このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
関節痛と併存疾患を持つ高齢者は、特に機能障害を起こす危険性があります。したがって、我々は機能制限の頻度と重症度を調べ、機能制限を減らす可能性のある潜在的な変更可能な決定要因を識別しました。関節痛と併存疾患を有する高齢者(65歳以上)を対象とした前向きコホート研究では、横断的なベースラインデータが得られた(n =)。 407)。国際機能障害分類(ICF)モデルに基づいて、我々は身体機能を測定した。PF、(器)日常生活の活動。(I)ADL、そして参加。頻度と重症度を調べることとは別に、2段階で決定基を追加することによって、多変量回帰分析を用いて機能的限界の決定基を同定した:(1)身体的決定基のみ、(2)身体的決定および心理社会的決定。PF、ADL、IADLおよび参加の制限は、参加者のそれぞれ66%、31%、61%および47%に見られた。約22%が4つすべての措置に制限を報告した。身体的な決定要因のうち、特に虚弱性およびより高い疼痛強度は機能的限界に関連していた。注目すべきことに、モデルに心理社会的決定要因を追加すると、これらの関係の一部が弱まった。心理社会的決定要因は、特に、貧弱なPF(すなわち、不安症状、活動回避および貧弱な全般的健康認識)および参加制限(すなわち、憂鬱症状、社会的支援の減少)に関連していた。自己効力感と両方の結果の間に逆の関係が存在した。結論として、私たちのサンプルはかなりのレベルの機能制限を報告しました。より抑うつ症状、より多くの活動回避、およびより少ない社会的支援は、より機能的な制限を示していたのに対して、より高いと考えられている自己効力感はより優れた機能を示していた。そのような心理社会的決定要因は研究においてもっと注意を払うべきである。自己効力感と両方の結果の間に逆の関係が存在した。結論として、私たちのサンプルはかなりのレベルの機能制限を報告しました。より抑うつ症状、より多くの活動回避、およびより少ない社会的支援は、より機能的な制限を示していたのに対して、より高いと考えられている自己効力感はより優れた機能を示していた。そのような心理社会的決定要因は研究においてもっと注意を払うべきである。自己効力感と両方の結果の間に逆の関係が存在した。結論として、私たちのサンプルはかなりのレベルの機能制限を報告しました。より抑うつ症状、より多くの活動回避、およびより少ない社会的支援は、より機能的な制限を示していたのに対して、より高いと考えられている自己効力感はより優れた機能を示していた。そのような心理社会的決定要因は研究においてもっと注意を払うべきである。
前の記事次の記事
キーワード
老化関節痛併存症機能する生活の質障害者
全文を見る
著作権©2014 Elsevier Ireland Ltd.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0167494314000156