このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

肘に向けられた関節動員は、外側肘腱障害の管理における対照群と比較して、すべての時間枠にわたって痛みおよび/または機能的握力スコアの両方を改善する。

予備的証拠は、地域の共同動員もまた有益であり得ることを示唆している。

研究間の不均一性と機能的変化を記述するために使用されるアウトカム指標はデータのプールを制限する。
抽象
研究デザイン
系統的レビュー
前書き
外側肘腱障害(LET)に関連した症状を治療するための最も効果的な方法はどれかという点でコンセンサスはありません。共同動員がLET患者の回復に役立つ可能性があることが研究により示唆されています。
研究の目的
関節の動員が、LETの成人の疼痛、握力、および障害の改善に有効かどうかを判断する
方法
関連する臨床試験を特定するために、3つのデータベースを検索した。レビューアは独自にデータを抽出し、方法論の質を評価した。定量的データの要約尺度を可能な限り抽出または計算した。変量効果モデルを用いたメタ分析のために適切なデータをプールした。
結果
合計20の研究が選択基準を満たした。7件がメタアナリシスに含まれた。研究は大きく3つのグループに分類されました:動員による動員(MWM)、ミルの操作、そして地域動員のテクニック。すべての期間にわたるプールされたデータは、0.43の平均効果サイズ(95%信頼区間)を示しました。[CI]:疼痛評価の改善に関するMWMについては0.15〜0.71)、握力の改善に関するMWMについては0.31(95%CI:0.11〜0.51)、疼痛評価の改善に関するMillの操作については0.47(95%CI:0.11〜0.82) 。平均効果サイズが-0.01(95%CI:-0.27から-0.26)の場合、ミルの操作で痛みのないグリップ強度は向上しませんでした。機能的転帰は研究間でかなり異なっていた。痛み、握力、機能的転帰は、地域の動員によって改善された。
結論
LETの管理において、関節動員がすべての時間枠にわたって痛みおよび/または機能的グリップスコアの両方にプラスの効果を及ぼすという説得力のある証拠があります。
キーワード
外側上顆炎肘の痛み関節動員手動療法
この記事の研究データ
利用できないデータ/ データは要求に応じて利用できるようになります
研究データについて
©2018 Hanley&Belfus、Elsevier Inc.のインプリント。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0894113017302892