このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

概要
目的
主な目的は、磁気共鳴画像法(MRI)で定義された膝の構造的病理と身体機能との関連性を調べることでした。
設計
膝の痛みと疑いのある80人の症状のある被験者、または変形性膝関節症(OA)と57人の無症候性の被験者と診断された年齢と性別の頻度マッチングによるコホート研究を行った。被験者は膝のMRIを受け、構造変化の重症度は別々の膝の場所でMRI変形性関節症の膝スコア(MOAKS)によって等級付けされました。WOMAC 機能サブスコアを記録し、身体機能試験(20mおよび5分の歩行、階段の昇降、タイムアップ&ゴーおよび繰り返しの座位 -立位試験)を実施した。MRIで定義された構造病理学と身体機能検査およびWOMAC機能サブスコアとの関連は、以下によって評価された。関連性の大きさの尺度として効果の大きさ(ES)を用いて、人口学的要因、他のMRIの特徴および痛みを調整した線形回帰分析。
結果
軟骨変性が乏しいと有意な関連を示した物理的性能TUG-で、階段の上昇と、descending- 20-m-および5分ウォークテスト 0.134 [95%CI 0.037から0.238]との間のどこにでも軟骨変性を有する被験体に(ESS 0.224 [0.013-0.335])、およびWOMAC機能の副スコアの増加(軟骨変性を有する被験者のESは0.088 [0.012-0.103])。また、外側半月板の浸軟と押し出しは、階段昇降試験での成績不良と関連していた(ES 0.067 [0.008 – 0.163]および0.077 [0.012 – 0.177])。
結論
調整後、軟骨変性は、自己申告による身体機能の低下および身体機能試験における低い成績の両方に関連していた。さらに、外側半月板の浸軟および押し出しを有する対象は、階段昇降試験において有意に悪い成績を示した。
前の記事次の記事
キーワード
変形性関節症磁気共鳴画像疼痛障害者
前書き
膝OAは、高齢者の身体障害の主な原因です1。しかし、放射線疾患の重症度および自己報告及び/又は客観の間に報告された関連付けは、物理的機能を測定乏しいされている1、2、3、4、5 。磁気共鳴画像法(MRI)は、構造病理とOA関連症状との関連を理解するためにますます重要になっています6 。滑膜炎、骨棘、大規模な骨髄病変(BMLs)と中等度から大きな滲出液は、膝の痛みに関連付けられている1、6、7、8、9、10。MRI定義構造変化及び身体機能の関係は、一方で、はるかに一貫性のない知見で研究されてきた8、11、12、13、14。
間の関連性軟骨変性および自己報告身体障害が報告されている8、11、12 。単一の研究からの知見は、複数の構造(例えば、半月板とのような病状との関係を示唆している靭帯裂傷、滲出液、滑膜炎、BMLs及び骨棘)と自己申告または客観的に測定身体機能のいずれか8、13。しかしながら、わずかな又はMRI関連構造病理学的および機能的制限の間には何の関係を示唆し、また逆の知見が報告されている11、13、14 。膝の痛み膝OAにおける身体障害の重要な決定であると報告されている3、15、16、17、およびこの関係は放射線病期から独立しているようだ3、15、16 。しかし、たとえ疼痛が独立して身体能力を関連づけるかもしれないとしても、私たちの知る限りでは、膝の痛みとMRIで検出された構造病理学のために調整された身体機能との関連を評価した研究はない。
私たちの研究の主な目的は、MRIで定義された構造的関節の病理学と自己申告および客観的に測定された身体機能との関連を調査することでした。軟骨変性、BML、滲出液および/または滑膜炎、半月板損傷および靭帯裂傷のようなMRIで検出された構造的病状は身体的性能との関連を示すであろうという仮説を立てた。二次的な結果として、MRIで定義された構造病理学のための調整を伴う膝の痛みと身体的能力との関係を調べた。
方法
科目
我々の研究は、症候性および無症候性の被験者を含むOulu Knee Osteoarthritis(OKOA)研究の一部です。参加者は、2012年10月から2014年4月の間に募集された。各参加者は、試験デザインおよび方法、ならびに被験者の参加権についての詳細な情報を受け取った後、入学前に書面による同意を与えた。我々の研究はヘルシンキ宣言に従って行われ、北部オストロボスニア病病院地区の地域倫理委員会によって承認された。
症状のある科目
オウル大学病院またはオウル自治体保健センターのいずれかに紹介された80人のボランティア(年齢範囲30〜70歳、その後徴候および無症候グループに合わせて45〜70歳に絞り込まれた採用期間中)原因に膝の痛みと膝OAの疑いまたは計画人工膝関節全置換術オウル大学病院の外科で募集されました。被験者の膝のレントゲン写真は、各K-Lに同数の被験者を含めることを目的として、患者の詳細、病歴および臨床データを知らされていない経験豊富なリウマチ専門医(JK)によってケルグレンローレンス(K-L)グレード18に従って評価された。グループ 1、 2、 3、4 女性被験者の60%。前有意が膝関節の外傷または手術が主に除外基準として定義され、有意の履歴のいずれかを有する一部の患者の関節の外傷または前膝関節手術が満杯として含めた患者履歴が受信された質問票を処理している間のみ試験測定の後に利用可能でした。急性外傷の被験者は除外した。炎症性関節疾患または膝関節に影響を及ぼす他の病状を有する対象も除外した。
無症候性の被験者
20〜70歳の80人のボランティア(症状のあるグループと年齢が一致するように試験的試験が45〜70歳に絞り込まれた後)で、痛みのない被験者が同僚、友人、研究チームの家族から、そして新聞広告で募集された。詳細な被験者選択は我々の以前の研究10に記載されている。無痛であるとは、どちらの膝関節にも反復性または長期(中断なしに2週間以上)の痛みがないことと定義した。以前に著しい膝関節外傷または手術、炎症性関節疾患または膝関節に影響を及ぼしている他の病状を有する対象は除外した。無症候性被験者の年齢および性別を症候群と一致させることを目的としたが、組み入れ後、既往歴または膝関節に問題がなかったため、無症候性被験者23名(28.8%)を除外しなければならなかった。包含時に報告された。最終的に、膝の痛みのない57人の女性と男性が最終分析に承認されました。
症状の評価
症状の評価は、MRI検査を受ける前に被験者によって記入された質問票によって行われました(平均時間間隔3.4日で0〜41日の範囲)。疼痛の重症度は100 mmの視覚的アナログスケール(VAS)を用いて記録した。西部オンタリオおよびマクマスター大学関節炎指数(WOMAC)機能サブスコア19を使用して、自己申告の疾患特異的身体機能を推定した。
身体機能テスト
物理的機能は、標準化された試験用電池を使用して測定した。2、20(インターバル0.8日0~12日の範囲でMRI検査を受けた後の時間を意味します)。実施前に、被験者は試験手順に慣れていた。疲労を避けるために、テストの合間に平均2〜3分の休止を入れました。20-Mの歩行試験:試験は(性能の順に)以下の通りであった2、21、22、5分間歩行試験2、22、階段上昇および階段下降試験2、23、24(、タイミングアップアンドゴーTUG)テスト2、23そして座る・ツー・スタンドテストを繰り返し2、25。
磁気共鳴イメージング(MRI)
膝のMRIは、15チャンネルの送信/受信膝コイルを備えた3Tシステム(Skyra、Siemens Healthcare Global、Erlangen、Germany)を用いて行われた。症候群では(より)痛みを伴う膝が撮像され、無症候群では利き手側の膝が撮像された。以下のシーケンスがプロトコルに含まれていた:サジタルT2重み付けデュアルエコー定常状態(DESS)、サジタルプロトン密度(PD)重み付けスピンエコーシーケンス、サジタル中間重み付け3Dスペース脂肪抑制ターボスピンエコー(TSE) 、冠状PD加重TSEおよび冠状T1加重TSE。膝蓋大腿関節の評価に等方性DESS画像からアキシャル画像を再構成した。冠状脂肪抑制画像は、矢状に取得した3D脂肪抑制SPACEシーケンスから再構築した。MRIシーケンスの詳細な説明は表1に示されている。
表I。磁気共鳴イメージングで使用されるシーケンスとその特性
シーケンス プロパティ
繰り返し時間(ミリ秒)/エコー時間(ミリ秒) フリップ角(°) ボクセルサイズ(mm) 視野(mm) 取得マトリックス スライス数 スライス間隔(mm) 取得時間(分)
サジタルプロトン密度加重スピンエコーシーケンス 1680 / 13.8 0.42×0.42×3 159 384×384 18年 3.6 5時41分
サジタルデュアルエコー定常状態(DESS) 14.1 / 5 25年 0.6×0.6×0.6 150 238×256 160 3時16分
サジタル中間重み付け3次元SPACE脂肪抑制ターボスピンエコー(TSE) 1200/26 0.6×0.6×0.6 147×160 236×256 176 8時48分
コロナ中間加重ターボスピンエコー(TSE) 2800/33 0.36×0.36×3 140年 346×384 35 3.3 4時09分
コロナT1強調ターボスピンエコー(TSE) 650/18 0.41×0.41×3 130 240×320 25年 3.3 1時56分
構造的変化の存在および重症度は、別々の膝位置におけるMRI変形性関節症膝スコア(MOAKS)7によって等級付けされた(表II)。MOAKSシステムの信頼性は以前に報告されており、同じ読者による合意は優れていることが証明されています7。同程度の画像化プロトコルを適用している同じ読者によって読まれた別のコホートで最近報告されたように、読者内信頼性の加重カッパ値は0.68(ホフファ滑膜炎)と0.97(半月板形態)の間の範囲である26。等級付けは、被験者の特性、臨床データおよび放射線写真データを知らされていない、膝OAの特徴の半定量的MRI分析において15年の経験を有する経験豊富な筋骨格放射線科医(AG)によって行われた。
表II。MRI定義の構造病理の存在、重症度および部位特異性の定義
特定の領域に構造的な変化(存在/不在)が存在する サイズスコア> 0の軟骨喪失、後に軟骨変性と呼ばれる、軟骨表面積の> 0%の領域の軟骨喪失として定義される
サイズスコア> 0>骨髄病変(BML)の> 0>部分領域体積のBMLとして定義される
サイズスコア> 0骨棘のために、所与の領域内の任意の骨棘のように定義される
メニスカスの形態(垂直、水平、ラジアル、根及び引裂なしに信号変化を排除して、複雑なメニスカス涙を含む)メニスカス涙2-5スコア
メニスカス形態6スコア半月板の形態学的物質の喪失(部分的な浸軟)または目に見える半月板の物質が残っていない(完全な浸軟)として定義される、
Hoffaの滑膜炎スコア> 0。Hoffaの脂肪パッドにおける少なくとも軽度のシグナル過信号として定義される
retropatellar空間内の流体の連続の少なくとも小さい量として定義胸水、滑膜炎のサイズスコア> 0、
ACLは完全ACL断裂のために1のスコア*
PCL完全PCL引裂ための1スコア*
MRIにおける与えられた構造病理のより重症型の定義† 任意の軟骨喪失の大きさに関してスコア≧2(軟骨表面積の領域の少なくとも33%)および規定の全層軟骨喪失のパーセンテージに関してスコア≧2(少なくとも10%)の両方を有すると定義される重度の軟骨変性。領域
ラージBMLsサイズスコアとして定義≥2(すなわち、小地域体積の33%を超えるBMLのサイズ)
骨棘サイズスコアとして定義された大骨棘を≥2(すなわち、中規模および大規模-サイズ骨棘)
中等度から重度のように定義ホッファの滑膜Hoffa滑膜炎スコア≧2(すなわち、Hoffa脂肪パッド内の少なくとも中程度のシグナル過信号)
滲出液滑膜炎サイズスコア2〜3として定義される中〜大滲出液滑膜炎(すなわち、超膝蓋嚢のわずかな凸部を有する液体2]または莢膜膨満の証拠[グレード3])
MRIにおける所与の構造病理学の部位特異性 MRIにおける軟骨変性、BMLおよび骨棘の部位特異性は、
私)
次の小区域のいずれかに変化があった場合は膝蓋大腿骨:前内側大腿骨、前外側大腿骨、内側膝蓋骨または外側膝蓋骨
ii)
次の小区域のうち少なくとも1つに変化があった場合は、大腿骨内側部:中央内側大腿骨または後方内側大腿骨
iii)
次の小区域のいずれかに変化があった場合は、大腿骨外側側面:大腿骨中央外側または後外側大腿骨
MRIでの軟骨変性とBMLsの部位特異性は以下のように定義された‡
iv)
次の小区域の少なくとも1つに軟骨喪失またはBMLがある場合は脛骨内側:前内側脛骨、中央内側脛骨または後内側内側脛骨
v)
次の小区域の少なくとも1つに軟骨喪失またはBMLが認められた場合は脛骨外側:前外側脛骨、中央外側脛骨、または後外側脛骨
MRI OA膝スコア(MOAKS)10を用いてMRI関連の構造的病状を分類した。

MOAKSに存在する、または存在しないと定義されています。

所与の位置に対する各構造的病状の重症度は、この領域における最も重度の所見に従って定義された(例えば、内側脛骨の軟骨変性は、内側の少なくとも1つの小領域に1つの重度の軟骨病変がある場合は重度と定義された)。脛骨顆)。

MOAKSでは、脛骨の骨棘は内側または外側のみに分類されます。
統計分析
連続変数の平均と標準偏差(SD)、およびカテゴリ変数のパーセンテージ(%)のあるケースの数(n )を、症候性グループと無症候性グループの人口統計データの記述に使用しました。MRIで検出された構造的病状の罹患率と重症度は、一般的に、そして領域(内側と外側の脛骨、内側と外側の大腿骨と膝蓋大腿関節)によって計算された。構造的病状の存在、重症度および部位特異性についての定義を表II に示す。
データ分布が偏っているため、WOMAC機能サブスコアの結果と部位特異的な構造的病状の重症度に従った物理的性能テストは四分位範囲(IQR)の中央値で示されています。線形回帰分析を使用して、WOMAC機能サブスコアと身体機能検査およびMRIで定義された構造病理との関連性を評価した。線形回帰分析のために、身体機能テストおよびWOMAC機能サブスコアの結果を対数スケールに変換し、それが歪度を補正した。部分イータ二乗を効果サイズの尺度として使用した(ES)、すなわち、構造病理学と身体的能力との間の関連性の強さの尺度。ES> 0.02は小さい、> 0.13は中程度、そして> 0.26は大きいと見なされます 27。与えられた構造的特徴の各位置について別々の回帰モデルを使用した。結果は、人口統計学的因子(性別、年齢、BMI)について調整した 14、 28 及び他のMRI-特徴の存在(重度の軟骨変性、任意BMLs、骨棘とホッファの滑膜炎)(1調節モデル)。その後、任意の疼痛(VAS> 0ミリメートルと定義される)の存在のために更なる調整が行われた9、 14、 29構造的な病理学的および物理的機能との間の潜在的関連は痛みから独立して存在する場合、それは評価することが重要と考えられたため(調整モデル2)、3、4、15、16、31、39 。事後対数を用いた対数変換結果の分散分析多重比較試験を用いて、各構造的病状の重症度群間の身体機能を比較した(すなわち、重度/大対軽度/小対非病理)。さらに、WOMAC機能サブスコアと疼痛の存在を伴う身体能力試験との関連は、人口学的因子および他のMRI特徴の存在を調整した線形回帰分析を使用して推定した。線形回帰分析では、タイプIの誤りを防ぐことを目的として、P値を多重比較について補正した。線形回帰分析モデルでは非常に多くの比較が行われたため、修正はPを除算することによって行われました。妥協点として、身体機能を測定するテスト(7回)および身体機能およびWOMAC機能のサブスコア調査の回数による統計的有意性の0.05のしきい値。したがって、0.007未満のP値は統計的に有意と見なされます。分析は、IBM SPSSソフトウェア(バージョン22、SPSS Inc.、イリノイ州シカゴ)を用いて実施した。
結果
80人の症候性および57人の無症候性の対象が最終分析に承認された(表III)。症状のある被験者は無症候性の被験者よりも年齢が高く、BMIが高く、併存疾患も多かった。
表III。研究対象の特徴
症状のある被験者(n = 80) 無症状の被験者(n = 57)
性別
女性、n(%) 49(61.3) 32(56.1)
男性、n(%) 31(38.7) 25(43.9)
年齢(年)、平均(SD) 59.9(7.8) 54.6(14.6)
肥満度指数(kg / m 2))、平均(SD) 29.0(4.3) 24.7(3.3)
併存症
慢性疾患なし、n(%) 2(2.5) 13人(22.8人)
1慢性疾患、n(%) 8(10.0) 10(17.5)
2以上の慢性疾患、n(%) 70(87.5) 34(59.6)
膝の痛み、VAS(mm)、平均(SD)
インデックスニー 37.1(30.1) 0
その他の膝 20.6(25.7) 0
膝の痛みの期間(月)、平均(SD)
インデックスニー 61.9(77.3) 0
その他の膝 40.2(68.5) 0
膝外傷歴*、†(はい)、n(%)
インデックスニー 30(37.5) 3(5.3)
その他の膝 17(21.3) 4(7.0)
膝の手術歴†(はい)、n(%)
インデックスニー 19(24.1) 0
その他の膝 16(20.3) 0
鎮痛薬の使用、n(%)
パラセタモール
無駄 33人(41.3人) 57(100.0)
月に数日 10(12.5) 0
週に数回 24(30.0) 0
毎日 13(16.3) 0
NSAID
無駄 35(43.8) 57(100.0)
月に数日 19(23.8) 0
週に数回 16(20.0) 0
毎日 10(12.5) 0
弱いオピオイド
無駄 62(77.5) 57(100.0)
月に数日 4(5.0) 0
週に数回 8(10.0) 0
毎日 6(7.5) 0
人差し指膝のX線撮影グレード(Kellgren – Lawrence)、n(%)
0 2(2.5)
1 21(26.3)
2 20(25.0)
3 20(25.0)
4 17(21.3)

主に軽度の外傷、例えば、膨張、挫傷、または乱用による傷害。2人の症状のある被験者が手術を受けた半月板裂傷の病歴を持ち、1人の被験者が前十字靱帯の手術を受けた。

方法を参照してください。
軟骨変性は、特に膝蓋大腿関節(n = 118 [86.1%])において非常に蔓延していた(任意の軟骨変性を有する被験者の総数128 [93.4%])、しかし、重度の軟骨変性はほとんど症候群でのみ検出された。症候性群および無症候性群における重度の軟骨変性の数25 [31.3%]および1 [1.8%](それぞれ表IV)。小規模BMLと大規模BMLの両方の有病率は、症状のある群で顕著に高かった(小のBMLではn28 [35.0%]、症状のある群で33 [41.3%]、1人で[28.1%]と4 [7.0%]。無症候群、それぞれ)。MRIの例我々の研究に適用された異なる配列を用いたBMLの可視化は図1に示されている。小さな骨棘は症状のある被験者のすべての場所で一般的であり、無症候性のグループでは膝蓋大腿関節に最もよく見られた(n = 11 [19.3%])。大型骨棘はまれであり(n = 14 [10.2%])、症状のある被験者にのみ見られた。
表IV。症候性および無症候性被験者におけるMRIで検出された部位特異的構造病理の有病率および重症度
軽度または軽度の病変を有する被験者の数 大規模または重度の病変を有する対象の数
症状のある被験者(n = 80) 無症状の被験者(n = 57) 症状のある被験者(n = 80) 無症状の被験者(n = 57)
軟骨変性 内側脛骨 31 11 18年 0
外側脛骨 45 24 6 1
内側大腿骨 43 22 18年 1
外側大腿骨 29年 5 5 1
PFジョイント 69 44 4 1
どこでも 53 49 25年 1
BML 内側脛骨 9 3 20 0
外側脛骨 10年 1 7 1
内側大腿骨 26 3 14年 1
外側大腿骨 5 2 8 1
PFジョイント 25年 15年 7 2
どこでも 28年 16 33 4
骨棘 内側脛骨 47 7 3 0
外側脛骨 41 1 0 0
内側大腿骨 46 6 10年 0
外側大腿骨 39 2 3 0
PFジョイント 53 11 8 0
どこでも 52 20 14年 0
メニスカス涙 内側の 27年 14年
横方向 19年 8
前部 9 3
後部 31 13年
どこでも 40 18年
複雑な 2 0
浸軟メニスカス 内側の 35 3
横方向 12年 1
どこでも 41 4
半月押し出し 内側の 47 10年
横方向 8 2
前部 43 4
どこでも 53 11
ACLの引き裂き 6 0
PCL涙 0 0
ホッファ滑膜炎 37 9 12年 0
滲出液 – 滑膜炎 48 18年 17年 1
図1
高解像度画像をダウンロード(409KB)フルサイズの画像をダウンロード
図1。本研究で使用された異なる配列間の直接比較。(A)矢状方向DESS画像は、大腿骨および脛骨骨髄病変(BML)の嚢胞性部分、ならびに大腿骨(矢印)および脛骨の両方におけるBMLのいくつかの不明確な部分を示す。(矢じり)。(B)サジタルSPACE、3D T2強調FSE脂肪抑制高速スピンエコーシーケンスは、DESSと比較して大腿骨(矢印)および脛骨(矢じり)においてはるかに大きな様式で視覚化される不明瞭なBMLを優れて描写する。(C)別の患者の矢状面画像は、前内側脛骨にBMLを示す(矢印)。大腿骨では骨髄の変化は見られません。(D)対応する矢状方向DESSは、頸骨BMLをSPACEと比較してはるかに小さい程度で示す(長い矢印)。内側大腿骨における高強度信号変化は膝窩動脈脈動の結果としてのアーチファクトを表しており、骨髄病変と誤解してはならない(小さな矢じり)。(E)対応する冠状T1強調画像は、外接低強度として脛骨BMLを示す(大きな矢印)。
半月板裂傷および半月板押し出しの有病率は、症候群で50.0%および66.3%、無症候群で31.6%および19.3%であった(表IV )。滲出性滑膜炎およびHoffa 滑膜炎は、症候性対象の81.3%および61.3%、ならびに無症候性対象の33.3%および15.8%で検出された。症状のある被験者の21.3%および15.0%は、それぞれ中等度から大規模の滲出液滑膜炎および中等度から重度のホフファ滑膜炎を有していた。
MRIとWOMAC機能サブスコアとの関連
内側脛骨の軟骨変性(ES 0.103 [95%CI 0.018 – 0.200]、内側大腿骨(0.092 [0.013 – 0.188]))およびどこでも(0.075 [0.012 – 0.183])は、自己申告による身体機能不良と関連していた(表) V )。部位特異的軟骨変性の重症度に従ったWOMAC機能サブスコアおよび身体性能試験の中央値およびIQRを表VI に示す。。重度の軟骨変性を有する被験体は、小さな変性を有する被験体よりも2.7〜16.2倍高い中央値のWOMAC機能サブスコアを報告した。外側脛骨、内側大腿骨および外側大腿骨、あるいは膝蓋大腿骨に骨棘を有する被験者は、身体機能の低下を報告した(調整モデル1ではES範囲が0.083 [95%CI 0.015-0.184]から0.134 [0.010-0.168])。関連性は、痛みの存在をさらに調整した後も有意なままではなかった(表V)。部位特異的なMRI定義の構造的病理学に従ったWOMAC機能サブスコア(IQRを有する中央値)の結果を補足表1に示す。
表5。部位特異的MRIで検出された構造病理とWOMAC機能サブスコアとの間の関連についての効果の大きさ
調整モデル1 ∗ 調整モデル2 †
WOMAC機能サブスコア WOMAC機能サブスコア
構造病理 ES ‡ 95%CI Pの§ ES ‡ 95%CI Pの§
軟骨変性
脛骨内側 0.122 0.030〜0.224 <0.001 0.103 0.018〜0.200 0.001 脛骨外側 0.001 <0.001〜0.018 0.921 0.001 <0.001〜0.016 0.931 大腿骨内側 0.077 0.007–0.169 0.006 0.092 0.013〜0.188 0.002 大腿外側 0.024 <0.001〜0.088 0.213 0.006 <0.0010–0.466 0.666 膝蓋骨大腿 0.008 <0.001〜0.051 0.613 0.010 <0.001〜0.058 0.524 どこでも 0.075 0.006〜0.166 0.007 0.088 0.012〜0.183 0.003 骨髄病変 脛骨内側 0.035 <0.001〜0.107 0.103 0.066 0.003〜0.154 0.013 脛骨外側 0.006 <0.001〜0.046 0.664 0.037 <0.001〜0.111 0.093 大腿骨内側 0.043 <0.001〜0.120 0.062 0.057 <0.001〜0.141 0.025 大腿外側 0.005 <0.001〜0.041 0.727 0.048 <0.001〜0.127 0.046 膝蓋骨大腿 0.029 <0.001〜0.098 0.150 0.017 <0.001〜0.074 0.342 どこでも 0.036 <0.001〜0.109 0.096 0.029 <0.001〜0.098 0.152 骨棘 脛骨内側 0.053 <0.001〜0.135 0.031 0.027 <0.001〜0.094 0.173 脛骨外側 0.083 0.015〜0.184 0.001 0.003 <0.001〜0.047 0.571 大腿骨内側 0.134 0.010〜0.168 <0.001 0.056 <0.001〜0.139 0.027 大腿外側 0.085 0.011〜0.179 0.003 0.004 <0.001〜0.039 0.754 膝蓋骨大腿 0.114 0.025〜0.214 <0.001 0.032 <0.001〜0.102 0.131 どこでも 0.060 0.001〜0.146 0.019 0.004 <0.001〜0.035 0.796 メニスカス涙 内側の 0 ‖ 0.976 0.003 <0.001〜0.047 0.575 横方向 0 ‖ 0.991 0.007 <0.001〜0.062 0.346 前部 <0.001 <0.001〜0.004 0.912 0.001 <0.001〜0.030 0.763 後部 <0.001 <0.001〜0.001 0.965 0.016 <0.001〜0.040 0.161 どこでも <0.001 <0.001〜0.007 0.888 0.017 <0.001〜0.084 0.146 複雑な涙 0.004 <0.001〜0.052 0.479 0.001 <0.001〜0.037 0.734 メニスカス浸軟 内側の 0.029 <0.001〜0.107 0.053 0.015 <0.001〜0.081 0.167 横方向 0.001 <0.001〜0.032 0.755 0.001 <0.001〜0.023 0.793 どこでも 0.020 <0.001〜0.091 0.108 0.006 <0.001〜0.058 0.403 メニスカス押出し 内側の 0.036 <0.001〜0.119 0.030 0.029 <0.001〜0.107 0.054 横方向 0 ‖ 0.991 0 ‖ 1.000 前部 0.013 <0.001〜0.076 0.202 0.003 <0.001〜0.048 0.562 どこでも 0.048 0.002〜0.136 0.013 0.033 <0.001〜0.113 0.041 ACLの引き裂き 0.017 <0.001〜0.085 0.138 0.006 <0.001〜0.058 0.398 ホッファ滑膜炎 0.059 0.001〜0.144 0.020 0.009 <0.001–0.055 0.560 滲出液 - 滑膜炎 0.029 <0.001〜0.098 0.153 0.030 <0.001〜0.081 0.152 ∗ 性別、年齢、BMI、および重度の軟骨変性、BML、骨棘およびホフ性滑膜炎の有無を調整した線形回帰分析。 † 性別、年齢、BMI、および重度の軟骨変性、BML、骨棘、ホファ滑膜炎、および痛みの有無を調整した線形回帰分析。 ‡ 部分サイズイタ二乗効果サイズ(ES)の尺度として使用されます。ES> 0.02は小効果サイズ、> 0.13は中程度、> 0.26は大効果サイズと見なされます27。
§
多重比較の補正後、0.007未満のP値は統計的に有意(強調表示)と見なされます(「方法 / 統計分析」を参照)。

ESと95%CIの上限の両方が0.001未満の場合、ESは0とマークされます。
表VI。部位特異的軟骨変性に従った身体機能テスト(中央値および四分位範囲[IQR])の結果
軟骨変性 WOMACファンクションサブスコア(mm) 座る タイムアップ&ゴー[s] 階段昇順[s] 降順の階段 20メートル徒歩[秒] 徒歩5分
ロケーション 重大度※ n 中央値 IQR 中央値 IQR 中央値 IQR 中央値 IQR 中央値 IQR 中央値 IQR 中央値 IQR
内側脛骨 無し 77 0.81 12.2 10.5 1.3 5.71 1.27 7.94 1.25 7.4 1.38 9.68 1.33 515.5 1.24
小さい 42 14.05 22.56 11.91 1.29 6.33 1.34 9.28 1.4 8.5 1.46 10.47 1.4 476 1.37
ひどい 18年 42.46 38.79 13.64 1.33 8.42 1.3 12.44 1.67 11.86 2.03 12.76 1.24 402 1.4
外側脛骨 無し 61 1.64 17.6 10.71 1.39 5.96 1.3 8.19 1.36 7.76 1.49 9.93 1.35 511 1.3
小さい 69 12.76 32.96 11.8 1.32 6.56 1.31 8.71 1.47 8.36 1.64 10.13 1.34 480 1.26
ひどい 7 39.63 57.8 15.83 1.83 10.95 3.26 20.47 3.05 19.43 3.01 14.19 1.78 345 1.6
内側大腿骨 無し 53 0.09 5.22 9.94 1.32 5.68 1.3 7.89 1.27 7.25 1.39 9.01 1.31 521 1.27
小さい 65 10.22 25.06 11.57 1.27 6.24 1.26 8.59 1.42 7.96 1.45 10.46 1.22 485 1.28
ひどい 19年 36.84 32.76 13.69 1.36 8.28 1.31 12.45 1.7 12.36 1.93 12.74 1.34 393.92 1.41
外側大腿骨 無し 97年 2.07 18.29 10.56 1.27 5.85 1.29 8.14 1.33 7.45 1.42 9.72 1.38 516.5 1.29
小さい 34 19.98 38.06 13.07 1.31 6.95 1.36 10.25 1.66 10.29 1.63 11.33 1.31 452 1.3
ひどい 6 52.99 60.19 16.62 2.14 11.22 3.15 20.62 2.63 20.89 2.79 15.92 2.12 332.26 1.64
PFジョイント 無し 19年 0.09 13.41 9.84 1.35 5.64 1.3 7.88 1.36 6.7 1.61 8.89 1.33 558 1.34
小さい 113 7.25 27.62 11.56 1.32 6.31 1.33 8.7 1.45 8.18 1.57 10.29 1.3 489 1.27
ひどい 5 35.82 50.85 15.83 1.53 9.35 2.03 13.47 2.34 13.41 2.8 13.17 2.1 376 1.76
どこでも 無し 9 0 7.4 8.88 1.36 4.88 1.42 7.88 1.49 6.7 1.87 8.86 1.33 568 1.33
小さい 102 2.7 18.03 10.92 1.27 5.89 1.25 8.29 1.3 7.57 1.37 9.75 1.32 509 1.26
ひどい 26 38.24 39.65 13.64 1.34 8.42 1.42 12.44 1.83 11.86 2.05 12.76 1.36 402 1.42

定義:表IIを参照のこと。
MRIと身体機能検査との関連
軟骨変性は、座位 – 立位試験を除いて、身体機能試験において性能の低下と中等度の関連を示した(表VII )。重度の軟骨変性(どこでも)を有する被験者は、中央値で、TUG終了までの時間が21.0〜56.7%長く、階段の上昇、階段の下降、20分および5分を要した。軽度の変性を有する被験者とそれぞれ比較した歩行試験(表VI))中脛骨の軟骨変性と内側および外側の大腿骨および階段上昇試験の間に中等度の関連が認められた(ES 0.146 [95%CI 0.004-0.252]、0.128 [0.033-0.232]および0.161 [0.053-0.268])。内側脛骨の軟骨変性と大腿骨および階段下降(ES 0.149 [0.045 – 0.295]および0.135 [0.037 – 0.240])と20 m歩行試験(0.143 [0.042 – 0.248]および0.132 [0.035 – 0.235])の間。内側脛骨および内側大腿骨ならびに外側大腿骨における軟骨変性は、TUG試験との小さいながらも有意な関連性を示した(表VII )。また、エフェクトサイズが小さいこととの関連大腿骨内側部の軟骨変性と5分の間に示された。歩行テストと外側大腿骨の軟骨変性と立脚テストの間。
表VII。部位特異的なMRIで検出された構造病理学と調整モデルにおける身体機能検査との関連についての効果量(ES)2 ∗
構造病理 座る タイムアップアンドゴー 階段昇順 降順の階段 20メートル歩く 徒歩5分
ES † 95%CI P ‡ ES † 95%CI P ‡ ES † 95%CI P ‡ ES † 95%CI P ‡ ES † 95%CI P ‡ ES † 95%CI P ‡
軟骨変性
脛骨内側 0.032 <0.001〜0.103 0.126 0.119 0.028〜0.220 <0.001 0.146 0.004〜0.252 <0.001 0.149 0.045〜0.255 <0.001 0.143 0.042〜0.248 <0.001 0.150 0.047〜0.256 <0.001 脛骨外側 0.039 <0.001〜0.113 0.084 0.047 <0.001〜0.126 0.047 0.073 0.005〜0.164 0.009 0.043 <0.001〜0.121 0.064 0.052 <0.001〜0.133 0.034 0.033 <0.001〜0.104 0.120 大腿骨内側 0.045 <0.001〜0.124 0.054 0.102 0.019〜0.200 0.001 0.128 0.033〜0.232 <0.001 0.135 0.037〜0.240 <0.001 0.132 0.035〜0.235 <0.001 0.119 0.028〜0.220 <0.001 大腿外側 0.087 0.011〜0.182 0.003 0.091 0.013〜0.186 0.002 0.161 0.053〜0.268 <0.001 0.101 0.018〜0.200 0.001 0.053 <0.001〜0.135 0.032 0.070 0.004〜0.159 0.010 膝蓋骨大腿 0.048 <0.001〜0.128 0.046 0.014 <0.001〜0.067 0.413 0.053 <0.001〜0.135 0.034 0.046 <0.001〜0.125 0.053 0.003 <0.001〜0.033 0.820 0.016 <0.001〜0.072 0.359 どこでも 0.061 0.001〜0.147 0.019 0.134 0.037〜0.238 <0.001 0.224 0.013〜0.335 <0.001 0.191 0.075〜0.300 <0.001 0.149 0.047〜0.255 <0.001 0.179 0.067〜0.287 <0.001 骨髄病変 脛骨内側 0.026 <0.001〜0.091 0.193 0.031 <0.001〜0.100 0.138 0.019 <0.001〜0.008 0.295 0.019 <0.001〜0.079 0.295 0.040 <0.001〜0.116 0.073 0.005 <0.002–0.042 0.717 脛骨外側 0.021 <0.001〜0.082 0.268 0.008 <0.001〜0.050 0.615 0.046 <0.001〜0.125 0.053 0.029 <0.001〜0.096 0.161 0.001 <0.001〜0.011 0.949 <0.001 <0.001〜0.001 0.973 大腿骨内側 0.034 <0.001〜0.106 0.113 0.003 <0.001〜0.034 0.803 0.004 <0.001〜0.037 0.784 0.005 <0.001〜0.029 0.718 <0.001 <0.001〜0.087 0.993 0.001 <0.001〜0.038 0.919 大腿外側 0.036 <0.001〜0.109 0.099 0.001 <0.001〜0.014 0.939 0.007 <0.001〜0.047 0.661 0.005 <0.001〜0.043 0.718 <0.001 <0.001〜0.002 0.993 0.001 <0.001〜0.018 0.919 膝蓋骨大腿 0.053 <0.001〜0.136 0.032 0.018 <0.001〜0.075 0.321 0.002 <0.001〜0.026 0.880 <0.001 <0.001〜0.002 0.994 0.002 <0.001〜0.026 0.876 <0.001 <0.001〜0.007 0.980 どこでも 0.038 <0.001〜0.113 0.086 0.060 0.001〜0.145 0.020 0.035 <0.001〜0.108 0.106 0.028 <0.001〜0.095 0.174 0.040 <0.001〜0.116 0.074 0.021 <0.001〜0.083 0.266 骨棘 脛骨内側 0.010 <0.001〜0.056 0.545 0.011 <0.001〜0.059 0.504 0.015 <0.001〜0.070 0.391 0.016 <0.001〜0.072 0.370 0.038 <0.001〜0.112 0.084 0.025 <0.001〜0.089 0.202 脛骨外側 <0.001 <0.001〜0.012 0.850 0.003 <0.001〜0.049 0.519 0.001 <0.001〜0.040 0.694 0.001 <0.001〜0.039 0.696 <0.001 <0.001〜0.012 0.845 0.001 <0.001〜0.035 0.740 大腿骨内側 0.024 <0.001〜0.088 0.218 0.009 <0.001–0.055 0.554 0.022 <0.001〜0.084 0.250 0.003 <0.001〜0.032 0.826 0.012 <0.001〜0.061 0.477 0.028 <0.001〜0.096 0.161 大腿外側 0.005 <0.001〜0.030 0.730 0.001 <0.001〜0.018 0.922 0.029 <0.001〜0.097 0.163 0.025 <0.001〜0.091 0.202 0.006 <0.001〜0.046 0.665 0.001 <0.001〜0.019 0.915 膝蓋骨大腿 0.016 <0.001〜0.072 0.361 0.004 <0.001〜0.036 0.790 0.013 <0.001〜0.064 0.450 0.017 <0.001〜0.073 0.353 <0.001 <0.001〜0.006 0.982 0.002 <0.001〜0.025 0.883 どこでも 0.004 <0.001〜0.037 0.778 0.004 <0.001〜0.035 0.799 0.003 <0.001〜0.030 0.845 0.002 <0.001〜0.024 0.888 0.002 <0.001〜0.023 0.896 0.007 <0.001〜0.049 0.631 メニスカス涙 内側の <0.001 <0.001〜0.005 0.898 <0.001 <0.001〜0.004 0.911 0.007 <0.001〜0.061 0.365 0.001 <0.001〜0.038 0.728 0.010 <0.001〜0.069 0.260 0.001 <0.001〜0.039 0.696 横方向 0.003 <0.001〜0.049 0.533 0.003 <0.001〜0.049 0.528 0.001 <0.001〜0.027 0.777 0.002 <0.001〜0.046 0.587 0.008 <0.001〜0.064 0.314 0.007 <0.001〜0.061 0.348 前部 0.001 <0.001〜0.037 0.730 0.003 <0.001〜0.049 0.533 0.002 <0.001〜0.045 0.604 0.019 <0.001〜0.089 0.121 0.014 <0.001〜0.078 0.180 0.013 <0.001〜0.076 0.197 後部 <0.001 <0.001〜0.020 0.806 0.001 <0.001〜0.037 0.735 0.001 <0.001〜0.021 0.801 0.001 <0.001〜0.038 0.718 0.010 <0.001〜0.069 0.260 <0.001 <0.001〜0.010 0.860 どこでも 0.016 <0.001〜0.083 0.155 0.002 <0.001〜0.049 0.602 0.004 <0.001〜0.053 0.473 0.005 <0.001〜0.056 0.427 0.001 <0.001〜0.040 0.689 0.003 <0.001〜0.049 0.525 複雑な涙 0 § 0.984 <0.001 <0.001〜0.010 0.860 0.001 <0.001〜0.029 0.767 0.002 <0.001〜0.044 0.634 0.001 <0.001〜0.041 0.663 0.001 <0.001〜0.028 0.769 メニスカス浸軟 内側の 0.017 <0.001〜0.084 0.144 0.001 <0.001〜0.032 0.753 0.005 <0.001〜0.056 0.426 <0.001 <0.001〜0.001 0.961 0.001 <0.001〜0.035 0.743 <0.001 <0.001〜0.001 0.956 横方向 0.028 <0.001〜0.105 0.060 0.029 <0.001〜0.107 0.052 0.067 0.008〜0.163 0.003 0.042 0.001〜0.128 0.020 0.013 <0.001〜0.076 0.201 0.042 0.001〜0.127 0.020 どこでも 0.013 <0.001〜0.077 0.198 <0.001 <0.001〜0.016 0.827 <0.001 <0.001〜0.002 0.945 0.001 <0.001〜0.041 0.669 <0.001 <0.001〜0.008 0.877 <0.001 <0.001〜0.007 0.885 メニスカス押出し 内側の <0.001 <0.001〜0.002 0.936 0.001 <0.001〜0.026 0.776 0.016 <0.001〜0.083 0.157 <0.001 <0.001〜0.008 0.874 0.003 <0.001〜0.048 0.552 0.003 <0.001〜0.049 0.524 横方向 0.048 0.002〜0.136 0.013 0.019 <0.001〜0.088 0.121 0.077 0.012〜0.177 0.002 0.032 <0.001〜0.113 0.043 0.002 <0.001〜0.044 0.608 0.021 <0.001〜0.093 0.100 前部 0.001 <0.001〜0.038 0.721 <0.001 <0.001〜0.019 0.808 0.002 <0.001〜0.042 0.658 0.004 <0.001〜0.053 0.480 0.001 <0.001〜0.036 0.739 0.003 <0.001〜0.050 0.513 どこでも <0.001 <0.001〜0.006 0.892 0.003 <0.001〜0.047 0.569 <0.001 <0.001〜0.012 0.851 0.001 <0.001〜0.030 0.763 0.007 <0.001〜0.061 0.351 0 § 0.978 ACLの引き裂き 0.002 <0.001〜0.046 0.583 0.005 <0.001〜0.054 0.446 0.004 <0.001〜0.053 0.483 0.002 <0.001〜0.043 0.640 0 § 0.997 0.001 <0.001〜0.024 0.785 ホッファ滑膜炎 0.004 <0.001〜0.038 0.766 0.005 <0.001〜0.043 0.705 0.023 <0.001〜0.086 0.240 0.023 <0.001〜0.087 0.232 0.006 <0.001〜0.047 0.661 0.010 <0.001〜0.058 0.517 滲出液 - 滑膜炎 0.063 0.002〜0.150 0.017 0.047 <0.001〜0.126 0.048 0.058 <0.001〜0.143 0.025 0.045 <0.001〜0.124 0.057 0.032 <0.001〜0.103 0.126 0.018 <0.001〜0.077 0.312 ∗ 性別、年齢、BMI、および重度の軟骨変性、BML、骨棘、ホファ滑膜炎、および痛みの有無を調整した線形回帰分析。 † 部分サイズイタ二乗効果サイズ(ES)の尺度として使用されます。ES> 0.02は小効果サイズ、> 0.13は中程度、> 0.26は大効果サイズと見なされます28。

多重比較の補正後、0.007未満のP値は統計的に有意(強調表示)と見なされます(「方法 / 統計分析」を参照)。
§
ESと95%CIの上限の両方が0.001未満の場合、ESは0とマークされます。
BMLも骨棘も調整モデル2(表VII)またはモデル1のいずれにおいても身体的性能と有意な関連を示さなかった。調整モデル1における身体機能検査とMRI特徴との間の関連についてのESを補足表2に示す。。外側半月板の浸軟は、調整後の階段昇降試験での成績不良と関連していた(ES 0.067 [0.008–0.163])(表VII)。外側半月板の浸軟の有無にかかわらず、中央値で14.6(IQR 2.4)sおよび8.5(1.4)sの階段昇降試験で使用された被験者、それぞれP = 0.003(補足表3))外側半月押し出しを有する被験者は、階段昇順試験において中央値で100.5%遅くなった(P = 0.002、ES 0.077 [0.012–0.177])。部位特異的なMRIで検出された構造的病理学による身体性能試験(IQRを有する中央値)の結果を補足表3に示す。
疼痛の存在は、調整モデル2において、WOMAC機能副スコアおよびWOMAC機能副スコアが大きいES(ES 0.633 [95%CI 0.622-0.649])を伴うすべての身体機能検査との有意な関連を示した(補足表4)。性別および年齢は、身体能力との小さいながらも有意な関連性を有し、そしてBMIは、両方の調整モデルにおいて知覚されたおよび客観的に測定された身体機能の両方との関連性を示した(補足表4および5)。)重度の軟骨変性、骨棘およびHoffa滑膜炎は自己申告による身体機能の低下と関連していたが、重度の軟骨変性との関連のみが疼痛調整後に残った。重度の軟骨変性はまた、階段昇降での中程度のESおよび5分間の歩行テストでのすべての身体機能テストにおけるパフォーマンス低下と関連していました(調整モデルでESは0.154 [0.106-0.178]から0.189 [0.117-0.232])。 )
疼痛と疼痛パターンとの自己申告による身体機能および客観的に測定された身体能力との関連
疼痛の存在を報告した被験者(VAS> 0 mm)は、自己申告による身体機能が著しく悪化し(ES 0.634 [0.622-0.649])、すべての身体機能テストでパフォーマンスが悪化し、これらの差は人口学的要因およびMRIの特徴(それぞれ、ESの範囲は0.088 [0.030-0.142] – 0.139 [0.015-0.185])(補足表6)。疼痛の存在は独立してWOMAC機能スコアにおける76.6%の分散、および身体機能検査における25.5〜30.8%の分散を説明した。
討論
我々の研究の主な所見は、軟骨変性、外側半月板の浸軟および外側半月板の押し出しが、人口学的要因、その他のMRIの特徴、さらには疼痛について調整された場合、身体能力の低下と関連していた。骨粗鬆症は、人口統計学的因子および他のMRIの特徴について調整した後の自己申告による身体能力の低下と関連していたが、関連性はさらなる疼痛についての調整後も維持されなかった。膝の痛みは、MRIで定義された構造病理学とは無関係に、自己申告による身体機能の低下と身体機能検査におけるパフォーマンスの低下の両方と有意な関連を示した。
私たちは以前にMRI関連の構造病理と疼痛 – この研究の母集団における膝OAのもう一つの主要な症状との関連について報告しています10 。所見はやや異なっており、軟骨変性の代わりに、Hoffa 滑膜炎および骨棘が疼痛と有意に関連しており、内側膝痛が内側に位置する構造病理(例えば内側脛骨の軟骨喪失、内側脛骨の骨棘および内側大腿骨、内側半月板の浸軟および前方半月板の押し出し) 10。これらの違いは、痛みと身体機能の根底にあるさまざまなメカニズムの結果として解釈される可能性があります。
Sowerset al。内側脛骨および内側大腿骨に全層軟骨欠損のある被験者では、歩行および階段登りの成績が15〜30%減少したと報告されている8 。また、彼らの研究では、WOMAC機能スコアの増加が軟骨欠損と有意に関連していました8。リンク等。図11は、軟骨病変を伴うまたは伴わない被験体におけるWOMAC機能スコアの有意差を報告し、弱いがWOMAC機能サブスケール及び脛骨軟骨ボリュームとの間依然として有意な関連から決定MRIは Wlukaによって報告されたら。12年膝関節症のある患者 我々の結果はこれらの発見と一致している。しかし、軟骨病変と体力不良の間に関連性がないという反対の結果も報告されている14。
軟骨変性と不十分な身体機能との間の関連についての根本的なメカニズムは明らかではない。重要として痛みを考えると仲介者のための物理的な障害には軟骨が侵害受容性繊維で神経支配されていないことに注意することが重要です。しかし、軟骨の損失は、膝の痛みに関連することが報告されている1、 8、 10、 11、 31、 32 。これは、疼痛に関連することが知られている軟骨下BMLおよび滑膜の随伴変化をもたらす負荷の増加によるものであり、身体活動中の衝撃ストレスに対する感受性の増加をもたらす可能性があります1。、12、30。OA関連疼痛に身体活動を減少膝OAを有する被験者における障害の物理的性能に関連付けられている17、31、32 、他方で、物理的にアクティブ残りと良好な維持膝機能は良好な軟骨品質を維持するのに役立つと思われる33。
我々の当初の仮説とは対照的に、BMLと骨棘は、人口学的要因、他のMRIの特徴および疼痛について調整された場合、不十分な身体的性能とは関連していなかった。しかし、我々の調査結果は、いくつかの以前の研究の結果確認11、14、34、35、36。それどころか、Sowers ら。BMLとオステオフィテスの両方の間に有意な関連性があり、ウォーキングとステアクライミングの時間が増加した8。彼らの研究では原油Pのみが注目に値する。値は、人口統計学的要因および/または他の重要なMRIの特徴または疼痛を調整することなく提示されているため、結果の差異が説明される可能性があります。私たちは、以前の骨棘が強く膝の痛みに関連付けられていた。この試験集団に示されている10にそれを含むので、また、もし膝の痛みは、骨棘と身体機能との間の中間であることに注意する価値がある、回帰分析の交絡因子を得るようなモデル誤ったネガティブな発見につながった真の積極的な協会の。そのように、痛みの存在が分析から除外されたとき、骨棘と自己申告された身体機能との間に有意な関連があった。さらに、大規模な縦断的コホートからの観察に基づいて、構造病理学それ自体が機能障害の主な決定因子ではないかもしれないが、代わりに構造進行速度がより重要であるかもしれない37。
両方の存在8、13及び不在11、14 との間の関連付けのメニスカス涙そして不十分な身体機能が報告されています。私たちの研究では、半月板の涙は身体的能力や自己申告による身体障害と関連していませんでした。しかしながら、我々は、側方半月板の浸軟、すなわち、いかなる涙よりも深刻な形態学的変化であると考えられる物質の減少が、人口学的要因、他のMRI特徴および疼痛の調整後の階段上昇試験における不十分な成績と関連していた。さらに、我々は外側メニスカスの押し出しと調整後の階段昇順テストでパフォーマンスの低さの間に小さいながらも有意な関連性を見出した。半月板の押し出しと浸軟およびOA関連症状との関連は、半月板機能の喪失に続く生体力学的負荷の変化に起因する可能性があります38。軟骨変性と同様に、半月板の変化は膝関節症のOA患者の身体障害の危険因子であるだけでなく、OA関連の身体的不活動13の結果である可能性があることを議論することができます。Langeら13が示唆しているように、活動レベルの低下と全体的な運動障害の間に存在する悪循環はOAの進行に寄与し、過度の痛みと身体障害は身体活動に参加する個人の能力を制限します。私たちの知る限りでは、これはメニスカスの押し出しと身体機能の関係を報告する最初の研究です。
膝の痛みは、膝OAにおける身体障害の重要な決定因子であると報告されている3、4、15、16、31、39、及びこの関係は、放射線病期から独立思わ3、15、16。また、MRI関連の構造病理学から独立して膝の痛みと身体機能の間の関連付けを発見しました。特に知覚機能(WOMAC機能サブスコア)では、痛みの存在の影響の大きさは大きかった。違いは、知覚発見し、客観的に測定身体機能は、彼らがキャプチャ機能の異なる構築を反映して40を、41、42 。しかしながら、全体として、痛みと身体機能の間の根本的なメカニズムは明らかではありません。痛みがにつながる可能性が示唆されている回避身体活動のとそれに伴う筋肉萎縮、弱体体力ので、貧弱な物理的性能 2、13、15、28。定期的な運動をしているOA患者は、それほど激しくない疼痛17を報告し、より良い身体機能を持っています32。臨床的観点から、これらのデータは、根本的な構造異常にもかかわらず、疼痛の適切な制御が身体機能を維持するために重要であると考えられることを示唆している。
私たちの研究には長所と短所があります。MRIで定義された特徴に従った身体機能テストとWOMAC機能サブスコアの結果は、性別、年齢、BMIおよび重度の軟骨病変の存在、あらゆるBML、骨棘、ホッファ滑膜炎および疼痛に対して調整された。自己申告による身体機能の変動のせいぜい83.1%を占めるモデル。また、BMLの例外を除いて、すべての共変量は、自己報告された身体機能または少なくともいくつかの身体能力テストにおける能力と有意な関連を示した。一方、複数の共変量を調整したため、モデルによっていくつかの重要な関連付けが希釈されている可能性もあります。さらに、身体能力に影響を与えた可能性のあるその他の要因29、43、筋力症候性の被験者において有意により頻繁であった、2、14 、の使用鎮痛剤や恐怖回避行動44、45、考慮されませんでした。また、一般的に、対照は症例と同じ原因集団から最もよく採用されているが、これは我々の研究では残念ながら起こらなかったことであり、これは潜在的な偏りの原因となった可能性がある。しかしながら、これらの要因が回帰モデルに含まれていたので、年齢とBMIに関して研究グループを一致させることの失敗は明らかなバイアスを誘発するべきではありません。この研究の横断的な性質により、構造的特徴と身体機能との間の関連のみを調べることができた。これは真に因果関係ではなかったが、むしろ別の基礎的構造病理の重症度および/または未測定の症状の関与を反映するまたは身体活動などのパフォーマンスを変更する要因。また、身体機能検査は主にMRIを受けた同じ日または翌日に行われましたが、質問票記入からMRI検査までの平均潜伏期間は3.4日であり、その間にMRIの特徴に変化があるとは思われないが、被験者によっては(0〜41日の範囲)遅延が起こる可能性がある。これらの測定値は結果に影響を与えた可能性があります。最後に、この研究におけるほとんどのMRIの特徴と身体障害との間の関係の欠如は、研究対象の数が限られているため(Ⅱ型エラー)、批判のない真の否定的な発見として解釈されるべきではない。
要約すると、軟骨変性は、中程度から小さい効果サイズで、自己申告および客観的に測定された身体機能の両方と有意な関連を示した。階段の上昇時間の増加と関連した外側半月板の浸軟と外側突起 骨粗鬆症は、人口統計学的要因および他のMRIの特徴について調整した後の自己申告による身体機能の低下と関連していたが、関連性はさらなる疼痛についての調整後も維持されなかった。膝の痛みはMRIで定義された構造病理学から独立して貧しい身体機能との有意な関連を示した。
投稿者の投稿
P. Kaukinenは、研究のデザインと構想、文献レビュー、データの分析と解釈に参加し、この記事の最初のドラフトを書きました。
J.Podlipskáは、研究のデザインと構想、データの取得、データの分析と解釈、重要な知的内容に関する記事の批判的改訂、そして記事の最終承認に参加しました。
A. Guermaziは、データの分析と解釈、重要な知的内容に関する記事の重大な改訂、および記事の最終承認に参加しました。
J.Niinimäkiは、データの分析と解釈、重要な知的内容に関する記事の批判的改訂、および記事の最終承認に参加しました。
P. Lehenkariは、データの分析と解釈、重要な知的コンテンツに関する記事の重要な改訂、および記事の最終承認に参加しました。
FW Roemerは、データの分析と解釈、重要な知的内容に関する記事の重大な改訂、および記事の最終承認に参加しました。
MT Nieminenは、データの分析と解釈、重要な知的内容に関する記事の重要な改訂、および記事の最終承認に参加しました。
JM Koskiは、データの分析と解釈、重要な知的内容に関する記事の批判的改訂、および記事の最終承認に参加しました。
S. Saarakkalaは、研究のデザインと構想、データの分析と解釈、重要な知的内容に関する記事の批判的改訂、そして記事の最終承認に参加しました。
JPA Arokoskiは、研究のデザインと構想、データの分析と解釈、および重要な知的内容に関する記事の批評的改訂、ならびに記事の最終承認に参加しました。
利益相反
P. Kaukinen:この記事に関連する活動:Finland State Research Fundingからの助成金。この記事に関連しない活動:MEDA Oy、Pfizer Oyの講演者局へのサービスを含む講演の支払い。その他の関係:関連性はありません。
J.Podlipská:出版のために検討中の著作物に関連する活動:関連性のある関係はないと開示されています。提出された研究以外の関連する財務活動:関連する関係は明らかにされていない。その他の関係:関連性はありません。
A. Guermazi:出版を検討中の著作物に関連する活動:関連性のある関係はありません。提出された作品以外の関連する財務活動:MerckSerono、Genzyme、GE Healthcare、OrthoTrophix、TissueGene、AstraZeneca、Pfizerからのコンサルタント料、Boston Imaging Core Lab、LLCからのストック/ストックオプション。その他の関係:関連性はありません。
J.Niinimäki:出版のために検討中の作業に関連した活動:関連性はありません。提出された研究以外の関連する財務活動:関連する関係は明らかにされていない。その他の関係:関連性はありません。
P. Lehenkari:出版のために検討中の著作物に関連する活動:関連性のある関係はないことを開示しました。提出された研究以外の関連する財務活動:関連する関係は明らかにされていない。その他の関係:関連性はありません。
FW Roemer:出版を検討中の著作物に関連した活動:関連性のある関係はないことを開示しました。提出された作品以外の関連財務活動:ボストンイメージングコアラボのストック/ストックオプション。(ビックル)、LLC。その他の関係:関連性はありません。
MT Nieminen:出版を検討中の著作物に関連する活動:関連性のある関係はありません。提出された研究以外の関連する財務活動:関連する関係は明らかにされていない。その他の関係:関連性はありません。
JM Koski:出版を検討中の著作物に関連する活動:関連性はありません。提出された研究以外の関連する財務活動:関連する関係は明らかにされていない。その他の関係:関連性はありません。
S. Saarakkala:出版のために検討中の作業に関連した活動:フィンランドアカデミーからの研究員助成金。提出された研究以外の関連する財務活動:関連する関係は明らかにされていない。その他の関係:関連性はありません。
JPA Arokoski:出版を検討中の作品に関連する活動:関連性はありません。提出された作品以外の関連する財務活動:MSD Finland Oy、Pfizer Oy、Orion Oyの講演者へのサービスを含む講演の支払い。その他の関係:関連性はありません。
資金源の役割
オウル膝変形性関節症研究は、フィンランドアカデミー(助成金番号268378)およびオウル大学からの戦略的資金提供によって支援されました。PäiviKaukinenは、フィンランド国家研究基金およびフィンランド文化財団 / North Savo地域基金による研究での支援を受けました。治験依頼者は試験デザイン、データの収集、分析および解釈に関与していなかった。原稿の執筆中または原稿を出版のために提出する決定中。
了承
画像診断検査の調整と研究対象者の募集、Eveliina Lammentausta博士、MRIプロトコルの作成、Tuomas Selander博士にお礼を申し上げます。統計分析。
オウル膝変形性関節症研究は、フィンランドアカデミー(助成金番号268378)およびオウル大学からの戦略的資金提供によって支援されました。PäiviKaukinenは、フィンランド国家研究基金およびフィンランド文化財団/ North Savo地域基金による研究での支援を受けました。
付録A 。補足データ
以下は、この記事に関連する補足データです。
Word文書のダウンロード(29KB)docxファイルに関するヘルプ
Word文書のダウンロード(36KB)docxファイルに関するヘルプ
Word文書のダウンロード(51KB)docxファイルに関するヘルプ
Word文書のダウンロード(15KB)docxファイルに関するヘルプ
Word文書のダウンロード(15KB)docxファイルに関するヘルプ
Word文書のダウンロード(15KB)docxファイルに関するヘルプ
参考文献
1
DJ ハンター、A. Guermazi 、F. レーマー、Y. チャン、T. Neogi
構造は、変形性関節症と関節の痛みの相関
Osteoarthr Cartil 、21 (2013 )、頁1170 – 1178
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
2
T. Liikavainio 、T. Lyytinen 、E. Tyrvainen 、S. Sipila 、JP Arokoski
大腿四頭筋の物理的機能および特性は、変形性膝関節症の男性に筋肉を大腿
Arch Phys Med Rehabil 、89 (2008 )、2185 – 2194ページ
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
3
IJ キム、HA キム、YI Seo 、YO Jung 、YW Song 、JY Jeong 、他。
韓国の高齢者集団における膝痛の有病率と生活の質および身体機能へのその影響:地域密着型横断研究
J Korean Med Sci 、26 (2011 )、pp。1140 – 1146
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
4
MJ デイヴィソン、G. Ioannidis 、MR マリー、JD 足立、KA ビーティー
断続的かつ一定の痛みや変形性膝関節症の男性と女性では身体機能や性能:変形性関節症イニシアティブからのデータ
Clin Rheumatol 、35 (2016 )、pp。371 – 379
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
5
T. Neogi
変形性関節症における疫学と痛みの影響
Osteoarthr Cartil 、21 (2013 )、頁1145 – 1153
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
6
CY Wenham 、PG Conaghan
痛みを伴う変形性膝関節症の膝関節のイメージング:我々は何を学びましたか?
Nat Clin Pract Rheumatol 、5 (2009 )、pp。149 – 158
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
7
DJ ハンター、A. Guermazi 、GH ロー、AJ グレインジャー、PG Conaghan 、RM Boudreau 、ら。
膝OAの半定量的全関節評価の進化:MOAKS(MRI変形性関節症膝スコア)
Osteoarthr Cartil 、19 (2011 )、頁990 – 1002
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
8
M. Sowers 、CA カルボーネン-Gutierrezの、JA ヤコブソン、Y. 江、M. Yosef
X線撮影で定義された変形性膝関節症スコア、疼痛、及び身体機能を有するMRIから解剖測定の団体
J Bone Jt Surg Am 、93 (2011 )、pp。241 – 251
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
9
IJ キム、DH キム、JY ジョン、YW ソング、A。 ゲルマジ、MD クレマ、他。
韓国の地域住民における磁気共鳴画像法により検出された骨髄病変と膝痛の間の関連
Osteoarthr Cartil 、21 (2013 )、頁1207 – 1213
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
10年
P. Kaukinen 、J. Podlipská 、A. Guermazi 、J. Niinimäki 、P. Lehenkari 、FW レーマー、ら。
MRIで定義された構造病理学と全身性および局所性膝痛の間の関連性 – オウル膝変形性関節症研究
Osteoarthr Cartil 、24 (9 )(2016 )、頁1565 – 1576
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
11
TM リンク、LS シュタインバッハ、S. ゴーシュ、M. リース、Y. Luから、N. レーン、ら。
変形性関節症:さまざまな病期におけるMR画像所見と臨床所見との相関
放射線科、226 (2003 )、頁373 – 381
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
12年
AE ウルカ、R。 ウルフ、S。 スタッキー、FM Cicuttini
脛骨軟骨の体積は

変形性膝関節症患者の症状とどのように関連していますか?
Ann Rheum Dis 、63 (2004 )、pp。264 – 268
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
13年
AK ランゲ、MA Fiataroneシン、RM ・スミス、N. Foroughi 、MK ベイカー、R. Shnier 、ら。
変形性膝関節症の女性における変性半月板の裂傷と運動障害
Osteoarthr Cartil 、15 (2007 )、PP。701 – 708
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
14年
IA Baert 、F. Staes 、S. Truijen 、A. Mahmoudian 、N. Noppe 、G. Vanderschueren 、ら。
MRIの構造変化と変形性膝関節症に関連する症状、機能および筋力との間の弱い関連
膝のSurgスポーツTraumatol Arthrosc 、22 (2014 )、頁。2013年- 2025年までに
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
15年
症状のある変形性膝関節症の機能障害に関連する要因:
P. Creamer 、M. Lethbridge-Cejku 、MC Hochberg
リウマチ(オックスフォード)、39 (2000 )、頁490 – 496
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
16
MA デイビス、WH エッティンガー、JM ノイハウス、KP マロン
膝関節症および身体機能:NHANES I疫学的追跡調査からの証拠
J Rheumatol 、18 (1991 )、pp。591 – 598
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
17年
S. ペロー、S. Poiraudeau 、M. カビールアフマディー、F. Rannou
腰と膝の変形性関節症の男性と女性では疼痛強度の相関します。全国調査の結果:フランスのARTHRIX研究
Clin J Pain 、25 (2009 )、pp。767 – 772
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
18年
JH Kellgren 、MR ジェフリー、J。 ボール
慢性リウマチの疫学。関節炎の標準X線写真のアトラス。FAデイビス
(1963 )
Google Scholar
19年
N. Bellamy 、WW ブキャナン、CH ゴールドスミス、J。 キャンベル、LW Stitt
検証研究:股関節または膝の変形性関節症患者における抗リウマチ薬治療に対する臨床的に重要な患者関連転帰を測定するための健康状態機器
J Rheumatol 、15 (1988 )、pp。1833 – 1840
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
20
F. ドブソン、RS ヒンマン、EM ルース、JH アボット、P. ストラットフォード、AM デイビス、ら。
OARSIは、股関節または膝変形性関節症と診断された人々の身体機能を評価するためのパフォーマンスベースのテストを推奨しました
Osteoarthr Cartil 、21 (2013 )、頁1042 – 1052
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
21
DB Reuben 、AL Siu
高齢の外来患者の身体機能の客観的尺度。身体性能テスト
JアムGeriatr SOC 、38 (1990 )、頁。1105 – 1112
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
22
VR ハーディング、AC ウィリアムズ、PH リチャードソン、MK ニコラス、JL ジャクソン、IH リチャードソン、他。
慢性疼痛患者の身体機能を評価するための一連の測定法の開発
Pain 、58 (1994 )、pp。367 – 375
記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar
23
DM ケネディ、PW ストラットフォード、J。 ウェッセル、JD Gollish 、D。 ペニー
4つのパフォーマンス指標の安定性と変化の評価:人工股関節および膝関節全置換術後の転帰を評価する縦断的研究
BMC Musculoskelet Disord 、6 (2005 )、p。3
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
24
DM Kennedy 、PW Stratford 、SE Hanna 、J Wessel 、JD Gollish
モデリング股関節および膝関節形成術後の身体機能の早期回復
BMC Musculoskelet Disord 、7 (2006 )、p。100
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
25年
S. ギル、H. McBurney
腰や膝の関節置換手術を待っている人でパフォーマンスベースの対策の信頼性
Physiother Res Int 、13 (2008 )、pp。141 – 152
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
26
FW レーマー、CK Kwoh 、MJ ハノン、DJ ハンター、F. エクスタイン、Z. ワング、ら。
MRイメージングで測定された構造的関節損傷は、翌年の膝関節置換術の予測に使用できますか?
放射線科、274 (2015 )、頁810 – 820
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
27年
行動科学のための
J. コーエン
統計的検出力解析
(第2回EDN。 )、 ローレンスErlbaumアソシエイツ、ヒルズデール、NJ (1988 )
Google Scholar
28年
MH エドワーズ、S. ファンデパサ、MD Denkinger 、C. パーソンズ、KA ジェイムソン、L. Schaap 、ら。
身体能力と膝・股関節変形性関節症との関係:ヨーロッパ変形性関節症プロジェクト(EPOSA)からの知見
Age Aging 、43 (2014 )、pp。806 – 813
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
29年
S. Zambon 、P. Siviero 、M. Denkinger 、F. Limongi 、MV カステル、S. ファンデパサ、ら。
変形性関節症、併存症および疼痛:高齢集団における機能的限界の決定におけるそれらの役割(変形性関節症に関するヨーロッパのプロジェクト)
Arthritis Care Res(Hoboken)(2015)、p。22755
Google Scholar
30
A. Guermazi 、J. 丹生、D. 林、FW レーマー、M. Englund 、T. Neogi 、ら。
変形性膝関節症のない成人におけるMRIで検出された膝の異常の有病率:集団ベースの観察研究(Framingham変形性関節症研究)
BMJ、345(2012)、p。e5339
CrossRef Google Scholar
31
BL ワイズ、J. 丹生、DT Felson 、J. Hietpas 、A. Sadosky 、J. Torner 、ら。
多施設性変形性関節症研究における機能障害は膝関節置換術の危険因子である
CLIN整形外科Relat RES 、473 (2015年)、頁2505 – 2513
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
32
J. リー、RW チャン、L. エールリッヒジョーンズ、CK Kwoh 、M. Nevitt 、PA Semanik 、ら。
座りがちな行動と身体機能:変形性関節症イニシアチブからの客観的証拠
Arthritis Care Res(Hoboken)、67 (2015 )、pp。366 – 373
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
33
P. ニューマン、H. Owman 、G. ミュラー、M. Englund 、CJ Tiderius 、LE ダールバーグ
ACL負傷者copersでMRI(dGEMRIC)と膝軟骨の評価と主観的な膝の機能:20年のフォローアップとコホート研究
Osteoarthr Cartil 、22 (2014 )、頁。84 – 90
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
34
CM ファン、TM ファン、G. リンク、TC ブルーメンクランツ、MD ダン、LS リースなど。
異なる段階の変形性膝関節症患者の追跡調査におけるMR画像所見と臨床症状との相関
Eur Ra​​diol 、16 (2006 )、pp。608 – 618
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
35
PR Kornaat 、M. Kloppenburg 、R. シャルマ、SA ボータ-Scheepersの、MP ルGraverand 、LN Coene 、ら。
骨髄性浮腫様病変は変形性関節症患者の大多数で体積が変化する。臨床像との関連
Eur Ra​​diol 、12 (2007 )、pp。3073 – 3078
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
36
LM Wildi 、JP Raynauld 、J. マーテル-ペルティエ、F. アブラム、M. Dorais 、JP ペルティエ
骨髄損傷、変形性膝関節症における軟骨損失および痛みの関係:MRIを用いた無作為化臨床試験の結果
Ann Rheum Dis 、69 (2010 )、pp。2118 – 2124
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
37
J. ヴェッセリング、SM Bierma-Zeinstra 、M. Kloppenburg 、R. Meijer氏、JW Bijlsma
「早期に」OAは、構造的損傷に関連しているとの個体では5年間の痛みや機能の悪化:変形性関節症イニシアティブからのデータとCHECK(コホートヒップ&Cohort Knee)スタディ
Ann Rheum Dis 、74 (2015 )、pp。347 – 353
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
38
A. ウェンガー、M. Englund 、W. ワース、M. Hudelmaier 、K. Kwoh 、F. エクスタイン
変形性膝関節症を有する対象における膝痛を有する3D半月板の形態と位置の関係:パイロット研究
Eur Ra​​diol 、22 (2012 )、pp。211 – 220
36
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
39
A. Van Ginckel 、KL Bennell 、PK キャンベル、TV Wrigley 、DJ Hunter 、RS Hinman
内側膝関節症における膝痛の位置:自己申告の臨床症状とのパターンおよび関連
Osteoarthr Cartil 、24 (2016 )、頁。1135 – 1142
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
40
RL ミズナー、SC Petterson 、KE クレメンツ、JA 銭 ジュニア、JJ Irrgang 、L. スナイダー- Mackler
人工膝関節全置換術は、パフォーマンスベースおよび患者レポートの評価の両方を必要とする後の機能改善を測定:成果の長手方向分析
J Arthroplasty 、265 (2011 )、pp。728 – 737
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
41
PW ストラットフォード、DM ケネディ、DL リドル
新しい研究デザインは、股関節または膝関節形成術後の変化を評価するための測定の妥当性を評価しました
J Clin Epidemiol 、623 (2009 )、pp。347 – 352
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
42
PW Stratford 、DM、 ケネディ、LJ Woodhouse
Performance測定は、股関節または膝の進行性変形性関節症患者の疼痛および機能の評価を提供します
PHYS THER 、8611 (2006年の)、頁。1489 – 1496
ディスカッション1496–1500
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
43
M. デRooij 、M.の ファンデLeeden 、MW Heymans 、JF 叫び声、A. ハッキネン、WF LEMS 、ら。
変形性膝関節症患者における疼痛と身体機能の予後:系統的レビューとメタアナリシス
Arthritis Care Res(Hoboken)、68 (2016 )、pp。481 – 492
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
44
KA Scopaz 、SR PIVA 、S. Wisniewskiの、GK フィッツジェラルド
恐怖、不安の関係、及び変形性膝関節症の患者の身体機能とうつ病
アーチPHYSメッドRehabil 、90 (2009 )、頁。1866年- 明治6年(1873)
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
45
EE Helminen 、SH Sinikallio 、AL Valjakka 、RH Väisänen-Rouvali 、JP Arokoski
変形性膝関節症の痛みや機能の決定要因:一年間の前向き研究
CLIN Rehabil 、30 (2016 )、PP。890 – 900
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
©2017変形性関節症研究協会インターナショナル。Elsevier Ltd.が発行します。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1063458417310622