このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
顎関節症(TMD)は多様な徴候や症状を呈することがあり、そのうちの1つの非常に重要なのは下顎運動の制限です。さらに、HelkimoインデックスはTMDの徴候や症状の信頼できる定量化を可能にします。本研究の目的は、TMD患者のグループにおいて、Helkimoインデックスと最大下顎回遊能力との間に何らかの相関関係があるかどうかを確かめることでした。研究診断基準に従ってTMDと診断された80人の患者(72人の女性および8人の男性、平均年齢33.6歳)顎関節症(RDC / TMD)について、Helkimoインデックスと最大下顎回帰能力を得るために評価した。正常または減少した最大下顎運動、すなわち、開口、側方および突出は、既往症指数、筋肉痛症状、関節痛症状および機能不全指数と比較された。カイ二乗分析を使用して、ヘルキモインデックス、ならびに筋肉および顎関節に関する正常および減少運動能力を比較した。(TMJ)痛み。統計分析は、社会科学統計パッケージ(SPSS)バージョン19.0を用いて実施した。最大開口部(p = 0.011)と側方移動(p = 0.024)では臨床機能障害指数に統計的に有意な差が見られたが最大突起とは見られなかった。下顎エクスカーションによれば、既往症指数、または臨床機能障害指数の筋肉痛および顎関節痛項目に有意差はなかった。最大開口および側方運動における制限の発生は、より高いTMD強度の徴候である。
前の記事次の記事
キーワード
顎関節関節可動域兆候と症状顔の痛み
1 。前書き
顎関節症(TMD)は多様な徴候や症状を呈することがあります。最も頻繁に見られる症状は、顔の痛み、頭痛、関節の雑音、そして顎の機能障害です。さらに、優しさ、可動域の制限、可動域のずれ、関節のノイズなど、多くの兆候がこれらの患者で確認されている可能性があります(Yekkalam andWänman、2014)。下顎運動の制限はTMDの1つの非常に重要な症状です。この症状は痛みを伴う制限された顎開口部として説明されています。TMDに関連したいくつかの徴候および症状と異常な垂直および水平偏位の有意な関連が報告されている(Luzら、1995、Millerら、2014)。
下顎境界位置の測定が示すために主張されてきた機能的状態の顎口腔系(ルスら。、1995、Millerら、2014)。使用される基準の1つは、この開口部が40 mmよりも小さいときに制限された最大開口部を考慮することです(Miller et al。、2014)。さらに、TMDに対する治療法の有効性の研究は、無痛最大口開口部(Calixtre et al。、2016)を含む下顎運動測定(Alajbeg et al。、2015、Gawriolek et al。、2015)に基づいている。
これとは対照的に、指数の使用は、総体的症状および標準化された臨床検査に基づいてこれらの疾患の徴候および症状の信頼できる定量化を可能にする。最も使用されている指標の1つは、 Helkimo(1974a)によって提案されたものです。この指数は既往歴指数および臨床機能不全指数を含む。前者は主に主訴に基づいて、後者は、そのような運動の障害範囲、障害などの項目分析される顎関節(TMJ)機能、筋肉の運動時の疼痛、顎関節痛及び痛み下顎を。得られた値は、その重症度に従って機能障害を分類するために使用することができる( Helkimo、1974b)。
本研究の目的は、TMD患者のグループにおいて、Helkimoインデックスと最大下顎回遊能力との間に何らかの相関関係があるかどうかを確かめることでした。
2 。材料および方法
TMDと診断され、口腔および顎顔面外科の顎関節症および口腔顔面疼痛クリニックに紹介された合計80人の連続した患者(女性72人および男性8人)が、人種または社会的地位にかかわらず含まれた。患者は、以前にTMD診断を受けた暫定的な公的歯科医療サービスから来た。TMDは、顎関節症の研究診断基準(RDC / TMD)(Schiffman et al。、2014)に従って行われた臨床検査の後に、患者から提示された主な不満に基づいて診断されました。)TMD診断は、DC / TMD診断決定樹、完成した臨床検査用紙および症状のアンケートを用いて確立された。以前の矯正治療、顎顔面外傷、顎矯正または顎関節手術、線維筋痛症候群、神経障害または先天性頭蓋顔面異常を呈した症例、およびその前3か月前に副木または理学療法を伴うあらゆる治療形態の既往歴のある症例評価は研究から除外した。参加者全員がインフォームド・コンセント用紙を読んで署名しました。この試験は機関の研究倫理委員会。
Helkimo(1974a)既往および臨床的機能障害指数および最大下顎エクスカーション容量が各患者のために得られました。データは治療前に収集した。
Helkimo(1974a)の指数の獲得は、以下のクラスを含む既往の機能障害指数(Ai)から始まりました。Ai0 – 機能障害の自覚症状の欠如。AII – クリック音や痙攣音などのTMJ音、顎のこわばりや疲労感などの軽度の症状。AiII – 口を大きく開くことの困難、施錠、弛緩、運動時の痛み、顔面および顎の痛みなどの機能不全の重篤な症状。
続いて、臨床検査に基づいて機能不全の臨床指標(Di)を得て、咀嚼筋組織および頸部筋組織ならびにTMJの客観的検査からの以下のデータに基づく以下のクラスを含んだ。1)運動/移動度指数の障害範囲、次のように採点した:正常= 0点、わずかに障害がある= 1点、および深刻に障害がある= 5点。2)TMJ機能が以下のように損なわれている:TMJ音のない滑らかな動きおよび≦2mm = 0ポイントの開閉動作の偏差。TMJが片方または両方の関節に聞こえる、および/または2 mm = 1ポイントを超える偏差。TMJの固定および/または離脱= 5点。3)筋肉痛を次のように無優し触診で咀嚼筋 = 0ポイント。1〜3箇所の触診のしやすさ= 1ポイント。4箇所以上の触診のしやすさ= 5点。4)TMJ疼痛:触診に対する圧痛がない= 0点。横方向の触診への優しさ= 1ポイント。そして触診後部への圧痛= 5点。5)下顎骨の移動時の痛み:次の通り移動時の痛みなし= 0点。1度の痛み= 1点。そして2つ以上の動きに対する痛み= 5ポイント(Helkimo、1974a)。
これらの点を合計して、患者を以下の群に分類することを可能にした:0点(機能不全群0)臨床的に無症状= Di0。1〜4ポイント(機能障害グループ1)軽度の機能障害= DiI。5〜9ポイント(機能障害グループ2)中等度の機能障害= DiII。10〜13ポイント(機能障害グループ3)。15〜17ポイント(機能障害グループ4)。20〜25ポイント(機能障害グループ5)、それらすべてが重度の機能障害= DiIIIとして分類されている(Helkimo、1974a)。
最大下顎エクスカーションは、積極的な開口部、左右の後側部の逆回転および突出の間に記録された。下顎開口部は、左上中央切歯と左下中央切歯の切縁間の距離(ミリメートル)として測定された。最大開口部は、垂直方向のオーバーバイトを含めることによって得られた。外側下顎運動の最大範囲は、上顎切歯間の距離として測定した。下顎切歯に正中線と垂直線が刻み込まれた位置で前咬合線が閉塞した位置にある。側方固定術の間、個体は、対向する歯を接触させたまま、下顎骨を最大限に左右に動かすように指示された。横方向運動値は、左右の最大運動の合計として得た。最後に、個人は、反対側の歯もまた接触させながら、下顎から突き出るように指示された。突出部は、左上中央切歯と左下中央切歯の頬側ボーダー間の水平距離として測定した。最大突出量は、水平方向のオーバーバイトを含めることによって修正された(Luz et al。、1995)測定値が40 mm以上の場合、最大下顎開口部移動の容量は正常と見なされ、動きがこの値未満の場合、最大下顎開口運動の容量は正常と見なされ、測定が等しい場合、側方運動と最大突出は正常と見なされた。それぞれ14 mmと7 mm以上。そうでなければ、これらのパラメータは減少すると考えられた(Fricton and Shiffman、1987)。
下記(簡体字)式を計算するために使用されたサンプルサイズ提案されたデータ収集のために(最小サイズ)、(Pocock、1983研究の目的を達成するために、):
ここで、n =希望のサンプルサイズ。p1 =正常群(予想される成功率)(下顎運動)、臨床機能障害の「5」カテゴリー(4.55%)。p2 =臨床機能障害の「5」カテゴリーにおける、減少したグループ(下顎運動)における予想成功率(35.71%)。p1とp2との間の差= 31.16%。α= 0.05(タイプ1エラー)。β= 0.10(タイプ2誤差)または0.90のべき乗(90%)。αおよびβのそれぞれの値に対して、f(α;β)= 10.5である。このことから、31.16%の差を観察したいのであれば、30サンプル要素の最小サンプルサイズが必要です。
統計分析は、社会科学統計パッケージ(SPSS)バージョン19.0(IBMソフトウェアグループ、シカゴ、米国)を用いて実施した。データは、各最大下顎運動と機能障害の既往症指数、機能障害の臨床指数、および機能障害の臨床指数の構成要素である筋肉痛および顎関節痛との間でクロス集計された。カイ二乗分析を用いて、ヘルキモの指数、ならびに筋肉痛および顎関節痛に関して、正常な運動能力と減少した運動能力とを比較した。有意水準は5%に設定された(p <.050)。 3 。結果 既往の機能障害指数AiII(53.8%)が優勢であり、それは機能障害の重度の症状を示した。機能不全の臨床指標と比較して、機能不全グループ2(DIII)(27.5%)の患者が優勢であり、これは中等度の機能不全を示した。筋疼痛スコア5点(55.0%)、これは4箇所以上で触診しやすいことを示し、TMJ疼痛スコア5点(53.6%)、後部触診しやすいことを示し、後者は臨床指針の構成要素であるこのサンプルで優勢な機能不全。 正常な最大下顎開口部(82.5%)が優勢であり、開口部の減少(17.5%)を示す症例はごくわずかでした。最大下顎開口部の分類と既往機能障害指数との間のクロス集計を表1に示す。有意差はありませんでした(p = .475)。最大下顎開口部の分類と機能障害の臨床的指標との間のクロス集計を表2に示す。有意差があった(p = 0.011)。しかしながら、筋肉痛を伴う下顎開口部の分類(p = 0.973)とTMJ疼痛を伴う分類(p = 0.860)との間のクロス集計において、有意差はなかった。 表1。最大下顎開口部とHelkimoの既往の機能障害指数n(%)のクロス集計。 最大開口部n(%) 既往機能障害指数 合計 Ai0 Ai1 Ai2 普通 5 27年 34 66 7.6 40.9 51.5 100.0 減少しました 0 5 9 14年 0.0 35.7 64.3 100.0 合計 5 32 43 80 6.3 40.0 53.8 100.0 通常=開口≥40 mm。減少=開口<40mm。 表2。グループn(%)に従った最大下顎開口部とHelkimoの機能障害の臨床的指標との間のクロス集計。 最大開口部n(%) 臨床機能障害指標のグループ 合計 0 1 2 3 4 5 普通 2 9 19年 19年 14年 3 66 3.0 13.6 28.8 28.8 21.2 4.6 100.0 減少しました 0 3 3 1 2 5 14年 0.0 21.4 21.4 7.1 14.3 35.7 100.0 合計 2 12年 22 20 16 8 80 2.5 15.0 27.5 25.0 20.0 10.0 100.0 通常=開口≥40 mm。減少=開口<40mm。 横方向運動の減少が優勢であり(55%)、残りの症例は通常の横方向運動を示した(45%)。側方運動の分類と既往失調指数との間のクロス集計を表3に示す。有意差はありませんでした(p = .264)。側方運動の分類と機能不全の臨床的指標との間のクロス集計を表4に示す。有意差があった(p = 0.024)。しかしながら、筋肉痛(p = 0.175)およびTMJ疼痛(p = 0.079)を伴う側方運動の分類のクロス集計では、有意差はなかった。 表3。横方向の動きとHelkimoの既往の機能障害指数n(%)のクロス集計。 横方向の動きn(%) 既往機能障害指数 合計 Ai0 Ai1 Ai2 普通 4 14年 18年 36 11.1 38.9 50.0 100.0 減少しました 1 18年 25年 44 2.3 40.9 56.8 100.0 合計 5 32 43 80 6.3 40.0 53.8 100.0 通常=横方向移動≥14 mm。減少=横方向の動き<14 mm。 表4。グループn(%)に従った横方向の動きとHelkimoの機能障害の臨床的指標との間のクロス集計。 横方向の動きn(%) 臨床機能障害指標のグループ 合計 0 1 2 3 4 5 普通 0 2 11 12年 10年 1 36 0.0 5.6 30.6 33.3 27.8 2.8 100.0 減少しました 2 10年 11 8 6 7 44 4.6 22.7 25.0 18.2 13.6 15.9 100.0 合計 2 12年 22 20 16 8 80 2.5 15.0 27.5 25.0 20.0 10.0 100.0 通常=横方向移動≥14 mm。減少=横方向の動き<14 mm。 最大突出量の減少(77.5%)が優勢であり、残りの症例は正常最大突出量(22.5%)を示した。最大突出部の分類と既往機能障害指数との間のクロス集計を表5に示す。有意差はありませんでした(p = .454)。最大突出部の分類と機能障害の臨床的指標との間のクロス集計を表6に示す。有意差はありませんでした(p = .601)。さらに、筋肉痛(p = .519)とTMJ痛(p = .550)による側方運動の分類のクロス集計では、有意差はなかった。 表5。最大突起とHelkimoの機能障害の既往のない指標の間のクロス集計n(%)。 最大突出量n(%) 既往歴指数 合計 Ai0 Ai1 Ai2 普通 0 8 10年 18年 0.0 44.4 55.6 100.0 減少しました 5 24 33 62 8.1 38.7 53.2 100.0 合計 5 32 43 80 6.3 40.0 53.8 100.0 法線=突出≥7 mm。減少=突出量<7 mm。 表6。最大突出量とHelkimoの機能障害の臨床指数との間のクロス集計(グループn(%))。 最大突出量n(%) 臨床機能障害指標のグループ 合計 0 1 2 3 4 5 普通 0 3 5 6 4 0 18年 0.0 16.7 27.8 33.3 22.2 0.0 100.0 減少しました 2 9 17年 14年 12年 8 62 3.2 14.5 27.4 22.6 19.4 12.9 100.0 合計 2 12年 22 20 16 8 80 2.5 15.0 27.5 25.0 20.0 10.0 100.0 法線=突出≥7 mm。減少=突出量<7 mm。 4 。討論 TMD患者群におけるHelkimo指数と最大下顎回遊能力の間に何らかの相関があるかどうかを検証する目的で、この研究は最大開口および側方運動による臨床機能障害指数に統計的に有意な差があることを示した。対策。これらの知見は、最大開口および側方運動の制限の発生がより高いTMD強度の指標であるという解釈を可能にする。これらの結果は、下顎運動の制限がTMDの頻繁な徴候であり、患者間で重大な機能障害をもたらすという概念を支持している(Millerら、2014年、Gawriolekら、2015年)。 Helkimo既往歴および臨床機能障害指数は信頼性があり、文献で広く使用されている(Helkimo、1974a、Helkimo、1974b、Rodrigues et al。、2016)。これらの指標はTMDの疫学的研究に使用されてきましたが、それはその最初の目的でした(Helkimo、1974a、Helkimo、1974b)。さらに、これらの指標は、TMDに対する副子療法(Heら、2014年)および顎矯正手術(Antonarakisら、2017年)の結果を検証するため、およびTMDと年齢などの要因との間の相関関係の検索において用いられている。関与する筋肉の不正咬合と活動(Lauriti et al。、2014、Munhoz and Hsing、2014 )。機能障害の重度の症状は既往症指数で優勢であり、機能障害の臨床指数、多くの部位での筋肉痛の測定値、および後部触診時のTMJ痛みの点で中等度の機能障害が優勢であり、サンプルは典型的なTMD 症状を示した。( Yekkalam andWänman、2014)。 最大下顎開口部の分類と機能障害の臨床的指標との間のクロス集計に有意差があった。最大下顎開口部の制限を伴う群の機能不全の程度がより高い症例が多かった。最大口腔開口部の制限は、TMDにおける重要な臨床所見であり、筋肉痛および/または関節円板の前方変位に関連している可能性がある( Millerら、2014年、Alajbegら、2015年、Gawriolekら、2015年)。。一般に、理学療法と関連している可能性がある副子療法によるTMDの治療最大下顎開口部の改善とともに症状の改善をもたらす(Millerら、2014年、Alajbegら、2015年、Gawriolekら、2015年、Calixtreら、2016年、Saultら、2016年。) 横移動の分類と機能障害の臨床的指標との間のクロス集計にも有意差があった。側方運動の制限がある人々の中には、特定のグループでより高い程度の機能不全を伴うケースが多かった。側方運動の制限は、関節痛および/または関節円板の前方変位に関連し得るTMDにおける別の臨床所見である(Luzら、1995、Millerら、2014、Gawriolekら、2015)。舌下弛緩副子の使用は、横方向運動範囲の改善に有効であった(Gawriolek et al。、2015)。 最大突出の分類と機能障害の臨床指標との間のクロス集計に有意差はなかった。この減少した運動と機能不全の臨床的指標との間に相関関係はなかったが、最大突出の制限はTMDにおける臨床所見であり、筋肉痛および/または関節円板の前方変位に関連している可能性がある(Miller et al。、2014、Gawriolek et al。、2015)。添え木療法および理学療法によるTMDの治療は最大突出を改善することができるが(Luzら、1995、Millerら、2014)、そのような結果はあまり報告されていない(Gawriolekら、2015)。 この研究では、臨床機能障害指数と最大開口および側方運動との間に統計的に有意な差が観察されたが、最大突出についてはそのような差は観察されなかった。これらの知見は、最大開口および側方運動の制限の発生は、より高い強度のTMDの徴候であるという解釈を導く。しかし、運動機能障害に関しては、Helkimoインデックスはより単純で、通常、軽度障害、重度障害の3つのカテゴリーしか含まれていません(Helkimo、1974a)。 CMIには、動きの値、開閉のずれの有無、動きの痛みなど、16項目が含まれます(フリクトンとシフマン、1987年)。この研究の一つの限界は、相関の評価のためにTMDの不満のない被験者の不使用でした。ヘルキモー指数の値が非常に低いかゼロの値であり、相関の評価を妨げるという事実のために、健康と見なされたTMD問題のない対象を含まないことが決定された。 下顎運動の制限の治療的意義に関して、筋原性TMDの治療のための理学療法運動療法は、機能障害、疼痛および最大開口部として筋原性症状を軽減するのに有効であることが臨床的に示されている(Morell、2016)。 利益相反 無し。 資金源 この調査は、公共、商業、または非営利の各セクターの資金提供機関から特別な助成を受けていません。 参考文献 Alajbeg et al。、2015 IZ Alajbeg 、M. Gikic 、M. Valentic-Peruzovic 低下させることなく前方ディスク変位を有する患者における運動および疼痛強度の下顎の範囲 Acta Stomatol クロアツ 、49 (2015 )、PP。119 – 127 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Antonarakis et al。、2017 GS Antonarakis 、N. Kalberer 、DS クールボアジエ、P. Scolozzi クラスIIIの不正咬合を有する患者における複合歯科矯正及びorthognathic外科処置後顎障害の臨床的予測因子 Cranio:J。頭蓋 – 下顎の練習。、27 (2017 )、頁。1 – 8 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Calixtre et al。、2016 LB Calixtre 、BL Grüninger 、MN Haik 、F. アルブルケルケ-Sendín 、AB オリベイラ 子宮頸動員し、顎関節症の被験者の痛み、運動および機能に対する運動の効果:単一のグループの事前事後テスト J.Appl。オーラルサイエンス 、24 (2016 )、PP。188 – 197 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード フリクトンとシフマン、1987年 JR フリクトン、EL シフマン 頭蓋顎 関節 指数:妥当性 J.Prostett。Dent 、58 (1987 )、pp。222 – 228 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Gawriolek et al。、2015 K. Gawriolek 、SS AZER 、M. Gawriolek 、PR Piotrowski 顎障害におけるmyorelaxation療法後下顎機能 前編 メド。サイ。、60 (2015 )、頁6 – 12 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar He et al。、2014 SS 彼は、F. リチウム、F. ソング、S. ウー、ら。 顎関節症における自発的な神経活動の変化:横断的および縦方向の静止状態の機能的磁気共鳴画像法研究 神経科学、278 (、2014年)、頁1 – 10 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar ヘルキモ、1974年 M. ヘルキモ 咀嚼系の機能と機能障害に関する研究。II。既往歴および臨床機能障害と咬合状態の指標 Svensk Tandlakare Tidskrift 、67 (1974 )、頁101 – 121 Scopus Google Scholarでレコードを表示する ヘルキモ、1974年 M. Helkimo 咀嚼系の機能と機能障害に関する研究。III。指標を用いた機能障害の既往歴および臨床記録の分析 Svensk Tandlakare Tidskrift 、67 (1974 )、頁165 – 181 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Lauriti et al。、2014 L. Lauriti 、LJ Motta 、CH de Godoy 、他。 青年期における側頭筋および咬筋および咬合接触に対する顎関節症の影響:筋電図検査 BMC Muscoskel 無理。、15(2014)、p。123 Google Scholar Luzら、1995 JGC Luz 、HH Uono 、MK Yamamoto 受動下顎境界線位置およびそれらと頭蓋顎関節症の徴候および症状との関係 J.日本大学 Sch。へこんだ 、37 (1995 )、頁。28 – 32 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Miller et al。、2014 VJ ・ミラー、VV Karic 、R. Ofec 、SR Nehete 、A. Smidtの 顎開口部指数、頭痛やTMDのレポート、および一般診療におけるスクリーニングのための含意:最初の研究 Quintessence Int。、45 (2014 )、PP。605 – 612 Scopus Google Scholarでレコードを表示する モレル、2016年 GC Morellの 手動療法は顎関節症の徴候そして徴候を改善しました エビード。ベースのへこみ 、17 (2016 )、頁。25 – 26 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Munhoz and Hsing、2014年 WC Munhoz 、WT Hsing 起立性姿勢逸脱と被験者の年齢、性別、不正咬合、および顎関節機能障害の特定の徴候と症状との間の相互関係:予備的相関および回帰研究 Cranio:J。頭蓋 – 下顎の練習。、32 (2014 )、PP。175 – 186 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード ポコック、1983年 SJ Pocock 臨床試験 – 実践的アプローチ John Wiley&Sons 、ニューヨーク(1983 ) Google Scholar Rodrigues et al。、2016 AF ロドリゲス、CA 近藤、AS Procópio 、日揮 ルス Helkimoと顎関節症の分類でcraniomandibular指標。比較研究 Myopain、J.筋筋膜疼痛および線維筋痛症、早期オンライン(2016 )、頁。1 – 6 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar Sault et al。、2016 JD Sault 、AJ Emerson Kavchak 、N. Tow 、カリフォルニア州 Courtney 慢性顎痛の成功した管理における整形外科手動理学療法の地域的効果 Cranio:J。頭蓋 – 下顎の練習。、34 (2016 )、PP。124 – 132 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Schiffman et al。、2014 E. シフマン、R. Ohrbach 、E. するTruelove 、ら。 臨床および研究応用のための顎関節症(DC / TMD)の診断基準:国際RDC / TMDコンソーシアムネットワークおよび口腔顔面痛特別利益団体の勧告 J.口腔顔面痛や頭痛、28 (2014 )、頁6 – 27 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 2014年エッカラムとヴェンマン N. Yekkalam 、A. WANMAN 35-における顎関節症や頭痛を示す徴候や症状の有病率、50-、65-およびVästerbottenの、スウェーデンに住む75歳 Acta Odontol。スキャンします。、72 (2014 )、PP。458 – 465 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード ©2017 Elsevier Ltd.無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1360859217303418