このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

目的
親指手根中手骨(CMC)関節への神経支配パターンを決定し、親指CMC関節炎に関連する疼痛および機能障害の治療のための選択的関節除神経の安全性と有効性を評価する。
方法
CMC関節への神経支配パターンをより明確にし、CMC関節神経支配除去のための外科的アプローチを導くために、死体解剖を10の新鮮な上肢で行った。候補神経の組織学的確認は、ヘマトキシリンおよびエオシン染色を用いて行った。選択的除神経を受けた症候性親指CMC関節炎の一連の12人の患者からの結果を遡及的に評価して、この治療アプローチの安全性および有効性を決定した。術前および術後の握力とピンチの強さの測定値の違い、および症状の主観的な報告について比較しました。
結果
親指CMC関節への神経枝は、外側前腕皮神経(10個の標本のうち10個)、正中神経の手掌皮膚枝(10個の標本のうち7個)、および橈骨知覚神経(10個の標本のうち4個)から生じることがわかった。。15カ月の平均追跡期間で、12人の患者のうちの11人(92%)が疼痛の完全またはほぼ完全な軽減を報告した。グリップ力と横方向のキーピンチ強度の平均的な改善は、それぞれ4.1±3.0 kg(ベースラインから18%±12%)と1.7±0.5 kg(ベースラインから37%±11%)でした。1人の患者はステロイドで解決した神経腫と一致する新しい痛みの発症を経験しました注入。すべての患者は手術後1週間で軽度の活動に解放され、すべての活動制限は手術後6週間までに解除されました。
結論
CMC関節の選択的除神経は、疼痛を治療し、そしてCMC関節炎に関連する機能障害を軽減するための効果的なアプローチである。この手術は忍容性が高く、台形切除術と比較してより早く回復します。外側前腕上皮神経、正中神経の手のひら皮膚枝、および橈骨知覚神経から生じる枝は、単一切開ワグナー法で同定および切除することができる。
研究の種類/証拠レベル
治療的V.
前の記事次の記事
キーワード
関節炎除神経神経親指手根中手関節僧帽筋椎間関節
親指手指中手骨(CMC)関節炎は、男性の7%および女性の15%が罹患している一般的な問題であり、そのうち 1 人は衰弱性の痛み、脱力、および機能制限を経験している。初期段階の関節炎は、装具およびステロイド注射による非外科的治療にしばしば適している。しかしながら、より進行した疾患は外科的介入を必要とする傾向があり、これは典型的には痛みを伴う関節炎関節の除去を含む。2追加の安定化処置を併用する、または併用しない僧帽筋摘出術は、ほとんどの患者において疼痛の優れた軽減と親指機能の改善をもたらすことが示されています。3、4、5しかしながら、これらの手技の有効性は、潜在的に痛みを伴う術後回復コースを犠牲にして、典型的には数週間の固定と時には仕事に戻る前の数ヶ月を必要とします6、手根骨の不安定化7と腱の癒着/破裂を含む合併症のリスク。8、9 補綴関節インプラントの様々な材料を使用して、多くの研究が良好な結果を示すと、親指衰弱、中手沈下、およびtrapeziectomyに関連付けられた不安定性の潜在的なリスクに対処するために採用されています。10、11、12 しかしながら、このアプローチは、補綴インプラントの使用に関連するさらなる危険性を導入しながら、同様に侵襲的な処置および回復期間を必要とする。13、14
親指CMC関節の選択的除神経は、CMC関節炎に関連する痛みを治療するために使用できるめったに考慮されていない代替アプローチです。選択的除神経は、体中のいくつかの関節の関節炎の痛みを治療するためにうまく採用されてきました。15、16、17、18親指CMC関節の脱神経は、具体的には、第一Cozziによって記載された191991年に、彼は症候性CMC関節炎を持つ170人の患者の87%で好ましい結果を報告しました。しかしながら、1998年のその後のFoucherによる研究は、親指CMC関節神経支配除去を受けている患者の35%のみでかなりの改善を示し、それは疑いを生じさせ、それによってこのアプローチへのさらなる関心を減少させた。4年後の前向き研究において、Lorea等。20、21は、 12 14の患者の痛みに優れた改良を指摘しました。症例シリーズのArenas-Prat(22人)および症例報告のDellon(23人)はそれぞれ、除神経を伴う良好な結果を示しました。
本研究の目的は、サムCMC関節炎の治療選択肢としての選択的除神経の実行可能性を再検討することでした。死体解剖は、親指CMC関節への神経支配パターンをより明確にし、除神経のための外科的アプローチを導くために行われた。シングル切開アプローチを使用して選択的除神経を受けた症候性親指CMC関節炎患者のシリーズの結果が報告されています。我々の仮説は、選択的除神経は疼痛を治療し、CMC関節炎に関連した機能障害を軽減するための安全で効果的なアプローチであり、それによって台形切除術を含む伝統的なアプローチに代わる実行可能な選択肢を提供する。
方法
死体研究
親指CMC関節への神経支配パターンをより明確に定義するために、死体解剖をPP、SH、およびALDによって10箇所の新鮮な上肢で行った。次の神経が前腕で最初に確認された:外側前腕上腕皮神経(LABCN)、正中神経の手のひら皮膚分枝(PCBMN)、正中回旋運動神経(MRMN)、放射状感覚神経(RSN)、および尺骨運動神経(UMN) )各神経を親指CMC関節に向かって解剖して、遠位関節枝の存在を確認した。関節包と連続しており、近位神経に張力を与えて嚢のテンティングを引き起こすことが判明した分枝のみを考慮した。そのような潜在的なブランチはすべて修正されました。組織学的に神経組織の存在を確認するために、パラフィンに包埋されたホルマリンを横方向に切断し、ヘマトキシリンおよびエオシンで染色した。
ケースシリーズ
施設内審査委員会の承認を得た後、2015年4月から2017年1月の間にシニア著者による選択的除神経を受けた症候性親指CMC関節炎の12人の患者の遡及的カルテレビューを実施した。イートン基準 24人の除神経を受けたすべての患者は、シニアの著者によって適切な外科的な候補であるとみなされたとしてtrapeziectomyの代替を提供された靭帯再建腱介在(LRTI)。 0.5%ブピバカインを用いた前腕中レベルの LABC 、RSN、および正中神経の術前診断ブロック除神経の適性を判断するために、最初の5人の患者で行われた。残りの患者では、近位神経ブロックに起因する不快感およびびまん性のしびれを回避するために、ブピバカインをCMC関節包の周りに浸潤させることによって診断ブロックを行った。
主な疼痛解消度(完全、ほぼ完全、適度、またはなし)の術後評価、油圧式ダイナモメータを使用した握力および横方向のキーピンチ強度の術前および術後の測定(Jamar、Hatfield、PA) )術後低感覚、感覚異常、および神経疼痛も報告された。報告された疼痛レベルの介入前後の比較のためにフィッシャーの直接確率検定を使用し、その有意性をP <0.05のレベルに設定した。 外科的アプローチ 止血帯制御下では、親指のCMC関節を覆い、遠位の手首の折り目に向かって近位方向に伸びる、斑状および非斑状の皮膚の接合部における単一の4cmワグナー切開が使用される。解剖は母指筋筋膜まで行われます。筋膜を覆う平面は、まず、親指の中手骨の基部から遠位の遠位の橈骨の高さのレベルまで、第2中手骨のレベルまで背側尺側に近位側に発達する。重なっている皮下組織から関節包を覆っている筋膜へと、この平面に垂直に移動している遠位の表在性橈骨神経(SRN)枝を識別するように注意を払う(図1)。A、B)。次に、LABCNからの遠位関節分岐を識別するために、第1の区画の奥深くにある解剖学的嗅ぎ箱が調べられる。LABCN枝と密接に関連することが多い橈骨動脈および大静脈コミタを保護するように注意が払われている(図1C)。最後に、近位仙筋筋膜を切開し、近位起点の筋線維を分割して、筋腹部の床に沿って移動するPCBMNから関節分岐を特定する(図1D)。注目すべきことに、処置の過程を通して、同定された各関節枝は、神経内1%リドカインで麻酔されている。エピネフリンを用いて疼痛伝達を予防し、そして仮説的に疼痛集中化のリスクを低減し、双極焼灼術で焼灼し、切除し、そして確認のために病理学に送られる。この手順の終わりに、指輪筋筋膜を3-0 Vicryl縫合糸で閉じ、止血帯を解放して皮膚を閉じる前に適切な止血を確実にする。 高解像度画像をダウンロードする(308KB)フルサイズの画像をダウンロード 図1。由来親指CMC関節に関節神経枝を示す術中写真A、Bの半径方向感覚神経、C横前腕皮神経(解剖学的snuffbox)、及びD の手掌皮膚枝正中神経(深部の近位起源に母指球の筋肉) 結果 死体研究 LABCNは、10本の上肢のうちの10本で関節CMC関節への関節分岐に寄与することが見出された。解剖学的スナフボックスで識別することができるLABCNの深い枝から生じるCMC関節への関節枝は通常1つまたは2つある。PCBMNは、10本の上肢のうちの7本で関節CMC関節への関節枝の一因となることが判明した。横方向の手根靭帯の高さで屈筋橈骨橈骨腱を横切っており、10/4の四肢では屈筋橈骨半径方向に深く、10/3の四肢では屈筋橈骨半径方向に浅い(図2)。A)RSNは、10本の上肢のうち4本で関節CMC関節の関節分岐に寄与することがわかった。いくつかのRSN分岐が、関節と関節運動することなく、CMC関節を越えて第1のウェブスペースに向かって移動することが見出された(図2B)。注目すべきことに、RSNとLABCからの収束ブランチがしばしば存在しました。MRMNもUMNも、10個の上肢のいずれにおいても関節CMC関節への関節分岐をもたらすことは見出されなかった。 高解像度画像をダウンロード(1MB)フルサイズの画像をダウンロード 図2。死体解剖からの写真。A PCBMNは中枢神経から発生し、終末枝が親指のCMC関節に向かっているのが見られます。B RSNとLABCが近位で通信していることがわかります。RSNのいくつかの末端分岐は関節と関節をなすことがわかったが、他の関節は関節なしで関節を覆っていた。 ケースシリーズ 以下の結果は表1のデータから要約される。手術時の平均年齢は59歳でした(範囲、46〜74歳)。9人の患者は女性、3人は男性でした。平均追跡期間は15ヶ月でした(範囲、3〜28カ月)。すべての患者は、イートン病期2から病期4までの範囲で、親指CMC関節炎のX線撮影による証拠を示した。全患者は、優れた親指CMCの可動域を示した。手術前に 術前および術後の握力と側方ピンチ強度を測定した8人の患者のうち、5人(63%)は改善し、2人(25%)は悪化し、1人(13%)は握力に変化がなかった。 4.1±3.0 kgの平均改善(ベースラインから18%±12%増加)。7人(88%)が改善し、1人(13%)が横方向のピンチ強度を悪化させ、平均改善は1.7±0.5 kgでした(ベースラインから37%±11%増加)。 表1。臨床症例シリーズからの患者の特徴と転帰の要約 患者 年齢(年) 性別 イートングレード フォローアップ時間(mo) 強度試験の経過観察時間(月) グリップ強度(kg) 横方向のピンチ強度(kg) 術後の痛みの解決 術後のしびれ その他の注意事項 前 役職 変化する 前 役職 変化する 1 46 F 3 26 3 7.7 15.9 + 8.2 0.2 3.5 +3.3 コンプリート 近位尺尺親指、背側人差し指 2 46 F 2 18年 – – – – – – – ほぼ完成 無し 3 71 F 4 28年 – – – – – – – コンプリート 無し 4 63 M 2 28年 – – – – – – – コンプリート 近位距骨の隆起、背側の親指(解決済み) 5 59 F 2 17年 2 23 31.7 +8.7 5.3 8.3 +3 無し 無し 症状の解消を伴うその後のLRTI 6 65 M 4 5.5 2 49.3 42.7 −6.6 9.8 10.8 +1 ほぼ完成 切開部から1cm掌側 7 69 M 3 15年 5.5 49.3 49.9 +0.6 6.2 10年 +3.8 コンプリート 背側親指(解決済み) 8 46 F 2 3 3 11.3 31.8 + 20.5 4.5 5 +0.5 コンプリート 切開の尺骨面 9 74 F 2 5.5 2 21.7 21.7 0 4.3 5.3 +1 コンプリート 切開周囲 10年 50 F 4 12年 2 14.3 12.2 -2.1 1.8 1.8 0 コンプリート 切開の近位の側面(解決済み) 反対側の親指CMC関節炎に対する除神経は最初の除神経処置の10ヵ月後に行われた 11 59 F 3 11 11 21 24.7 +3.7 4.8 5.7 +0.9 コンプリート 無し 単回ステロイド注射で解決したSRN神経腫の可能性 12年 57 F 4 14年 – – – – – – ほぼ完成 切開遠位 平均 59±3 15.3±2.5 3.8±1.1 24.7±5.7 28.8±4.6 4.9±3.0 4.6±1.0 6.3±1.1 1.7±0.5 -、 利用不可; CMC、carpometacarpal。LRTI、靭帯再建腱介在。SRN、表在性橈骨神経。 12人の患者のうち、11人は手術後の痛みの完全またはほぼ完全な解消を記録し、改善は最初の術後の来院時に確認されました。これは、我々の75%改善閾値を超えたという点で統計的に有意であった(両側検定で P <0.05)。私達のシリーズの1人の患者は除神経の改善を示すことができませんでしたそして17ヵ月後にLRTIによる台形切除術を選択し、手術後5ヵ月で症状が消えた。全ての患者は手術後1週間で軽度の活動に解放され、全ての活動制限は2回目の診療所予約で解除された。手術前に働いていた7人の患者のうち、6人は2回目の術後の診療所指定の前に仕事に戻り、それは手術後平均6.5週間であった(範囲、3〜12週)。斑状領域しびれ、背側及び/又は遠位に切開接触やピンチの表面積には影響を及ぼさず、8人の患者に認められた(73%)。これは全ての患者によって十分に許容され、そして時間と共に徐々に改善する傾向があった。1人の患者が彼女の最初の術後の訪問でCMC関節の遠位で皮膚のすぐ深部に新しいピンポイントの痛みを持っていたことに気づいた、当初はSRN 神経腫に起因すると考えられていた。この疼痛は単回ステロイド注射で解消し、彼女の直近の11ヶ月の術後診療所訪問では元には戻らなかった。 討論 本研究の目的は、サムCMC関節炎の治療としての除神経の有用性を評価することでした。除神経は、多くの関節における変性性関節炎から生じる痛みを軽減するために首尾よく使用されてきた。特に、部分的な手首の除神経は難治性の手首の痛みのための実行可能な治療法の選択肢として受け入れられており、良好な結果と最小限の罹患率および危険性を伴っている。15、17、18、25、治療ジョイント除神経の概念は、親指CMC関節を含むすべての関節、理解から生じる26、27が含まれています知覚受容体、そのうちのいくつかは知覚神経枝を介して疼痛信号を伝達する。これらの神経枝を分けることは、罹患関節からの疼痛信号を乱すのに役立ち、それによって症状の軽減をもたらす。 親指CMC関節炎を治療するために治療的関節除神経の原理を適用するためには、CMC関節への神経支配パターンの基本的な理解が必要です。私たちの死体解剖は、CMC関節への神経支配がLABCN、PCBMN、およびRSNによって供給されることを示しています。MRMNまたはUMNから生じる関節神経枝は見つかりませんでした。この問題を調べた以前の死体研究では、親指のCMC関節への神経支配のさまざまなパターンが確認されており、解剖学的構造の多様性が示唆されています。19、28、29、30、31 Cozzi 19は親指の神経支配がCMCジョイントがSRNから排他的に生じることを見出しました。Lorea et al 28LABC、SRN、PCBMN、およびMRMNからの合計10の死体での貢献に言及した。これとは対照的に、Pouponら30は15の標本でSRNから関節分岐を発見せず、CMC 関節包の神経支配は主にPCBMNとMRMNを介して正中神経に由来すると結論した。我々の調査結果と同様に、Fukumoto et al 31は正中神経、SRN、およびLABCからの寄与に注目した。合計19のホルマリン保存死体で、Miki et al 29SRM、MRMN、およびUMNからの関節分岐をそれぞれ11、9、および9検体で観察したが、PCBMNまたはLABCからは何も指摘されていない。親指CMC関節への神経支配を調べる様々な研究の中での所見のこれらの違いは、部分的に解剖学的変動によって説明することができるが、方法論的変動性が役割を果たした可能性もある。我々の研究では、我々は新鮮な死体を使用し、免疫組織化学で疑わしい関節の枝の同一性を確認した。これにより、結果の詳細度が向上した可能性があります。例えば、我々は、組織学的に評価した場合に最終的に神経ではないと見なされた、UMNからの多数の潜在的な関節枝を発見した。さらに、以前の研究とは対照的に、我々は我々の発見の特異性を確実にするために、構造上の牽引力でカプセルを覆う筋膜のテンティングを引き起こした枝のみを含めた。そのため、実際に関節を神経支配していたより小さな枝を見落としている可能性があります。 これらの所見の違いに照らして、関節の分岐が発生する神経の同一性は、関節の分岐が関節包に入るときに見られる場所よりも重要ではないことを強調しておくべきである。手術中に同定され分裂した。皮下飛行機、解剖学的嗅ぎタバコの箱、との近位起源探求する際に術中に、我々は一貫して、関節神経枝を見つけた母指球を筋肉。これらの分岐は、それぞれRSN、LABC、およびPCBMNから発生したと想定します。しかしながら、UMNとMRMNからの分岐が関節の尺骨の側面に沿って調査されるべきであるかどうかに関して問題は残っています。もしそうであれば、これは、神経支配筋組織を除神経することも過度に切開することもなく達成するのが難しいかもしれない。私たちの死体所見と私たちの好ましい臨床転帰は、少なくとも大多数の患者にとってこれは不必要である可能性が高いと私たちに信じさせます。 我々の死体研究からの知見は、我々の最初の5人の患者のために実行された前腕中央レベルのLABC、RSN、および正中神経ブロックで、術前診断神経ブロックを実行するための我々の最初のアプローチを導きました。残りの患者については、近位神経ブロックに起因する不快感とびまん性しびれを回避するために、CMC関節包の周囲に麻酔薬を浸潤させて局所ブロックを行うことに移行した。ローカル診断ブロックに対する肯定応答は、集中痛みを除外でそう有用であるが、麻酔薬が周囲組織に拡散して、このようなデQuervainのように近くの病理に起因する痛みを軽減する可能性があることが考えられる腱鞘炎。同様に、近位神経ブロックは、疼痛信号がCMC関節の近くではあるが他の場所から生じる疼痛からブロックする可能性を有する。外科的除神経に対する反応の可能性を評価するために神経ブロックを使用する場合、偽陽性の結果が出る可能性を考慮する必要があります。 私たちのケースシリーズからの結果は、親指CMC関節の選択的除神経が最小限の罹患率で、関節炎に関連する痛みを治療するための安全で効果的なアプローチであることを示唆しています。手技自体は一般的に忍容性が高く、台形切除術を含む手技と比較して迅速かつ容易に回復した。12人中11人の患者が完全またはほぼ完全に疼痛の解消を達成しているので、観察された疼痛改善率は見込みがある。ただし、私たちのシリーズに含まれる一部の患者では、台形切除術との比較は長期の追跡調査の欠如によって制限されます。CMC関節の除神経を調べる以前の研究とは対照的に、我々はグリップとキーピンチの強度の回復に関するいくつかの初期の結果を提示します。ほとんどの患者は両方の測定で改善を示しましたが、握力の低下を示した患者は2人でした。これらの患者は両方ともこの転帰測定のためにたった2ヵ月という特に短い追跡調査を持っていた、それは観察された改善の欠如を説明するかもしれない。私達のシリーズは患者が達成しなかった1つの処置の失敗を含んでいた痛みを和らげる。この特定の患者は、我々の外科的アプローチでは分割されなかったであろうUMNおよび/またはMRMNからCMC関節への神経支配を有していたか、または調査された領域で分岐が見逃された可能性がある。この場合はまた、行われた外科的アプローチにかかわらず、一部の患者が除神経に反応しない可能性がある。患者が最初にSRN 神経腫であると考えられている痛みの新たな発症を発症した我々のケースシリーズで観察された合併症は1つだけでした。痛みが単一のステロイドの後に解決したので注射、病因は不明である。それにもかかわらず、症候性神経腫の形成は潜在的なリスクと考えられるべきであり、この潜在的な合併症の真の発生率を決定するためにはより長い追跡調査を伴うより大きな研究が必要とされる。シャルコーの関節の発達は、関節の神経支配除去に関連する理論的リスクです。この合併症は我々の研究では観察されず、他の関節の外科的除神経後にも起こることは観察されていないが、より多くの患者で長期間の追跡調査なしに確実に除外することはできない。 我々の結果は、除神経が安全で効果的であるという我々の仮説を支持している。我々は現在、安定した可動関節を呈し、非外科的治療に失敗した、症候性CMC関節炎、イートングレード2以上の患者にこの手技を提供している。除神経を行っても、その後の台形切除術の手順が必要になったとしても排除されません。除神経で改善しなかった1人の患者は、続いて成功したLRTIを受けました。 注意すべき私たちの研究には多くの制限があります。これは、追跡調査が限られており、患者の特徴や疾患が異質であるという小ケースシリーズです。3人の患者は12ヶ月未満の追跡調査を受けていたが、観察された改善の長期的な持続性を決定するには不十分である。この研究では、標準化されたアウトカム指標と、測定されたデータポイントにおける患者間の一貫性も欠けています。主な結果の尺度が痛みの解消であったことを考えると、検証された主観的な結果の尺度の欠如によって、この研究から導かれた結論は弱まっています。多くの交絡変数によって影響を受ける可能性がある仕事に戻るまでの時間を評価するのではなく、定期的な活動に戻ることで患者の回復のより良い尺度が得られたでしょう。この手順の有用性をより明確にするために、 謝辞 術中の写真撮影を支援してくれたPhilip Hanwright博士に感謝します。この研究は、カリフォルニア州サンフランシスコで開催された2017年米国手科手術学会年次総会で発表されました。 参考文献 1 MM Haara 、M. Heliovaara 、H. クローガー、ら。 親指の手根中手関節における変形性関節症 有病率および障害および死亡率との関連 J Bone Joint Surg Am 、86-A (7 )(2004 )、pp。1452 – 1457 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 2 K. Bakri 、SL モラン Thumb carpometacarpal関節炎 Plast Reconstr Surg 、135 (2 )(2015 )、pp。508 – 520 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 3 S. Gangopadhyay 、H. マッケナ、FD バーク、TR デイビス 五trapeziometacarpal変形性関節症の治療のための18年間のフォローアップの全切除、腱介在、及び靱帯再建と腱介在の将来の比較 J Hand Surg Am 、37 (3 )(2012 )、pp。411 – 417 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 4 L. デスメット、W. Sioen 、D. Spaepen 、H. バンRansbeeck 親指の根元の関節リウマチの治療:腱介在/靭帯再建の有無にかかわらずtrapeziectomy 手のSurg 、9 (1 )(2004 )、頁5 – 9 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 5 J. フィールド、D. ブキャナンは、 一時停止したり一時停止しない:trapeziectomyと橈側手根屈筋サスペンション対シンプルtrapeziectomyの無作為化、単盲検臨床試験を J Hand Surg Eur Vol 、32 (4 )(2007 )、pp。462 – 466 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar 6 JM ウルフ、I. Atroshi 、C. 周、J. カールソン、M. Englund 親指手根中手骨関節症の手術後の病気休暇:人口ベースの研究 J Hand Surg Am 、43 (5 )(2018 )、pp。439 – 447 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 7 BJ 元、SL モラン、SC テイ、RA バーガー 台形切除術および手根骨崩壊 J Hand Surg Am 、34 (2 )(2009 )、pp。219 – 227 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 8 RE リンス、RH Gelberman 、L. マッケオン、JN カッツ、RK Kadiyala 基礎関節炎:靭帯の再建と腱介在関節形成術とtrapeziectomy J手のSurgアム、21 (2 )(1996 )、PP。202 – 209 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 9 最初の手根中 – 中手関節の A. Weilby 腱介在関節形成術 J Hand Surg Br 、13 (4 )(1988 )、pp。421 – 425 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar 10年 A. ニルソン、E. Liljensten 、C. バーグストロム、C. Sollerman 腱関節形成術と比較して分解TMC関節スペーサ(Artelon)の結果 J Hand Surg Am 、30 (2 )(2005 )、pp。380 – 389 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 11 S. Odella 、AM Querenghi 、R. サルトル A DEF、Dacatra U. Trapeziometacarpal骨関節炎:パイロカーボン介在インプラント 節理学、2 (4 )(2014 )、pp。154 – 158 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 12年 AB スワンソン、G. deGootスワンソン、JJ Watermeier 台形インプラント関節形成術。150症例の長期評価 J手のSurgアム、6 (2 )(1981 )、PP。125 – 141 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 13年 AL Blount 、SD アームストロング、F。 ユアン、SD バージェス 多孔性ポリウレタンウレア(Artelon)関節スペーサーと台形切除術および靭帯再建術との比較 J Hand Surg Am 、38 (9 )(2013 )、pp。1741 – 1745 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 14年 HG バンCappelle 、P. Elzenga 、JR ヴァンホーン 長期結果とtrapeziometacarpal関節のデ・ラ・Caffiniere置換の緩み分析 J Hand Surg Am 、24 (3 )(1999 )、pp。476 – 482 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 15年 手首関節の D. バックグラムコ除 神経 J手のSurgアム、2 (1 )(1977 )、頁。54 – 61 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 16 AL Dellon 、MA モン、KA Krackow 、DS ハンガーフォード 人工膝関節全置換術後の持続性の神経腫の痛みのための部分的除神経 Clin Orthop Relat Res (316 )(1995 )、pp。145 – 150 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 17年 A. 手首の ウィルヘルム 除神経[ドイツ語] Hefte Unfallheilkd 、81 (1965 )、PP。109 – 114 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 18年 A. Wilhelm Tennis elbow:除神経による耐性症例の治療 J Hand Surg Br 、21 (4 )(1996 )、pp。523 – 533 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar 19年 P. Cozzi de poignet et de la mainによるアーティキュレーションの定義。Vol。4 マッソン、パリ(1991 ) Google Scholar 20 P. Lorea 、M. デューリー、F. マリンブラウン、T. でっかい、A. デ・メイ、G. Foucher Trapeziometacarpal除神経。手術手技の説明と14症例の前向きシリーズからの予備結果[フランス語] Chir Main 、21 (4 )(2002 )、pp。209 – 217 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 21 PD Lorea 最初の手根中手骨関節神経支配除去術:解剖学と手術手技 テックハンドアップEXTREMのSurg 、7 (1 )(2003 )、頁。26 – 31 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 22 最初の手根中手関節関節除神経に対する JM Arenas-Prat Wagnerアプローチ テックハンドアップEXTREMのSurg 、16 (2 )(2012 )、頁107 – 109 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 23 掌側CMC関節痛を軽減するための AL Dellon 掌側除神経および骨棘切除 ケースは、プラストのSurg手のSurgを報告し、4 (1 )(2017 )、頁。13 – 16 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 24 RG イートン、LB レーン、JW リトラー、JJ キーサー 靭帯再建:痛みを伴う親指手根中手関節:長期的評価 J Hand Surg Am 、9 (5 )(1984 )、pp。692 – 699 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 25年 J. ブラガ – シルバ、JA ローマン、AV Padoin 手首の痛みを伴う症状に対する手首の除神経 J Hand Surg Am 、36 (6 )(2011 )、pp。961 – 966 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 26 E. Hagert 、J. リー、AL ラッド 親指trapeziometacarpal関節靱帯の神経支配パターン J手のSurgアム、37 (4 )(2012 )、頁706 – 714.e701 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 27年 CA ルートヴィヒ、N. Mobargha 、J. Okogbaa 、E. Hagert 、AL ラッド 基礎親指関節炎患者の靱帯において変化神経支配パターン J Wrist Surg 、4 (4 )(2015 )、pp。284 – 291 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 28年 P. Lorea 、JV ベルテ、A. デ・メイ、BC Coessens 、M. Rooze 、G. Foucher [フランス語] trapeziometacarpal関節の正中神経と神経支配の母指球枝 CHIRメイン、20 (4 )(2001 )、頁257 – 262 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 29年 RA Miki 、CC Kam 、ER Gennis 、他。 親指手根中手関節の神経支配に対する尺骨神経成分 アイオワ整形外科J 、31 (2011 )、PP。225 – 230 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 30 M. Poupon 、F. Duteille 、E. Cassagnau 、J. Leborgne 、M. パニア trapeziometacarpal関節の神経供給の解剖学的研究。15の解剖[フランス語] Rev Chir Orthop Reparatrice Appar Mot 、90 (4 )(2004 )、pp。346 – 352 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 31 K. 福本、T. 小島、Y. 木下、M. 甲田 アン解剖学的手首関節の神経支配の研究及び除神経のためにヴィルヘルムの技術 J Hand Surg Am 、18 (3 )(1993 )、pp。484 – 489 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar この記事の主題に直接または間接的に関係する、いかなる形式の特典も受領されていない、または受領される予定はありません。 ©2019アメリカ手の外科学会による。全著作権所有。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S036350231730905X