このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
深部組織に局在する疼痛は、複雑性局所疼痛症候群(CRPS)において頻繁に発生する。加えて、筋肉に対する圧力を鈍くするための痛覚過敏はCRPSにおいて一般的であるが、それはしばしば他の原因の四肢痛においても現れる。3 相骨シンチグラフィ(TPBS)がCRPSにおける関節周囲骨代謝促進を明らかにすると考えると、鈍い圧力に対する関節関連痛覚過敏は、筋肉に対する痛覚過敏よりもより具体的な所見である可能性がある。上肢痛の患者34人(18 CRPS、非CRPS 16人、ブダペストの基準に従って診断された)および18人の健常対照者において、圧痛閾値(PPT)が両腕を超えて両側評価された(PPT Thenar))、中手指節間(PPT MCP)、および近位指節間(PPT PIP )関節を圧力アルゴメーター(Somedic、スウェーデン)を使用して接合する。事前に、すべての患者は試験とは無関係に診断目的のためにTPBSを受けていた。骨折部位を除くMCPおよびPIPの関心領域(ROI)比(石灰化相)は、PPTと相関していた。CRPSでは、非CRPSと比較してすべてのROI比が有意に増加し、罹患した手のすべてのPPTが減少した(PPT テナー:358 ± 197 kPaに対して243 ± 150 kPa、PPT MCP:159 ± 93 kPaに対して80 ± 67 kPa、 PPT PIP:80 ± 56 kPaで184対 ± 110 キロパスカル; P < 0.01)および対照(PPT 母指球:478 ± 106 kPaで、PPT MCP:254 ± 50 kPaで、PPT PIP:275 ± 76 キロパスカル; P < 0.01)。PPT 母指球 293以下 PPT一方kPaでは、77%の感度のみ63%の特異性を明らかにしたPIP 102以下 kPaではCRPSを識別するために82%の感度及び94%の特異度を有していました。CRPSでのみPPT MCPとPPT PIPがありましたROI比と有意に逆相関した(MCP:r = −0.439、PIP:r = −0.447)。PPT PIP は、感度を失うことなく、PPT Then よりもI型CRPSに対して高い特異性を示します。したがって、関節のPPTの測定は、骨の病態生理の徴候としてTPBSによって評価される骨代謝の増加を反映する非侵襲的な診断ツールとなる可能性があります。 前の記事次の記事 キーワード 複雑性局所疼痛症候群(CRPS)炎症圧痛閾値定量的官能検査三相骨シンチグラフィー 1 最初の2人の著者はこの記事に等しく貢献しました、そして、両方とも最初の著者とみなされるべきです。 著作権©2013痛みの研究のための国際協会。Elsevier BVが発行しました。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0304395913006623