EM ルース、S. Toksvig-Larsenの
膝傷害と骨関節炎転帰スコア(KOOS) -人工膝関節置換におけるWOMACの検証と比較
健康QUAL生活アウトカム、1 (1 )(2003 )、頁。17 – 26
CrossRef Google Scholar
[26]
L. シャルマ、D. カプール、S. イッサ
変形性関節症の疫学:更新
CURR OPIN Rheumatol 、18 (2 )(2006年3月)、PP。147 – 156
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[27]
Y. Zhang 、JM Jordan
変形性関節症の疫学
Rheum Dis Clin North Am 、34 (3 )(2008年8月)、pp。515 – 529
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
[28]
MV ハーレー
変形性関節症の病因における筋力低下の役割
Rheum Dis Clin North Am 、25 (2 )(1999年5月)、pp。283 – 298
[vi]
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[29]
SP Messier 、CD Thompson 、WH Ettinger Jr.
高齢の変形性関節症患者の歩行に対する長期の有酸素またはウエイトトレーニングレジメンの効果
J APPL Biomech 、13 (1997 )、PP。205 – 225
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[30]
WH エッティンガー ジュニア、R. バーンズ、SP メシエ、W. アップルゲート、WJ Rejeski 、T. モーガン、ら。
変形性膝関節症の高齢者における有酸素運動とレジスタンス運動を健康教育プログラムと比較したランダム化試験。フィットネス関節炎と高齢者の試験(FAST)
JAMA 、277 (1 )(1997年1月1日)、PP。25 – 31
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[31]
PT Paradowski 、S. バーグマン、A. Sunden-Lundius 、LS Lohmanderは、EM ルースの
膝の苦情は、成人人口の年齢や性別によって異なります。膝損傷と変形性関節症転帰スコア(KOOS)のための母集団ベースの参照データ
BMC Musculoskelet Disord 、7 (2006 )、p。38
Google Scholar
[32]
PT Paradowski 、M. Englund 、LS Lohmander 、EM ルース
初期の変形性膝関節症の2年間で、痛みや機能の変動の患者特性の影響
健康適性生活の成果、3 (2005 )、p。59
CrossRef Google Scholar
[33]
W. 張、RW モスコウィッツ、G. 貫、S. Abramsonの、RD アルトマン、N. アーデン、ら。
変形性股関節症および膝関節症の管理に関するOARSI勧告、パートII:OARSIエビデンスに基づく専門家合意ガイドライン
変形性関節症軟骨、16 (2 )(2008年2月)、PP。137 – 162
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[34]
RD アルトマン、M. Hochbergの、RW モスコウィッツ、TJ シュニッツァー
、股関節と膝の変形性関節症の医学的管理のための推奨事項
Arthritis Rheum 、43 (9 )(2000 )、1905 – 1915 頁
Google Scholar
[35]
L. Pelland 、L. Brosseau 、G. ウェルズ、L. マクレイ、J. ランバート、C. ラモット、ら。
変形性関節症に対する運動強化の効果(パートI):メタアナリシス
PHYS THER改訂、9 (2 )(2004 )、頁77 – 108
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード

倫理の承認
この調査は大学倫理委員会の承認を受け、地元の地域保健機関によって承認されました。
☆☆
財務開示
作者は報告する利益相反がなく、機器製造業者からの財政援助も受けていません。私たちは、この調査の結果に直接の利害関係を持つ当事者が、私たちまたは私たちが関係しているあらゆる組織に利益を与えたり、与えたりすることがないことを保証します。
©2017 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0968016017303332