このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

膝蓋大腿痛のある女性は、していない女性と比べて客観的機能が低い。

運動学的恐怖症および疼痛破局性は、目的機能と関連していなかった。
抽象
目的
(i)膝蓋大腿痛(PFP)を有する女性と無痛を伴う女性との間の運動学的恐怖症、痛みの破局性および客観的機能を比較すること。(ii)PFPを有する女性における運動学的恐怖症および痛みの壊滅的な行動と客観的機能との関連を調査すること。
設計
ケースコントロール
設定
実験室ベース。参加者:PFPの女性55人、痛みのない女性40人。
主な成果測定
運動恐怖症および疼痛大惨事は、それぞれ、タンパスケールのキネシオ恐怖症および疼痛の破局的スケールを用いて評価した。目的関数を評価するために、フォワードステップダウン、シングルレッグホップ、および修正スターバランステストを使用した。グループ間の比較には独立したt検定を使用し、転帰間の関連を調べるためにピアソンの相関係数を使用した。
結果
PFPを有する女性は、運動失調症が有意に悪化し(p <0.001; 効果の大きさ(ES)= 1.16)、疼痛大惨事(p <0.001; ES = 1.57)、そして劣った目的関数(ステップダウン、(p <0.001; ES = 0.99)無痛対照よりも、片脚ホップ(p = 0.002; ES = 0.74);修正スターバランス(p <0.001; ES = 0.66)運動性恐怖症および疼痛大惨事は、目的関数と相関していなかった。 結論 無運動対照と比較して、PFPを有する女性では、より大きな運動学的恐怖症、疼痛破局性およびより乏しい客観的機能が明らかである。運動恐怖症および痛みの破局性は、PFPの女性における客観的機能と関連していなかった。他の身体的および心理的要因がどのように客観的機能に影響を与えるかを理解するためには、将来の研究が必要です。 前の記事次の記事 キーワード 心理的要因心理学疼痛前膝の痛み 1 。前書き 膝蓋大腿痛(PFP)は、整形外科外来診療所で最も一般的な診断の1つです(Smith、Selfe、&Rathleff、2018)。PFPは成人の全膝の問題の25〜40%を占める(Smith、Selfe、et al。、2018)。特に、女性は男性よりも2倍以上もPFPを経験する可能性があります(Boling et al。、2010 )。PFP患者の予後はしばしば不良であり、57%の人々がリハビリ後5〜8年で不都合な回復を報告している( Lankhorst et al。、2016)。 PFP 患者は、屈曲した膝に体重をかけている間に膝蓋大腿関節(PFJ)に負荷をかける活動(例えば、階段の交渉、しゃがむ、走るなど)中に痛みを報告することが多い(Crossley et al。、2016)。日常活動をシミュレートする客観的機能検査は、PFP患者の機能制限を評価するためにしばしば探求されている( Aminaka and Gribble、2008、 dos Reis et al。、2015、 Loudon et al。、2002)。PFP患者は、フォワードステップダウンテスト、シングルレッグホップテスト、スターエクスカーションバランステストなどの客観的機能テストに機能的制限を提示することがわかった( Aminaka and Gribble、2008、 dos Reis et al。、2015、Loudon et al。、2002)。しかしながら、それが起こる根本的なメカニズムはさらなる調査を必要とする(Dye、2005、Powers et al。、2017 )。例えば、力学の変化や心理的要因による客観的機能障害は、厳密には役割を果たしているのでしょうか。 運動失調症(すなわち、運動による再傷害の恐れ)および疼痛大惨事(すなわち、実際の痛みまたは知覚される痛みの間の誇張および反芻の負の認識および感情)などの心理的障害が、PFPを有する人々において報告された(Maclachlanら、2017、Smith)。ら、2018a)。また、より大きな運動失調症は、PFP患者の重度の自己申告による身体障害と関連があることも報告されています(Maclachlan、Matthews、Hodges、Collins、&Vicenzino、2018)。しかし、運動機能恐怖症および疼痛大惨事が目的機能に及ぼす影響は、PFPを有する人々においてまだ評価されておらず、改善のための治療標的を提供し得る。 本研究の目的は2つある。(i)PFPを有する女性と無痛対照を有する女性の間の運動学的恐怖症、痛みの壊滅的行動、および客観的機能を比較すること。(ii)PFPを有する女性における運動学的恐怖症および痛みの壊滅的行動と客観的機能との関係を調査すること。本発明者らは、PFPを有する女性は、無痛対照と比較して、より大きな運動学的恐怖症および疼痛破局性、ならびにより乏しい客観的機能を有すると仮定した。また、運動失調症と疼痛破滅主義は、PFPの女性の客観的機能と強い関連性があると仮定した。 2 。方法 2.1 。研究デザインと参加者 この症例対照研究室ベースの研究では、大学、ジム、公共の場での運動(公園、クラブなど)を通じて、PFPの女性55人、および痛みのない女性(対照)40人が採用されました。ソーシャルメディアへの投稿。この研究は大学倫理委員会によって承認された。各参加者はデータ収集の前に書面によるインフォームドコンセントを提出した。 PFP適格基準は以前の研究に基づいており(Crossley et al。、2016 )、PFPの診断は5年以上の臨床経験を持つ理学療法士によって行われました。PFP参加者の参加基準は以下の通りです。(2)次のうち少なくとも2つの活動を行うときの前膝の痛み:長時間座る、しゃがむ、ひざまずく、走る、階段を上る、降りる、跳躍して着地する。(3)少なくとも4ヶ月持続する潜行性発症症状。(4)視覚的アナログ疼痛尺度(VAS)で少なくとも30mmに対応する前月の最悪の疼痛レベル(Crossley、Bennell、Cowan、およびGreen、2004)。)女性は、PFPまたは他の神経学的または筋骨格系の症状の徴候または症状がない場合、無痛群に含まれた。PFP群および無痛群の両方についての理学療法士によって評価された除外基準は以下の通りであった。(1)他の現在または過去の膝機能不全の徴候または症状。(2)手術の履歴任意に下肢関節。(3)膝蓋骨亜脱臼の既往歴または半月板損傷または靭帯不安定性の臨床的証拠。(4)任意の下肢関節における症候性変形性関節症。(5)膝蓋骨腱病状; (6)腰椎から生じる痛み、腰、足首、または足。(7)病状の存在。(8)臨床評価の 6か月前までにPFPの理学療法治療を受けた。 2.2 。手続き 年齢、体重、身長およびテストレッグの長さを含む人口統計学的データをテスト前に収集し、そしてボディマスインデックスを計算した。すべての参加者は、膝に関連した症状の持続期間(月)を報告するよう求められました。 2.3 。心理的要因 PFP参加者および無痛対照は、運動機能嫌悪感のタンパスケール(Tampa Scale)および痛みの壊滅的スケール(PCS)を完成させた。タンパスケールは、0〜68の尺度で動きの恐れと動きによる再傷害の恐れを定量化するための17項目の質問票で、68は動きによる傷害の再発の恐れが大きいことを示します(French et al。、2007)。、Koriら、1990)。PCSは、個人が痛みを感じたときに経験する思考や感情を説明する13項目の質問票です。参加者は過去の痛みによってもたらされた経験を振り返り、痛みの時に知覚された13の考えまたは感情のうちの1つを示すように指示されました。スケールは0から52の範囲で、52はより大きな壊滅的な痛みを表します(Sullivan、Bishop、およびPivik、1995)。 2.4 。目的関数 以下の3つの機能的課題を用いて、PFPおよび無痛対照を有する女性における客観的機能を評価した:(i)前方降圧試験(FSDT)、(ii)片脚ホップ試験(SLHT)、および(iii)改良星エクスカーションバランステスト(SEBT)(図1)。 図1 高解像度画像をダウンロード(144KB)フルサイズの画像をダウンロード 図1。膝蓋大腿痛の女性における心理的要因と目的機能との関係 A - TAMPAスケールと前進ステップダウンテストの間の関係、B - TAMPAスケールとシングルレッグホップテストの間の関係、C - TAMPAスケールとスターエクスカーションバランステストの間の関係を表します。D - との間の関係を表し痛みCatastrophizingテスト、ステップダウンスケールと進むをEは-痛みCatastrophizingスケールとシングルレッグホップテストとの関係を表しFを- Pain Catastrophizing ScaleとModified Star Excursion Balance Testの関係を表します。 FSDTは、臨床環境において、階段を下りる活動をシミュレートする機能テストであり(Loudon et al。、2002)、動的屈曲制御と同様に、異なる屈曲角度で膝にかかる負荷を増加させます(Park、Cynn)。 、およびChoung、2013年)。参加者は、二脚スタンスで高さ20 cmのプラットフォームの上に立ち、体幹をまっすぐに保ち、腰に手を伸ばして曲げるよう求められました。テストされていない四肢のかかとが床に触れるまでテストされた側の膝。参加者は、テストされていない肢の床に着いた後、かかとに体重をかけないようにし、直ちにテストされた肢の膝を伸ばして開始位置に戻るように求められた。30秒間に実行された成功した繰り返しの数を記録した。参加者が自分のバランスを失ったり、テストされていない脚で体重を支えなければならなかった場合、試験は棄却され繰り返された( Loudon et al。、2002、Park et al。、2013)。 SLHTは、PFP 患者の下肢機能を評価するために日常的に使用されている確立された機能検査である(Augustsson et al。、2006、Kalytczak et al。、2016)当初、参加者はかかとを床の上の印の中に置いて、単脚支持で立つように指示された。その後、参加者はテスト足で可能な限り同じ足で着地することで前進しました。この動きの間に、腕は揺れることを許されました。ジャンプの距離は、参加者が着地したヒール位置でセンチメートルで測定されました。さらに、参加者が着地時にバランスを維持することができ、試験者が着地した場所を試験官がマークするまで追加の跳躍を行わずに着地を維持することができた場合にのみホップが検証された。テストは3回実行され、この3回の平均を考慮しました。ホップトライアルが検証されなかった場合、参加者はトライアルを繰り返すように求められました。 SEBT動的姿勢制御評価(PA Gribbleら。2012、Kinzey及びアームストロング、1998、ネスら、2015)、下肢(の2016 Chevidikunnan、アルサイフ、Gaowgzeh、&Mamdouh、 )、一連片足スクワット 現在の研究では、我々は分析のために前、後外側および後内側の方向のみを考慮して修正されたSEBTを使用した(P. a Gribble&Hertel、2004)。参加者は、互いに45°で延びる8本の線で形成されたグリッドの中央にある片足で立っていました(PA Gribble et al。、2012)バランスを維持しながら、参加者は、前部、後外側および後内側方向の線に沿って可能な限り非試験脚に手を伸ばすように求められた。試験全体を通して、参加者は両手を腰に当て、スタンスレッグのかかとを地面につけるように指示された。我々は、到達距離を、グリッドの中心から到達区間の最大偏位点までの距離として記録した。テストの実行中に参加者がバランスを崩した、グリッドの中心から足を動かした、または腰に手を触れていなかった場合、試験は破棄されました。統計分析のために、3つの到達方向の平均を用いた(Gribbleら、2012年、 Hertelら、2006年)。)データを脚の長さで正規化し(SEBT方向スコア=到達距離[cm] /脚の長さ[cm])、次に100を掛けて到達距離を脚の長さのパーセンテージとして求めた。値が大きいほど機能的性能が優れていることを示します。 隠された割り当てを介してタスクの順序はランダム化されました。参加者は封筒からテストの順番を描きました。自己申告の最も症状のある四肢はPFP参加者で評価され、優位な四肢は無痛対照で評価された。グループに目がくらんだままの一人の研究者が参加者に標準化された指示とフィードバックを提供し、そして試験条件も参加者間で標準化されたままとされた(すなわち、照明、温度および測定機器)。参加者全員が素足で機能テストを実施した。学習者がアウトカムに影響を与える影響を最小限に抑えるために、参加者は3回の習熟試験を行った。神経筋疲労の起こりうる影響を避けるために、習熟の順序と試験の両方が無作為化された または特定の機能テストで膝関節過負荷。 2.5 。統計分析 集団間の差異を検出するための統計的検出力を確実にするために、サンプルサイズの計算を行った。PFPを有する女性と無痛対照を有する女性との間の客観的機能を比較するために、本発明者らは、標準偏差が最も高く、かつ検出される差が最も小さい文献で利用可能な結果を​​用いた(Portney&Watkins、2009)。サンプルサイズは、FSDT(Loudonら、2002)を使用した以前の研究に基づいて計算された、標準偏差= 5検出するための最小差= 4ステップ。両側検定が80%(1-β= 0.80)でα= 0.05の検定では、計算されたサンプルサイズは1グループあたり34人の参加者でした。 統計分析の前に、すべての変数が正規性について評価され、コルモゴロフ - スミルノフ検定におけるp> 0.05の取得に基づいて正規分布することがわかった。PFPを有する女性と無痛対照との間で、人口統計学的データ、運動恐怖症、疼痛大惨事および客観的機能検査を比較するために、独立したt検定を実施した(表1 )。ピアソン相関係数を計算して、PFPを有する女性における運動学的恐怖症と疼痛大惨事の間の関係および客観的機能を定量化した。効果サイズ(ES:Hedges’g)は、Review Managerソフトウェア(Version 5.3、Copenhagen、Denmark)を使用して各比較について計算した。効果の大きさの値の解釈は次の通りです( Sullivan&Feinn、2012 ):Hedges’g> 0.2は「小効果」を表し、> 0.5は「中効果」を表し、> 0.8は「大効果」を表し、> 1.3を超えます「非常に大きな効果」SPSS(IBMバージョン23、SPSS社、シカゴ、IL)を用いて統計分析を実施し、全ての統計分析について有意水準を0.05に設定した。
表1。無痛対照およびPFPを有する女性に対する参加者の特徴、客観的機能および心理的要因。
変数 痛みがない
(n = 40) PFP
(n = 55) 平均差
[95%CI] P値
(<0.05) 人口統計 年齢(歳) 22.05(3.11) 21.86(2.76) 0.19 [-1.09〜1.46] 0.771 体重(kg) 57.20(8.17) 60.03(6.70) -2.83 [-6.07〜0.40] 0.088 身長(m) 1.61(0.62) 1.61(0.59) −0.09 [-3.58から1.72] 0.481 ボディマス指数(kg / m 2) 22.09(3.00) 22.94(2.79) −0.85 [-2.11から0.39] 0.179 先月最悪のVASの痛み(mm) NA 50.15(17.18) NA 症状の期間(月) NA 58.51(22.64) NA 目的関数 FSDT(n) 23(5) 18(5) 5 [3〜7] <0.001 * SLHT(cm) 95.81(18.14) 84.40(16.18) 11.41 [4.16〜18.66] 0.002 * SEBT†(%) 84(8) 78(8) 6 [2〜9] <0.001 * 自己申告による心理的対策 タンパスケール 27.30(3.93) 36.53(6.91) – 9.23 [-11.51〜-6.94] <0.001 * PCS 0.83(2.09) 14.23(9.01) -13.40 [-15.98〜-10.81] <0.001 * 特に明記しない限り、データは平均(標準偏差)として提示される。略語:PFP =膝蓋大腿痛。CI = 信頼区間。FSDT =フォワードステップダウンテスト。SLHT =シングルレッグホップテスト。修正SEBT =スターエクスカーションバランステストは、足の長さの%として表されます。タンパ=運動恐怖症のタンパスケール。PCS =疼痛破局的尺度。NA =比較は適用されません。†SEBTデータは足の長さに対して正規化した。*は統計的有意性を示します。 3 。結果 95人の参加者がこの研究に含まれた(55人のPFP; 40人の無痛対照)。無痛対照とPFPを有する女性との間に、年齢(p = 0.771)、身長(p = 0.481)、体重(p = 0.088)およびBMI(p = 0.179)に有意差はなかった(表1)。 3.1 。心理的要因 無痛対照と比較して、PFPを有する女性は、運動性恐怖症が高かった(ES = 1.16、大きな効果)および疼痛性破局性(ES = 1.57、非常に大きな効果)を有した(表1)。 3.2 。目的関数 2つのグループの間で目的関数に統計的に有意な差がありました(表1)。無痛対照と比較して、PFPを有する女性は、FSDT(ES = 0.99、大きな効果)、SLHT(ES = 0.74、中程度の効果)、および修正SEBT(ES = 0.66、中程度の効果)に対してより悪い目的関数を有した。 3.3 。PFP女性における心理的要因と目的機能との関連 PFPを有する女性では、運動恐怖症と疼痛破局とFSDT、SLH、およびSEBTの成績との間に統計的に有意な関連はみられなかった(図1)。 4 。討論 無痛対照と比較した場合、PFPを有する女性は、より大きな運動学的恐怖症および疼痛破局性およびより乏しい客観的機能を有する。PFPを有する女性では、運動学的恐怖症と疼痛壊滅性と客観的機能との間に有意な関連性は観察されなかった。 PFPを有する女性は客観的機能的能力が劣っているという我々の発見は、FSDT(De Oliveira Silvaら、2018年、Loudonら、2002年)およびSEBT(Aminaka &Gribble、2008年)を含む以前の研究と一致している。我々の研究はまた最近の研究(Nunes et al。、2019)と一致しているが、しかしSLT et al。の結果とは反対にSLHTパフォーマンスの低下を示している。(2015)、PFPを持つ女性と無痛対照との間でシングルレッグトリプルホップテストの最初のジャンプで統計的に有意な違いを報告しませんでした。しかしながら、これはReis等によるものかもしれません。彼らの研究として、シングルレッグトリプルホップテストにおけるグループ間の違いを検出するための力が不十分であるサンプルサイズの計算は、運動学に基づいていました(dos Reis et al。、2015)。 我々は、PFPを有する女性において、より大きな運動学的恐怖症および痛みの壊滅的症状を観察した。より高い運動失調症は、Machlachlanらによって報告された最近の知見と一致しているが、同じ研究は、PFPを有する人々と無痛対照を有する人々との間で疼痛破局性に差がないことを報告した(Maclachlanら、2018 )。矛盾する痛みの破滅的な結果は、異なる痛みのない対照群の結果かもしれません。具体的には、疼痛破局性は、Maclachlanらと比較して、我々の無痛群(PCS = 0.83)の方がはるかに低かった。包含と除外の基準を用いた研究(PCS = 6.5)の違いの可能性のある理由。私たちの研究では、痛みのない参加者は、任意の現在または過去の膝関節機能障害の兆候や症状を持っているか、いなかった手術の歴史のいずれにおいても、下肢ジョイント。一方、Maclachlanらの研究の参加者は、募集時に3ヶ月間無痛であった場合に含まれており、以前の傷害に関する情報は提供されていなかった。我々の疼痛カタトロフィズムの発見は最近の定性的研究( Smith、Moffattら、2018年)によって支持されており、PFPを持つ人々は疼痛に関連する恐怖と疼痛を理解できないことを示しています。Van Wilgen、Van Ittersum、Kaptein、およびVan Wijhe、2008年)。これまでの研究では、運動恐怖症と痛みの破局性の改善がPFP患者の痛みと障害の改善に関連していることを報告しています( Doménech、Sanchis-Alfonso、&Espejo、2014)したがって、この患者集団におけるこれらの心理的要因をよりよく理解するためにはさらなる研究が必要です。 我々の仮説に反して、我々は運動学的恐怖症または疼痛大惨事と目的関数との間に有意な関連性を見いださなかった。我々はまた、最近、PFPを有する人々の異なるコホートにおいて運動学的恐怖症と膝伸展筋力との間に関連性がないことを報告した(De Oliveira Silva et al。、2019)。この所見は、なぜ運動学的恐怖症が現在のコホートの目的機能と関連していなかったのかを説明するのに役立つかもしれない。しかしながら、運動失調症は、PFPを有する人々の自己申告機能と関連することが報告されている(Maclachlanら、2018)。)、PFP患者における心理的障害と客観的機能との関係についての理解を深めるためのさらなる研究の必要性を強調する。運動性恐怖症および痛みの破局性は、我々の研究で評価された目的機能とは無関係であったが、これら3つの課題が日常機能のすべての側面を表しているわけではないことを強調することは重要である。したがって、運動恐怖症と痛みの壊滅的行動と他の機能的課題との関係を調査することは正当化されます。加えて、研究は以下のような心理的障害および他の因子との間の関係を理解することも必要である運動パターン(デ・オリベイラ・シルバら。、2019)、感作プロファイル(デ・オリベイラ・シルバら、2018、Pedler et al。、2016 )およびPFPの予後 4.1 。制限と将来の方向 この研究には、認識すべきいくつかの制限があります。横断的データにおける関係の欠如は必ずしも長期にわたる運動学的恐怖症および破局性の改善が我々の研究で測定された客観的機能検査の変化に関連しないことを意味するわけではないので、我々の研究の計画はどんな将来の結論も引き出す​​ことを我々に制限する。我々の研究のもう一つの限界は、PFPを持つ何人かの参加者が無痛参加者の優位な四肢とは異なる症状のある四肢を示したということでした。将来の研究では、バランステストに対する四肢優位の影響の評価を検討する必要があります。この集団におけるPFPの有病率が高いため、女性のみを本研究に含めた(Boling et al。、2010)。これは、調査結果をこれらの集団に適用する前に、男性、青年およびPFPを有する高齢集団を含むさらなる研究が必要であることを意味する。 4.2 。臨床的意義 キネシオ恐怖症の存在、痛みの破滅的な行動、そして跳躍、降りる、しゃがむなどの課題における客観的機能の低下を実証したにもかかわらず、これらの特徴の間の関連性の欠如は、両者を評価しPFPを持つ人々を対象とする必要があることを示唆する。現在、PFPを有する人々の主な結果として心理的要因を標的としたランダム化比較試験はなく(Briani et al。、2018、Collins et al。、2018)、PFPを有する人々の心理的要因を評価した研究はほとんどない(De Oliveira Silvaら、2018年、Maclachlanら、2018年、Maclachlanら、2017年、Smithら、2018年)。 5 。結論 PFPを有する女性は、無痛対照と比較して、運動性恐怖症および疼痛大惨事およびより乏しい客観的機能を有する。しかし、運動性恐怖症と痛みの壊滅的行動の間には、ホッピング、下降、およびしゃがみの客観的な機能的パフォーマンスとの関連性は観察されなかった。他の身体的および心理的要因がPFPの女性の客観的機能にどのように影響するかを理解するためにはさらなる研究が必要である。 興味のある宣言 無し。 資金調達 この調査は、公共、商業、または非営利の各セクターの資金提供機関から特別な助成を受けていません。 倫理的承認 この研究は、サンパウロ州立大学倫理委員会(番号:1.484.129)によって承認されました。 謝辞 2人の奨学金のためのサンパウロ研究財団(FAPESP)、著者:DOS(2015 / 11534-1)およびLBP(2017 / 02457-9)。 参考文献 アミナカ&グリブル、2008年 N. Aminaka 、PA グリブル 膝蓋骨テーピング、膝蓋大腿痛症候群、下肢運動学、および動的姿勢制御 アスレティックトレーニングのジャーナル、43 (1 )(2008 )、頁。21 – 28 https://doi.org/10.4085/1062-6050-43.1.21 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Augustsson et al。、2006 J. Augustsson 、R. Thomeé 、C. リンデン、M. Folkesson 、R. Tranberg 、J. カールソン 疲労運動後のシングルレッグホップのテスト:信頼性と生体力学的解析 スカンジナビアスポーツにおける医療&サイエンス誌、16 (2 )(2006 )、頁111 – 120 https://doi.org/10.1111/j.1600-0838.2005.00446.x Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Boling et al。、2010 M. Boling 、D. パドヴァ、S. マーシャル、K. Guskiewicz 、S. パイン、A. ボイトラー 膝蓋大腿痛症候群の発生率および罹患率における性差 スカンジナビアジャーナルオブメディカルアンドサイエンスオブスポーツ、20 (5 )(2010 )、pp。725 – 730 https://doi.org/10.1111/j.1600-0838.2009.00996.x.Gender Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Briani et al。、2018 RV Briani 、AS フェレイラ、MF Pazzinatto 、E. パパス、D. デ・オリベイラ・シルバ、FM・デ・ アゼベドは、 生命や変形性膝関節症を持つ個人の心理社会的要因の品質を向上させることができますどのような介入?無作為化対照試験からの主要転帰のメタアナリシスによる系統的レビュー スポーツ医学の英国ジャーナル、52 (16 )(2018 )、pp。1031 – 1038 https://doi.org/10.1136/bjsports-2017-098099 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Chevidikunnan et al。、2016 MF Chevidikunnan 、A. アルサイフ、RA Gaowgzeh 、KA Mamdouhの 膝蓋大腿痛症候群を有する女性患者の痛みと動的バランスを改善するための強化コア筋の効果 理学療法科学、28 (5 )(2016 )、pp。1518 – 1523 https://doi.org/10.1589/jpts.28.1518 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Collins et al。、2018 NJ コリンズ、CJ バートン、M.ヴァン Middelkoop 、MJ キャラハン、MS Rathleff 、BT Vicenzino 、ら。 膝蓋大腿痛を治療するための運動療法および身体的介入(装具、テーピングおよび手動療法)に関する2018年の合意声明:第5回国際膝蓋大腿痛研究リトリート、オーストラリア、ゴールドコーストからの勧告 スポーツ医学、52 (2018 )、pp。1170 – 1178 2017年 https://doi.org/10.1136/ Scopus Google Scholarでレコードを表示する Crossley et al。、2004 KM Crossley 、KL Bennell 、SM コーワン、S。 グリーン 膝蓋大腿痛を有する人のためのアウトカム尺度の分析:どれが信頼できて妥当か? 理学療法とリハビリテーションのアーカイブ、85 (5 )(2004 )、pp。815 – 822 https://doi.org/10.1016/S0003-9993(03)00613-0 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Crossley et al。、2016 KM クロスリー、JJ Stefanik 、J. Selfe 、NJ コリンズは、IS デイビス、CM パワーズ、ら。 第4回国際膝蓋大腿痛研究リトリート、マンチェスターからの2016年膝蓋大腿骨疼痛合意声明 パート1:用語、定義、臨床検査、自然史、膝蓋大腿骨関節炎および患者報告の転帰 スポーツ医学の英国ジャーナル、50 (14 )(2016 )、pp。839 – 843 https://doi.org/10.1136/bjsports-2016- 096384 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード De Oliveira Silva et al。、2019 D. デ・オリベイラ・シルバ、CJ バートン、RV Briani 、B. Taborda 、AS はFerreira 、M. FerrazのPazzinatto 、ら。 膝蓋骨大腿痛を伴う女性において運動強度恐怖症は運動の変化と関連するが運動強度恐怖症は関連しない 歩行および姿勢、68 (1 )(2019 )、頁。1 – 5 https://doi.org/10.1016/j.gaitpost.2018.10.033 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar De Oliveira Silva et al。、2018 D. デ・オリベイラ・シルバ、C. バートン、K. クロスリー、M. Waiteman 、B. Taborda 、AS はFerreira 、ら。 膝蓋大腿痛を伴うまたは伴わない女性の全体的な臨床症状に対する膝関節陥凹の意味 スポーツにおける理学療法、33 (2018 )、頁89 – 95 https://doi.org/10.1016/j.ptsp.2018.07.007 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar De Oliveira Silva et al。、2018 D. De Oliveira Silva 、MS Rathleff 、K. Petersen 、FM de Azevedo 、CJ Barton さまざまな痛みを伴う膝関節障害にまたがる疼痛感作の徴候:メタアナリシスとメタ回帰を含む系統的レビュー 痛み止め薬(2018 ) (印刷中) https://doi.org/10.1093/pm/pny177 Google Scholar Doménechet al。、2014 J. ドメネク、V. サンチス-アルフォンソ、B. エスペホ catastrophizingとkinesiophobiaの変化は、前方膝痛を有する患者における治療後の身体障害及び疼痛の変化を予測します 膝手術、スポーツ外傷、関節鏡、22 (2014 )、pp。2295 – 2300 https://doi.org/10.1007/s00167-014-2968-7 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 染料、2005 SF 染料 膝蓋大腿痛の病態生理 臨床整形外科および関連研究、436 (2005年の)、頁100 – 110 https://doi.org/10.1097/01.blo.0000172303.74414.7d Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード French et al。、2007 DJ フレンチ、CR フランス、F. ヴィニョー、JA フレンチ、RT エヴァンス 慢性疼痛における運動/(再)傷害の恐怖:運動性恐怖症(TSK)のためのタンパースケールのオリジナル英語版の精神測定評価 疼痛、127 (1-2 )(2007 )、頁42 – 51 https://doi.org/10.1016/j.pain.2006.07.016 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar Gribble and Hertel、2004 P. Gribble 、J. ハーテル unipedal姿勢制御に腰と足首の筋肉疲労の影響 筋電図と運動学ジャーナル:電気生理学的運動学学会誌、14 (6 )(2004 )、pp。641 – 646 https://doi.org/10.1016/j.jelekin.2004.05.001 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Gribble et al。、2012 PA Gribble 、J. ハーテル、P. Plisky 下肢傷害の動的姿勢制御赤字と成果を評価するためにスターエクスカーションバランステストを使用して:文学と系統的レビュー アスレチックトレーニング、47 (3 )(2012 )、pp。339 – 357 https://doi.org/10.4085/1062-6050-47.3.08 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Hertel et al。、2006 J. Hertel 、RA Braham 、SA Hale 、LC Olmsted-Kramer スターエクスカーションバランステストの単純化:慢性足関節不安定症の有無にかかわらず被験者の分析 整形外科およびスポーツ理学療法、36 (2006 )、pp。131 – 137 https://doi.org/10.2519/jospt.2006.2103 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Kalytczak et al。、2016 MM Kalytczak 、PRG Lucareli 、AC dos Reis 、AS Bley 、DA Biasotto-Gonzalez 、JCF Correa 、他。 片脚トリプルホップ試験中の膝蓋大腿痛症候群患者における運動学的および筋電図分析 Gait&Posture 、49 (2016 )、pp。246 – 251 https://doi.org/10.1016/j.gaitpost.2016.07.020 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Kinzey and Armstrong、1998 SJ Kinzey 、CW Armstrong 動的バランスの評価におけるスターエクスカーションテストの信頼性 整形外科およびスポーツ理学療法、27 (5 )(1998 )、pp。356 – 360 https://doi.org/10.2519/jospt.1998.27.5.356 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Koriら、1990 SH Kori 、RP Miller 、DD Todd Kinesiophobia:慢性疼痛行動の新しい見方 疼痛管理、3 (1990 )、頁。35 – 43 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Lankhorst et al。、2016 NE Lankhorst 、M. ヴァンMiddelkoop 、KM クロスリー、SMA Bierma-Zeinstra 、EHG OEI 、B. Vicenzino 、ら。 膝蓋大腿痛の診断後5〜8年で不良な転帰を予測する因子:多施設観察分析 スポーツ医学の英国ジャーナル、50 (14 )(2016 )、pp。881 – 886 https://doi.org/10.1136/bjsports-2015-094664 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Loudon et al。、2002 JK ラウドン、D. ウィーズナー、HL Goist・フォーリー、C. Asjes 、KL ルードン 膝蓋大腿痛症候群を有する被験体のための機能的な性能試験のIntrarater信頼性 陸上競技ジャーナル、37 (3 )(2002 )、pp。256 – 261 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Maclachlan et al。、2017 LR マクラクラン、NJ コリンズ、MLG マシューズ、PW ホッジス、B. Vicenzino 膝蓋大腿の痛みの心理的な機能:系統的レビュー スポーツ医学の英国ジャーナル、51 (9 )(2017 )、pp。732 – 742 https://doi.org/10.1136/bjsports-2016-096705 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Maclachlanら、2018 LR マクラクラン、M. マシューズ、PW ホッジス、NJ コリンズ、B. Vicenzino 膝蓋大腿痛みの心理的特徴:横断的研究 Scandinavian Journal of Pain 、18 (2 )(2018 )、pp。261 – 271 https://doi.org/10.1515/sjpain-2018-0025 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Ness et al。、2015 BM Ness 、AL Taylor 、MD Haberl 、PF Reuteman 、AJ Borgert スターエクスカーションバランステストのパフォーマンス中の動きの質の臨床観察と分析 スポーツ理学療法の国際ジャーナル、10 (2 )(2015 )、pp。168 – 177 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Nunesら、2019 GS ヌネス、D. デ・オリベイラ・シルバ、T. Pizzari 、FV Serrão 、KM クロスリー、CJ バートン 臨床膝蓋大腿の痛みを持つ人々にHIP筋肉容量の赤字を測定 スポーツにおける理学療法、35 (1 )(2019 )、頁69 – 74 https://doi.org/10.1016/j.ptsp.2018.11.003 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Park et al。、2013 K.-M. パーク、H。 シン、S。 無症候性女性におけるフォワードステップダウンテストのための運動品質の Choung 筋骨格予測因子 整形外科およびスポーツ理学療法、43 (7 )(2013 )、pp。504 – 510 https://doi.org/10.2519/jospt.2013.4073 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Pedler et al。、2016 A. Pedler 、SJ Kamper 、M. スターリング 外傷後ストレスや知覚過敏症の添加は、より正確にむち打ち損傷後だけで恐怖の回避策よりも障害と痛みを推定します Pain 、157 (8 )(2016 )、pp。1645 – 1654 https://doi.org/10.1097/j.pain.0000000000000564 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード ポートニーとワトキンス、2009年 L. ポートニー、M。 ワトキンス 臨床研究の基礎:実践への応用 ピアソンプレンティスホール、ニュージャージー州(2009 ) Google Scholar Powers et al。、2017 CM パワーズ、E. Witvrouwは、IS デイビス、KM クロスリーの 第4回国際膝蓋大腿痛研究の隠れ家、マンチェスター、英国から2017膝蓋大腿痛合意声明:膝蓋大腿痛pathomechanicalモデルの証拠ベースのフレームワークパート3 スポーツ医学ブリティッシュジャーナル(2017 ) bjsports-2017-098717 https://doi.org/10.1136/bjsports-2017-098717 Google Scholar dos Reis et al。、2015 膝蓋大腿痛を伴う女性と伴わない女性における片脚トリプルホップ試験の AC dos Reis 、JCF Correa 、AS Bley 、NDDA Rabelo 、TY Fukuda 、PRG Lucareli キネマティックおよび動態解析 整形外科およびスポーツ理学療法、45 (10 )(2015 )、pp。799 – 807 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Smithら、2018a BE スミス、F. モファット、P. ヘンドリック、M. ベイトマン、MS Rathleff 、J. Selfe 、ら。 膝蓋大腿痛を伴う生活の経験 – 喪失、混乱および恐怖回避:英国の定性的研究 BMJオープン、8 (1 )(2018 ) e018624 https://doi.org/10.1136/bmjopen-2017-018624 Google Scholar Smith et al。、2018b BE スミス、J. Selfe 、MS Rathleff 発生率および膝蓋大腿の痛みの有病率:系統的レビューとメタアナリシス PloS One 、13 (1 )(2018 ) e0190892 https://doi.org/10.1371/journal.pone.0190892 Google Scholar Sullivan et al。、1995 MJL サリバン、SR ビショップ、J. Pivik 痛みcatastrophizingスケール:開発と検証 心理学的評価、7 (4 )(1995 )、pp。524 – 532 https://doi.org/10.1037/1040-3590.7.4.524 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Sullivan and Feinn、2012年 GM Sullivan 、R. Feinn 効果量の使用 – またはp値が十分でない理由 大学院医学教育ジャーナル、4 (3 )(2012 )、pp。279 – 282 https://doi.org/10.4300/JGME-D-12-00156.1 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Van Wilgen et al。、2008 CP ヴァンWilgen 、MW ヴァンIttersum 、AA Kaptein 、M. ヴァンWijheの 線維筋痛症と生活の質とcatastrophizingとの関係の患者の病気の認識 Arthritis&Rheumatism 、58 (11 )(2008 )、pp。3618 – 3626 https://doi.org/10.1002/art.23959 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード ©2018 Elsevier Ltd..All rights reserved。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1466853X18300014