このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
腰痛は、臨床上および公衆衛生上の大きな問題です。私たちが脊椎用器具を使用するとき、立位での脊椎と脚のアライメントの測定は重要であると考えられています。膝関節痛もまた、増加する高齢者集団において非常に大きな臨床上の問題となっている。しかしながら、脊椎整列、特に仙骨傾斜と膝関節痛との間の相関関係は明らかではない。高齢者における腰椎前弯症、仙骨傾斜、膝蓋大腿関節痛の間の相関を調べた。50〜85歳の399人が検査された。臨床所見および身体的状態が決定された。L1からS1までの総前弯および仙骨傾斜の測定および決定は、スタンディングラジオグラフから行われた。膝関節は直立膝屈曲角度を用いて評価した。X線写真、膝蓋大腿骨(PF)関節研削テスト。大腿骨頸部関節に明らかな骨関節炎があるため、被験者の39%が除外されました。被験者の58%が過去3か月以内に腰痛を感じ、被験者の16%がPF関節研削痛を訴えた。被験者の16%が立っているときに膝の屈曲を示した。PF関節研削痛の有無による群間で仙骨傾斜に有意差があった(P <0.01)。膝屈曲群では仙骨の傾斜は約5°小さかった。仙骨傾斜とPF関節痛の間の相関関係が定義され、高齢者におけるその有病率が報告されている。この現象は腰椎アライメントの変化によって引き起こされると推測します。加えて、 前の記事次の記事 仙骨の傾き膝関節大腿関節腰痛 Copyright©2002日本整形外科学会。Elsevier BVが発行しました。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0949265815331341