このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
一般的に、高い疼痛抑制を示す個人は、低い疼痛促進を示す傾向があると考えられていますが、ほとんどの研究は、疼痛を有する個人においてこの関連を調べていません。この横断的研究の目的は、1)慢性疼痛を有する個人における条件付き疼痛調節(CPM)と一時的合計(TS)の尺度の間の関連性を調べること、 2)この関連性が人口統計によって調節されたかどうかを調べることであった。 、性別、精神的(うつ病、壊滅的)、または投薬関連(オピオイド使用)の変数。背中や首の痛みのある個人(N= 190)はアンケートに回答し、一連の質問を受けました。CPMとTSを評価する定量的官能検査手順 結果は、より高いレベルのCPMを有する個人がより低いレベルのTSを示したことを示した、r = –20、P <0.01。しかしながら、分析は、この関連の大きさが、非使用者よりもオピオイド使用者の間で実質的に弱いことを明らかにした( r = -.08、NS)( r = -.34、P <0.01)。我々の研究に含まれた人口統計学的または心理学的変数のどれもCPMとTSの間の関連に影響を及ぼさなかった。CPMの大きさは、非使用者よりオピオイド使用者のほうが低く、オピオイドの使用は内因性疼痛抑制システムの機能を弱め、疼痛抑制と疼痛促進の尺度の間の不一致の原因となる可能性があることを示唆している。 展望 本研究の結果は、より大きな内因性疼痛抑制能力がより低いレベルの疼痛促進に関連することを示した。しかしながら、この関連はオピオイド使用者の間では重要ではなく、オピオイドは内因性疼痛調節システム間の機能および相互関係を危うくするかもしれないことを示唆している。 キーワード 内因性疼痛抑制痛みの促進オピオイド慢性の痛み この作品は、国立衛生研究所助成金からの助成金R21DA041020およびR01AG034982(RRE、PI)、国際疼痛研究協会からの共同研究助成金によって支援され、神経可塑性および疼痛センター(CNAP)はデンマーク国立研究財団(DNRF 121)。資金源のどれもデータの収集、分析、または解釈に関与していませんでした。資金源もまた原稿の準備や出版のための記事の提出の決定には関与していませんでした。 作者は宣言する利益の衝突を持っていません。 アメリカ疼痛学会による©2018 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1526590018307594

関連記事はこちら