このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
本研究は、21〜23歳の無症候性女性における軟組織痛閾値のレベルに対する仙腸関節(SIJ)動員および/または自己動員の効果を評価することを目的とした( n = 20)。
方法
FPIXワグナーAlgometerを計算するために適用された圧力の疼痛閾値腸腰用の左右の上(PPT)を靱帯及び腰部脊柱起立(L3)。振動動員、自己動員、およびプラセボ治療の無作為化プロトコルの前後に、正しいSIJの測定を行った。
結果
介入(動員、自己動員、プラセボ)の主な効果は、回腸靭帯(F = 13.04、P <0.05)および勃起棘(F = 12.28、P <。)を超えるPPTの増加とともに、分散分析によって確認された。 05)動員側に。ウィルコクソン検定は SIJ動員は腸腰靭帯(上PPTを増加することを示したP <0.05)と脊柱起立(P両側<0.05)。自己動員は運動した側の勃起棘PPTを増加させた(P <0.05)が、プラセボはPPTの変化を引き起こさなかった(P > 0.05)。
結論
この研究は、疼痛症状のない女性におけるSIJの振動性動員に起因する局所的および全体的な疼痛調節の証拠を提供する。SIJの自己動員は、鎮痛薬の用途が限られています。
前の記事次の記事
主なインデックス用語
疼痛骨盤脊椎治療学
国立健康科学大学による©2018。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0161475416303505