このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
現在の無作為化臨床試験の目的は、 機械的頸部痛を有する患者において、頸部のキネティック感覚、疼痛、疼痛関連障害、および圧痛過敏に対する頸部スラスト操作または偽操作の効果を調べることであった。
方法
首の痛みのある54人を無作為に割り当て、頸部操作(右または左)または偽操作のいずれかを受けた。即時転帰は、関節位置感覚誤差(JPSE)および圧痛閾値(PPT)によって評価されるような頸部運動感覚を含んだ。1週間後に、首の痛みの強さ(数値的な疼痛率の尺度)および首の痛みに関連する障害(Neck Disability Index [NDI])の結果も収集した。
結果
共分散の混合モデル分析は、回転と伸展に関するJPSEの頸部推力操作群を支持する有意な群×時間相互作用を明らかにした。C5からC6および前脛骨筋におけるPPTの変化についても有意な相互作用があった。1週間の追跡調査では、首に関連する身体障害について有意な相互作用が見られたが、前の週に経験した安静時の首の痛み、最悪の痛み、または最低の痛みについては見られなかった。
結論
本発明者らの結果は、慢性的な機械的頸部痛を有する参加者において、頸椎推力操作がJPSE、PPTおよびNDIを改善することを示唆している。さらに、JPSEとNDIの変化は大きく、これらのアウトカム指標に関して検出可能な最小限の変化を発表しました。さらに、PPT の効果の大きさは中程度でした。しかしながら、C5からC6への接合後接合部のみが最小検出可能変化を超えた。対照的に、頸椎推力操作は介入後1週間で首の痛みの強度を改善しませんでした。
前の記事次の記事
主なインデックス用語
首の痛み疼痛操作脊椎
前書き
頸部痛は、身体障害および著しい経済的健康コストに関連する筋骨格症状である。1つの首の痛みは、世界的な疾病負荷研究によって筋骨格の痛みの状態によって引き起こされる障害のトップ2の最大の理由の1つとして分類されました。2一般人口の70%が人生のある時期に首の痛みを経験すると報告されています。しかし、世界のポイント普及率は4.9%です。3スペインでは、頸部痛の1年間の有病率は19.5%と推定されています(95%信頼区間 [CI]:18.9-20.1)。4
機械的頸部痛は、実質的な身体障害、5活動頸部可動域の減少、6圧痛過敏症、7およびそれ以上の関節位置感覚誤差(JPSE)をもたらす。図8は、実際には、スタントンらによって行われたメタ分析は、慢性頸部痛を有する個体と健常者との間のJPSEための適度な標準化平均差(0.44、95%CI 0.25、0.63)を観察しました。9 異なる運動プログラム(すなわち、積極的な関節の位置変更、力覚、協調、筋肉パフォーマンス)の有効性頸部疼痛を有する参加者におけるJPSE上の、バランスのとれた、または不安定な表面、および振動トレーニングが示された。いることをもっともらしいマニュアル療法はすぐに高めることができる固有感覚を、運動介入のために患者を準備するために合理的な治療アプローチかもしれません。10アメリカ人によって最新の臨床実践ガイドライン理学療法協会は頚椎のimpairment-と機能に関連した評価によって導かれた首の痛みの管理のための子宮頸推力操作の使用を推奨しています。11頸部スラスト操作は、頭部を再配置する能力を高めることによって、頸部感覚運動制御にプラスの影響を及ぼし得る可能性がある。以前の試験的研究では、頸部操作を受けた機械的頸部痛のある参加者は、頭の位置を変えるために41%の改善を経験したと報告しました。12 しかし、小さなサンプルサイズ、真の欠如ランダム化、および盲検化評価者の欠如は、このパイロット試験の主要な制限はなかったです。同様に、別の研究では、頸部の手技、固有受容神経筋円滑化、ポイント虚血性圧迫を含むカイロプラクティック治療が示されています12 頸部痛のある患者では、運動、運動、5週間の追跡調査で頸部の運動感覚の感覚が改善されました。 13機械的頸部痛のある参加者を対象とした、JPSEにおける単一の頸部スラスト操作の即時効果を調査したランダム化臨床試験はない。したがって、この無作為化臨床試験の目的は、頸椎運動感覚、疼痛、疼痛関連障害、および頸部痛のある人における圧痛過敏に対する頸椎スラスト操作または偽頸椎操作の効果を調べることであった。頸椎スラスト操作を受けた患者は偽手術を受けた患者よりも大きな改善を示すと仮説を立てた 。
方法
研究デザイン
この無作為化一重盲検並行群間試験では、頸部疼痛を有する参加者における頸部スラスト操作と偽頸部スラスト操作の効果を比較した。主要評価項目は、JPSEで評価された頸部の運動感覚の即時的な変化でした。副次的転帰には、圧痛に対する感受性の即時変化(圧痛閾値[PPT])、ならびに1週間の首の痛みの強度(疼痛率尺度[NPRS])および頸部関連障害(Neck Disability Index [NDI])の変化が含まれます。この試験は、臨床試験のための連結報告基準試験の延長に従って実施された。14デザインが承認された研究倫理委員会スペインのマドリードのUniversidad Rey Juan Carlos(URJC2015-161120155015)で研究プロトコルが登録された(ClinicalTrials.gov:NCT02645630)。
参加者
プライマリケア医に提示され理学療法を受けた両側頸部痛の連続した個人を、潜在的な適格基準についてスクリーニングした。適格であるためには、患者は、首の姿勢、首の動き、または頸部筋組織の触診によって引き起こされる症状を伴う少なくとも6ヶ月間の全身性の首 – 肩痛を示さなければならなかった。以下の基準のいずれかを提示した場合、個人は除外された。(1)操作に対する何らかの禁忌、例えば陽性伸展 – 回転テスト。15 (2)子宮頸部外傷、すなわちむち打ち症の既往歴。(3)以前の頸部手術; (4)頸部神経根症または骨髄症の診断。(5)線維筋痛症候群。(6)過去6ヶ月以内に脊椎手術療法を受けた。(7)18歳未満または65歳以上。参加者は研究について知らされ、参加前にインフォームド・コンセント用紙に署名した。
ランダム化と割り当て
患者は無作為に右頸部スラスト操作、左頸部スラスト操作、または偽の頸部操作に割り当てられた。隠し配分は、集計データの疫学的分析によるデータ収集の開始前に作成されたコンピュータ生成の無作為化された数表を用いて行われた。無作為に割り当てられた個々のそして連続的に番号が付けられたインデックスカードを調製し、折り畳み、そして密封された不透明な封筒に入れた。ベースライン検査にぶら下がって、セラピストは封筒を開けて、グループ割り当てに従って治療を進めました。審査中の査定官は、患者の治療グループの割り当てを知らないままでした。
中頸椎スラスト操作
頸部スラスト操作は、頸部痛を有する患者の治療における12年の臨床経験および理学療法学位の8年後に完了した脊椎操作療法における認証を有する経験豊富なセラピストによって適用された。両方の群は、割り当てられたように首の右側または左側に適用された同じ頸椎推力技術を受けた。すべての患者の操作レベルは中頸部分節(C3-C4)でした。16右側(図1)では、患者の仰向けの状態で、C3の右関節支柱、C4の右関節支柱に、左回転と右側で高速の中距離左回転力を使用しました。 -曲げ; 左側では、反対の動きを使いました。
図1
高解像度画像をダウンロードする(315KB)フルサイズの画像をダウンロード
図1。右側のC3およびC4セグメントに適用された頸部中央の脊椎スラスト操作。
セラピストは操作している手を使ってターゲットのC3からC4セグメントを特定し、もう一方の手は患者の頭を抱きしめました。接触点で組織に張力が知覚されるまで、穏やかな同側の側屈および標的側への反対側の回転を導入した。両手は、患者の反対側の眼に向かって上向きに向けられた高速で低振幅の推進力を発揮した。ポップ音が聞こえない場合、患者は分析に含まれていません。
偽中頸椎スラスト操作
Vernonら17によって記載された原理に従った偽の頸部操作が行われた。偽手順は推力操作的手順におけるように、子宮頸部曲げ側と頭部又は頸部に手動サポートと頸椎の回転同程度から成るが、押圧力が知覚される張力の外側に適用しました。したがって、どんな偽手術でもポップ音はしませんでした。
頸部の感覚感覚
主な結果は子宮頸運動感覚感覚であり、それは参加者の治療配分を知らされていない評価者によって各介入の前と15分後にJPSEで評価された。JPSEテストは、目隠しをしながらアクティブな頸椎伸展または左右の回転を行った後、自然な頭の姿勢(解剖学的位置)を移動する能力に基づいています。現在の研究では、軽量のヘッドバンドに取り付けられたレーザーポインターがデータ収集に使用されました。ターゲット上のレーザビームの開始と復帰位置との間の差は、以下の式を用いて度単位で記録した:角度=日焼け-1 [誤差距離/ 90 cm] 正と負の値(ターゲットのアンダーシュートまたはオーバーシュート)は考慮しませんでした。各方向について6回の試行を行い、その平均値を主解析に使用した。18人の参加者は、ターゲットから90 cmの距離で顔を快適に保ちました。彼らの頭の上の支えはレーザーポインター(50 g)を持っていました、そして、彼らは可能な限り彼らの目を開いた状態で測定されるべき頸部の動きを作りました。それから彼らはレーザーポインターをターゲットに向け直し、この位置を覚えておくよう求められた。それから彼らの目はマスクで目隠しされ、彼らは能力の及ぶ限り目標の中心に狙いを定める前に前の動きを繰り返すように頼まれた。Rorenらは、レーザー法が中等度を示すことを報告した(クラス内相関係数:0.68)。JPSE測定の信頼性と超音波技術との優れた相互関係 19 Dugaillyらは、4.5°の誤差は機能不全閾値と見なすことができ、最小検出可能変化(MDC)は0.44°〜0.63°の範囲であることを見出した。20
圧痛感度
二次的な結果として、疼痛感受性は各介入の前および15分後に参加者の治療配分を知らされていない評価者によって評価された。電子圧力アルゴメーター(Somedic AB、Farsta、Sweden)を使用して、C5からC6の接合部と脛骨前部の筋肉の両側でPPTを評価した。PPTは、圧力感覚に必要な最小限の圧力として定義されます。最初に痛みに変わります。圧力は30kPa / sの速度で加えた。すべての参加者は、感覚が圧力から痛みに変わったときにスイッチを押すように指示されました。3回の試験の平均(検査員内信頼性)を計算し、そして本分析に使用した。各測定の間に30秒の休憩期間を設けました。圧力アルゴリズムの信頼性は高いことがわかった(クラス内相関係数:0.91)。21首と前脛骨筋のPPTのMDCは、それぞれ47.2と97.9 kPaであることがわかった。22
疼痛評価尺度
NPRSを用いて、ベースライン時および介入後1週間目に頸部痛の強度を決定した。ベースライン時と1週間時の11段階(0:痛みなし、10:最悪の想像上の痛み)を用いて、安静時の首の痛みの強さ、前週に経験した最悪および最低レベルの痛みの強度を示すよう求めた。介入後 23機械的頸部痛のある個人では、NPRSの臨床的に重要な最小差(MCID)は1.3ポイントと推定されています。24
首の障害指数
頸部関連障害はベースライン時と介入の1週間後にNDIを用いて評価した。NDIは、首の痛みを持つ患者の自覚障害を評価するために最も広く使われている機器です。25 NDIは、から構成され、自己レポート 5から0(無障害)(完全な障害)から定格の10項目でアンケート。26各項目の数値回答は、0〜50ポイントの範囲の合計スコアで合計されます。ここで、スコアが高いほど、疼痛関連障害のレベルが高いことを表します。機械的頸部痛のある患者では、NDIが優れた再試験信頼性、強力な構造妥当性、強力な内的一貫性、および反応性を示すことが報告されています。27年NDIのMCIDは、機械的頸部痛のある個人では8ポイント(0〜50)と推定されています。28年
治療の副作用
患者は、研究中に経験したあらゆる有害事象を報告するよう求められた。現在の研究では、有害事象は1週間の後遺症として定義され、症状は患者にとって苦痛で許容できないと認識され、さらなる治療を必要とした。29年
サンプル数計算
サンプルサイズは、エネ3.0ソフトウェア(バルセロナの自律大学、バルセロナ、スペイン)を用いて計算しました。計算は、後のデータで主な結果(JPSE)に0.60°の差を検出することに基づいていた20 0.05 0.60°の標準偏差、アルファ値(α)を仮定すると、80%の所望の電力(β) 。推定サンプルサイズは、グループあたり18人の参加者であると計算された。
統計分析
SPSSバージョン20.0(IBM社、ニューヨーク州アーモンク)統計プログラムを用いてデータを分析した。平均、標準偏差、および95%CIが各変数について計算されました。コルモゴロフ-スミルノフ検定は、全ての定量的データの正規分布(明らか P <0.05)を。正規性と均質性の基準は、正規性については尖度と歪度を、そして均質性の基準についてはLeveneの検定を用いて従属変数に対してチェックした。グループ間のベースラインの人口統計学的および臨床的変数は、1ウェイ使用して比較した分散分析を連続データとχのための2カテゴリカルデータの独立性の検定。Pearson相関検定で評価した従属変数と残りの変数の間には、線形の関連性は見つかりませんでした。 参加者内因子としての時間(介入前後)および側面(同側、反対側)との共分散の2×2×3混合モデル分析(ANCOVA)、グループ(頸部右側推力、左側頸部推力) JPSEとPPTの頸部ローテーションに対する介入の効果を検討するために、参加者間要因としてのside、およびsham thrust)、共変量としてのsexを使用した。2×3混合モデルANCOVA参加者内要因としての時間(介入前後)、参加者間要因としてのグループ(頸椎推力右側、頸椎推力左側、偽推力)、および共変量としての性別を用いてJPSEの頸部伸展、頸部痛覚強度、および疼痛関連障害に対する介入。効果の大きさは、ときに有意部分ETA(2 Pƞ)乗として計算しました。0.01の効果サイズは、小さい、0.06中間、そして0.14大きいと見なされました。30関心の仮説が0.017(3つの独立した、サンプルのボンフェローニ補正αと時間の相互作用×群であったのt検定)。 結果 2016年1月から11月の間に、首の痛みの症状を持つ合計60人の参加者が適格基準についてスクリーニングされました。54人(年齢:37±8歳;男性22%)がすべての基準を満たし、参加することに同意し、そしてランダムに頸椎右側(n = 18)、頸椎左側(n = 18)のいずれかに割り当てた。偽推力(n = 18)グループ 不適格性の理由は図2に示されており、それは患者の募集と維持の流れ図を示しています。グループ間のベースラインデータは、すべての変数で同様でした(表1)。どの患者からも有害作用は報告されていない。 図2 高解像度画像をダウンロード(585KB)フルサイズの画像をダウンロード 図2。研究の過程を通しての患者の流れ図。 表1。3グループのベースライン人口統計 結果 右側の推力 左側推力 シャムスラスト F 値とP値 性別(男性/女性) 4/14 3/15 5/13 χ2 = 0.643。P = .725 年齢(年) 35±10 38±7 39±7 F = 1.269。P = 0.290 症状の持続期間(y) 3.3±1.1 3.3±0.9 3.5±1.1 F = 0.250。P = .780 安静時の首の痛み(NPRS、0〜10) 2.7±1.4 3.0±2.2 2.6±1.0 F = 0.410。P = 0.666 先週経験した最悪の痛み(NPRS、0-10) 5.4±2.3 5.4±2.2 6.1±1.7 F = 0.705。P = 0.499 先週経験した最低の疼痛(NPRS、0〜10) 1.6±2.1 1.2±1.3 2.2±1.4 F = 1.515。P = 0.229 首部障害指数(NDI、0〜50) 17.5±9.4 17.2±10.4 19.1±7.6 F = 0.216。P = 0.806 関節位置検出誤差(deg) 子宮頸管エクステンション 5.3±1.8 5.3±1.9 5.1±2.1 F = 0.099。P = .906 同側回転 4.1±1.2 5.3±1.8 5.0±2.0 F = 1.620。P = 0.208 反対側の回転 5.3±2.1 4.8±1.5 5.2±2.0 F = 0.800。P = .455 圧痛閾値(kPa) C5-C6同側 240.3±105.4 251.5±104.0 231.6±94.9 F = 0.100。P = .905 C5-C6反対側 230.0±126.1 225.6±95.2 217.5±85.8 F = 0.469。P = 0.629 前脛骨筋同側 442.5±149.4 455.8±119.2 407.0±177.2 F = 0.523。P = 0.596 前脛骨筋対側 461.6±136.5 471.8±124.0 400.8±171.8 F = 0.610。P = 0.547 NDI 、頸部障害指数。NPRS、数値疼痛率スケール。SD、標準偏差。 データは性別を除いて平均±標準偏差である。 混合モデルANCOVAは、回転(F = 15.325、P <0.001、≒2 p:.231)および拡張(F = 14.232、P <.001、ƞ2 p:)における有意な群×時間相互作用を明らかにした。 .359)有意な側×時間(F = 1.035、P= .311)、群×側(F = 1.646、P= .198)、および群×時間×側(F = 0.517、P= .598)の相互作用は観察されなかった。事後分析の両方の実推力操作基が偽スラスト群(と比較して、介入後に頚椎回転および伸長の両方でJPSEに大きい減少(大エフェクトサイズ)を示したことを明らかにしたP <0.001)(表2)性別は、頸椎回転(F = 0.349、P = 0.702)または頸椎伸展(F = 0.847、P =。872)の主な相互作用効果に影響を及ぼさなかった。 表2。頸部痛、身体障害、および関節位置感覚エラーに対する介入前、介入後、およびグループ内変化スコア 右側の頸部スラスト 左側の頸部スラスト シャムスラスト 事前介入 介入後 事前介入 介入後 事前介入 介入後 首部障害指数(0〜50) 17.6±9.4 8.8±9.5 17.2±10.3 5.5±9.0 19.1±7.6 16.6±6.6 グループ内変更点数 -8.8(95%CI -12.9〜-4.7) -11.7(95%CI -14.8から-8.6) -2.5(95%CI -5.7〜0.7) 安静時の首の痛み(NPRS、0〜10) 2.6±1.4 1.2±1.6 3.0±2.2 1.7±1.8 2.7±1.0 2.1±1.1 グループ内変更点数 -1.4(95%CI -2.5〜-0.3) -1.3(95%CI -2.3〜-0.3) -0.6(95%CI -1.4〜0.2) 先週経験した最悪の痛み(NPRS、0-10) 5.4±2.3 4.0±2.4 5.4±2.2 2.9±2.5 6.1±1.8 5.4±1.1 グループ内変更点数 -1.4(95%CI -2.7〜-0.1) -2.5(95%CI -3.7〜-1.3) -0.7(95%CI -1.9〜0.5) 先週経験した最低の疼痛(NPRS、0〜10) 1.6±2.1 0.3±0.6 1.3±1.3 0.4±1.1 2.2±1.4 1.8±1.4 グループ内変更点数 -1.3(95%CI -2.2〜-0.4) -0.9(95%CI -1.7〜-0.1) -0.4(95%CI -1.3〜0.5) 関節位置検出誤差(deg) 子宮頸管エクステンション 5.3°±1.8 3.1°±1.2 5.3°±1.9 2.9°±1.2 5.1°±2.0 5.5°±2.0 グループ内変更点数 -2.2(95%CI -3.0〜-1.4) -2.4(95%CI -3.2〜-1.5) 0.4(95%CI -0.4から1.2) 同側回転 4.1°±1.2 3.0°±1.7 5.3°±1.8 3.3°±1.7 5.1°±2.0 5.5°±2.4 グループ内変更点数 -1.1(95%CI -2.0〜-0.2) -2.0(95%CI -2.9〜-1.1) 0.4(95%CI -0.5から1.3) 逆回転 5.3°±2.1 3.3°±2.1 4.8°±1.6 2.7°±1.0 5.3°±2.2 5.5°±1.7 グループ内変更点数 -2.0(95%CI -2.9〜-1.1) -2.2(95%CI -3.0〜-1.4) 0.2(95%CI -0.6から1.0) CI 、信頼区間 ; NPRS、疼痛数値スケール。 データは、介入前および介入後についての平均±標準偏差であり、そして平均として、そして群内変化スコアについての95%信頼区間である。 2×2×3 ANCOVAは、C5からC6(F = 6.281、P = 0.003、ƞ2 p:。111)および前脛骨筋(F = 3.319、P = .111)でのPPTの変化について有意な群×時間相互作用を明らかにした。 040、ƞ2 p:.066):両方の頸部スラスト操作群は、偽のスラスト群よりも介入後により大きい両側の増加(中程度の効果の大きさ)を示した(表2)。ANCOVAは、C5からC6における他のいかなる有意な相互作用も明らかにしなかった(横×時間:F = 0.669、P= .415;グループ×横:F = 0.02、P= .998;グループ×時間×横:F = 0.331、前脛骨筋(P= 0.719)および前脛骨筋(横×時間:F = 0.142、P= 0.707;群×横:F = 0.119、P= .888; 群×時間×側:F = 0.014、P= 0.986)。性別は、C5からC6(F = 0.014、P = .906)および前脛骨筋(F = 1.166、P = .283)の主な相互作用効果に影響を及ぼさなかった。表3は、ベースラインおよび介入後のデータ、ならびにグループ内の違い、およびそれらに関連するPPTデータの95%CIを示しています。 表3。介入前、介入後、および内・グループの変更スコア圧痛しきい値 右側の頸部スラスト 左側の頸部スラスト シャムスラスト 事前介入 介入後 事前介入 介入後 事前介入 介入後 C5-C6同側 240.3±105.4 312.9±122.8 251.5±104.1 314.9±84.1 231.6±94.9 233.7±101.4 グループ内変更点数 72.6(95%CI 27.6-117.6) 63.4(95%CI 18.3-108.5) 2.1(95%CI -42.9〜47.1) C5-C6反対側 230.0±126.1 302.5±132.9 225.6±95.9 324.8±109.2 217.5±85.9 229.7±109.4 グループ内変更点数 72.5(95%CI 27.4-117.6) 99.2(95%CI 54.1-144.3) 12.2(95%CI -32.9〜57.3) 前脛骨筋同側 442.5±249.1 516.2±125.7 455.8±119.2 533.4±162.7 407.0±177.2 409.1±179.0 グループ内変更点数 73.7(95%信頼区間8.0〜139.4) 77.6(95%信頼区間11.9-143.3) 2.1(95%CI -63.6〜67.8) 前脛骨筋対側 461.6±236.5 531.3±195.3 471.9±124.0 537.6±128.6 400.0±171.5 388.2±156.1 グループ内変更点数 69.7(95%CI 4.0-135.4) 65.7(95%信頼区間8.0〜127.4) -12.8(95%CI -78.5〜52.9) CI 、信頼区間。 データは、介入前および介入直後の平均±標準偏差であり、グループ内変化スコアの平均および95%信頼区間。アルゴメーターで測定されたkPa単位のすべてのデータ。 2×3の混合モデルANCOVAは疼痛関連障害(F = 8.285、時間相互作用×有意な群を明らかにしたP <0.001、ƞ2 P:0.253)ではなく、残り(F = 1.014で首の痛みのために、P = .370)、最悪の疼痛(F = 1.703、P = .192)、または最低の疼痛(F = 1.150、P = .325)が前の週に経験した:両方の頸部スラスト群は1週間の疼痛関連障害においてより大きな改善を示した偽の推力グループと比較して介入後(表2)。頸部疼痛強度における時間に対する有意な主効果が観察された(全て、P<0.05):全ての群が頸部痛強度の同様の減少を示した(表2)。)また、性別は、安静時の頸部痛(F = 1.784、P = .178)、最悪の疼痛(F = 1.912、P = .173)、および最低疼痛(F = 0.001、P =。)に対する主な相互作用効果に影響を及ぼさなかった。 992)。 討論 現在の無作為化臨床試験は、C3またはC4を対象とした頸部スラスト操作の適用が、 治療直後の機械的慢性頸部痛を有する参加者における頸部運動感覚の改善、圧痛感受性、および疼痛関連障害をもたらしたことを示唆する。実際、頸部運動感覚(JPSE)の効果量は、スラスト操作後の回転運動と伸展運動の両方で大きく、この結果のMDC値を超えていました。図20はまた、C5又はC6上のPPTの変化と効果の大きさ前脛骨筋は適度であり、他にもMDCを上回っ前脛骨脊椎ではなく頸椎。22最後に、疼痛関連障害の変化に対する効果の大きさも大きく、実際のスラスト操作の1週間後にはMCID 28を上回りました。 子宮頸部の運動感覚の改善に関する本研究の結果は、手動療法の効果を調査した以前の研究と一致しています。Palmgrenらは、慢性頸部痛の41人の参加者をカイロプラクティック治療または対照群のいずれかに無作為に割り付け、その治療群の個体は頸部の運動感覚において有意な改善を示したことを見出した。13しかし、カイロプラクティック治療にはいくつかの介入が含まれていたため、その操作が頸部のキネティック感覚の向上をもたらした理由であるかどうかを判断できませんあるいはそれが他の治療成分であれば。さらに、ロジャーズ氏は、6回のセッションにわたって、頸部と胸部の組み合わせによる頸部筋のストレッチングプログラムとの効果を比較し、スラスト操作を受けた群は、筋肉を伸ばした群よりも頸部運動感覚の改善が大きいことを報告した。12それゆえ、私たちの試みは、単一の子宮頸管操作のセッションを証明する最初のものです。機械的頸部痛のある患者の頸部のキネティック感覚を改善するのに効果的であり、その効果はプラセボ効果によるものではありません。それにもかかわらず、確認された効果は介入の直後にあったので、我々は現在それらがどれくらいの期間維持されるかわからない。他の戦略、すなわち固有受容体操が適用される前に、頸椎操作が予備的介入として行われる可能性があると考えることは可能であろう。 どのようにして操作がその臨床効果を発揮し得るかについては、多くの生理学的理由があり、その大部分は神経生理学的性質の可能性が最も高い。31 しかし、頸部の運動感覚の変化の正確な理由はまだ解明されていませんが、いくつかの考えられる仮説が存在します。椎間関節周囲および頸部筋組織内の受容体、特に筋紡錘体は、おそらく固有受容に関連していると報告されている。Slosbergは、機能不全の調音が潜在的に中枢神経系への求心性入力を変化させる可能性があることを報告し、それが固有受容の変化につながった。32それは子宮頸部操作が侵害受容求心性放電、正規化してもよいことも妥当である33、34を筋紡錘の感度に影響を与える、主関節再配置センス、の一因35及びそれによって子宮頸部kinaesthetic感を高めることができます。最後に、頸部操作のために皮質および皮質下領域が体性感覚反射によって刺激され、運動パターンが改善される可能性もあります。36更なる科学的な評価は、これらの仮説が正確であるかどうかを判断する必要があります。 我々はまた、以前の研究と一致してC5とC6の関節及び前脛骨の両方でのPPTの有意な変化で表さ有意な痛覚鈍麻効果を、識別された37、38及びメタ分析。39子宮頸管推力操作を受けたグループのPPTの改善は、感作に寄与する可能性がある後角内の神経可塑性変化の抑制に直接関係している可能性があります。40また、子宮頸部操作がのPPTの向上につながる分節阻害経路の活性化をもたらす可能性があります。41これは、C5やC6関節などの局所的な部位でのPPTの改善を説明する可能性がありますが、前脛骨筋などの遠い無痛領域でも改善が見られました。圧痛感受性におけるこれらの広範な変化は、下行抑制性疼痛経路の刺激の結果であり得る。42最後に、手動治療は疼痛抑制に関連するニューロンを刺激する可能性がある腹外側髄質の刺激をもたらすことも提案されている。31 群間の頸部痛の強さの変化に有意差は見られなかった。Grossらは、頸部スラスト操作と機械的頸部痛の管理のための動員との間に臨床的な違いは存在しないと結論付けた。43この結果は、仮説につながる臨床的有効性子宮頸操作の可聴破裂音の有無は関係ありません。事実、異なる研究では、胸部44と腰部45の脊椎推力操作中の可聴ポップの存在と臨床的疼痛の臨床的に意味のある改善との間に関係は報告されていない。結果 我々の研究で使用された偽の推力介入もまた何らかのプラセボ効果をもたらす可能性がある。 1週間の追跡調査で疼痛関連障害に見られる改善は、頸部操作の効果を調査している多数の研究と同様です。43前述の痛みの軽減は、機能の全体的な改善に寄与しているのかもしれません。痛覚鈍麻効果に加えて、エンドルフィンβそのマニュアル治療増加が示された46及び低減炎症性メディエーター、47機能の全体的な向上に寄与し得ます。最近のメタアナリシスは、生化学的変化を誘発するための脊椎操作の効果を確認しました。48 この研究の結果は有望ですが、考慮しなければならないいくつかの制限があります。まず、短期的な影響のみを検討したため、これらの影響が長期的に維持されるかどうかはわかりません。さらに、同じ理学療法士がすべての頸部操作を行ったため、我々の発見の一般化が制限される可能性があります。次に、実用的な理由から、頸部操作を標準化されたレベルに適用しました。症状や臨床所見に応じて操作レベルを選択するなど、より実用的なアプローチが異なる結果につながるかどうかは現在わかりません。最後に、比較的小さいサンプルサイズを使用しました。将来の研究には、より大きなサンプルサイズと長期的な追跡調査(生理学的測定と患者は、頸部操作の感覚運動効果をよりよく理解するために転帰を報告した。 結論 本発明者らの結果は、慢性的な機械的頸部疼痛を有する参加者において、頸椎推力操作がJPSE、PPT、およびNDIを改善することを示唆している。事実、JPSEとNDIの変化は大きく、これらのアウトカム指標に関して公表されているMDCを上回っています。さらに、 PPTの効果の大きさは中程度でした。しかしながら、C5からC6の関節のみがMDCを超えた。対照的に、頸椎推力操作は介入後1週間で首の痛みの強度を改善しませんでした。 資金源と利益相反 この研究では、資金源や利益相反は報告されていません。 貢献情報 コンセプト開発(研究のために提供されたアイデア):DG-P.-J、CF-d.-1、JLA-B、JAC、GP-M、RO-S。 設計(結果を生成するための方法を計画した):DG-P.-J、CF-d.-1、-P、JLA-B、JAC、GP-M、RO-S。 監督(監督の提供、組織化と実施の責任、原稿の執筆):CF-d.-l.-P。、RO-S。 データ収集/処理(実験、患者管理、組織、または報告データを担当):DG-P.-J、CF-d.-1、-P、JLA-B、GP-M、RO。 S. 分析/解釈(統計分析、評価、結果の提示を担当):JAC、GP-M、RO-S。 文献検索(文献検索を行った):DG-P.-J、CF-d.-1、JLA-B、JAC、GP-M、RO-S。 執筆(原稿の実質的な部分を執筆する責任を負う):DG-P.-J、CF-d.-1、-P、JLA-B、JAC、GP-M、RO-S。 批評的レビュー(知的内容のための改訂原稿、これはつづりと文法チェックには関係しない):DG-P.-J、CF-d.-1、-P、JLA-B、JAC、GP-M。 、RO − S。 実用的なアプリケーション • 頸椎推力の操作は、慢性的な機械的な首の痛みのある参加者における頸椎の感覚感覚を改善しました。 • 頸椎推力の操作は慢性的な機械的な首の痛みを持つ個人の圧痛感受性を減少させた。 • 機械的頸部慢性疼痛を有する参加者において、頸椎スラスト操作は疼痛関連障害を改善するが疼痛強度を改善しない • 頸椎推力操作は、機械的頸部痛を有する患者における固有受容の管理における他の治療戦略と共に使用され得る。 参考文献 1 P コート、Gの ファンデヴェルデ、JD キャシディ、ら。 労働者における頸部痛の負担と決定要因:頸部疼痛に関する2000年 – 2010年の骨と関節の10年間のタスクフォースとその関連障害の結果 Spine 、33 (4 Suppl )(2008 )、pp。S60 – S74 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 2 GBD 2016疾病および傷害の発生および罹患率の共同研究者 世界全体、地域および国の罹患率、罹患率、ならびに195カ国、1990 – 2016年の328の疾病および怪我のための障害と共に生活した年数:2016 Lancet 、390 (10100 )(2017 )、pp。1211 – 1259 Google Scholar 3 D ホイ、L 月、A ウルフ、ら。 世界的な頸部痛の負担:世界的な疾病の負担2010年の研究からの推定 Ann Rheum Dis 、73 (7 )(2014 )、pp。1309 – 1315 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 4 C フェルナンデス – ド – ラス – ペニャス、V ヘルナンデス – バレラ、C アロンソブランコ、ら。 スペインの地域在住成人における首および腰痛の有病率:集団ベースの全国調査 脊椎、36 (3 )(2011 )、PP。213 – 219 Google Scholar 5 H リー、M Hübscher 、GL モーズリー、ら。 痛みはどのようにして障害につながりますか?腰痛および頸部痛を有する人々における調停研究の系統的レビューおよびメタアナリシス Pain 、156 (6 )(2015 )、pp。988 – 997 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 6 MS Stenneberg 、M Rood 、R de Bie 、MA Schmitt 、E Cattrysse 、GG Scholten-Peeters 活動的な頸部可動域は、頸部痛のある患者、むち打ち症のある人、および首の痛みがない人の間でどの程度異なりますか。系統的レビューとメタアナリシス アーチPHYSメッドRehabil 、98 (7 )(2017 )、頁1407 – 1434 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 7 DM Walton 、TS Kwok 、S Mehta 、他。 国際的な圧痛閾値データベースのクラスター分析は、機械的頸部痛を有する成人の4つの有意なサブグループを同定する Clin J Pain 、33 (5 )(2017 )、pp。422 – 428 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 8 J de Vries 、BK Ischebeck 、LP Voogt 、他。 首の痛みを持つ人々における関節位置感覚エラー:系統的レビュー Man Ther 、20 (6 )(2015 )、pp。736 – 744 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 9 TR スタントン、HB リーク、KJ チャルマー、GL モーセリー 慢性、特発性頸部痛における固有受容障害の証拠:系統的レビューとメタアナリシス Phys Ther 、96 (6 )(2016 )、pp。876 – 887 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 10年 N ・クラーク、U Röijezon 、J Treleaven 筋骨格系のリハビリテーションにおける固有感覚。パート2:臨床評価と介入 Man Ther 、20 (3 )(2015 )、pp。378 – 387 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 11 PR Blanpied 、AR グロス、JM エリオット、他。 首の痛み:改訂2017 J整形外科スポーツPHYS THER 、47 (7 )(2017 )、頁A1 – A83 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 12年 RG Rogers 慢性頸部痛患者における頸部運動感覚に対する脊椎操作の効果:パイロット研究 J手技Physiol THER 、20 (2 )(1997 )、頁。80 – 85 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 13年 PJ 示すPalmgren 、PJ サンドストローム、FJ ルンドクヴィスト、H Heikkilä 非外傷性慢性首の痛みの患者でcervicocephalic運動感覚感性と主観的な痛みの強さでカイロプラクティックケアの後に改善 J手技Physiol THER 、29 (2 )(2006 )、PP。100 – 106 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 14年 M Zwarenstein 、S Treweek 、JJ Gagnier 、他。 実用的試験の報告の改善:CONSORTステートメントの拡張 BMJ、337(2008)、p。a2390 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 15年 N Lemeunier 、S ダ・シルバ-Oolup 、N チョウ、ら。 頸部疼痛とその関連障害を有する成人における頸椎の解剖学的完全性を評価するための臨床試験の信頼性と妥当性:第1部 – 頸部評価と診断研究評価(CADRE)の共同研究からの系統的レビュー Eur Spine J 、26 (9 )(2017 )、pp。2225 – 2241 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 16 PE Mintken 、C DeRosa 、T Little 、B Smith AAOMPT臨床ガイドライン:理学療法実践における操作用語を標準化するためのモデル J Orthop Sports Phys Ther 、38 (3 )(2008 )、pp。A1 – A6 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 17年 HT バーノン、JJ Triano 、JK ロス、SK トラン、DM ソアーヴェ、MD Dinulos 小説偽子宮頸操作手順の検証 Spine J 、12 (11 )(2012 )、pp。1021 – 1028 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 18年 G SWAIT 、AB ラシュトン、C Miall 、D ニューウェル 子宮頸部固有受容機能の評価:正常被験者における試験の間のプロトコルとの比較を最適化します 脊椎、32 (24 )(2007 )、頁。E692 – E701 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 19年 Roren 、M Mayoux-Benhamou 、F Fayad 、S Poiraudeau 、D ランツ、M ルベル 健康及び首の痛み被験者においてヘッド再配置を測定するための視覚的および超音波に基づく技術の比較 Man Ther 、14 (3 )(2009 )、pp。270 – 277 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 20 P Dugailly 、R De Santis 、M Tits 、S Sobczak 、A Vigne 、V Feipel頭痛 患者および無症候性患者における再位置決め精度:同時妥当性、運動速度の影響、運動方向および目標距離 Eur Spine J 、24 (12 )(2015 )、pp。2885 – 2891 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 21 LS Chesterton 、J Sim 、CC Wright 、NE Foster 複数の評価者を使用した、健常人の圧痛閾値の測定における検眼法の信頼性 Clin J Pain 、23 (9 )(2007 )、pp。760 – 766 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 22 DM ウォルトン、JC マクダーミド、W ニールソン、RW Teasell 、M Chiasson 、L ブラウン 信頼性、標準誤差、および急性首の痛みとない人での臨床圧痛閾値試験の最小検出可能な変化 J Orthop Sports Phys Ther 、41 (9 )(2011 )、pp。644 – 650 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 23 MP Jensen 、JA Turner 、JM Romano 、L Fisher 慢性疼痛強度測定の信頼性と妥当性の比較 Pain 、83 (2 )(1999 )、pp。157 – 162 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar 24 JA Cleland 、JD Childs 、J Whitman 機械的頸部痛患者における頸部障害指数と数値疼痛評価尺度の心理測定的性質 アーチPHYSメッドRehabil 、89 (1 )(2008 )、頁。69 – 74 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 25年 R Pietrobon 、RR Coeytaux 、TS キャリー、WJ リチャードソン、RF DeVellis 頸部の痛みまたは機能不全の機能的転帰の測定のための標準尺度:系統的レビュー 脊椎、27 (5 )(2002 )、PP。515 – 522 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 26 H ヴァーノン 首の障害指数:1991 – 2008年の最先端技術 J Manipulative Physiol Ther 、31 (7 )(2008 )、pp。491 – 502 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 27年 J MacDermid 、DM Walton 、S Avery 、他。 首部障害指数の測定特性:系統的レビュー J整形外科スポーツPHYS THER 、39 (5 )(2009 )、頁400 – 417 CrossRef Google Scholar 28年 BA ヤング、MJ ウォーカー、JB ストルンス、RE ボイルズ、J ホイットマン、J チャイルズ 機械的頸部障害患者における頸部障害指数の反応性 Spine J 、9 (10 )(2009 )、pp。802 – 808 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 29年 LC Carlesso 、JC Macdermid 、LP Santaguida 整形外科理学療法における有害事象用語の標準化および報告:頸椎への応用 J Orthop Sports Phys Ther 、40 (8 )(2010 )、pp。455 – 463 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 30 CD グレイ、PR Kinnear IBM SPSS統計19 Psychology Press 、ホーブ、イギリス(2012 ) Google Scholar 31 JE Bialosky 、MD ビショップ、DD プライス、ME ロビンソン、SZ ジョージ 筋骨格痛の治療における手動療法のメカニズム:包括的なモデル Man Ther 、14 (5 )(2009 )、pp。531 – 538 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 32 M Slosberg 感覚、固有受容、筋緊張および交感神経反射反応に対する変化した求心性関節入力の影響 J手技Physiol THER 、11 (5 )(1988 )、PP。400 – 408 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 33 CJ Colloca 、TS ケラー、R ギュンツブルク、K Vandeputte 、AW Fuhr 術中腰仙脊髄操作に神経生理学的応答 J Manipulative Physiol Ther 、23 (7 )(2000 )、pp。447 – 457 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 34 CJ Colloca 、TS Keller 、DE Harrison 、RJ Moore 、R Gunzburg 、DD Harrison 脊椎の操作力と持続時間は椎骨の動きと神経筋反応に影響を与える CLIN Biomech 、21 (3 )(2006 )、PP。254 – 262 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 35 U Proske 、SC Gandevia kinaesthetic感覚 J Physiol 、587 (Pt 17 )(2009 )、pp。4139 – 4146 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 36 RJ Cowie 、D Robinson マカクにおける頭の動きに対する皮質下の寄与:I.内側のpomotomedullary領域と上丘の電気刺激の対照的な効果 J Neurophysiol 、72 (6 )(1994 )、pp。2648 – 2664 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 37 C フェルナンデスドLAS-Peñas 、C アロンソ、ブランコ、JA クレランド、C ロドリゲス-ブランコ、F アルブルケルケ-Sendín 健常者における頚胸部接合操作次のC5-C6 zygapophysealジョイントにわたる圧力疼痛閾値の変更 J Manipulative Physiol Ther 、31 (5 )(2008 )、pp。332 – 337 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 38 R ・マルティネス・セグラ、AI デ・ラ・ジャベ・リンコン、R オルテガ・サンティアゴ、JA クレランド、C ・フェルナンデス・デ・ラス・Peñas 広範囲の圧力疼痛感受性、首の痛み、頸部や胸部後の運動の子宮頸範囲で即時変更両側性慢性機械的頸部痛患者におけるスラスト操作:無作為化臨床試験 J Orthop Sports Phys Ther 、42 (9 )(2012 )、pp。806 – 814 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 39 RA コロナド、CW ゲイ、JE ビアロスキー、GD カーナビー、MD ビショップ、SZ ジョージ 脊髄操作後の疼痛感受性の変化:系統的レビューとメタアナリシス J Electromyogr Kinesiol 、22 (5 )(2012 )、pp。752 – 767 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 40 RW Boal 、RG ジレット 中枢神経可塑性、腰痛および脊椎手術療法 J Manipulative Physiol Ther 、27 (5 )(2004 )、pp。314 – 326 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 41 PDの 壁 後角 PD Wall 、R Melzack (編)、Textbook of Pain (2版)、Churchill Livingston 、Edinburgh、Scotland (2006 )、pp。413 – 427 Google Scholar 42 C Savva 、G Giakas 、M Efstathiou 高速、低振幅スラスト操作後の筋骨格痛における下行抑制疼痛メカニズムの役割:文献レビュー J戻るMusculoskelet Rehabil 、27 (4 )(2014 )、PP。377 – 382 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 43 A Gross 、P Langevin 、SJ Burnie など。 頸部痛に対する操作と動員 Cochrane Database Syst Rev 、9 (2015 )、記事CD004249 Google Scholar 44 JA Cleland 、TW Flynn 、JD Childs 、S Eberhart 胸痛患者における胸椎推力操作からの可聴ポップとその短期転帰との関係 J Man Manipulative Ther 、15 (3 )(2007 )、pp。143 – 154 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 45 TW Flynn 、JD Childs 、JM Fritz 腰痛のある個人における高速推力操作および結果からの可聴ポップ J操作的Physiol THER 、29 (1 )(2006 )、頁。40 – 45 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 46 BF Degenhardtの、NA Darmani 、JC ジョンソン、ら。 疼痛バイオマーカーの変化におけるオステオパシー操作療法の役割:予備研究 J Am Osteopath Assoc 、107 (9 )(2007 )、pp。387 – 400 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 47 JA Teodorczyk-Injeyan 、HS Injeyan 、R Ruegg 脊椎 手術 療法は正常な被験者において炎症性サイトカインを減少させるが、サブスタンスP産生は減少させない J手技Physiol THER 、29 (1 )(2006 )、頁。14 – 21 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 48 K Kovanur-Sampath 、R Mani 、J Cotter 、AS Gisselman 、S Tumilty 脊髄操作後の生化学的マーカーの変化:系統的レビューとメタアナリシス MusculoskeletサイPRACT 、29 (2017 )、PP。120 – 131 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 国立健康科学大学による©2018。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0161475417303603

関連記事はこちら