このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

概要
バックグラウンド
腰椎椎間関節痛に対するPRFの有効性は、他の管理方法との比較研究がまばらであるため、十分に確立されていない。
目的
本研究の目的は、腰椎椎間関節痛の治療における従来のラジオ波(CRF)とパルスラジオ波(PRF)除神経の有効性を比較することであった。
方法
二重内側分岐ブロックを受けている40人の患者で腰椎椎間関節痛が確認された。それらのうち、16人の患者が疼痛管理のためにCRF を受け、18人の患者がPRFを受けた。治療前、治療後3ヵ月後および6ヵ月後に結果を評価した。疼痛強度の変化は視覚的アナログ尺度(VAS)を用いて評価した。身体機能は改訂Oswestry Disability Index(ODI)を用いて評価した。
結果
CRF群では、治療後のVASスコアは、治療前よりも3ヶ月後(p < 0.001)および6ヶ月後(p = 0.001)に有意に低かった。治療後の修正ODIスコアは3ヶ月(p < 0.001)および6ヶ月(p = 0.001)で低かった。PRF群では、治療後のVASスコアも3ヶ月(p < 0.001)および6ヶ月(p < 0.001)でより低かった。処理後の改訂ODIスコアは3ヶ月(に低かったP < 0.001)および6ヶ月(P < 0.001)。CRF群におけるVASスコアは、3ヶ月(p = 0.01)および6ヶ月(p = 0.03)でPRF群におけるスコアよりも有意に低かった。3ヵ月後と6ヵ月後の2つのグループ間での修正ODIスコアの差は有意ではありませんでした。 結論 PRFもCRFも腰椎椎間関節からの腰痛を解消した。しかし、CRFはPRFよりも効果的でした。 前の記事次の記事 キーワード 従来の無線周波数ファセットジョイント腰痛内側枝ブロックパルス無線周波数高周波除神経 1 。前書き 腰椎接合症または椎間関節痛が慢性的な腰痛の重要な原因であることが示唆されています。1、2 腰椎内側枝ブロックは、患者の苦痛が与えられた腰椎椎間関節由来かどうかをテストするために使用されています。椎間関節痛の診断は、2回に分けて痛みを伴う関節に供給される脊髄神経の後方層の腰内側分枝ブロック後に目標とする痛みが少なくとも50〜75%軽減したときに可能性があります。3経皮、従来の無線周波数(CRF)除神経背側枝の内側枝のは、長年にわたって椎間関節疼痛管理のために使用されてきました。3、4、5 しかし、CRFは、一定の高周波および高温の電流が標的組織に印加される神経破壊的処置です。6このように、この手順は危険がないわけではなく、不可逆的な神経損傷が報告されています。7 パルス高周波(PRF)損傷は、痛みの高周波治療における新しい方法です。それは疼痛緩和のための非神経溶解性損傷法であり、神経損傷の証拠なしに疼痛を軽減することができる。その作用機序は完全には理解されていないが、いくつかの予備報告は疼痛緩和におけるその長期的な有効性および安全性を支持している。8、9、10、11、12 腰椎椎間関節痛に対するPRFの有効性は、他の管理方法との比較研究がまばらであるため、十分に確立されていない。13、14は、我々は、臨床転帰と合併症がその後CRFとPRF群間で比較したCRFを減少PRFによって管理CRFにより処置慢性腰部椎間関節痛を有する16人の患者と18人の患者のレトロスペクティブ分析を行いました。 2 。方法 成人患者(年齢> 18歳)がこの研究に含まれ、その主な問題は、少なくとも3ヶ月間、上肢に疼痛を放射しているかどうかにかかわらず、軸性腰痛であった。他の基準には、腰椎椎間関節の焦点の圧痛、過伸展に対する痛み、明らかな神経学的欠陥の欠如、神経根症候群、および腰部手術の適応が含まれていた。感染症、骨折、腫瘍、血管疾患などの他の腰椎痛の深刻な原因、も除外されました。診断的な内側枝ブロックの前には、凝固障害、放射線不透過性造影剤または局所麻酔薬に対するアレルギー、悪性腫瘍、主要な精神医学的問題、二次獲得法的問題、言語問題、および妊娠が除外基準であった。 2.1 。内側分岐ブロック 歴史的、臨床的、および放射線学的評価のみに基づいて腰椎椎間関節痛を診断することは不可能であった。CRFまたはPRF治療の前に、患者は 0.5〜1 mLの2%リドカインまたは1%ブピバカインを使用して診断用内側枝ブロック4を受けました。関連する内側枝の診断ブロック後に2回の別々の機会で少なくとも75%の痛みの軽減を示した患者のみが、真の腰椎椎間関節痛を有すると見なされた。治療レベルは内側分枝ブロックの結果に従って選択した。 2.2 。患者の治療法の選択 2007年5月から2008年9月までに、40人の患者が臨床評価、放射線学的研究、および二重内側枝ブロックに基づいて腰椎椎間関節痛を有することが確認された。それらのうち、16人の患者が疼痛管理のためにCRFを受け、そしてCRFを拒絶した18人の患者がPRFを受けた。これらの3人の患者はCRFまたはPRFを拒絶し、そして保守的な治療を受けただけでした。3人は治療前に疼痛が軽減した(図1)。 フルサイズの画像をダウンロード 図1。患者がどのように研究に含まれたか、または研究から除外されたかを示す流れ図。 2.3 。CRFとPRFの手続き 厳密な滅菌条件下でCRFおよびPRF処置を実施するために、PC Liliangはすべての処置を手術室で実施しました。患者は、後部アプローチを介してラジオ波処置が行われたときに、放射線透過テーブルの上に横たわっていた。鎮静剤または全身鎮痛剤または前投薬は使用されなかった。画像の歪みを避けるためにターゲットポイントがスクリーンの中心に位置するように、前後方向のピラービューを得るようにイメージインテンシファイアを配置した。 CRF群では、局所麻酔(2%リドカイン使用)および無菌調製後、22ゲージ、長さ10cm、露出先端10mmの先端無線周波数(RF)針を内側枝に隣接して配置した。電極先端部は、上関節突起と横突起との間の角度で標的神経と平行に配置された(図2および3)。15針の解剖学的位置を最適化した後、感覚刺激(周波数50 Hz;パルス幅1ミリ秒;電圧、最大0.5 V)およびモーター刺激(周波数2 Hz;パルス幅1ミリ秒;電圧最大15V)0.5 V)は、RF損傷発生器(NeuroTherm(登録商標)JK25T)を用いて実施した。感覚刺激は患者のチクチクする感覚を引き出すはずであり、運動刺激は多裂筋の収縮を引き出すはずであると仮定された。続いて、 1mLの2%リドカインをRF針を通して注射して、深部局所麻酔を得た。局在化後に2サイクルのCRF(80℃、90秒)を実施した。患者はCRF手術後30分間観察された。重大な合併症(疼痛、出血、神経学的障害を含む)がない場合、患者は退院した。 フルサイズの画像をダウンロード 図2。従来の高周波群では、電極先端を標的神経と平行に配置した。 フルサイズの画像をダウンロード 図3。電極先端部は、従来の高周波群における上関節突起と横突起との間の角度で標的神経と平行に配置された。 PRF群では、局所麻酔(2%リドカイン)および無菌調製後、RF針を、蛍光透視誘導下で上関節突起と横突起との間の角度で内側枝に向かって直接配置した(図4および5)。針の解剖学的位置を最適化した後、感覚刺激(周波数50 Hz;パルス幅1ミリ秒;電圧、最大0.5 V)および運動刺激(周波数2 Hz;パルス幅1ミリ秒;電圧、最大0.5 V) V)は、RF損傷発生器(NeuroTherm(登録商標)JK25T)を用いて実施した。2 PRFサイクル(20ミリ秒、45) 局在化後に180秒間のV)を実施し、温度を42℃未満に維持した。PRF処置後30分間患者を観察した。重大な合併症がない場合、患者は退院した。 フルサイズの画像をダウンロード 図4。電極チップは、パルス無線周波数グループの内側枝に向かって直接置かれた。 フルサイズの画像をダウンロード 図5。電極先端部は、パルス高周波群において上関節突起と横突起との間の角度で内側枝に向かって直接配置された。 2.4 。結果とフォローアップ PRF / CRF治療後、必要に応じて患者に鎮痛薬(アセトアミノフェン)を処方した。疼痛強度および身体機能は、PRF / CRF治療前ならびに治療後3ヶ月および6ヶ月に評価された。疼痛強度の変化は、0〜10の範囲の視覚的アナログスケール(VAS)を用いて記録した(0:「疼痛なし」および10:「今までに経験した最も重度の疼痛」)。16身体機能は、改訂Oswestry Disability Index(ODI)を用いて評価した。17 VASスコアおよびODIアンケートは患者によって記入され、スコア(0〜100)はPRFまたはCRFの前後に報告された。 2.5 。統計分析 記述統計学を用いて患者を特徴付けた。無線周波数前後の範囲、平均、および標準偏差(SD)が確認されました。符号付き順位検定ウィルコクソン整合ペアがグループ内の差異を比較するために行った事前と後処理。適切と思われる場合、グループ間の差異は、χ2、フィッシャーの直接確率検定、またはマンホイットニーのU検定を使用して評価した。IBMは両側検定( p < 0.05)を使用しました。SPSS v 13.0(IBM)を用いてデータを分析した。 3 。結果 3.1 。患者の特徴 図1は、患者が研究プロトコルにどのように含まれたかまたは除外されたかの流れ図を示す。推定腰椎椎間関節痛を有する患者のうち、二重内側分岐ブロックにより、40人の患者において腰椎椎間関節痛が確認された。これらの40人の患者のうち、6人はCRF またはPRFを受けなかった。3人がCRF / PRFを拒否し、3人がPRF / CRFより前に疼痛軽減を認めた。16の除神経処置の間に59のCRF病変がメーク病変16患者に作られた。18の手技中に18の患者に65のPRF病変が生じた。CRF / PRFを受けた34人の患者(17人の女性および17人の男性)の人口統計学的データを表1に示す。彼らの平均年齢は52.1 ± (SD)15.5、26〜82歳の範囲。年齢、性別、肥満度指数、痛みの期間、腰部手術歴、および2つのグループ間の痛み部位に有意差はありませんでした。治療レベルは内側分岐ブロックの結果に従って選択した。各患者はいくつかの内側分岐ブロックを受けた。ブロックの陽性結果に従って病変を選択した(表2)。 表1。両方の研究グループの人口統計。 特徴 処理 p CRF(n = 16) PRF(n = 18) 年齢 48.8 ± 13.8 54.9 ± 16.7 0.33 性別 1.0 男性(%) 8(50) 9(50) 女性(%) 8(50) 9(50) ボディ・マス・インデックス 22.9 ± 2.1 22.8 ± 2.0 0.96 痛みの期間、月 11.8 ± 8.6 16.4 ± 24.4 0.99 腰部手術歴(%) 3(19) 5(28) 0.69 痛みの部位 0.93 二国間(%) 6(38) 7(39) 片側(%) 10(62) 11(61) CRF = 従来の無線周波数。PRF = パルス無線周波数。 表2。両方のグループで治療レベル。 片面 二つの面 三面 CRF(n = 16) 二国間/二国間4 二国間4 /一国5 片側1 PRF(n = 18) 3二国間/一方的 二国間4 /一国5 片側1 CRF:合計59の病変。PRF:合計65病変。CRF = 従来の無線周波数。PRF = パルス無線周波数。 3.2 。PRF / CRF後の臨床転帰 表3は、両群の患者についての転帰データを表す。CRF群では、治療前のVASスコアは7.3 ± 0.7でした。VASスコアは3ヶ月(1.6 ± 1.1、p < 0.001)および6ヶ月(2.6 ± 1.9、p = 0.001)で有意に低かった。治療前の修正ODIスコアは36.4 ± 11.3でした。修正ODIスコアは3ヶ月(17.0 ± 8.6、p < 0.001)および6ヶ月(19.8 ± 10.3、p = 0.001)で低かった。PRF群では、治療前のVASスコアは7.3 ± 0.5でした。VASスコアも3ヵ月後より低くなりました(2.9 ± 1.6、p < 0.001)および6ヶ月(4.0 ± 2.0、p < 0.001)。治療前の修正ODIスコアは37.0 ± 11.4でした。修正ODIスコアは3か月(20.7 ± 11.8、p < 0.001)および6か月(25.4 ± 12.4、p < 0.001)で低かった。3ヶ月から6ヶ月の間の比較も行われた。PRF群では、6ヵ月時点の疼痛スコアが3ヵ月時点のスコアよりも高かった(p = 0.004)。CRF群では、6ヵ月時点の疼痛スコアも高かった(p = 0.03)。 表3。両研究群間の結果の比較。 CRF(n = 16) PRF(n = 18) p VASスコア 治療前 7.3 ± 0.7 7.3 ± 0.5 0.97 3カ月 1.6 ± 1.1 2.9 ± 1.6 0.01 6カ月 2.6 ± 1.9 4.0 ± 2.0 0.03 ODIスコア 治療前 36.4 ± 11.3 37.0 ± 11.4 0.77 3カ月 17.0 ± 8.6 20.7 ± 11.8 0.44 6カ月 19.8 ± 10.3 25.4 ± 12.4 0.21 CRF = 従来の無線周波数。ODI = オスウェストリー障害指数。PRF = パルス無線周波数。VAS =視覚的アナログ尺度。 3.3 。2群間の臨床転帰 治療前にVASスコアと修正ODIスコアに有意差はなかった。治療3ヵ月後、CRF群のVASスコアはPRF群よりも有意に低くなりました(p = 0.01)。2つのグループ間で修正ODIスコアに差はなかった(p = 0.44)。治療の6ヶ月後、CRF群のVASスコアもCRF群よりも低かった(p = 0.03)。しかし、2つのグループ間の修正ODIスコアの差は有意ではありませんでした(p = 0.21)。 3.4 。合併症 CRF群の2人の患者(13%)は、1週間以上にわたってCRF病変部位に局所痛を示した。追跡期間中にPRF群に大きな合併症はなかった。 4 。討論 腰椎接合症または椎間関節痛が慢性的な腰痛の重要な原因であることが示唆されています。1、2腰椎椎間関節の関節枝が正確に経皮的処置、彼らの親の神経を対象とすることができませんでしたが、背側枝の内側枝は、有効なターゲットを構成することができます。15 腰椎内側枝ブロックは、痛みが1つ以上の与えられた椎間関節に由来するかどうかをテストするための診断手順です。臨床治療は、椎間関節から中枢神経系への疼痛伝達を妨害するために、CRFを用いて背面ラミの内側枝を損傷することに向けられてきた。シーリー18最初に慢性椎間関節痛の治療のためのCRFの使用を紹介しました。それ以来、その有効性と安全性は複数の臨床試験で確立されています。3、4、5、19、20 PRF損傷は、疼痛の高周波治療における新しい方法である。作用機序は完全には理解されていないが、いくつかの報告は疼痛緩和におけるその長期的な有効性および安全性を支持している。8、9、10、11、12、21慢性椎間関節痛の治療のためのPRFの有効性は十分に確立されていません。慢性椎間関節痛に対する有効性を示す十分な研究はありません。いくつかのレトロスペクティブ研究11、21は、PRFが正常慢性腰部椎間関節痛のための疼痛緩和を提供することを実証しました。これらの研究には、患者の選択などいくつかの制限がありましたそして対照群の欠如。いくつかのプロスペクティブ対照試験は、腰椎椎間関節痛の治療にCRFとPRFの効力を比較すると報告されているが13、14件のこれらの研究は、矛盾する結果を示しました。Krollら13は、CRFとPRFの有効性を比較する前向き試験を実施した。彼らの研究はPRFが効果的ではないことを示した。Tekinらの研究14は、PRFとCRFの両方が効果的であることを示した。しかし、PRFの効果はCRFほど長くは続かなかった。 我々の研究は、PRFとCRFの両方が3ヶ月と6ヶ月で疼痛強度を減少させることを示した。しかし、VASスコアは、PRFグループよりもCRFグループのほうが低かった。その結果、疼痛軽減に関してはCRFがPRFより有効であることが示された。PRFとCRFの両方が3ヶ月と6ヶ月で身体機能を改善した。CRF群とPRF群の間の改訂ODIスコアの差は、3ヶ月と6ヶ月では有意ではなかった。両群とも、6ヵ月時点の疼痛スコアは3ヵ月時点のスコアよりも高かった。これは、CRFもPRFも有益な効果が長続きしなかったことを示した。6ヵ月後、PRFとCRFの有効性は尽きました。しかしながら、6ヵ月後のCRFの有効性はPRFのそれよりも優れているように思われた。 CRFは、先端が露出したテフロン(登録商標)被覆電極(NeuroTherm(登録商標))を標的神経に挿入する治療処置である。電極は周囲の組織を加熱し、標的神経を含むそれらを凝固させる。電極によって形成された損傷は、電極の先端に対して遠位には延在しないが、その代わりに電極の長軸に沿って半径方向に広がる。15 CRFによる損傷は、電極シャフトの周囲で最大で先端より前で最小です。これは、標的神経に対して垂直に配置された電極が神経を十分に凝固させることができないことを意味するであろう。Shealyによって導入された技術では、電極は標的神経と平行に挿入されていない。18電極配置の変更は、電極が神経に平行に位置することを必要とします。15電極配置のために適切な修正を使用して、私たちの研究ではCRFグループはドレイファスと他人の研究と一致していた 4と痛みの軽減や身体機能では良い結果を示しました。 CRF技術とは対照的に、PRF内の電極は、神経と電極先端との間にいくらかの距離を置いて神経に対して垂直に配置されるべきである。22 PRFの病変は、最大前方先端のであり、その電極軸の周りに最小。この考慮事項は、CRFまたはPRFの間に電極の先端またはシャフトを使用するかどうかを検討するときに重要です。 PRF損傷がどのように症状を解決するかは正確にはわかっていません。多くの実験的研究がPRF損傷の正確な鎮痛作用機序を調べた。いくつかの研究はと電気のフィールドを検討してきたアップレギュレーション中間初期遺伝子の(IEG)およびc-FOS 23、 24 一説ということであるC-FOSタンパク質は、IEG式の製品は、何らかの形で変更する神経伝達を。PRFの電場は、それらを破壊することなく小さい無髄繊維を横切るインパルスの伝達を妨害するが、より大きな有髄繊維は影響を受けないままである。14、 25、最近の実験室での研究 25があることを示しました。無髄神経線維は、CRF群とPRF群の両方において超微細構造的に正常であった。PRF群では、有髄軸索のいずれも重度の変性の所見を示さなかった。PRFとは対照的に、CRF群の有髄軸索のほとんどは重度の変性を示した。おそらくPRFは無髄Cファイバ信号のみを遮断します。有髄デルタ繊維は機能的なままである。デルタファイバーを介した疼痛シグナル伝達を有する患者では、CRFがより効果的であろう。14年 CRFはリスクが低いと考えられていますが、Abbottと共著者7 は、脊髄神経根の熱損傷に起因する不可逆的な下肢痛を報告しました。PRFにはCRFに比べていくつかの利点があります。6まず、PRFはほとんど痛みがありません。第二に、PRFに関連する熱組織損傷がないため、隣接する神経根への不注意による損傷の可能性がなくなります。PRFの使用経験は最近急速に蓄積されており、今までのところ神経学的合併症は報告されていない。 この研究にはいくつかの制限があります。本研究は、比較的小さいサンプルサイズの遡及的研究であった。その上、両方の処置が選択肢である場合、患者は彼らの好ましい外科的介入を選択することを許され、そしてこれは避けられないバイアスを生み出した。しかしながら、我々の研究が将来のPRFの発展に貢献することを願っています。 5 。結論 PRFもCRFも腰椎椎間関節からの腰痛を解消した。しかし、CRFはPRFよりも効果的でした。CRFとPRFの効果は長続きしませんでした。6ヵ月後、いくつかのケースで有効性が尽きました。この研究は有意で成功した結果を示したが、単一の研究から結論を引き出す際には注意が必要である。この問題をさらに明確にするためには、より多くのサンプルサイズを対象とした無作為化対照調査が必要です。 参考文献 1 AC シュヴァルツ、CN Aprill 、R. ダービー、J. フォルタン、G. キネ、N. Bogduk博士 腰椎zygapopysial関節から生じる疼痛を有する患者の臨床的特徴。腰椎椎間関節症候群は臨床的実体か? 脊椎、19 (1994 )、頁。1132 – 1137 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 2 AC シュワルツァー、SC 王、N. Bogduk博士、PJ マクノート、R. ローラン 有病率と腰椎zygapophysial関節痛の臨床的特徴。慢性腰痛を有するオーストラリア人集団における研究 アンダイオウディス、54 (1995 )、PP。100 – 106 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 3 J. Schofferman 、G. Kine 腰椎椎間関節痛に対する反復高周波神経切開術の有効性 Spine 、29 (2004 )、pp。2471 – 2473 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 4 P. ドレイファス、B. Halbrook 、K. Pauza 、A. ジョシ、J. McLarty 、N. Bogduk博士 Effcacyおよび慢性腰部zygapophysial関節痛のための高周波neurotomyの有効性 Spine 、25 (2000 )、pp。1270 – 1277 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 5 JS Ogsbury 3rd 、RH Simon 、RA リーマン ファセット「除神経」、 腰痛 症候群の治療 Pain 、3 (1977 )、pp。257 – 263 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar 6 D. Rozen 、U. Parvez 慢性鼠径ヘルニア疼痛の治療のための腰神経根のパルス高周波 Pain Physician 、9 (2006 )、pp。153 – 156 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 7 Z. アボット、M. Smuck 、A. ヘイグ、O. Sagher 背側枝の高周波neurotomyから不可逆脊髄神経損傷:症例報告 アーチPHYSメッドRehabil 、88 (2007 )、頁。1350 – 1352 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 8 SC チャオ、HT リー、TH カオ、他。 頸部および腰椎の根治的疼痛の治療における経皮パルス高周波 Surg Neurol 、70 (2008 )、頁。59 – 65 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 9 PC Liliang 、K. 呂、CH 謝、CY 花王、KW 王、HJ 陳 むち打ち関連の子宮頸zygapophysial関節痛の治療のための子宮頸内側枝のパルスの高周波 Surg Neurol 、70 (補遺1 )(2008 )、pp。S50 – S55 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 10年 PC Liliang 、K. Lu 、CL Liang 、YD Tsai 、CH Hsieh 、HJ Chen 慢性肩痛に対する肩甲骨上神経のパルス高周波病変:予備報告 痛みメッド、10 (2009 )、頁。70 – 75 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 11 R. Lindner 、ME Sluijter 、W. Schleinzer 椎間関節痛に対する腰椎内側枝のパルス高周波治療:後ろ向き分析 Pain Med 、7 (2006 )、pp。435 – 439 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 12年 R. ヴァレーオ、RM Benyamin 、J. クレイマー、G. スタントン、NJ ジョセフ 仙腸関節症候群の治療のためのパルスの高周波除神経 Pain Med 、7 (2006 )、pp。429 – 434 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 13年 HR クロール、D. キム、MJ Danic 、SS サンキー、M. Gariwala 、M. ブラウン 腰椎椎間症候群の治療にパルス高周波対連続の有効性を比較するA無作為化、二重盲検、前向き研究 J CLIN Anesth 、20 (2008 )、PP。534 – 537 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 14年 I. Tekinの、H. Mirzai 、G. [OK]を、K. Erbuyun 、D. Vatansever 慢性椎間関節痛の治療における従来のパルス化高周波除神経の比較 CLIN J痛み、23 (2007 )、PP。524 – 529 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 15年 脊髄の診断と治療のための N. Bogduk 診療ガイドライン:経皮的高周波腰椎内側枝神経切開術 国際脊椎介入学会、ケントフィールド、カリフォルニア州(2004 ) 188-218 Google Scholar 16 MP ジェンセン、P. Karoly 、S. 勇敢 臨床疼痛強度の測定:6つのメソッドの比較 Pain 、27 (1986 )、117 – 126ページ 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar 17年 N. ハドソン – クック、K. トムズ – ニコルソン 改訂Oswestry腰痛障害質問票:英欧州カイロプラクティックカレッジでの要件完了のための論文 アングロヨーロッパカイロプラクティックカレッジ、ボーンマス、イギリス(1988 ) Google Scholar 18年 CN Shealy 脊椎面の経皮高周波除神経。慢性腰痛および坐骨神経痛の治療 J Neurosurg 、43 (1975 )、pp。448 – 451 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 19年 M. ヴァンKleef 、GA Barendse 、A. Kessels 、HM Voets 、WE ウェーバー、S. デ・ランゲ 慢性腰痛のための無線周波数腰椎椎間除神経の無作為化試験 脊椎、24 (1999 )、頁。1937年- 1942年 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 20 RM ヴァンWijk 、JW Geurts 、HJ Wynne 、等。 慢性腰痛の治療における腰椎椎間関節の高周波除神経 無作為化二重盲検疑似病変対照試験 Clin J Pain 、21 (2005 )、pp。335 – 344 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 21 G. Mikeladze 、R. エスピナル、R. フィネガン、J. Routon 、D. マーティン 慢性zygapophyseal関節痛の治療におけるパルスの高周波アプリケーション Jスパイン、3 (2003 )、頁を。360 – 362 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 22 ME Sluijter 無線周波数 FlivoPress SA 、スイス(2001 ) 49〜67 Google Scholar 23 Y. 樋口、BS Nashold ジュニア、M. Sluijter 、E. コスマン、RD Pearlstein パルス高周波電流にラットの後根神経節の曝露が後角のラミナI及びIIのニューロンを活性化します 脳神経外科、50 (2002 )、pp。850 – 855 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 24 J. ヴァンズンデルト、AJ デLouw 、EA Joosten 、ら。 ラットの頸部後根神経節に隣接したパルスおよび連続高周波電流は後角の後期細胞活動を誘導する 麻酔、102 (2005 )、頁125 – 131 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 25年 K. 酒樽、B. Cemil 、AG Gurcay 、ら。 ラット坐骨神経におけるパルス高周波および従来の高周波病変の超微細構造的評価 Surg Neurol 、72 (2009 )、pp。496 – 500 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 著作権©2012年発行Elsevier BV https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1682606X12000497

関連記事はこちら