このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
本研究の目的は、顎関節および咀嚼筋に対する圧痛閾値と顎関節症(TMD)の重症度を相関させることでした。
方法
18〜40歳の60人の女性を対象とした、盲検的な横断研究が行われ、筋性TMDと診断されました。評価は、Fonseca Anamnestic Index(FAI)、視覚的アナログスケール、および顎関節および咀嚼筋に対するアルゴメトリを用いて行われました。スピアマンの相関係数(rs)を計算して、TMDの重症度、疼痛強度、および圧痛閾値の間の関連性を測定した。
結果
TMDの重症度と左咬筋全体の圧痛閾値との間には、中程度、有意、そして負の相関が認められた(r s = –0.276; P = 0.034)。分析した他の変数に関して有意な相関は見られなかった(P = .124 -.985)。
結論
FAIを使用して測定された顎関節症は、咬筋上の圧痛閾値と関連していた。咬筋上のFAIのスコアと圧痛閾値との間に認められた有意かつ負の関連は、TMDのより重篤な徴候および症状を有する患者がより低い圧痛閾値を有することを実証した。
前の記事次の記事
主なインデックス用語
顎関節症痛みの測定筋筋膜痛症候群
前書き
顎関節症(TMD)は、特に顎関節(TMJ)と咀嚼筋に痛みがあることを特徴とする臨床症状です。他の症状には、下顎運動の制限または逸脱、および関節音が含まれます。1、2ための多因子性の病因、TMDは、種々の大きさと影響を測定するための多様な評価アプローチ必要とする複雑な状態である徴候および症状を。2、3
世界中の研究は、TMD患者の評価のためのさまざまな評価ツールの使用を調査してきました。Herpich et al 4 は文献の系統的レビューを行い、最も一般的に使用されているツールはアンケート、患者病歴指数、臨床指数、および診断基準であることを見出しました。Ribeiro-Rotta et al 5 は、 TMD患者の関節障害の評価のためのコンピュータ断層撮影と核磁気共鳴の使用に焦点を当てた系統的レビューを行った。Berni et al 6により表面筋電図検査法が確立されたTMDの補完的評価尺度としての安静時の咀嚼筋の評価。Dibai-Filhoら7とRodrigues-Bigatonら8はそれぞれ、赤外線サーモグラフィが TMD患者の筋筋膜痛と関節痛の診断に十分な精度を持っていないと結論付けた。TMDの診断に関しては、 DworkinとLeResch 9によって開発された顎関節症の研究診断基準(RDC / TMD)が国際的に認められたゴールドスタンダードです。
ポルトガル語が話されている国、特にブラジルでは、TMDの重症度を決定するための臨床設定および研究において、フォンセカ・アナムスティック・インデックス(FAI)の使用が一般的です。de Oliveiraら10は、ブラジルの大学生におけるTMDの徴候と症状の有病率を特定するためにFAIを採用した。同様に、野村ら11は、ブラジルの歯科学校の学部生を対象とした有病率調査を実施した。Bonjardimら12とde Santisら13は、子供と青年にFAIを採用した。
Bevilaqua-Grossiら14によると、TMDの徴候や症状の頻度だけでなく症状の重症度や臨床徴候との関係も強調されるべきです。引用された研究の知見を考慮すると、現在の調査の正当化は、これまでのところ、この関係はまだされていないので、FAIスコアとTMD患者の疼痛調査に一般的に用いられる臨床的尺度との関係の決定です。文学で確立された。したがって、この試験の目的は、試験した変数間に有意な関連があるという仮説を仮定して、TMJ の重症度とTMJおよび咀嚼筋に対する疼痛強度および圧痛閾値との相関を測定することであった。
方法
研究デザインと倫理的考察
盲検横断研究が行われた。1人の理学療法士が参加者の募集とTMDの診断、ならびに疼痛強度の評価および圧痛閾値の決定を担当した。別の理学療法士が、FAIを使用してTMDの重症度を評価していました。3人目の研究者がデータ処理と分析を担当しました。ブラジルのサンパウロ市(SP、ブラジル)のコミュニティから、チラシ、ラジオ、インターネットを通じた情報の提供を通じて、ボランティアが募集されました。参加者全員がインフォームドコンセントの声明に署名した。この研究は、Nove de Julho大学の機関審査委員会(番号18032013.4.0000.5511)から承認を受けた。
サンプル
サンプルサイズは、エネプログラムを用いて測定バージョン3.0(バルセロナ自治大学、バルセロナ、スペイン)とゾウらの研究の知見に基づいて計算しました。15変数間の適度アソシエーション(R = 0.50)の検出は、サンプルサイズの計算のために考慮されました。80%の統計的検出力および5%のアルファを考慮して、30人の志願者の最小必要条件が決定され、そして統計的検出力を増加させるためにその数は60に倍増された。
RDC / TMDを使用して、9人のいずれかと診断された女性の参加者の筋筋膜痛で制限された口の開口部(Ib)の痛みおよび/または疲労と(Ia)または筋筋膜の痛み咀嚼筋 6ヶ月以上の期間のための機能的な活動の中研究に含まれていた。椎間板変位および/または関節痛などの筋筋膜痛の診断と同時に診断を受けた個体も含まれた(表1)。除外基準は次のとおりです。18歳未満または40歳以上。現在の歯列矯正薬、理学療法薬、または医療用薬(鎮痛薬、抗炎症薬)筋弛緩薬による治療 欠けている歯、または全部または一部の義歯の使用。咬合副子の使用。顔または顎関節に対する外傷の歴史。TMJ の脱臼または亜脱臼の歴史。RDC / TMDを用いた変形性関節症(IIIb)または変形性関節症(IIIc)の診断。16
表1。RDC / TMDに基づいて分析した60人の患者の顎関節症の診断
診断 数
イア 39
Ib 21
IIa 25年
IIb 15年
IIc 6
IIIa 13年
IIIb 0
IIIc 0
Ia、筋筋膜痛。Ib、開口部が限られている筋筋膜痛。IIa、減少を伴うディスク変位。IIb、縮小なしのディスク変位。IIc、制限された開口部なしで縮小なしのディスク変位。IIIa、関節痛。IIIb:変形性関節症。IIIc、変形性関節症。RDC / TMD 、顎関節症の研究診断基準
フォンセカ既往歴指数
FAIはTMDの重症度を評価するためにFonseca 17によってポルトガル語で開発されました。このインデックスは10の質問で構成され、それぞれ3つの回答オプションがあります。「はい」(10ポイント)、「ときどき」(5ポイント)、および「いいえ」(0ポイント)です。18、19はこのように、合計スコア(全ての質問のポイントの合計)は、TMDの重症度の分類を可能にする:0〜15点= TMDの不在。20〜45ポイント=軽度のTMD。50〜65点=中程度のTMD。70〜100点=重症TMD。TMD(20〜100点の得点)を有する志願者のみが本研究に含まれた。
ビジュアルアナログスケール
VASは疼痛強度の定量化に広く使用されており、一方の端部に「無痛」が印刷され、他方の端部に「最悪の痛みが想像できる」と印刷された100mmラインからなる。20私たちの研究の志願者は、評価時の痛みの強さを表すために2つの両極端の間に垂直線を引くように指示されました。
アルゴメトリー
圧痛閾値は、デジタルアルゴメーター(PTR − 300; Instrutherm、サンパウロ、SP、ブラジル)を使用して評価した。ボランティアはトランクの直立、床に足、そして太ももの上に手を置いて座っていました。訓練を受けた試験官は、1 cm 2の大きさのゴム製チップでアルゴメーターを配置し、デジタルメトロノームの音響フィードバックによって制御された約0.5 kg / cm 2 / sの一定速度で徐々に圧力をかけた。21疼痛閾値は、咬筋の腹部であるTMJ上(正確には外耳道の前)で両側で測定した。そして、前側側頭筋の腹。これらの部位は、志願者が疼痛を経験したと報告するまで圧力を受け、その時点でアルゴメーターのディスプレイに記録された値(kg / cm2)を記録した。圧痛閾値を各部位で3回測定し、その平均を統計分析のために考慮した。アルゴメトリーは、検査者間および検査者間の十分な信頼性を持ち、クラス内相関係数は0.75を超えます。22
統計分析
コルモゴロフ-スミルノフ検定は、データの正常性を判断するために使用しました。このように、分布は非正規分布であることがわかり、スピアマンの相関係数(r s)を計算して、変数間の関連の強さを判断しました。相関関係の解釈は以下のようにZou et al、15に基づいていた。0≧0.20 =弱い。0.20≧0.50 =中程度。0.50≧0.80 =強い。0.80≥1.00 =完璧です。全てのデータは、社会科学用統計パッケージ、バージョン17.0(イリノイ州シカゴのSPSS Inc.)を用いて処理した。
結果
TMDを有する60人の女性ボランティアが募集され、研究中に脱落者はいなかった。平均および標準偏差(SD)値は、年齢が25.16歳(SD = 4.86)、身長が1.70m(SD = 0.05)、体重が69.35kg(SD = 6.95)、および23.99kg / m2(SD = 2.69)であった。以下のためのボディ・マス・インデックス。表1は、RDC / TMDに基づいて診断が異なる個人の数を示しています。表2は、分析した様々な変数の中央値を示す。表3は、変数間の相関関係の説明です。
表2。分析された変数の中央値、第一、第三四分位値(n = 60)
変数 中央値 第1四分位数 第3四分位数
フォンセカ既往症指数スコア 45.00 40.00 60.00
ビジュアルアナログスケールスコア 3.50 3.00 4.50
右咬筋上のPPT、kg / cm 2 1.46 1.26 1.88
左咬筋上のPPT、kg / cm 2 1.44 1.09 1.66
右前頭側頭筋上のPPT、kg / cm 2 2.43 1.97 2.87
左前側頭蓋骨上のPPT、kg / cm 2 2.35 1.88 2.76
右TMJ上のPPT、kg / cm 2 1.42 1.15 1.88
左TMJ上のPPT、kg / cm 2 1.52 1.17 1.85
PPT、圧痛閾値。TMJ、顎関節。
表3。顎関節症の重症度、疼痛強度、および圧痛閾値(n = 60)の間の相関
変数 フォンセカ既往歴指数(スコア)
ビジュアルアナログスケールスコア rs= 0.038。P = .776
右咬筋上のPPT、kg / cm 2 rs= −0.203。P = 0.124
左咬筋上のPPT、kg / cm 2 rs= −0.276。P = 0.034 a
右前側頭蓋骨上のPPT、kg / cm 2 rs= 0.002。P = 0.985
左前頭側のPPT、kg / cm 2 rs= −0.101。P = 0.444
右TMJ上のPPT、kg / cm 2 rs= −0.028。P = 0.883
左TMJ上のPPT、kg / cm 2 rs= 0.077。P = 0.560
PPT、圧痛閾値。TMJ、顎関節。
ある
統計的に有意な関連性(P <0.05)。 討論 本研究では、咬筋上のFAIスコアと圧痛閾値との間に有意、中等度、および負の関連が見られ、TMDのより重症の徴候および症状を有する患者はより低い圧痛閾値を有することを実証した。FAIの長所と限界に対処するために、近年さまざまな調査が行われています。シャベスらによれば、19このインデックスは、まだ完全に検証されておらず、その決意の診断精度よりよく行われた研究が必要です。FAIスコアと臨床診療における他の重要な変数との間の関連の強さを定義するために相関研究が行われてきた。Dibai-Filho et al 23は、より重症のTMDの徴候や症状を持つ人がTMJ よりも皮膚温が高いことを発見しました。ゴメスら24は、 FAIスコアとの間に有意な関連が見出されなかった動きの範囲の下顎(垂直移動、横方向偏位、および突起を)。 Tosatoら25 は、より大きな筋肉活動とTMDの重症度に付随して、ストレス状態で放出されるホルモンであるコルチゾールの増加を報告しました。Berniら26はTMDの女性を対象とした研究を行い、FAIが筋性TMDの同定に高度の診断精度を提供することを見出した。しかしながら、de Santis et al 13は、この指標は感度が低いが、研究対象のこの年齢層での理解および自己使用言語に関する困難さのために子供および青年に投与されると高い特異性を有することを見出した。 – 説明の質問。最後に、Campos et al 27は心理測定学を調査したFAIの特性と元の10項目のうち8を含む短いバージョンの使用を推奨します。 本研究では、TMDの徴候や症状の重症度と左咬筋の圧痛閾値との間に有意な関連が見られた。この所見は臨床的意義を持ち、そのような患者と働く理学療法士や他の医療専門家は疼痛を評価し、TMDの重症度を軽減する可能性のある方法として咀嚼筋の疼痛の臨床管理に集中できることを示唆している。これは、おそらくの使用を介して達成することができる関節動員、脊椎マニピュレーション、ドライニードリング、28 筋膜リリース、29及び電気療法 30 ; しかしながら、これらの方法の推奨を確認するためにはさらなる研究が必要であろう。 制限事項 女性におけるTMDの有病率が高いため、この研究には女性のみを含めた。TMDの診断のためのゴールドスタンダードと考えられているRDC / TMDの使用にもかかわらず、筋筋膜の誘発点の調査は行われず、そしてそのような誘発点のアルゴメトリーは使用されなかった。さらに、digastricや翼状筋などの他の咀嚼筋における圧痛閾値は調査されなかった。 結論 本知見に基づいて、FAIを使用して測定されたTMDの重症度は、咬筋上の圧痛閾値と関連しており、より深刻な疾患の重症度は、この筋肉におけるより低い圧痛閾値を示した。 資金源と利益相反 この研究では、資金源や利益相反は報告されていません。 貢献情報 コンセプト開発(研究のためのアイデア提供):CMH、CAFPG、AVDF デザイン(結果を生成する方法を計画した):CMH、CAFPG、AVDF、DABG、FP、CSS 監督(監督の提供、組織と実施の責任、原稿の執筆):CAFPG、DABG、FP、CSS データ収集/処理(実験、患者管理、組織、または報告データを担当):CMH、CAFPG、DABG、FP、CSS 分析/解釈(統計分析、評価、結果の提示を担当):CAFPG、AVDF 文献検索(文献検索を実行):CAFPG、AVDF 書くこと(原稿の実質的な部分を書く責任がある):CMH、CAFPG、AVDF、DABG、FP、CSS 批評的レビュー(知的内容のための改訂原稿、これはつづりと文法チェックには関係しません):CAFPG、AVDF 実用的なアプリケーション • より低い圧痛閾値を有する患者は、より高度の重症度のTMDを有した。 参考文献 1 M Wieckiewicz 、K Boening 、P Wiland 、YY Shiau 、A Paradowska-Stolarz 顎関節症の治療法および疼痛管理のための報告されている概念 J頭痛、16 (2015 )、p。106 Google Scholar 2 J ダーラム、TR ニュートンジョン、JM Zakrzewska 顎関節症 BMJ、350(2015)、p。h1154 CrossRef Google Scholar 3 K 経口、B バルKüçük 、B Ebeoğlu 、S Dinçer 顎障害痛の病因 Agri 、21 (3 )(2009 )、pp。89 – 94 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 4 CM Herpich 、AP Amaral 、EC Leal-Junior 、他。 顎関節症のリハビリテーションにおけるレーザー治療と評価法の分析:文献の系統的レビュー J Phys Ther Sci 、27 (1 )(2015 )、pp。295 – 301 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 5 RF Ribeiro-Rotta 、KD Marques 、MJ Pacheco 、CR Leles コンピューター断層撮影と磁気共鳴画像法は、顎関節症治療に追加されますか?診断効果の系統的レビュー JオーラルRehabil 、38 (2 )(2011 )、PP。120 – 135 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 6 KC Berni 、AV Dibai-Filho 、PF Pires 、D Rodrigues-Bigaton筋原 性顎関節症の診断のための表面筋電図RMS処理の精度 J Electromyogr Kinesiol 、25 (4 )(2015 )、pp。596 – 602 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 7 AV Dibai Filho 、AC パッカー、AC コスタ、D ロドリゲス – ビガトン筋原 性顎関節症の診断のための咀嚼筋の赤外線サーモグラフィの精度 J Manipulative Physiol Ther 、36 (4 )(2013 )、pp。245 – 252 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 8 D ロドリゲス – ビガトン、AV Dibai Filho 、AC コスタ、AC パッカー、EM de Castro 顎関節症の女性の関節痛の診断における赤外線サーモグラフィの精度と信頼性 J Manipulative Physiol Ther 、36 (4 )(2013 )、pp。253 – 258 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 9 SF Dworkin 、L LeResche 顎関節症の診断基準:レビュー、基準、検査と仕様、批評 J Craniomandib Disord 、6 (4 )(1992 )、PP。301 – 355 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 10年 AS de Oliveira 、EM Dias 、RG Contato 、F Berzin ブラジルの大学生における顎関節症の徴候と症状の有病率調査 いるBrazオーラルRES 、20 (1 )(2006 )、頁。3 – 7 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 11 K 野村、M Vitti 、AS Oliveira 、等。 ブラジルの歯科学部生における顎関節症の有病率と重症度を評価するためのFonsecaのアンケートの使用 Braz Dent J 、18 (2 )(2007 )、pp。163 – 167 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 12年 LR Bonjardim 、MB Gavião 、LJ ペレイラ、PM カステロ、RC ガルシア 看板や青年における顎関節症の症状 Braz Oral Res 、19 (2 )(2005 )、pp。93 – 98 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 13年 TO de Santis 、LJ Motta 、DA Biasotto-Gonzalez 、他。 小児および青年における顎関節症のための主なスクリーニングツールの精度研究 J Bodyw楽章THER 、18 (1 )(2014 )、頁。87 – 91 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 14年 D Bevilaqua-Grossi 、TC Chaves 、AS de Oliveira 、V Monteiro-Pedro 既往症指数の重症度およびTMDの徴候と症状 頭蓋、24 (2 )(2006 )、PP。112 – 118 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 15年 KH ゾウ、K Tuncali 、SG シルバー 相関と単純な線形回帰 放射線科、227 (3 )(2003 )、頁617 – 622 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 16 AV Dibai-フィリオ、AC コスタ、AC パッカー、D ロドリゲス- Bigatonの myogenous顎障害を有する女性における咀嚼筋上の皮膚表面温度と疼痛強度との相関 J戻るMusculoskelet Rehabil 、26 (3 )(2013 )、PP。323 – 328 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 17年 DM フォンセカ Disfunção顎(DTM):ElaboraçãoデええとIndiceAnamnésico [論文] サンパウロ大学、バウル(1992 ) Google Scholar 18年 DM フォンセカ、G Bonfante 、AL バレ、SF フレイタス Diagnósticoペラanamnese DAdisfunçãocraniomandibular REVGaúchaOdontol 、42 (1 )(1994 )、頁。23 – 28 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 19年 TC Chaves氏、AS de Oliveira氏、DB Grossi Principais氏による顎関節症、パートI:その他の質問:製品の概要および詳細情報 Fisioter Pesqui 、15 (1 )(2008 )、頁92 – 100 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 20 MA Ferreira-Valente 、JL Pais-Ribeiro 、MP ジェンセン 4つの疼痛強度評価尺度の妥当性 Pain 、152 (10 )(2011 )、pp。2399 – 2404 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar 21 MC ゴンサルベス、TC シャベス、LL がflorencio 、ら。 片頭痛患者の頸部筋組織に対する圧痛感受性は頸部障害に関連するか? J Bodyw楽章THER 、19 (1 )(2015 )、頁。67 – 71 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 22 TC シャベス、HM 長嶺、LM ・デ・スーザ、AS ・デ・オリベイラ、DB グロッシ 内および顎関節症や無症状の子どもに関連する口腔顔面の痛みを報告子供の咀嚼構造のための圧力痛覚閾値のinterrater契約 J Orofac痛み、21 (2 )(2007 )、PP。133 – 142 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 23 AV Dibai-フィリオ、AC コスタ、AC パッカー、EM ・デ・カストロ、D ロドリゲス- Bigaton 顎疾患のより重症度を有する女性の顎関節にわたって温度上昇を示します サウジアラビアデントJ 、27 (1 )(2015 )、頁。44 – 49 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 24 CA ゴメス、AV Dibai-フィリオ、JR シルバ、PM オリベイラ、F Politti 、DA Biasotto -ゴンザレスの 顎疾患の重症度および運動の下顎範囲の相関 J Bodyw楽章THER 、18 (2 )(2014 )、PP。306 – 310 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 25年 P Tosato Jde 、PH Caria 、CA Gomes 、他。 程度の異なる顎関節症患者のストレスと筋肉活動の相関 J Phys Ther Sci 、27 (4 )(2015 )、pp。1227 – 1231 Google Scholar 26 KC Berni 、AV Dibai-Filho 、D Rodrigues-Bigaton 女性のコミュニティ症例における筋性顎関節症の同定におけるFonseca既往歴指数の精度 J Bodyw楽章THER 、19 (3 )(2015 )、PP。404 – 409 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 27年 JA カンポス、AC Carrascosa 、FS Bonafé 、J Maroco 女性では顎関節症の重症度:フォンセカ既往指数の妥当性と信頼性 いるBrazオーラルRES 、28 (1 )(2014 )、頁。16 – 21 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 28年 J ・ゴンサレス・イグレシアス、JA クレランド、F ネト、T ホール、C フェルナンデスドLAS-Peñas 移動、胸椎操作、及び顎障害の管理のためのドライニードリングとの動員:将来のケースシリーズ Physiother Theory Practice 、29 (8 )(2013 )、pp。586 – 595 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 29年 LB Calixtre 、RF Moreira 、GH Franchini 、F Alburquerque-Sendín 、AB Oliveira 顎関節症の徴候および症状を有する対象における疼痛および限られた可動域の管理のための手動療法:無作為化対照試験の系統的レビュー JオーラルRehabil 、42 (11 )(2015 )、PP。847 – 861 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 30 NC ゴメス、KC ベルニ – シュワルツベック、AC パッカー、D ロドリゲス – ビガトン TMDの女性の疼痛に対する陰極高電圧電気刺激の効果 REVブラジャーFisioter 、16 (1 )(2012 )、頁。10 – 15 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 国立健康科学大学による©2018。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0161475416301245