このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
前書き
治療に関してより患者中心の見解を提供するために、患者報告のアウトカムを使用することへの関心が高まっています。人工関節を忘れることは、関節形成術における目標とみなすことができる。本研究の目的は、人工膝関節全置換術(TKA) 後の人工関節における関節意識の変化を記述し、痛み、膝関節可動域(ROM)、大腿四頭筋強度、および機能的能力のどの要因が TKA
仮説
TKAを受けている患者は、関節の意識の変化を示し、関節の意識は疼痛、膝のROM、大腿四頭筋の強さ、および機能的能力と関連しています。
患者と方法
この前向きコホート研究は、術後1、6、および12ヶ月で評価された、TKAを受けている63人の個人を含んでいた。成果には、忘れ関節スコア(FJS)、疼痛スコア、膝ROM、大腿四頭筋強度、および機能的能力を用いて評価された関節認識が含まれた。
結果
58人が術後評価をすべて完了した。膝伸展ROMを除くすべての処置は1から6ヶ月に改善されました。しかし、6ヶ月から12ヶ月の間、どの測定にも差はありませんでした。FJSは、1ヵ月時点の疼痛と6および12ヵ月時点の大腿四頭筋筋力の影響を最も大きく受けました。
討論
TKA後の患者は、手術後6ヶ月以内に関節の認識および機能の改善を示すが、6〜12ヶ月でプラトーに達する。大腿四頭筋の強さは、共同認識のこの高原に貢献する可能性があります。
証拠レベル
前向きコホート研究、IV。
前の記事次の記事
キーワード
人工膝関節置換術共同意識患者報告の転帰忘れられた合同スコア
1 。前書き
人工膝関節全置換術(TKA)は変形性膝関節症(OA)の最も一般的な外科的介入であり、痛みの軽減、機能回復、および生活の質(QOL)の向上をもたらします[1]、[2]。TKAの主な目的は、多くの場合、痛みの軽減、および膝関節可動域(ROM)および機能的能力の改善です。TKA後の結果を評価する従来の評価システムは、しばしば「客観的な」外科医の評価に焦点を当てています。しかし、TKA後の患者の懸念は外科医のそれと必ずしも一致しません[3]、[4]。。したがって、治療結果についてより患者中心の見解を提供するための患者報告アウトカム(PRO)ツールへの傾向が高まっています[5]、[6]、[7]、[8]。
「忘れられた関節スコア(FJS)」はそのようなPROツールであり、日常生活において患者が人工関節を忘れる能力と関節の認識を評価するために開発されました[9] 。人工関節を忘れることは、関節形成術における目標とみなすことができ、そして最大の患者満足度 をもたらす [9]、[10]。これまでのところ、TKA後の共同意識の変化を評価した研究はない。人工関節を忘れる能力の明確な描写を得るためには、TKA後の関節認識の実際の変化を理解することが不可欠です。したがって、我々の目的はTKA後の人工関節における関節認識の変化を説明することでした。
関節の認識に影響を与える要因に関する情報はほとんどなく、いくつかの以前の研究では、関節の認識が性別[9]、位置(膝対股関節)[9]、関節形成術を再表層する)[10] 。術後の痛み、大腿四頭筋の強度、そして機能的な能力は外科医にとって大きな関心事です。しかし、共同意識とそれらの結果との関連は不明のままです。私たちの第二の目的は、痛み、膝の中のどの要因を決定することでしたROM、大腿四頭筋の強度、および機能的能力は、TKA後の関節の認識に影響を与えます。我々はTKAを受けている患者が共同意識の変化を示すと仮定した。さらに、関節の認識は痛み、膝のROM、大腿四頭筋の強さ、そして機能的な能力と関連しています。
2 。患者と方法
この前向きコホート研究には、3人の理学療法士による術後1、6、および12ヶ月時点で評価された、TKAを受けている個人が含まれた。12ヵ月の経過観察期間が選択されたのは、患者が6ヵ月以内に強度と機能的能力の変化の大部分を示し、12ヵ月以内に強度と機能的能力のプラトーが得られたためです[11]、[12]、[13]。この研究は施設内審査委員会によって承認され、インフォームド・コンセントが全参加者から得られた。
膝OA患者63人(全女性、年齢:71.7 ± 6.3歳)が地元の整形外科病院で採用された。選択基準は以下の通りである。(1)50歳から80歳までの年齢。(2)Kneegren and Lawrenceのラジオグラフィ等級付けシステムに基づいて等級4としてステージングされた膝OAの一次TKA [14]。除外基準は次のとおりです。

であった患者車椅子。

制御されていない高血圧または糖尿病の存在

神経障害

反対側の股関節または膝に共存するOAまたはその他の整形外科的疾患
以前の研究では、TKA後の転帰において男女間の差が示された[15]。この以前の研究に基づいて、特定の性別であることはTKA後の共同意識に影響を与える可能性があると予想された。したがって、膝のOAの有病率が男性より女性の方が高いことを考慮して、我々は女性のみを対象とした[16]、[17]。
63人の患者全員が内反変形を有していた。3人の外科医が、後部安定化人工膝関節(Evolution PS [Microport Inc.]、Vanguard PS [Zimmer Biomet Inc.]、Persona PS [Zimmer Biomet Inc.]、およびGenesis II [Smith&Nephew Inc.])を使用してTKAを行った。内側膝蓋骨アプローチ。手術後、患者は標準的な5日間の入院患者および12週間の外来患者リハビリテーションプログラムを受けた。これらのプログラムは、痛みや腫れを抑制し、膝のROM、筋肉の強さ、そして機能的な能力を向上させることを目的としていました。
共同意識はFJS-12 [9](電子付録1 )を使用して測定されました。FJS-12は、5段階のリッカート尺度を使用して患者の人工関節に対する患者の認識の程度を評価するために使用される自己管理型のアンケートです。FJS-12は、日常生活の活動中(夜間の就寝、階段を上る、入浴中など)、および家事、立つなどの比較的困難な運動中に、関節形成術を受けたことを患者が認識しているかどうかに関する12の質問からなります。痛み、ROM、または足の長さの不一致に関係なく、長期間、およびスポーツのために。FJS-12の採点方法は以下の通りです。

0:しない

1:ほとんどありません。

2:めったにありません。

3:ときどき

4:ほとんど
最終的なスコアの範囲は0(最高)から100(最低)です。低いスコアは良い結果、すなわち人工関節の「忘却」の増加を示します。これまでの研究で、日本語版のFJS-12の信頼性と妥当性が報告されています[18]。
標準的な長腕ゴニオメーターを用いて膝ROMを測定した。ゴニオメーターの軸は大腿骨の外側上顆の中心と整列していた。ゴニオメータの遠位腕は外側くるぶしと、そして大腿転子と近位腕と整列させた。受動的膝屈曲と伸展ROMは仰臥位で行った。
四頭筋強度は、ハンドヘルドダイナモメーター(μTas F1; ANIMA、調布、日本)を用いてピーク等尺性膝伸展トルク(Nm / kg)として測定した。患者は股関節を90°に曲げ、膝を75°に曲げて座った[19]。ダイナモメーターのセンサーを 外側くるぶしの5cm近位に配置し、ベルトを使用してダイナモメーターを拘束しました[20](図1)。ダイナモメーターの位置は、各個人の最初のテストで記録され、その後の各評価には同じ設定が使用されました。患者は、最大で約3回膝を伸ばすように指示された 秒と2回の試行が実行されました。ピークトルクは、力と、ダイナモメータのセンサと膝関節との間の距離との積として推定された。最大の意志力発生を伴う試験を体重に対して正規化し、分析に使用した。
フルサイズの画像をダウンロード
図1。大腿四頭筋強度の測定に使用されるダイナモメーターの配置の図。
Time – up and Go(TUG)テスト[21] を 使用して機能的能力を評価しました。このテストでは、患者がアームなしの椅子(座席の高さ40 cm)から立ち上がって 3 m 歩いて、座って戻るまでの時間同じ椅子に。安全で快適に感じる限り、患者はできるだけ速く歩くように指示された。その後の2回の試行の平均を分析に使用した。患者が安全でないと感じた、または杖なしでは試験を完了できなかった場合、患者は杖を使用することを許可された。
疼痛スコアは、Knee Society Score [22] の症状のカテゴリーから導き出された。水平歩行時の痛みの強さ このスコアは0から10の範囲の整数として痛みスコアを与え、0 = 痛みなし、そして10 = 最大痛みであった。
全ての所与の時点について完全なデータを有する患者のみを統計分析に使用した。パラメータ分布の正規性は、Shapiro-Wilk検定で検証されました。最初に、FJSの時間経過、痛み、屈曲および伸展の膝 ROM、大腿四頭筋強度、ならびに機能的能力について説明した。第二に、重回帰各時点で痛み、膝のROM、大腿四頭筋の強さ、および機能的能力のどの因子がFJSに影響を及ぼしているかを同定するために、前方 – 後方段階的エントリーを使用した。順方向 – 逆方向選択については、エントリーレベルは0.05に設定され、除去レベルは0.10に設定された。特に明記しない限り、すべての統計的検定は有意水準0.05で行った。統計分析にはSPSSソフトウェアバージョン22.0(IBM、東京、日本)を使用した。探索的設計をこの研究に使用した。必要なサンプルサイズの見積もりは、Harrisの式[23] に従って実行されました。。Harrisは、参加者の数は独立変数の数を少なくとも50だけ超えるべきであると提案した。したがって、この研究では必要なサンプルサイズは少なくとも55であるべきであると判断されました。未確定の問題(術後検査の欠落)を考慮して、さらに8人の患者が含まれ、合計63人の患者が作成されました。
3 。結果
術後検査に失敗した5人の患者は除外され、分析に含まれた58人が残った(表1)。FJSは1ヶ月(平均:45.7 ± 15.9)から6ヶ月評価(平均:27.4 ± 16.2)に改善しました。しかしながら、6〜12ヶ月の間にFJSに差はなかった(12ヶ月の平均:25.4 ± 16.2)(表2 )。また、1ヵ月から6ヵ月の評価で、膝屈曲 ROM、大腿四頭筋の強さ、TUGスコア、および疼痛スコアの改善が見られました(表2)。さらに、6ヶ月から12ヶ月の間にこれらの結果に差はなかった。膝伸展ROMは1〜12ヶ月で有意差はなかった(表2)。
表1。患者の特徴
特徴 平均値 ± SD 範囲
年齢(歳) 71.7 ± 6.3 54〜79
高さ(cm) 152.5 ± 9.0 138.8-172.3
重さ(kg) 60.8 ± 8.8 43.0〜79.0
ボディマス指数(kg / m 2) 26.2 ± 3.2 19.1〜34.3
表2。忘れられた関節スコア、可動域、大腿四頭筋の強度、Timed Up and Goテストスコア、および痛みスコアの時間経過。
1ヶ月 6ヵ月 12か月
平均値 ± SD CI 範囲 平均値 ± SD CI 範囲 平均値 ± SD CI 範囲
忘れられた合同スコア 45.7 ± 15.9 41.2、50.2 13〜79 27.4 ± 16.2 22.8、32.1 7–47 25.4 ± 16.2 20.8、30.0 2〜45
関節可動域
屈曲度 110.5 ± 13.3 106.7、114.3 80〜130 120.4 ± 7.2 118.4、122.5 95〜145 122.1 ± 7.6 119.9、124.3 95〜145
拡張子(度) -2.8 ± 3.3 −3.7、−1.9 −10−0 -2.6 ± 3.5 −3.5、−1.7 −10−0 -2.5 ± 3.6 −3.5、−1.4 −10−0
大腿四頭筋力(Nm / kg) 0.74 ± 0.34 0.64、0.83 0.14〜1.85 1.08 ± 0.40 0.97、1.20 0.53〜2.89 1.18 ± 0.39 1.06、1.29 0.60〜2.91
タイムアウトおよび実行テスト(秒) 10.0 ± 2.4 9.3、10.6 6.4〜18.5 8.6 ± 2.3 7.9、9.2 5.1〜12.5 8.5 ± 2.2 7.8、9.1 5.0〜12.3
痛みのスコア 3.4 ± 1.5 2.9、3.8 0〜9 1.4 ± 1.3 1.1、1.8 0〜7 1.3 ± 1.2 0.9、1.6 0〜7
SD:標準偏差。CI:95%信頼区間。
術後1ヶ月で、疼痛スコア(P < 0.001)および四頭筋力(P < 0.001)が最終多変量モデル(R2 = 0.82)に含まれた(表3)。標準化されたベータ係数は、疼痛スコアが術後1ヶ月のFJSにおいて最も影響力のある変数であることを示した。術後6ヶ月および12ヶ月時点で、最終的な多変量モデルには、大腿四頭筋力(P < 0.001)およびTUGスコア(6ヶ月:P = 0.006、12ヶ月:P = 0.04)(6ヶ月:R 2 = 0.50、12ヶ月: R 2 = 0.54)(表4、表5)。大腿四頭筋力は、標準化されたベータ係数によって判断される6および12ヶ月時点でFJSにおいて最も影響力のある変数であった(6ヶ月:-0.63; 12ヶ月:-0.68)。 表3。術後1か月の忘れ関節スコアに対する段階的入力を用いた多重線形回帰分析 調整済み(R 2 = 0.82) 変数 標準化されていない係数 標準化された係数 部分的なr CI P値 傍受 39.58 痛みのスコア 6.11 0.57 0.70 5.92、8.76 < 0.001 大腿四頭筋の強度 −19.46 −0.41 −0.57 −0.27、−0.11 < 0.001 CI:95%信頼区間。 表4。術後6か月の忘れられた関節スコアに対する段階的入力を用いた多重線形回帰分析 調整済み(R 2 = 0.50) 変数 標準化されていない係数 標準化された係数 部分的なr CI P値 傍受 37.43 大腿四頭筋の強度 −23.82 −0.59 −0.63 −31.85、−15.78 < 0.001 タイムアウト&ゴーテスト 1.85 0.28 0.36 0.56、3.13 0.006 CI:95%信頼区間。 表5。術後12か月の忘れられた関節スコアに対する段階的入力を用いた多重線形回帰分析 調整済み(R 2 = 0.54) 変数 標準化されていない係数 標準化された係数 部分的なr CI P値 傍受 42.62 大腿四頭筋の強度 −26.62 −0.65 −0.68 −34.46、−18.78 < 0.001 タイムアウト&ゴーテスト 1.66 0.23 0.31 0.27、3.05 0.04 CI:95%信頼区間。 4 。討論 本研究の目的は、TKA後の人工関節における関節認識の変化を説明することでした。我々はTKAを受けている患者が共同意識の変化を示すと仮定した。予想通り、時間とともに共同意識の変化が見られました。共同意識の変化の大部分は最初の6ヶ月以内に観察され、患者は6〜12ヶ月の共同意識のレベルのプラトーに達した。TKA後の身体機能の変化はかなりよく知られていますが[11]、[12]、[13]、これはTKA後の共同意識の変化を調査する最初の研究です。強度と機能的能力の変化のほとんどは6か月以内に起こると報告されています[11]、[12]、[13]。そして患者は12か月以内に回復のプラトーに達する[12]。この研究では、共同意識の変化は、大腿四頭筋の強度と機能的能力の変化と同様の経過をたどった。これは、共同意識とそれらの結果との間の関連に起因し得る。 私たちの第二の目的は、どの因子がTKA後の共同意識に影響を与えるかを決定することでした。私たちは、関節の認識が痛み、膝の ROM、大腿四頭筋の強さ、そして機能的能力と関連していると仮定しました。我々の結果は、関節の認識が痛みと大腿四頭筋の強さによって有意に影響されたことを示しています。共同意識は1ヵ月の痛みと6ヵ月と12ヵ月の大腿四頭筋の強さに最も影響されました。疼痛および大腿四頭筋の衰弱は、TKA後の最も重要な要因と考えられています。疼痛は通常、TKA後の成功または失敗の主な基準であり、大腿四頭筋の衰弱はTKAを有する個人における主な障害である。疼痛および大腿四頭筋の衰弱は、身体障害[19]、[24]、[25] 、患者の満足度に関連しています [26]、およびQOL [25]、[27]、[28]。我々の結果は、TKA後の関節の認識に対する疼痛および大腿四頭筋脱力の影響を示すことによってこれらの知見に追加される。 疼痛は1ヵ月後の関節認識にとって最も影響力のある因子でしたが、6ヵ月後と12ヵ月後の関節認識は大腿四頭筋の強度によって最も大きな影響を受けました。関節の認識に影響を与える要因のこの変化は、痛みと大腿四頭筋の脱力の違いによるものかもしれません。TKA後の患者は術後早期に激しい痛みを経験することが多く、6ヶ月以内にかなりの痛みの軽減が得られます[29]、[30]、[31]。一方、6〜12ヵ月の時点で、大腿四頭筋筋力は術前の筋力レベルまで上昇しますが、それでも健康な同年齢の個人よりかなり弱いです[32]、[33]。。したがって、大腿四頭筋の衰弱は、TKA後も長期間持続する主要な術後障害となります。疼痛および大腿四頭筋の衰弱におけるこれらの違いは、共同意識に影響を与える要因の変化をもたらす可能性があります。さらに、患者は、6ヶ月以内に大腿四頭筋力の最大の変化を示し、6〜12ヶ月で大腿四頭筋力の変化はなかった。我々の結果は以前の研究[24]、[25]、[26]と一致しており、そしてこの時間経過は6〜12ヶ月の共同認識のプラトーに寄与することができた。これらの結果は、大腿四頭筋脱力の改善が関節の認識を低下させることを示しているのかもしれません。 この研究の限界は短い追跡期間です。しかし、痛み、筋力、および機能の変化のほとんどは6ヵ月以内に起こるため、12ヵ月の追跡調査でTKA後のどのような要因が関節の認識に影響を与えるかを調べるのに十分です[11]、[12]、[13]。しかし、以前の研究ではTKA手術後 24ヶ月[10]および31.2ヶ月[9] に共同意識が報告されており、今後の研究では共同意識の長期的な変化を評価する必要があります。第二に、この研究は心理的特徴の測定値を欠いていた。FJSには心理測定的要因が含まれているため、心理的特性も共同意識に影響を与える可能性があります[9]。。今後の研究では、共同意識に対する心理的特徴の影響を検討する必要があります。 結論として、共同意識の最大の変化は術後6ヶ月以内に起こり、患者は6〜12ヶ月で共同意識のプラトーに達する。共同意識は術後1ヶ月で痛みと術後6ヶ月と12ヶ月で大腿四頭筋筋力によって有意に影響を受けます。これらの要因の目標とされた改善はTKAの後の人工関節の関節の認識を減らすかもしれません。 興味の開示 作者は彼らが競合する興味を持っていないと宣言します。 付録A 。補足データ Word文書のダウンロード(19KB)docxファイルに関するヘルプ 参考文献 [1] CM Callahan 、BG Drake 、DA Heck 、RS Dittus 患者は 、 人工膝関節全置換術後に転帰した。メタ分析 JAMA 、271 (1994 )、pp。1349 – 1357 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [2] AM Kauppila 、E. Kyllönen 、P. Ohtonen 、M. Hämäläinen 、P. Mikkonen 、V. レイン、ら。 原発性人工膝関節全置換術後の集学的リハビリテーション:機能的能力および生活の質に対するその効果の無作為化対照研究 CLIN Rehabil 、24 (2010 )、PP。398 – 411 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [3] PH Bullens 、CJ van Loon 、MC de Waal Malefijt 、RF Laan 、RP Veth人工 膝関節全置換 術後の 患者満足度:主観的評価と客観的評価の比較 J Arthroplasty 、16 (2001 )、pp。740 – 747 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar [4] AJ Janse 、RJ Gemke 、CS Uiterwaal 、I.の ファンデTweel 、JL Kimpen 、G. Sinnema 生活の質:患者と医師が常に同意しない:メタ分析を J Clin Epidemiol 、57 (2004 )、pp。653 – 661 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar [5] PN ベイカー、JH ファンデMeulen 、J. Lewsey 、PJ グレッグ 膝関節全置換術後患者の満足度を決定する際の痛みや機能の役割。イングランドとウェールズの全国共同登録からのデータ J Bone Joint Surg Br 、89 (2007 )、pp。893 – 900 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [6] P. Cholewinski 、S. プットマン、L. Vasseur 、H. Migaud 、A. デュアメル、H. Behal 、ら。 原発性拘束顆状膝関節形成術の長期転帰 Orthop Traumatol Surg Res 、101 (2015 )、pp。449 – 454 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar [7] JY Jenny 、Y. Diesinger オックスフォード膝スコア:膝関節置換前後のパフォーマンスの比較 Orthop Traumatol Surg Res 、98 (2012 )、pp。409 – 412 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar [8] C. Debette 、S. Parratte 、D. Maucort-Boulch 、G. ブラン、V. ポーリー、S. ラスティグ、ら。 人工膝関節全置換術に対する新しいKnee Society Scoring Systemのフランスの適応 Orthop Traumatol Surg Res 、100 (2014 )、pp。531 – 534 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar [9] H. Behrend 、K. Giesinger 、JM Giesinger 、MS Küsterさん 関節形成術における究極の目標として、「忘れられた共同」:新しい患者報告アウトカム指標の検証 J Arthroplasty 、27 (2012 )、pp。430 – 436 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [10] E. Thienpont 、G. Opsomer 、A. Koninckx 、F. Houssiau 忘れた関節スコアで評価膝関節形成術の異なるタイプにおける関節意識 J関節形成術、29 (2014 )、頁。48 – 51 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar [11] O. Ethgen 、O. Bruyereの、F. リッチー、C. Dardennes 、JY Reginster 人工股関節における健康関連QOLおよび人工膝関節全置換術:文学の定性的および系統的レビュー J Bone Joint Surg Am 、86 – A (2004 )、pp。963 – 974 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [12] DM Kennedy 、PW Stratford 、DL Riddle 、SE Hanna 、JD Gollish 膝関節全置換術後の回復の評価および予後の確定 PHYS THER 、88 (2008 )、頁。22 – 32 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [13] RL ミズナー、SC Petterson 、JE スティーブンス、K. Vandenborne 、L. スナイダー-Mackler 人工膝関節全置換術後早期の大腿四頭筋の強度損失。筋萎縮症の寄与および随意筋活性化の失敗 J Bone Joint Surg Am 、87 (2005 )、pp。1047 – 1053 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [14] JH Kellgren 、JS ローレンス 骨関節症の放射線学的評価 Ann Rheum Dis 、16 (1957 )、pp。494 – 501 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [15] JB Lim 、CH Chi 、LE Lo 、WT Lo 、SL Chia 、SJ Yeo 、他。 膝関節全置換術後の転帰における性差 J Orthop Surg(香港)、23 (2015 )、pp。194 – 197 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [16] N. 吉村、S. ムラキ、H. オカ、A. マブチ、Y.En − Yo、M. 吉田、et al。 日本人男女における変形性膝関節症、腰椎症および骨粗鬆症の有病率:障害研究に対する変形性関節症/骨粗鬆症の研究 J Bone Miner Metab 、27 (2009 )、pp。620 – 628 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [17] GA ホーカー、JG ライト、PC Coyte 、JI ウィリアムズ、B. ハーヴェイ、R. グレイザー、ら。 股関節および膝関節形成術の使用率における男女間の違い N Engl J Med 、342 (2000 )、pp。1016 – 1022 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [18] M. 松本、T. 馬場、Y. 本間、H. 小林、H. 越智、T. 湯浅、ら。 普遍的な患者報告アウトカム尺度としての忘れられた関節スコア-12の検証研究 エウルJオルソップサーグトラウマトール、7 (2015 ) [プリント前のEPUB] Google Scholar [19] RL ミズナー、SC Petterson 、L. スナイダー-Mackler 大腿四頭筋強度および人工膝関節全置換術後の機能回復の時間経過 J Orthop Sports Phys Ther 、35 (2005 )、pp。424 – 436 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [20] M. 加藤、H. 山崎 等角脚筋力測定の信頼性の比較は拘束ベルトととせずにハンドヘルドダイナモメーターを使用して作製しました J PHYS THERサイエンス、21 (2009 )、頁。37 – 42 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [21] D. ポッシャドロ、S。 リチャードソン 「アップ&ゴー」の 時期を定めた :虚弱な高齢者のための基本的な機能的可動性のテスト JアムGeriatr SOC 、39 (1991 )、頁142 – 148 Google Scholar [22] PC ノーブル、GR スカデリ、AC Brekke 、A. Sikorskii 、JB ベンジャミン、JH Lonner 、ら。 新膝協会採点システムの開発 CLIN整形外科Relat RES 、470 (2011 )、頁。20 – 32 Google Scholar [23] RJ ハリス 多変量統計の入門書 (2nd ed )、Academic Press 、ニューヨーク(1985 ) Google Scholar [24] RS モリソン、J. Magaziner 、MA マクローリン、G. Orosz 、SB Silberzweig 、KJ コバール、ら。 股関節骨折後の転帰に対する術後疼痛の影響 疼痛、103 (2003 )、頁303 – 311 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar [25] MD エレーロ・サンチェス、C. ガルシア・イニゴMDEL 、BS ヌーノ・ベアト・レドンド、C. フェルナンデス・デ・ラス・Peñas 、F. アルブルケルケ-Sendín 継続的な痛みの強さ、健康関連QOL、身体障害と品質の協会膝関節置換術を受けた高齢者の睡眠障害 CIEN Saudeコレ、19 (2014 )、頁。1881年- 1888年 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [26] PN ベイカー、JH ファンデMeulen 、J. Lewsey 、PJ グレッグ、イングランドとウェールズのための国家共同レジストリ 膝関節全置換術後患者の満足度を決定する際の痛みや機能の役割。イングランドとウェールズの全国共同登録からのデータ J Bone Joint Surg Br 、89 (2007 )、pp。893 – 900 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [27] Y. Tungtrongjit 、P. Weingkum 、P. Saunkool 人工膝関節全置換術後の機能転帰に術前の大腿四頭筋の運動の効果 J Med Assoc Thai 、95 (補遺10 )(2012 )、pp。S58 – S66 Google Scholar [28] CL 呉、M. Naqibuddin 、AJ Rowlingson 、SA Lietman 、RM ジャーミン、LA フライシャー 手術直後の期間における健康関連QOLの痛みの影響 Anesth Analg 、97 (4 )(2003 )、頁。1078 – 1085 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [29] JD フィッツジェラルド、EJ オラフ、TH リー、ER マルカントニオ、R. ポス、L. ゴールドマン、他。 関節置換術後12か月間の患者の生活の質 関節炎ダイオウ、51 (2004 )、PP。100 – 109 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [30] RL ケイン、KJ サレハ、TJ 萎凋、B. Bershadsky 人工膝関節全置換術の機能的結果 J Bone Joint Surg Am 、87 (2005 )、pp。1719 – 1724 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [31] P. Rissanen 、S. アロ、H. Sintonen 、P. Slätis 、P. Paavolainen 生活の質と腰と膝の置換で機能的能力:前向き研究 QUALライフRES 、5 (1996 )、頁。56 – 64個の Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [32] Y. 吉田、RL ミズナー、DK ラムジー、L. スナイダー- Mackler 人工膝関節全置換術と経時四頭筋強度および膝の機能との関係から検査結果 CLIN Biomech(ブリストル、エイボン)、23 (2008 )、PP。320 – 328 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar [33] W. マイヤー、RL ミズナー、RL マーカス、LE ディブル、C. ピーターズ、PC Lastayo 人工膝関節全置換術:筋肉の障害、機能制限、および推奨リハビリテーションアプローチ J Orthop Sports Phys Ther 、38 (2008 )、pp。246 – 256 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード ©2016 Elsevier Masson SAS。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1877056816000918