このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

変形性膝関節症患者における連続運動と間欠運動を比較した。

膝負荷および疼痛を15 分ごとに合計45 分間評価した。

どちらの運動条件でも、膝負荷は30 分の歩行後に増加しました。

膝の痛みは、連続歩行中は時間とともに増加したが、間欠歩行はしなかった。
抽象
目的
変形性膝関節症(OA)患者における連続運動とインターバルウォーキング運動の間で膝接触力と膝痛が異なるかどうかを評価する。
方法
片側症候性膝関節症のOA患者27人 が2日間に渡ってトレッドミルで1.3 m / sの2つの別々の歩行運動セッションを完了した:1)連続した45 分間の歩行運動セッションと2)3つの15 分の歩行運動による1 h休憩時間 間隔で合計45 分間の運動。OpenSimソフトウェアと膝の痛みを使用して推定された膝の接触力は、ベースライン時(歩行の最初の1分)、および 連続歩行とインターバル歩行の条件の間で15 分ごとに評価されました。
結果
ベースラインからの有意な増加 が、歩行運動条件に関係なく、歩行の30分後および45分後の歩行の体重受容期の間のピーク膝接触力において観察された。さらに、継続的な歩行は膝の痛みの増加をもたらしたが、インターバルウォーキングは膝の痛みの増加をもたらさなかった。
結論
30 分以上の歩行運動時間は、膝OA患者に望ましくない膝関節負荷をもたらす可能性がありますが、1回の連続的な発作とは対照的に複数回の発作で同量の運動を行うことは膝痛を制限するのに有益です。
前の記事次の記事
キーワード
変形性膝関節症歩く運動ジョイントローディング疼痛

記載されているプロジェクトは、ピッツバーグ大学メディカルセンターリハビリテーション研究所、ピッツバーグ・クロード・D・ペッパーアメリカ人自立センター(助成金番号P30 AG024827)および国立衛生研究所(助成金番号UL1 RR024153、UL1 TR000005およびK12 HD055931)によって支援されました。
©2017 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0966636217301984

関連記事はこちら