このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
本研究は全同種異系関節置換術を用いて再発性TM関節強直症症例の治療における落とし穴と合併症を評価するように設計されている。
材料および方法
最大口腔開口、開口中の逸脱、従属栄養骨形成、関節周囲感染症、および関節の口腔内曝露、術後不正咬合、対側性TMJ疼痛に関して遡及的にデータを分析した。
結果
TMJ強直症の12人の患者(15関節)が当院でTMJ置換術で治療された。手術前の最大切歯間開口部の平均開口部は3.92 mm(SD±1.73)でした。術後平均切歯間開口部3ヶ月、6ヶ月および1年は、それぞれ31.59mm、(SD±3.15)32.25mm(SD±1.82)、32.67mm(SD±2.19)であった。2件の不正咬合、1件の感染、1件の関節内への暴露がありました。
結論
広い範囲の異なる種類の顎関節症を含む末期TMJ障害の治療における同種異系関節置換術の使用についての文献で利用可能な成功率は関係ない。私たちの研究では、67%の合併症のない成功率を見つけました。再発性強直症症例における同種異系関節の使用に特に焦点を当てた大規模研究が亜大陸に必要である。
前の記事次の記事
キーワード
再発性強直症異形成顎関節置換術合併症成功率
前書き
強直性関節症は関節の硬直としても知られ、2〜63 歳の年齢分布が報告されているすべての年齢層に影響を及ぼします。外傷は主要な病因として報告されており、続いて関節内感染症、および他の炎症状態が続いている。再発性TMJ強直症の管理において、同種異系関節置換術は、その不活性な性質のために再建術における主要な治療法であることが証明されています[1]。kabanのプロトコル[2]に従った肋軟骨移植片を用いた再建を伴うギャップ関節形成術が最も一般的であるアンキロシス症例を治療するために様々な治療法が使用されてきた。サイードとケント[3』は、再強直につながるCCGの失敗を報告しました。自家骨移植はまた、第二の手術部位、移植片 – 宿主界面不全、ドナー部位の罹患率などのようないくつかの不利な点も有する。
世界中の様々な研究[ 1、4 ] TJRは、TMJ障害のスペクトルにおいて、効果的な安全かつ予測可能な治療法としてこれを証明する支持に公開されています。しかし、亜大陸におけるTM強直症の場合の有用性と応用に関して利用可能なデータはほとんどありません。現在2つのFDA承認アロアロプラスチックジョイントが利用可能です。第1は、手術部位の要件に従ってカスタマイズされた特注装置(TMJコンセプト患者装着型全TMJ置換システム、ベンチュラ、カリフォルニア州、米国)であり、第2はストックメイド補綴物(Biomete Microfixation TMJ置換システム、米国フロリダ州ジャクソンビル)である。 [ 5 ]。
コストの制約、物流の問題、そして最も頻繁には二段階手術の要求を考慮すると、カスタムメイドの装置はこの地域ではそれほど人気が​​ありません。ストックメイド関節は、それらが経済的であり、一段階手術であり、製造時間が最短であることから、再発性強直症の治療においてより一般的である。これらはすべての関節のための同じサイズの窩を持つ異なる標準的な形で届けられます。
ストックプロテーゼの使用は、例えば慢性関節リウマチ、腫瘍、変形性関節症および重度の内臓障害などの最終段階の顎関節症として分類される広大な病理学的状態に使用される西洋世界とは反対の再発性強直症の症例で主に使用される。 6 ]。
文献のレビューは、多くの病理学的状態[ 1 ]からなる、さまざまな包括的パラメータが、ほとんどの研究で使用されていることを示唆しています。すなわち、末期顎関節症です。例えば、慢性関節リウマチにおけるTJRの結果は、再発性強直症の場合のTJR手術とは明らかに異なり、したがって合併症の点でも関節リウマチの場合と同様に、内科的混乱による重度の痛みは外科医にとって有利である。強直症の場合のように、局所解剖学的構造が残留構造における三次元変形と共に完全に切断されている、無傷の広い解剖学的構造。
本研究は、特に再発性強直症症例におけるTMJの全同種異系関節置換術の治療における落とし穴と合併症を遡及的に評価することを目的としている。
材料と方法
単回全同種異系関節置換術が当科で実施されている。関節置換術を受けたすべての患者の後ろ向き記録レビューが行われた。研究は施設内倫理委員会によって承認された。
関節置換術の包含基準は、
1
再発性強直症の症例
2
骨格的に成熟した患者
除外基準は
1
制御不能な真性糖尿病、重度の全身性疾患、手術側の耳感染症を有する患者。
2
成長/骨格の未熟性が不完全な患者。
3
同種異系補綴物アレルギーの既往のある患者。
すべての患者は、標準的な受信バイオメットで構成アロプラスト関節コバルト クロム合金(ASTMタイプF799)ramalプレートの内側表面を被覆されたチタンスプレーと顆コンポーネント。3つの異なるサイズのラーマ成分が、残りのラムス長の患者のサイズに応じて、45 mm、50 mm、および55 mmの長さで使用された。使用した窩コンポーネントは、超高分子量ポリエチレンでできていた。窩コンポーネントは、コンピューター断層撮影法で術前に評価した後、手術部位の需要に従って決定しました。これらは、小、中、大の3サイズです。
手術の1時間前に、 Inj cefotaxime 、Inj Amikacin 、Inj メトロニダゾールの抗生物質予防レジメンを使用しました。手術部位は口腔内部位から完全に隔離された。Popowich and Crane修飾(1983年)によるAl kayat bramley 切開術を用いて強直を解除した。Fossaコンポーネントテンプレート暫定的に修正されました。修正されたRisdonのアプローチを追加することで、テンプレートを使用してその位置を確認した後に修正されたラマコンポーネントが修正されました。窩コンポーネントをフランクフォート水平面と平行に配置するようにあらゆる努力が払われている。フォッサコンポーネントは、2.0 mmチタンネジで固定されています。下歯槽管に関してテンプレートとスクリューポジショニングを用いて擬似平行移動を検証した後、外耳道コンポーネントを固定する。拡張されたフットプレートのラマ設計は、直接の運河損傷を避けるための柔軟性を目的として使用されました。Ramalコンポーネントは、2.7 mmのバイコーテリックスクリューでしっかりと固定されています。術中30〜35 mmの開口部が確認され、両手術部位は層状に閉鎖された。
当科で策定された標準的な術後プロトコルが適用されています。それはから成っています
1
術後直後のオルソパンタモグラムとラテラルセフレントゲン写真
2
7日間の広域抗生物質
3
患者が早期の理学療法を奨励することができるように、NSAIDの組み合わせによる効果的な疼痛管理。
4
術後 7日間のソフトダイエット。
5
24時間以内に理学療法を開始する。最初は軽度の運動で、頻度は徐々に増加し切開限界は徐々に増加します。
6
患者はできるだけ早く彼の通常の食事に移行する動機を与えられている。
7
少なくとも1年間顎運動を継続する。
8
1週間、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月および1年後に定期的なフォローアップ訪問。
利用可能な患者の完全な術前および術後の記録を分析し、特定の合併症を指摘した。最大口腔開口、開口中の逸脱、従属栄養骨形成、関節周囲感染症、および関節の口腔内曝露、術後不正咬合、対側性TMJ疼痛に関してデータを分析する。
結果
合計12名の患者(15関節)が選択基準を満たし、同種異系顎関節置換術を受けた。このうち7人が女性、5人が男性であった(表1)。
表1。患者データ(手術前)。
SN 患者番号 強直の種類 年齢
(年数) 性別 手術前の最大切開口
(mm) 初回手術中の年数 最初の手術で使用される手術方法
(a) 1 一方的 38 F 02 20 ギャップ関節形成術
(b) 2 二国間 26 M 01 12年 肋軟骨移植片
(c) 3 一方的 35 F 03 22 ギャップ関節形成術
(d) 4 一方的 28年 F 03 23 ギャップ関節形成術
(e) 5 一方的 36 F 06 22 ギャップ関節形成術
(f) 6 一方的 45 M 05 12年 肋軟骨移植片
(g) 7 一方的 32 F 05 25年 ギャップ関節形成術
(h) 8 一方的 37 M 03 11 肋軟骨移植片
(私) 9 一方的 26 M 07 21 ギャップ関節形成術
(j) 10年 二国間 46 M 04 22 ギャップ関節形成術
(k) 11 一方的 28年 F 03 09 肋軟骨移植片
(l) 12年 二国間 28年 F 05 25年 ギャップ関節形成術
手術時の平均年齢は34歳でした。合計3回の両側関節置換術および9回の片側関節置換術を行った(表2)。
表2。01ヶ月後、03ヶ月後、06ヶ月後、01年後の術前の最初の日におけるpostopの最大切歯間開口部の概要。
患者番号 手術前の最大切開口
(mm) 術後最大切開後開口部
(mm)
1日目 術後の最大切開
口径(mm)
01ヶ月 術後の最大切開
口径(mm)
03月 術後の最大切開
口径(mm)
06月 術後の最大切開
口径(mm)
01年
1 02 26 32 34 33 32
2 01 28年 28年 30 31 32
3 03 32 34 34 34 34
4 03 23 27年 32 32 33
5 06 29年 34 36 35 36
6 05 27年 28年 27年 29年 32
7 05 28年 32 34 32 32
8 03 27年 33 33 34 34
9 07 26 32 30 30 28年
10年 04 28年 28年 29年 32 32
11 03 30 32 34 34 36
12年 05 32 21 26 31 31
手術前の最大切歯間開口部の平均開口部は3.92 mm(SD±1.73)でした。1日目、1ヶ月目、3ヶ月目、6ヶ月目および1年目の術後平均切開間開口部は28 mm(SD±2.56)、30.08 mm(SD±3.80)、31.59 mm、(SD±3.15)32.25 mm(それぞれSD±1.82)、32.67 mm(SD±2.19)(表3)。
表3。特定の患者で経験された合併症。
患者番号 合併症
1 無
2 術後の非特異的閉塞
3 無
4 早期関節周囲感染症
5 無
6 手術中の出血
7 無
8 無
9 無
10年 術後の非特異的閉塞
11 無
12年 口腔内に露出した人種的構成要素
片側性および両側性強直症にデータを分離した後、両側性強直症症例が同種異系関節置換術後の転帰が1日、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月および1年後の平均29.33より良好であることが明らかになった。 20.67mm(SD±2.60)と比較して、mm(SD±2.31)、25.67mm(SD±4.04)、28.33mm(SD±2.09)、31.33mm(SD±0.58)および31.67mm(SD±0.58)。 23.67ミリメートル(2.46±SD)、24.5ミリメートル(2.69±SD)、24.41ミリメートル(2.01±SD)及び24.75ミリメートル片側強直の(2.45±SD)(表4、図A2 に付録 A)。
表4。01ヶ月後、3ヶ月後、06ヶ月後、01年後の術前の最初の日における平均術後最大切歯間隔の統計分析。
平均操作
前切開口の最大開度
(mm)
(±SD) mm後の平均
術後最大切開口1日目(±SD)
mm 01月における
手術後の最大切開部の平均開口部(±SD)
mm 03ヶ月後の平均
術後最大切開口(±SD)
mm 06ヶ月での平均
術後最大切開口(±SD)
mm 01年における
術後の最大切開部の平均開口部(±SD)
すべての患者に 3.92
(±1.73) 28
(±2.56) 30.08
(±3.80) 31.59
(±3.15) 32.25
(±1.82) 32.67
(±2.19)
片側強直症 3.08
(±1.69) 20.67
(±2.60) 23.67
(±2.46) 24.5
(±2.69) 24.41
(±2.01) 24.75
(±2.45)
両側性強直症 3.33
(±2.08) 29.33
(±2.31) 25.67
(±4.04) 28.33
(±2.09) 31.33
(±0.58) 31.67
(±0.58)
5人の患者に特定の合併症が見られました。そのうち1つの合併症は術中であり、他の4つは術後であった。
2例が術後非特異的閉塞を認めた。1つのケースは再手術され、最終コンポーネントの調整は行われましたが、2つ目のケースは牽引弾性体の助けを借りて慎重に管理されました。両方の症例とも、3ヶ月の術後評価で良好な閉塞と最大切開開度30 mmと29 mmを達成しました。
1例は術後期間の4日目に耳介前切開線から軽度の膿が排出されたことで発見された。これは5日間、1日2回、 Inj MetronidazoleとInj Amikacinの局所洗浄で管理された。
利用可能な最小関節(45 mm標準関節)を使用したにもかかわらず、1人の患者に口腔内のラウマコンポーネントの曝露が認められました。手術直後の期間には、金属部品への暴露の証拠はありませんでした。患者は2週間後に痛みと口の開口の減少を訴えたと報告した。症例は、露出した口腔内の人的構成要素上に頬の脂肪が悪い移植を行ったことで管理された。
討論
再発性TMJ 強直症の症例における同種異系のTMJ置換術の場合の困難性は、2つの部分に分けられる。最初の解剖学的構造と2番目の人工器官の関係。
顎関節強直の具体骨ankyloisの場合における関節構造の完全切除をもたらします。再発性強直症の症例では、すでに周囲の関節をより線維化させる複数の手術が行われています。このため、ほとんどの場合、重層切開は不可能であり、術中出血は他のTMD(顎関節症)手術と比較してはるかに大きくなります。
そのような場合、細長いコロノイドとその除去は別の課題となります[ 7 ]。側頭筋の局所的な線維症との付着は、時々除去するのを困難にする。骨性強直症は、将来の関節窩コンポーネントの上限を特定することをより困難にしますが、線維性強直症の場合、ある程度の解剖学的ランドマークが依然として残ります。
関節窩コンポーネントの後方停止がないことは、外科医がフォッサコンポーネントを正しい内側 – 外側および前後方向の関係に置くことができない場合、追加の不利益となるようです[ 8 ]。しかしながら、標準的な窩コンポーネントは、窩の中心が正しく位置合わせされていれば、それが顆の後方への後方変位を防止するように設計されている。後方変位した顆が鼓室板および/または耳管に衝突する可能性がある。また、耳管に関連した感染症や圧迫性穿孔の可能性もあります。これは疼痛および下顎機能不全、不正咬合、および顔面奇形をもたらし得る。
現在ストックプロテーゼは45mm、50mmおよび55mmの3つのサイズで入手可能である。在庫品の装置におけるサイズの制限もまた1つの重要な要因である。これらの装置は、より小さいサイズ/変形した顎用にカスタマイズされていないようです。いつか最小の利用可能な株式ジョイントは残りのramal長さより大きいです。フットプレートタイプのラマコンポーネントの場合、これにより口腔内のばく露が起こる可能性があります。
関節手術に関連した他の既知の合併症には、一時的/永久的な顔面神経損傷、心耳側頭神経麻痺、下側肺胞神経の損傷が、厳密な外科原則と解剖学の徹底的な知識に従うことによって容易に防ぐことができる[ 9 ]。
他の文書化された合併症は、開口部の制限、ねじの緩み、従属栄養骨の形成、および構成部品の骨折です。
同種異系関節の留置後の下顎骨の回転もまた、非近位関節が常に周囲の筋肉組織の不均衡を伴うために、術後の期間において一般的である。ほとんどの場合それは牽引弾性体の助けを借りて筋肉の再プログラミングで修正されます。
再発性強直症患者の主な主訴は、審美性が2番目に重い咀嚼機能です。これらの場合、痛みは術前の所見ではありません。研究のほとんどは、[1,11]は末期の1頭の下顎関節疾患の茄多を取っていることに顕著である側頭下顎関節障害、痛みの軽減のスコアは、我々が見ている場合正しくない可能性が成功のマーカーと、と解釈されてきました別の実体としての再発性強直症の場合。
結論
我々の研究では、合計15の関節が置換され、合計05の合併症が認められたため、合併症のない成功率67%を達成しました。サンプルサイズが非常に小さいため、結果はあまり期待できませんが、同種異系の顎関節の使用は明らかに費用対効果が高く手頃な価格です。正しく評価するには、大きなサンプルサイズが必要です。
倫理的承認
制度的倫理委員会から得た。
利益相反
無し。
付録A 。
図A1を参照してください。
図A1
高解像度画像をダウンロード(377KB)フルサイズの画像をダウンロード
図A1。01ヶ月後、03ヶ月後、06ヶ月後、01年後の術前の最初の日におけるpostopの最大切歯間開口部の概要。
図A2
高解像度画像をダウンロードする(201KB)フルサイズの画像をダウンロード
図A2。棒グラフ統計解析最初に平均術後最大間切歯の開口部の手術前の 01月、03month、06月、01年後の日、。
参考文献
[1]
NR Johnson 、MJ Roberts 、SA Doi 、MD Batstone
全顎関節置換術用補綴物:系統的レビューとバイアス調整されたメタアナリシス
INT JオーラルMaxillofacのSurg 、46 (2017 )、頁。86 – 92 、10.1016 / j.ijom.2016.08.022
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[2]
顎関節強直症の管理のための
LB Kaban
プロトコル
JオーラルMaxdlofacのSurg 、48 (1990 )、頁。1145 – 1151
nd
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[3]
NR Saeed 、JN ケント
TMJ再建における肋軟骨移植片の遡及的研究
Int J Oral Maxillofac Surg 、32 (2003 )、pp。606 – 609
nd
記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar
[4]
EA Al-Moraissi 、TM El-Sharkawy 、RM Mounair 、TI El-Ghareeb
顎関節強直症の管理におけるさまざまな外科的治療法の臨床結果の系統的レビューおよびメタアナリシス
INT JオーラルMaxillofacのSurg 、44 (2015 )、PP。470 – 482 、10.1016 / j.ijom.2014.10.017
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[5]
O. Driemel 、S. ブラウン、UDA ミュラー・リヒター、M. ベア、TE ライヘルト、M. クンケル、ら。
1945年以降の同種顎関節置換術の歴史的発展と最新技術
INT JオーラルMaxillofacのSurg 、38 (2009 )、PP。909 – 920 、10.1016 / j.ijom.2009.01.022
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[6]
G. Dimitroulis
顎関節手術:インドにとってどういう意味ですか?
J Maxillofac Oral Surg 、11 (3 )(2012 )、pp。249 – 257
nd
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[7]
顎関節の
KKHガン ドラック
強直症
J CraniomaxillofacのSurg 、38 (2010 )、PP。122 – 130 、10.1016 / j.jcms.2009.04.006
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
[8]
KE デラColeta 、LM ウォルフォード、JR Goncalvesの、S. ピントADOS 、LP ピント、DS カッサーノ
TMJ概念全関節プロテーゼと上下顎反時計回りの回転と下顎前進:パートI-骨格および歯科安定
Int J Oral Maxillofac Sur (2018 )
nd
Google Scholar
[9]
DA Keith
顎関節手術の合併症
口腔Maxillofac Surg Clin North Am 、15 (2003 )、pp。187 – 194
nd
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar

AsianAOMS:アジア口腔外科医協会。ASOMP:アジア口腔顎顔面病理学会。JSOP:日本口腔病理学会 JSOMS:日本口腔外科学会。JSOM:日本口腔内科学会; JAMI:日本顎顔面インプラント学会。
要約を見る
©2018アジアのAOMS(+)ASOMP(+)JSOP(+)JSOMS(+)JSOM(+)とJAMI。Elsevier LtdによるAll rights reserved。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S221255581830156X