このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
従来の二重の臨床的有効性を比較するために、穿刺単一穿刺型2対関節穿刺還元(DDWOR)なし顎関節円板の変位の管理のために。
材料および方法
26人のDDWOR患者を無作為にそして盲目的に2つの治療グループ(N = 13)に割り当てた。グループ1、通常の二重穿刺関節穿刺。グループ2、単回穿刺2型関節穿刺。性別、痛みを伴う関節症状のある側、年齢(年)、関節痛の期間(月)、最大歯間距離(MID – mm)、および疼痛強度に関するデータ(ビジュアルアナログスケールで自己報告)(VAS; 0–10)集めた。VASスコアおよびMIDは、関節穿刺の前(ベースライン)および6ヶ月後(最終)に測定した。
結果
両技術とも、180日後にVASスコアの有意な減少およびMIDの増加(p = 0.001)をもたらした。しかしながら、技術間に統計的に有意な差はなかった(p> 0.05)。
結論
試験した2つの関節穿刺法は、DDWOR患者のVASスコアの減少とMIDの増加に効果的であった。
前の記事次の記事
キーワード
顎関節症縮小なしのディスク変位関節穿刺
全文を見る
©2018ヨーロッパ頭蓋骨 – 顔面外科手術協会。Elsevier Ltd.が発行します。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1010518218303081