このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

18人の関節置換患者を手術前7日間の延長または習慣的睡眠に無作為に割り付けた。

夜間、拡張グループは7泊の習慣グループより1時間多く寝ました。

手術後の長期群の日々の痛みは少なく、オピエート薬の投与量は49%少なかった。

これらのデータは、手術前の準備に患者の睡眠の健康管理を含めるべきであることを示唆しています。
抽象
研究目的
全膝関節/股関節置換術を予定している短期睡眠ボランティアにおける術前の睡眠延長が術後の痛みと鎮痛剤使用を減らすかどうかを決定すること。
方法
全国平均(すなわち7時間以下)以下の睡眠時間で定義される18人の短眠り者は、1週間の2時間毎晩の就寝時間の延長(EXT)または習慣的な就寝時間の維持(1週間)に無作為化された。 HAB)膝関節または股関節置換術の前。服薬遵守は手首アクチグラフィーによってモニターした。アウトカムは、術後の日用量たアヘン 0-10に(モルヒネミリグラム当量換算)、毎日の痛みの評価(一日全体で3〜4回取得)評価尺度(0 =痛みなし経験=最悪の痛み〜10)を超えます3〜4日の入院患者の回復
結果
就寝前手術時間(TIB)前の日記では、EXT群に無作為に割り付けられたもの[6.0(±0.78)h]とHAB群[6.5(±0.50)h]との間で、報告される夜間睡眠時間に有意差はなかった。 ]。1週間の手術前TIB操作中に、3人の参加者はTIBを延長することに失敗しました。HIB群と比較して、TIBを延長した群(n = 7)の中では、EXT群は有意により多くの夜間TIBを費やし(8.0対6.9時間、p <0.05)、その結果1時間以上の睡眠が生じた(6.8対5.8時間)。 、p <0.04)。術後3〜4日の入院患者の回復では、EXTグループは1日の平均疼痛が有意に少なく(4.4対5.6、p <0.04)、1日のモルヒネミリグラム相当摂取量が少なかった(20.3 vs 38.6 mg、p <0.02)。 HABグループによるもの。 結論 この実現可能性研究では、関節置換術を受けることを予定されている短時間眠っている患者において、手術前にTIBを延長し、睡眠時間を延長した結果、手術後の痛み評価と鎮静剤使用が減少した。 前の記事次の記事 キーワード 術後の痛み鎮痛剤の使用ベッドでの長時間滞在膝・股関節置換術 ©2017 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945717300369

関連記事はこちら