このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

歩行中の膝痛は変形性膝関節症患者によく見られます。

中等度/重度の痛みは、中期期の高い膝屈曲モーメントと関連していました。

さらに、中等度/重度の疼痛は、より大きな内反膝の不整列と関連していた。

より大きな膝の不整列はより悪い全体的な痛みと機能スコアと関連していました。
抽象
バックグラウンド
発症中の歩行中の高い機械的膝関節負荷と変形性膝関節症の進行との間の関連性は広く研究されてきた。ただし、歩行中の痛みの増加に関連する危険因子にあまり注意が払われていません。本研究の目的は、変形性膝関節症患者における歩行関連の膝の痛みに関連している可能性がある膝関節モーメントおよび臨床的特徴を評価することであった。
方法
変形性膝関節症の67人の参加者は、歩行中の自己申告の症状に基づいて、無痛(n = 18)、軽度の痛み(n = 27)、または中等度/重度の痛み(n = 22)の3つのグループに分類された。参加者全員が三次元歩行分析を受けた。大腿四頭筋の強度、膝関節の伸展範囲、X線撮影による膝のアライメント、および全体的な痛みと機能の自己申告による測定も定量化されました。
調査結果
中等度/重度の疼痛群は、無痛群および軽度の疼痛群と比較して、より悪い全体的疼痛(P < 0.01)および身体機能スコア(P < 0.01)を示した。中等度/重度の疼痛群はまた、無痛群と比較して歩行の中期相の間により大きな膝屈曲モーメントで歩行した(P = 0.02)。また、中等度/重度の疼痛の群は、より内反膝不整配列(実証P = 高い重量受付ピーク膝内転モーメント(関連付けられた0.009)、P = 0.003)と悪化グローバル疼痛(P = 0.003)、および物理的機能スコア(Pを = 0.006)。 解釈 変形性膝関節症および歩行中の中等度/重度の疼痛を有する患者では、歩行の中期相の間により大きな膝屈曲モーメントが存在する。さらに、外反不整が大きいことは、歩行を超えた日常生活の多くの活動に影響を及ぼし得る、全体的な膝関節機能不全の増加の徴候であり得る。 前の記事次の記事 キーワード 変形性関節症バイオメカニクス膝関節モーメント膝の痛み三次元歩容 著作権©2015 Elsevier Ltd..All rights reserved。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0268003315002648