このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
バックグラウンド
全関節形成術後の術後すぐの痛みは、大うつ病性障害(MDD)を含むさまざまな患者要因の影響を受けます。したがって、この研究は膝関節全置換術(TKA)または股関節全置換術(THA)のいずれかを受けたMDDの有無にかかわらず、患者の疼痛およびオピオイド消費に対する患者の認識を比較することを目的とした。具体的には、(1)疼痛強度、(2)入院期間、(3)オピオイド消費、および(4)疼痛管理に対する患者の認識を比較した。
方法
我々は独立したサンプル2012と2016の間THAを受けたMDDと診断された患者を同定するために、当社の制度を押しGaneyデータベースを見直した(n = 48)とTKA(N = 68)T 検定とカイ二乗分析をするために実施しました連続変数とカテゴリ変数をそれぞれ評価します。共分散分析により、術後疼痛強度に対する鬱病の影響を評価した。分散の混合デザイン分析は、グループ間のオピオイド消費の違いを評価しました。
結果
THAまたはTKAを受けたMDD患者は、MDDのない患者と比較して、より高い平均疼痛強度スコアを示した。しかしながら、これは統計的には異ならなかった(それぞれ235.6対207.7 ;P = .264および214.8対185.1; P = .055)。THAまたはTKAを受けたMDDを有する患者は、MDDを有しない患者と比較した場合、より多くのオピオイドを消費した(それぞれP = 0.048およびP = 0.038)。
結論
完全な関節形成術を受けているMDD患者は、手術直後の期間に、一致したコホートと比較してより多くのオピオイドを消費します。MDDなどの患者特有の要因を特定することは、関節形成術の外科医が患者の回復過程を調整するのに役立つ可能性があります。これらの所見は、転帰を最適化するために関節形成外科医とプライマリケア提供者との間のより多くの協力を正当化する。
前の記事次の記事
キーワード
大鬱病性障害人工股関節置換術人工膝関節置換術オピオイド消費術後疼痛管理オピオイド鎮痛薬
この論文の執筆者の一人以上は、直接的または間接的な支払いの受領、制度的支援、あるいは潜在的な矛盾があると思われる可能性のある生物医学分野の団体との関連付けなどの潜在的または適切な利益相反を開示しています。この作品に興味があります。完全な開示声明についてはhttps://doi.org/10.1016/j.arth.2017.10.020を参照してください。
©2017 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0883540317309142