このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
Manchikanti L、Manchukonda R、Pampati V、Damron KS、McManus CD。椎間の有病率関節痛で慢性腰痛制御比較局所麻酔ブロックによって術後の患者です。
目的
外科的介入後の慢性腰痛(CLBP)患者における椎間関節痛の有病率を評価すること。
設計
前向き無作為化連続試験
設定
外来介入疼痛管理の設定
参加者
椎間関節痛の有病率は、介入的疼痛管理の実践と呼ばれる様々な外科的介入の後にCLBP患者で評価された。サンプルは、様々な外科的介入後に持続性CLBPを有する282人の患者から得た。これらのうち、242人の患者が介入技術を受けることに同意した。腰椎外科的介入後に慢性の非特異的な腰痛を有する合計117人の連続した患者を、対照の比較局所麻酔薬ブロックで評価した。
介入
各小面関節神経を遮断するために0.5mLを使用して蛍光透視下で管理された比較局所麻酔薬ブロック(1%リドカインまたは1%リドカイン、続いて0.25%ブピバカイン)。
主な結果の測定
肯定的な反応は、以前は痛みを伴う運動を実行する能力を伴う疼痛の少なくとも80%の減少として定義された。肯定的な反応は、ブピバカインが使用されたときのリドカインによる軽減の持続時間より少なくとも1時間または少なくとも2時間またはそれ以上続くリドカインブロックからの疼痛軽減であると考えられた。管理された比較局所麻酔薬ブロックを用いて偽陽性結果を排除した。有効な情報は、比較局所麻酔薬ブロックの形で制御ブロックを実施することによってのみ得られ、そこでは、2つの別々の機会に、異なる持続時間の局所麻酔薬を使用することによって同じ関節が麻酔される。患者が両方のブロックで適切な反応を得た場合、それらは陽性と見なされた。彼らがリドカインで適切な反応を得たがブピバカインでは得られなかった場合、それらは偽陽性と考えられ、一方、反応がリドカインで陰性であった場合、それらは陰性と考えられた。
結果
様々な外科的介入後の再発性疼痛を有する患者における腰椎椎間関節痛の有病率は16%であった(95%信頼区間、9%〜23%)。リドカインの単一ブロックによる偽陽性率は49%でした。
結論
椎間関節は、様々な外科的介入の後に再発性CLBPを有する患者の小さいが有意な割合で臨床的に重要な疼痛発生剤である。
前の記事次の記事
キーワード
椎間関節椎弓切除術腰痛リハビリテーション頬骨接合部
この記事を支持する研究の結果に直接の金銭的利害関係を有する商業上の関係者は、著者または著者が関連付けられているいかなる組織にも利益を与えたり、与えたりすることはありません。
著作権©2007アメリカリハビリテーション医学会議およびアメリカ物理医学リハビリテーション学会。Elsevier Inc.が発行します。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0003999307000238