このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
以前の研究では、うつ病と顎関節症(TMD)が関連していました。しかしながら、時間的性格はまだ明らかにされていない。大部分の患者研究は治療施設から対象を選択したが、疫学研究では臨床検査は行われていない。この研究では、ポメラニアンの健康に関する集団ベース研究(SHIP)の5年間の追跡データが分析された。TMD疼痛のリスクに対する鬱病の症状および不安の症状の影響を評価するために、複合国際診断スクリーニング(CID-S)および顎関節および咀嚼筋の触診を伴う臨床機能検査に使われていた。ベースライン時に関節痛を有する対象を除外した後、平均年齢49歳の3,006人の白人参加者のサンプルが得られた。それらのうち、122人の参加者が触診時にTMD関節痛の徴候を示した。うつ病の症状がある被験者は、触診時にTMD関節痛のリスクが高まりました(率比:2.1、95 %信頼区間:1.5〜3.0、 P <0.001)。不安症状は関節と筋肉痛に関連していた。TMD疼痛の診断、予防、および治療では、うつ病の症状および不安症状も考慮し、必要に応じて適切な治療法を検討する必要があります。
展望
鬱病および不安症状は、TMD疼痛の危険因子として考慮されるべきです。うつ症状は関節痛に特有のものであり、不安症状は筋肉痛に特有のものであり、詳細な検討に値する発見である。これらの所見はTMDの治療における意思決定を支持するかもしれない。
前の記事次の記事
キーワード
顎関節症口腔顔面痛うつ病不安危険因子
SHIPは、連邦教育研究省(助成金番号01ZZ9603、01ZZ0103、および01ZZ0403)、文化省および社会省によって資金提供されている、ドイツのグライフスヴァルト大学の地域医学研究ネットの一部です。メクレンブルク連邦 – 西ポメラニア連邦。
どの著者も潜在的な利益相反を報告していません。
著作権©2012アメリカ疼痛学会。Elsevier Inc.が発行します。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1526590012008061