このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

足関節運動は若年性特発性関節炎の小児で評価された。

足首関節歩行動態を動的関節剛性(DJS)を評価することによって研究した。

JIAで歩行が困難な子供たちは、初期のスタンス段階で足首のDJが下がっていました。

初期の立脚期における低いDJSは3ヶ月後も持続しました。

足首DJSのこれらの持続的な変化はJIA関連の痛みに関連している可能性があります。
抽象
バックグラウンド
若年性特発性関節炎(JIA)の小児および青年は、健常者と比較して足首の動的関節剛性(DJS、またはモーメント – 角度の関係)に偏差を示しますが、足首のDJSと自己申告による歩行障害の関係は調べられていません。この二次分析は、足関節DJSとJIAの若年者における自己申告による歩行障害との関係を調査し、関節内コルチコステロイド足注射(IACI)が足首DJSの長期的変化と関連しているかどうかを判断することを目的とした。
研究の質問
JIAの子供が歩行障害を報告していないのに対し、JIAの子供は足首DJSが歩行障害を報告していますか?足首DJSの持続的な変化にIACIは関連しているか
方法
関節内コルチコイド足注射(IACI)の前、およびIACIの3ヵ月後に、歩行力学(DJS)、足の痛み、および足に関連する障害がJIAの33人の子供で評価されました。自己申告による歩行能力スコアを用いて、子供たちは歩行障害がない(ND)または歩行障害がない(WD)のいずれかに分類された。推計統計量を用いて、集団間の人口統計、痛み、減損スコア、および足首DJSを比較した。
結果
治療前、WD群では、足首DJSが早期上昇期(ERP = 0.03 + 0.02対0.05 + 0.02 Nm(kg * deg)-1)および晩期上昇期(LRP = 0.11 + 0.06 vs )の両方で有意に低下したND群と比較して0.24±0.22Nm(kg * deg)−1)。3ヵ月後にも、WD群でERPは有意に減少していた(ERP = 0.03 + 0.01対0.05 + 0.03 Nm(kg * deg)-1)。
意義
IACIの前に歩行困難を報告したJIAの小児および青年の間で、初期の立脚期におけるDJSの変化(ERPの減少)はIACIの3ヵ月後にとどまり、おそらく疼痛に関連した持続的な歩行適応を示唆した。治療前歩行分析は、改善された歩行という点でIACIから長期的な利益を得られない子供を識別するのに役立つ可能性があり、したがって、この治療に関連する副作用のリスクを免れるために知らされ、選択され得る。
前の記事次の記事
キーワード
若年性特発性関節炎歩容分析動的ジョイント剛性足首関節足
1 。前書き
若年性特発性関節炎(JIA)は小児期に最も一般的なリウマチ性疾患であり、16歳より前に存在し、6週間以上持続し、そして病因が未知であるすべての形態の関節炎を指す[ 1 ]。JIAは、症状のパターンによって変形性関節症(1〜4関節を含む)に分類されています。多発性関節炎(4つ以上の関節)。全身性関節炎(広範囲の全身的特徴を含む)、乾癬性関節炎、腱鞘炎関連関節炎(大部分はHLA B-27関連疾患)、および「その他の関節炎」と呼ばれる不明確なグループ[ 2 ]。足首の関節は膝の後に2番目に最も一般的に冒されている関節です、しかし、JIAは他の足の関節も含むかもしれません痛み、変形、歩行の変化を引き起こす [ 3 ]、 [ 4 ]。JIAにおける薬物療法の目的は、関節と全身の損傷を防ぐために滑膜炎を軽減し、うまくいけば寛解を達成することです[ 5 ]。JIAを管理するための薬は潜在的に有毒であり、関節内コルチコステロイド注射はこれらの強力な薬の必要性を減らすか排除するのを助けるかもしれません。IACIの適応には、現在全身投与で制御されていない滑膜炎の解消および寛解導入の目標が含まれています [ 5 ]。
小児健康評価質問票(CHAQ)[ 6 ]および若年性関節炎足障害指数(JAFI)[ 7 ]は、JIAの子供の疼痛および障害を評価し、機能に対するJIAの影響を記述するために設計された自己申告結果指標である。 。
三次元歩行分析(3D-GA)歩容変動に関するより詳細かつ定量的なデータを提供する[ 8、9 ]。多関節型JIAの小児では、3D-GAは、これらの小児が股関節と膝の屈曲の増加と足関節底屈の減少を伴って歩くことを示しています[ 9 ]。歩行速度の低下と二重肢支持時間の増加は、足関節障害のあるJIA患者に認められる一般的な歩行変化です[ 10 ]。
単一関節の動特性は、足首のモーメント – 角度関係や動的関節剛性(DJS)のような運動学的データと動的データを組み合わせることによってさらに分析することができます[ 11 ]。DJSは2つの動的関節機能の非侵襲的分析を提供します。関節のバネのような挙動と運動中の機械的エネルギーの交換 [ 12 ]。tibiotalar関節において、この曲線は立脚相[中、比較的単純なループ状の輪郭を形成する11、13 4つの連続線形相を識別することができる]、:1)第一下降相(FDP)、2)初期立ち上がり相(ERP)、3)後期上昇期(LRP)、および4)下降期(DP)[ 12]]。時間的には、ERP、LRP、DPは、Perry and Burnfield によって記述された足首、前足、つま先のロッカーにほぼ対応します[ 14 ]。足首のDJSは、JIAの子供8人で説明されています[ 15 ]。その研究では、ERPは健康な対照よりも有意に低かったが、LRPとDPはそうではなかった。より低いERPはより低い地面反力(GRF)および/またはより遅い圧力中心の前進(COP)によるものとされた[ 15 ]。ただし、足首DJSと歩行障害の関係は検討されていません。
本研究はEsbjornsson et al。[ 16 ]の観察に基づいており、足のIACIの前に重度の歩行障害を報告したJIAの子供は歩行偏差によって測定されるように歩行動態の改善が少ないことを示した治療前の歩行障害が報告されていないJIAの小児と比較して、IACI治療前、および治療後3ヵ月後と比較して、指標(GDI)および低い足首/股関節力比。その研究では、すべての参加者が足と足首のIACIを受けましたが、足首関節のバイオメカニクスは詳細に分析されませんでした。本研究は、足関節DJSが小児およびJIAの青年期の自己評価型歩行障害に応じて変動するかどうかを調査して、JIAおよび歩行障害を持つ子供のサブグループが歩行変化の持続に関して足IACI療法にあまり反応しない。
2 。材料および方法
スウェーデンのストックホルムの地域倫理委員会がこの研究を承認した。参加者全員(および/または子供の両親)は、書面による同意を得た。研究デザインおよび方法は以前に記載されている[ 16 ]。
この二次分析は、スウェーデンのストックホルムにあるAstrid Lindgren’s Children’s Hospitalから連続して募集されたJIAの33人の少年からのデータを調べます。包含基準は、1)片足または両足での活動性関節炎、2)IACIの予定、3)5歳から18歳までの年齢、4)一般的な発育、5)スウェーデン語の読み書きおよび理解できたベースラインの完了3か月の評価(アンケートと3D-GA)。ベースライン評価の4週間未満前に大下肢手術またはIACIを受けた小児は除外した。参加者の64%が多発性関節炎と診断され、58%が膝や股関節にIACIを受けました。子供の73%が非ステロイドを服用していた抗炎症薬、42%メトトレキサート、および33%生物学的薬剤。参加者は必要に応じて理学療法を受けた。Injectionsは下与えられた全身麻酔や蛍光透視コントラストのが正しい針の配置を確認するために使用されました。また、8人の子供が、JIA、特発性足指歩行者、健康管理者の子供を対象とした足首DJSに関する以前の研究に参加しました[15]。
小児は治療前、IACI後3週間、および3ヶ月後に検査されました。各評価で、子供たちは歩行中の痛みを評価し、経験豊富な理学療法士(ACE)による臨床共同検査を受け、3D-GAに参加しました。自己申告による足の痛みは、子供の年齢と理解能力に応じて、ビジュアルアナログスケール(VAS)(スケールは1から100の範囲)、または顔の痛みのスケールのいずれかを使用して推定しました。臨床検査は、1)カプセルの評価から成って腫れ2)股関節、膝、足首、中/後足、および前足部の圧痛および痛みの存在、3)関節運動の喪失(2と同じ5関節)、およびそのいずれかとしての二分法存在または不在 調査した各関節について、最大値26(両端を含む)の関節スコア[ 17]を計算するためにこれらの数値が追加されました。
小児は、足部機能障害の尺度である若年性足障害指数(JAFI)[ 7 ]、および小児健康評価質問票(CHAQ)[ 6 ]を完成させた。]ベースライン時および3ヶ月後。CHAQとJAFIは、一般的にJIAの子供の疼痛と障害を評価するために設計された、有効で信頼できる自己申告の結果の尺度として使用されます。10歳未満の子供(n = 14)については、JAFIとCHAQの代理バージョンがベースライン時と3ヶ月後に同じ親によって完成されました。JAFIを完成させるとき、最も関与している足が基準足となりました。CHAQは、日常生活の8つの分野で機能を評価しました。各項目は0〜3の回答セットを使用します(0 =「難なく」〜3 =「実行不可能」)。ベースラインCHAQウォーキングディメンションスコア(難易度なし(ND)=スコア0またはウォーキング困難性(WD)=スコア1または2)に基づいて、子供を2つのグループに二分した。3 =「不可能」の得点はありませんでした。
2つのフォースプレート(Kistler Type 9281C、Winterthur、スイス)を備えた8カメラモーション分析システム(Vicon MX40、Oxford、イギリス)を使用して、歩行データをIACIの前後に収集した。データは、Vicon Plug-In-Gaitモデルを用いて分析した。経験豊富な理学療法士(ACE)がマーカーを配置し、すべての子供たちに歩行分析を実施しました。足首の運動学、モーメント、および歩行イベント、ならびにマーカーの軌跡、床反力および圧力中心データに関する関連データを、Matlab(MathWorks、Inc.、Natick、USA)を使用して分析した。線形補間を使用して、歩幅持続時間の2%ごとに関節角度およびモーメントのデータ点を得た。足首関節モーメントは、被験者の測定値と人体測定学的特性を用いて、逆動力学によって計算された[ 18]。] 体重に正規化した。足首モーメント(立脚期のみ)を矢状面における対応する足首角度(モーメント – 角度ループ)の関数としてプロットした。以前の報告[に類似し13、15 ]、モーメント角ループは立脚相(中足関節のイベントに対応する3つの特徴的な準線形相を含む、反時計回りの横パスを形成し、図1 のA参照)。ERPでは、足首は静止した足の上で脛骨の回転を介して受動的に背屈する。LRPはヒールアップから始まりますそして最大の足首の背屈で終わる。その後DPが起動し、足が地面から離れると完了します。文献[ 13]に基づいて、非線形性を避けるためにターニングポイントをトリムするためにしきい値が適用されます。モーメント足首ループを構成する各サブフェーズの決意方式は、以前の研究[において詳細に記載されている13、15 ]。各サブフェーズにおける線形回帰の高い適合度は、線形フェーズが首尾よく識別されたことを示した。各サブフェーズについて、足首DJSを最小二乗法を最小にする線形回帰直線を用いてモーメント角曲線の傾きとして定量化した。実験データ点と線の間の距離。データポイント数が少ないため、FDPは分析から除外しました。異なる相の傾きの増加または減少は、例えばERPの増加または減少と呼ばれるであろう。
図1
高解像度画像をダウンロード(427KB)フルサイズの画像をダウンロード
図1。(A)自己報告歩行障害「WD」を有する20人の子供および治療前に歩行障害「ND」を報告していない13人の子供からの平均モーメント – 角度ループを示すモーメント – 角度関係。動的足首関節剛性は、線形回帰の勾配として計算された。足首関節モーメントの線を足首関節角度の関数としてプロットしたものです。図解されているのは、スタンス段階内の3つのサブ段階です。立ち上がりの早い段階「ERP」(青)、遅い立ち上がりの段階「LRP」(赤)、および下降する段階「DP」(緑)。(B)WD群およびND群における歩行周期長に対して正規化された平均足首モーメントを示す足首モーメント。内足部後屈モーメントは、足首および前足部ロッカーの間にWD群においてより低い。(C)正規化された歩行サイクルの間の足首角度の変動。足首後屈角度はスタンスフェーズの後半部分ではWD群の方が大きい。(この図の凡例の色への参照の解釈については、読者はこの記事のWeb版を参照してください)。
ループの上昇成分と下降成分で囲まれた領域は、吸収された仕事と生成された仕事にそれぞれ対応します(図2)。ループ内の領域は、足首関節によって生み出された純仕事量を表します。最も関与している足からのデータ(JAFIスコアの完成と同じ)を分析に使用した。二国間の足の関与の場合には、子供によって示されるように、最も影響を受けた足からのデータが分析に使われました。
図2
高解像度画像をダウンロードする(212KB)フルサイズの画像をダウンロード
図2。(A)吸収された仕事と(B)生み出された仕事を説明するモーメント角ループの例(参照Crenna and Frigo 2011)。
2.1 。統計分析
統計分析は、社会科学用統計パッケージ、バージョン23(米国イリノイ州シカゴのSPSS Inc.)を用いて行った。人口統計学的および疾病の特徴は、平均値と標準偏差(SD)または中央値と範囲のいずれかを用いて記述された。子供たちは彼らのベースラインCHAQ歩行寸法スコアに従って2つのグループに分けられました。群間比較のために、学生のt検定を人口統計学(年齢、体重、体長、BMI、疾病期間)および歩行パラメータ(DJS、仕事量、歩行速度)に対して使用した一方、マンホイットニーU検定を用いた。序数変数およびノンパラメトリック分布(Joint Score、CHAQ、JAFIだけでなく、歪んだ分布によるLRP)を持つ変数にも使用されます。変数間の関連を評価するためにスピアマン順位相関係数が使用された。0.05未満のp値を統計的に有意とみなし、そうでなければ有意でない(ns)と称した。
3 。結果
3.1 。人口統計、痛み、健康、および身体障害
13人の子供がCHAQウォーキングディメンションで0を獲得し、「ND」グループ(歩行障害なし)と呼ばれ、一方、1(n = 14)または2(n = 6)を獲得した20人の子供は、「ND」グループと呼ばれます。 WD”グループ(歩行障害者用)人口統計学、疼痛およびアンケートスコアの群間比較を表1に示す。ほとんどの被験者は女性でした。ND群とWD群の間で年齢、身長または体重に差はなかった。BMIと治療前の疼痛はWD群で有意に高かった。歩行障害を報告していない子供たちと比較して、歩行障害を報告している子供たちでは、3つのJAFIスコアすべてと同様に総CHAQスコアも有意に悪かった(表1参照)。
表1。歩行障害を報告していないJIA(ND)の子供と歩行障害を報告しているJIA(WD)の子供との間のベースライン人口統計、疾患パラメータ、および自己申告による疼痛、健康状態、および障害の比較。
ND WD 意義
被験者数 13年 20
性別、女の子(%) 9(69) 17(85)
平均年齢(SD) 10.6(3.8) 12.0(4.5) ns
平均体重(kg)(SD) 36.7(14.3) 49.2(24.0) ns
平均身長(m)(SD) 1.42(0.18) 1.48(0.25) ns
平均BMI(SD) 17.4(2.8) 20.7(4.9) p = 0.04
年間の平均疾患期間、(SD) 3.3(2.3) 5.6(4.3) ns
中央共同スコア(範囲) 5(1〜15) 10(3-18) ns
疼痛の中央値(範囲)(VAS 0-100) 0(0〜60) 40(0〜79) p <0.01 中央値CHAQ(範囲)(0〜3スケール)、 0.12(0-0.75) 0.88(0.38-2.12) p <0.001 中央CHAQ歩行寸法(範囲)(0〜2スケール) 0(0) 1(1-2) p <0.001 JAFI障害の中央値(範囲)(0から36のスケール) 3(0〜10) 18(0〜27) p <0.001 中央JAFI活動制限(範囲)(0から56スケール) 3(1〜20) 27(8〜47) p <0.001 JAFI参加の中央値(範囲)(0〜16のスケール) 1(0〜5) 7(0〜16) p <0.001 有意水準はp <0.05に設定しました。より高いp値は有意でない(ns)と呼ばれる。 3.2 。足首の動的関節剛性、仕事および無次元歩行速度 IAC治療前のND群とWD群を比較すると、WD群ではERPとLRPが有意に減少した(p <0.05)(表2、図1a)。下降相(DP)、作業、または歩行速度に関して有意差はありませんでした(表2)。 表2。関節内コルチコステロイド関節注射(IACI)治療の前後3か月後に歩行困難(ND)を報告していないJIAの子供と歩行困難(WD)の子供の間の動的関節剛性、仕事、および歩行速度の比較。 前処理 治療後3ヶ月 ND WD 意義 ND WD 意義 n = 13 n = 20 n = 13 n = 20 平均早期上昇期、Nm(kg * deg)-1、(SD) 0.05(0.02) 0.03(0.02) p <0.05 0.05(0.03) 0.03(0.01) p <0.05 平均後期立ち上がり相、Nm(kg * deg)-1、(SD) 0.24(0.22) 0.11(0.06) p <0.05 b 0.09(0.34) 0.10(0.10) ns 平均降下相、Nm(kg * deg)-1、(SD) 0.08(0.01) 0.07(0.02) ns 0.07(0.01) 0.07(0.02) ns 吸収された平均仕事量、Nm(kg)-1 * deg、(SD) 4.19(2.72) 5.82(2.48) ns 5.77(3.47) 6.01(2.58) ns 平均作業量、Nm(kg)-1 * deg、(SD) 10.01(2.17) 9.96(4.36) ns 10.55(2.77) 9.84(4.02) ns 平均作業網、 Nm(kg)-1 * deg、(SD) 5.10(2.28) 4.13(3.07) ns 4.78(2.24) 3.82(3.23) ns 平均歩行速度、m * s -1、(SD) 1.19(0.15) 1.15(0.23) ns 1.13(0.12) 1.11(0.21) ns 平均無次元歩行速度(SD) 0.45(0.07) 0.42(0.08) ns 0.43(0.06) 0.41(0.08) ns 有意水準はp <0.05に設定しました。より高いp値は有意でない(ns)と呼ばれる。 bマンホイットニー。 3ヵ月時点で、WD群ではND群と比較してERPは有意に低かった(p <0.05)(ERP = 0.03 + 0.01対0.05 + 0.03 Nm(kg * deg)-1)が、有意差はなかった。 LRP、DP、仕事量、または無次元歩行速度に関して見出された(表2)。 4 。討論 Esbjornsson等。[ 16 ]重度の歩行障害を報告したJIAの子供は、IAC治療の前後3か月後と同様に、歩行障害指数(GDI)スコアが悪化し、足首/股関節出力比が低下した。健康的なコントロール。本研究では、JIAの子供の自己申告による歩行困難に基づく足首動的関節剛性(DJS)の違いを識別し、自己申告による歩行困難が足IACIの使用に役立つかどうかを判断することを目的とした。我々は初期の立場の段階で足首DJSの重要な変更を見つけました。 IAC治療前は、歩行障害(WD)を報告しているJIAの小児グループのERPおよびLRP値は、障害のないグループ(ND)よりも有意に低かった。一時的にこれらのERPとLRPの変化(図1 )はPerryとBurnfield によって説明された足首と前足のロッカーの間に起こります[ 14]。]。したがって、ベースラインでは、WD群は、ND群と比較して足首および前足のロッカーの間に減少した背屈モーメントを示した。足首の背屈角もWD群の前足ロッカーの間に増加しました。3ヶ月後、WD群ではERPのみが減少した。これは、歩行パターンの長期的な変化が、初期の立脚期における足首の背屈モーメントの減少を意味することを示唆している。足首DJSにおけるERPの有意に低いERPは、健康な対照および特発性足指歩行者である子供と比較した場合、JIAの子供(n = 8)で以前に報告されているが、歩行障害の変動は評価されなかった[ 15 ]。その研究では、LRPとDPは、JIAの小児と対照群の間で異ならなかった。 JIAの小児が示す歩行パターンは、関節リウマチ(RA)の成人に見られる歩行パターンといくつかの共通の特徴を共有しています。例えば、歩行速度の低下や二重支持時間の増加[ 10 ]などです。 RAのDJS。その記事では[ 19]、立脚期の異なる細分化が使用された。1)制御された足底屈曲(CPF)、2)制御された背屈(CDF)、および3)動力付き足底屈曲(PPF)、本発明の複合体と直接比較する。しかしながら、著者らは、年齢が一致する健康な対照と比較して、RAを有する女性においてCPF中に足首DJSが増加し、そしてRAを有する女性において最も罹患した脚においてCDF中に足首DJSを減少させると報告した。増加したDJSは膝変形性関節症(OA)の患者でも報告されており、そこではより進行した病気は歩行速度に関係なく負荷反応中の膝のDJSの増加と関連しています[ 20 ]。膝関節全置換術後 6ヵ月経過した時点で、膝DJSの増加が持続することが示されています。術後の痛みは治まった[ 21]。増加した膝DJSは、大腿四頭筋脱力、あるいは、脱力と痛みのあるところで採用されたが、痛みと不安定性が解決した後もずっと続いた学習された運動戦略に関連していることが示唆された。 したがって、DJSの短期および長期の変化は、主に研究中の関節の機械的性質に関係しない要因、例えば知覚される疼痛、衰弱または不安定性を補うための神経筋順応によって影響を受ける可能性があります。したがって、「準剛性」という用語も提案されています[ 22 ]。JIAとRAの患者は、いくつかの一般的な歩行適応を共有します。RA成人の下肢の歩行分析に関する最近のレビューでは、[ 23]] RAの患者は、かかとの打撃の速度を制御し、足を引っ張って痛みを避けるために、ゆっくり歩くことをお勧めします。本研究では、非層別化データを分析すると、ベースライン時と3ヶ月時における治療前のERPと歩行時の痛みとの間に有意な負の相関があり、足首背屈モーメントの減少をもたらす歩行パターンの長期適応を示した初期の立脚期 まとめると、これらの知見は、ERPの減少が、歩行中の痛みに関連している可能性があるJIAの小児における歩行パターンの長期的な変化を表すことを意味している。 本研究の1つの制限は、集団の層別化が質問票に対する子供の回答に基づいていることです。特に年少の子供たちにとって、質問と回答の選択肢を理解する能力は限られているかもしれません。したがって、我々は10歳未満の子供(治療前と3ヶ月後に同じ親によって完成された)のためにCHAQの代理バージョンを使用しました。CHAQは、JIAの子供を評価するための有効かつ信頼できるツールと見なされています[ 6 ]。この研究では、JIAの子供たちの中には、IACIを受けていたにもかかわらず歩行障害がないと報告した人もいます。JIAの足関節炎は疾患の進行の予測因子と見なされるため、歩行困難にかかわらず、炎症の臨床徴候が存在する場合はIACIが示されることに注意することが重要です。。この研究のもう1つの制限は、足が剛体セグメントとしてモデル化され、足首DJSが矢状面でのみ分析されているという事実です。特に後期のスタンスでは、足首DJSはJIAの影響を受ける可能性のある他の足関節の機械的挙動を反映しません。LRPにおける比較的大きな標準偏差はそれを示している可能性がある。他の足関節および他の平面における運動を調査するためには、多分割足モデルを使用すべきである。 4.1 。結論 JIAおよび自己申告による歩行困難を有する小児におけるERP値の減少は、歩行動態の持続的な変化を表す。治療前歩行分析は、改善された歩行という点でIACIから長期的な利益を得られない子供を識別するのに役立つ可能性があり、したがって、この治療に関連する副作用のリスクを免れるために知らされ得る。 利益の宣言 無し。 謝辞 この作品はPromobilia財団、カロリンスカ研究所財団と基金、スウェーデンリウマチ財団、Norrbacka-Eugenia財団、Skobranschens財団、Samariten財団とSällskapetBarnavårdからの助成金によって支援されました。Iversen博士はNIHP60とFulbright Scholar Research Awardによって資金を供給されました。 参考文献 [1] RE ペティ、TR サウスウッド、P. マナー、J. バウム、DN ガラス、J. ゴールデンバーグ、ら。 若年性特発性関節炎のリウマチ分類のための国際連盟:第2改訂、エドモントン、2001年 Jリウマトール。、31 (2004 )、頁390 – 392 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [2] M. デッカー、AF Hoeksma 、JH デッカー、MA ヴァンロッサム、KM ドルマン、H. Beckerman 、ら。 若年性特発性関節炎の小児における疾患活動性、足関連障害、活動制限および参加制限の間の強い関係 クリン 経験値 リウマトール。、28 (2010 )、PP。905 – 911 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [3] J. Merker 、M. ハルトマン、F. Kreuzpointner 、A. Schwirtz 、JP ハース 静的及び歩行状態でのPES planovalgusを誘導した若年性特発性関節炎の病態生理:3D歩行分析を用いた機能ビュー Pediatr RheumatolオンラインJ.、13(2015)、p。21 Google Scholar [4] AC Esbjornsson 、K. アールト、EW Brostrom 、A. Fasth 、T. Herlin 、S. ニールセン、ら。 足関節炎は若年性特発性関節炎の小児において多関節疾患の経過および好ましくない結果を予測する クリン 経験値 リウマトール。、33 (2015 )、頁751 – 757 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [5] AG Cleary 、HD Murphy 、JE Davidson 若年性特発性関節炎における関節内コルチコステロイド注射 アーチディス 子。、88 (2003 )、頁192 – 196 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [6] B. アンダーソンガール、N. Ruperto 、S. ベルク、S. Hagelberg 、NO ジョンソン、B. Magnussonの、ら。 スウェーデン版小児健康評価質問票(CHAQ)および児童健康質問票(CHQ) クリン 経験値 リウマトール。、19 (2001 )、頁S146 – 50 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [7] M. アンドレ、S. Hagelberg 、CH Stenstrom 若年性関節炎の足障害指数:測定特性の開発及び評価 Jリウマトール。、31 (2004 )、頁。2488 – 2493 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [8] E. Brostrom 、Y. ハグランド-Akerlind 、S. Hagelberg 、AG Cresswellの 若年性慢性関節炎の小児における歩行。タイミングと力のパラメータ スキャンします。Jリウマトール。、31 (2002 )、PP。317 – 323 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [9] M. ハルトマン、F. Kreuzpointner 、R. Haefner 、H. ミヒェルス、A. Schwirtz 、JP ハース 身体活動の推奨に影響するための下肢コールの運動学及び動力学に若年性特発性関節炎の影響 Int。J Pediatr。、2010 (2010 ) Google Scholar [10] G. ヘンドリー、J. ガードナーMedwin 、GF ワット、J. ウッドバーン 若年性特発性関節炎における足の問題の調査 筋骨格。ケア。、6 (2008 )、PP。221 – 232 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [11] 動的関節剛性による RBDP Davis Gaitの特性化 歩行姿勢 、4 (1996 )、PP。224 – 231 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar [12] 人間の歩行中のモーメント – 角度ループを通して解析された足首関節の P. Crenna 、C. Frigo ダイナミクス:性別および年齢の影響 ハム。Mov。サイ。、30 (2011 )、頁。1185 – 1198 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar [13] C. フリゴ、P。 クレンナ、LM ジェンセン 異なる速度での人間の歩行中の下肢関節におけるモーメント角度の関係 J.Electromyogr。キネシオール。、6 (1996 )、頁177 – 190 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar [14] J. ペリー、JM バーンフィールド 歩容分析:正常および病理学的機能 SLACK Inc 、Thorofare NJ (2010 ) Google Scholar [15] R. Wang氏、EW Brostrom氏、AC Esbjornsson氏、EM Gutierrez-Farewik 解析的分解は、足首関節のモーメント – 角度関係の解釈に役立ちます。 J.Electromyogr。キネシオール。、22 (2012 )、頁566 – 574 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar [16] AC Esbjornsson 、MD Iversenの、M. アンドレ、S. Hagelberg 、MH シュワルツ、EW Brostrom 若年性特発性関節炎の小児に機能を歩くの関節内コルチコステロイド足の注射の効果 関節炎ケア研究。(ホーボーケン)、67 (2015 )、頁。1693年- 1701 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [17] M. アンドレ・ 若年性特発性関節炎、理学療法の視点で患者教育とフット障害 カロリンスカ大学、ストックホルム(2005 ) Google Scholar [18] DGECGE ロバートソン、J。 ハミル、B。 キャメル、SN Whittlesey Research Methods in Biomechanics Human Kinetics 、シャンペーン、イリノイ州(2004 ) Google Scholar [19] P. Aleixo 、J. ヴァス・Patto 、H. モレイラ、J. アブランテス ダイナミック健康および慢性関節リウマチ、閉経後の女性の足首の関節の硬直 歩行姿勢 、60 (2017 )、PP。225 – 234 Google Scholar [20] JA Zeni Jr. 、JS Higginson 変形性膝関節症の重症度の進行性増加を伴う被験者における動的膝関節剛性 クリン Biomech(ブリストル、エイボン)、24 (2009 )、頁366 – 371 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar [21] K. マクギニス、L. スナイダー-Mackler 、P. 花、J. 銭 人工膝関節全置換術後の被験者の動的関節の硬直と共同収縮 クリン Biomech(ブリストル、エイボン)、28 (2013 )、頁205 – 210 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar [22] ML ラタッシュ、VM Zatsiorsky 共同剛性:神話か現実? ハム。Mov。サイ。、12 (1993 )、PP。653 – 692 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar [23] H. Baan 、R. Dubbeldam 、AV Nene 、MA リウマチ様関節炎患者における下肢の van de Laar Gait分析:系統的レビュー Semin Arthritis Rheum 、41 (2012 )、頁768個の- 788 e8 Scopus Google Scholarでレコードを表示する ©2018 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0966636218303205