このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
第一目的
前膝痛(AKP)を有する関節過運動症候群(JHS)を有する人々における筋力の変化率がAKPを有する2つの対照群と比較したとき異なるかどうかを調査すること。
二次目標
筋力と疼痛の関係、ならびに筋力および筋力の活動への影響を評価すること。
設計
3つのグループがあるコホート研究:AKPとの共同ハイパーモビリティ症候群(JHS)、AKPとの一般化された共同ハイパーモビリティ(GJH)、およびAKPとの通常の柔軟性(CG)。フォローアップの予定は16週間の隔週でした。
設定
参加者は、xxxの病院内の理学療法外来部門に参加した。
参加者
18〜55歳の102人が2014年7月から2016年3月の間に募集されました。47 JHS、29 GJH、および26 CG。16週間後、31、20および21人の参加者がそれぞれ試験を完了した。
サポートグループ、xxxx病院グループおよび大学、地元のスポーツセンター、クラブからの募集。
介入
16週間の個別のレッグエクササイズ
主な結果の尺度
筋肉のトルクは16週間2週間ごとに下肢から発生しました。
結果
JHS群とCGまたはGJH群との間で同心筋力の変化率に差はなかった(それぞれp> 0.88および0.97)。JHS群とCGまたはGJH群との間で偏心筋力の変化率に差はなかった(それぞれp> 0.60および0.94)。しかし、JHSの人々は他の2つのグループよりもかなり弱く、GJHグループのベースライン強度に達するまでに3〜4ヶ月かかりました。
結論
JHSの人々は痛みを伴う他の人々と同じ速度で強化することができます。
キーワード
運動筋力リハビリテーションリウマチ学
略語
ASS調整活動スコアAKP前膝の痛みCG対照群EDS-hハイパーモービルエーラーズダンロス症候群HAP人間活動プロファイルGJH一般化関節ハイパーモビリティJHS関節運動亢進症候群VASビジュアルアナログスケール
利益相反についての説明 MTはインペリアルカレッジヘルスケアチャリティプレドクターフェローシップ賞を受賞しました。CMAは、データ収集中に国立衛生研究所上級臨床講座を受けました。
©2018アメリカリハビリテーション医学会議

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0003999318315600