このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
バックグラウンド
術前進行性抵抗トレーニング(PRT)は、人工膝関節全置換術(TKA)が予定されている患者では膝関節痛および滲出液を悪化させる恐れがあるため、物議をかもしています。
目的
TKAの5週間前に開始された術前PRTが疼痛および膝滲出を悪化させ、その後の筋力を増加させるであろう訓練期間を通して次第に増加する訓練負荷を可能にするかどうかを調べること。
設計
ランダム化比較試験(NCT01647243)からの二次分析。
設定
大学病院と地域病院
患者さん
変形性関節症のためにTKAを予定されており、介入群と​​して割り当てられた合計30人の患者。
方法
患者は片側PRTを受けた(週3回)。運動負荷は最大12回の繰り返し(RM)であり、8 RMに向かって進行した。訓練プログラムは一方的に行われた6つの運動から成っていた。
主な成果測定
各訓練セッションの前後に、膝関節痛を11段階評価し、膝関節周囲長を測定することによって滲出液を評価し、訓練負荷を記録した。最初と最後のトレーニングセッションは、片側脚プレス、片側膝伸展、および片側膝屈曲の1 RMテストによって開始されました。
結果
各トレーニングセッションの前後での中央値の疼痛変化スコアは、すべてのトレーニングセッションで0であった。12回のトレーニングセッションにわたる膝関節滲出液の平均増加は、平均0.16 cm±0.23 cmでした。訓練期間中の訓練セッション後に膝関節滲出液の一貫した増加は見られなかった(P = 0.21)。トレーニング負荷は一般的に増加し、最大筋力は以下のように改善された。片側脚圧:18%±30%(P= 0.03)。片側膝伸展:81%±156%(P <0.001); 片側膝屈曲:53%±57%(P <0.001)。 結論 罹患した足のPRTは、負荷の実質的な進行および筋力の増加にもかかわらず、TKAが膝関節痛および滲出液を悪化させる直前に開始された。PRT後の痛みや滲出液などの副作用に対する懸念は根拠がないようです。 証拠レベル 私 前の記事次の記事 このジャーナルベースのCMEアクティビティは、1.0 AMA PRA Category 1 Credit™に指定されており、www.me.aapmr.orgでオンラインで完了できます。この活動はAAPM&R会員には無料で、わずかな料金で非会員にも利用可能です。この活動に関してCMEを主張することについての支援については、(847)737-6000に連絡してください。 査読者およびコンテンツを管理するその他すべての人は、開示すべき金銭的関係はありません。 ∗ 開示:開示するものはありません † 開示:開示するものはありません ‡ 開示:開示するものはありません § 開示:開示するものはありません 」 開示:開示するものはありません ©2018アメリカ物理医学リハビリテーション協会。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1934148216311285