このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
病態生理学的要因に加えて、疼痛は膝蓋大腿痛(PFP)の進行に決定的な役割を果たすと考えられている。ただし、バイオメカニクスと大腿四頭筋機能に対する痛みの孤立した影響は、PFPでは調査されていません。したがって、この研究は、四頭筋機能および下肢生体力学に対するPFP患者の痛みの影響を調査することを目的とした。
方法
PFP患者21人(男性11人、女性10人、年齢:29.76±6.36歳、身長:1.74±0.09m、体重:70.12±8.56kg)を2つの異なる時点で測定した:しない場合と急性疼痛を経験した場合。最大四頭筋トルク(同心、偏心および等尺性)および関節形成筋抑制(AMI)を評価した。四頭筋およびハムストリング筋の三次元運動分析および表面筋電図検査は、走っている間、片脚スクワットおよびステップダウン作業中に収集された。正規性はShapiro-Wilk検定を使用して評価し、MANOVAは95%信頼区間で実行しました。
結果
AMIは急性疼痛において有意に増加した。膝伸筋および屈筋の正味の筋肉活性化は、急性疼痛での走行中に減少した。下肢の生体力学および大腿四頭筋トルクは急性疼痛において変化しなかった。
討論
たとえPFPを患っている人が痛みを経験したとしても、彼らは依然として最大の大腿四頭筋収縮をもたらし、そして生体力学的変化なしに彼らの移動パターンを維持することができるように思われる。しかしながら、大腿四頭筋の全体的な低下した活性化および増加したAMIは、急性疼痛における大腿四頭筋阻害の存在を示す。
キーワード
膝蓋大腿痛膝PFPAKP阻害大腿四頭筋力疼痛
クラウン著作権©2018年発行エルゼビアBV。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0968016018306471