このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
慢性腰痛(CLBP)患者の姿勢制御は通常損なわれています。姿勢安定性に対する治療適用の効果は十分に研究されていない。本研究の目的は、CLBP患者の疼痛および姿勢安定性に対するキネシオテーピングの即時効果を調査することであった。
方法
CLBP(年齢:53.00(10.69)歳、ボディマスインデックス(BMI):31.52(5.57)kg / m2)を有する111人の患者がこの研究に含まれた。キネシオテーピングは、傍脊椎筋および筋肉および靭帯技術を用いた仙骨に適用された。姿勢の安定性は、Biodex Balance System (登録商標)(USA)を用いて、両側に立った姿勢で静的および動的モードの両方で評価した。ベースはスタティックモードでは「スタティック」に設定され、ダイナミックモードでは「12-1」の間に設定されています。疼痛強度は、10項目(疼痛、パーソナルケア、リフティング、ウォーキング、座っている、立っている、寝ている、性生活、社会生活)を含むOswestry Disability Indexの疼痛セクション(0〜5ポイント)で評価した、旅行)、アプリケーションの前後に。
結果
スタティックオーバーオール(プレ:1.49(1.15)、ポスト:1.25(1.11))および前後(プレ:0.96(0.86)、ポスト:0.74(0.59))、ダイナミックオーバーオール(プレ:3.12(2.26)、ポスト:) 2.73(2.44))および内側 – 外側の姿勢揺れスコア(1.62(1.12)前、1.24(0.75)前)、および疼痛(2.00(0.00-5.00前):1.00(0.00-4.00)前)の減少適用後(p <0.05)。しかしながら、静的な内側 - 外側(前:0.84(0.78)、後:0.82(1.01))および動的前後姿勢揺れスコア(前:2.33(1.99)、後:2.12(2.33))に違いは観察されなかった。 (p> 0.05)。
結論
キネシオテーピングはすぐに姿勢の安定性を改善し、CLBP患者の痛みを軽減するかもしれません。
前の記事次の記事
キーワード
テーピング姿勢安定性慢性の痛み腰痛理学療法
1 。前書き
慢性腰痛(CLBP)は、非常に大きな健康上および社会経済的問題を引き起こす広範な問題である(Anderson、1999年、Andersson、1997年、Dagenaら、2008年)。一般人口のおよそ70%〜80%の成人が、ある時点で腰痛の少なくとも1つのエピソードを経験すると考えられてきた( Taylor et al。、2014、 Walker et al。、2004 )。腰痛は、女性の性別、体幹、筋力低下、柔軟性の欠如、長時間の座位および立位、身体の不活動、肥満、および喫煙に関連している(Halbertsmaら、2001年、 Ryanら、2009年、 Sitthipornvorakul)。ら、2011)CLBPは、運動制限、長期的な障害、および生活の質の低下を引き起こし、欠勤の主な原因の1つです(Andersson、1997、Taylor et al。、2014)。
研究は、脊椎の可動性および安定性、筋力の不十分さ、協調性、感覚運動機能、ボディーバランスを制御する能力、固有受容性、および腰痛に関連した向きの変化を示している(Barrey et al。、2016、 Jacobs et al。ら、2016年、 Ruheら、2011年、 Truszczynskaら、2016年、 Tsigkanosら、2016年)。筋骨格系のこれらの変化および不十分さは、バランスの遂行能力に影響を及ぼし、摂動における適切な運動戦略の使用を制限することが報告されている(Xia et al。、2008)。)特に、腰痛を有する患者は、正常な個体と比較してバランス能力が低下している(Jacobsら、2016年、Truszczyńskaら、2016年、Tsigkanosら、2016年)。人体が予期しない負荷にさらされると、筋肉は負荷に対する身体のバランスと姿勢を維持するために素早く反応しなければなりません。腰痛のある患者は、反応時間の遅れによってバランスと姿勢の維持に問題があることが観察されました(Xia et al。、2008)。
教育プログラム(Engers et al。、2008 )、電気物理的エージェント(French et al。、2006 )、手動療法(Assendelft et al。、2004)、およびエクササイズ(Hayden et al。、2005 )を含むいくつかの理学療法アプリケーション症状管理に使用されています。しかしながら、疼痛管理ならびに不快感および機能の改善のための迅速で効果的な治療法の選択肢は、長期治療プログラムをさらに設計するために必要とされている。最近、テーピングアプリケーション、特にキネシオテーピングは、CLBPでのアプリケーションの直後に痛みや障害を軽減すると報告されています(Nelson、2016年、Paoloniら、2011年)。さらに、腰筋機能、予測姿勢制御、および運動に関連した皮質電位に対するテープの好ましい効果が宣言されています(Bae et al。、2013 )。効果の正確なメカニズムはまだ明らかにされていないが、何人かの研究者はキネシオテーピングが複数の機能を持っていたと主張した。筋膜機能および体位の改善。セグメントの安定性が増します。皮膚を持ち上げることによる血流とリンパ流の活性化。侵害受容刺激を減少させることによる疼痛の非活性化および機械受容器刺激による固有受容の改善(Kachanathu et al。、2014、Mostafavifar et al。、2012 ; Williamsら、2012)。キネシオテーピングは予想姿勢調整の改善に貢献するかもしれません。しかしながら、体位安定性および体位反応に対するテーピングの有効性については、継続的な議論と臨床試験の欠如がある(Jassi et al。、2017、Voglar and Sarabon、2014)。
したがって、本研究の目的は、CLBP患者の静的および動的な条件で、全体的な前後方向および内側 – 外側姿勢の揺れスコアなどの疼痛および姿勢安定特性に対するキネシオテーピングの即時効果を調査することであった。以下の仮説が検討された。1.キネシオテーピングは、適用直後にCLBPを有する患者における疼痛強度の減少に有効で​​あろう。2.キネシオテーピングはCLBP患者の静的および動的姿勢安定特性を改善するだろう。
2 。材料と方法
2.1 。研究デザイン
ケースシリーズ研究デザインが使用されました。この研究はヘルシンキ宣言の規則に従って行われた。研究は大学の倫理委員会によって承認された(承認番号:2015-11 / 33)。
2.2 。参加者
医師によって診断され、理学療法およびリハビリテーション診療所に紹介されたCLBPの自発的患者が含まれた。選択基準は以下の通りであった:20〜65歳の範囲の非特異的CLBP患者で、椎間板脱臼、脊椎すべり症、骨折、腫瘍、骨粗鬆症、感染症、神経学的欠損などの関連する進行中の病状がない。除外基準は持っ含ま手術の歴史に関連した腰椎を有する脊柱側弯症、神経疾患、リウマチ性疾患、および精神疾患を、妊娠中、および試験中の運動、理学療法または投薬などの介入を受けていること、およびテーピングの使用に対して禁忌(皮膚アレルギーなど)があること。各患者から書面によるインフォームドコンセントを得た。
2.3 。評価
年齢、性別、体重、身長、喫煙、アルコール摂取、および患者の運動習慣などの人口統計学的および身体的特徴をフォームを介して記録した。患者のボディマスインデックス(BMI)値は、キログラム単位の体重をメートル単位の身長の二乗で除算して算出した。姿勢安定性および腰痛強度に関する評価は、ベースライン時およびテープ貼付後45分に実施した。すべての評価は同じ理学療法士(STC)によって行われました。
患者の身体障害および疼痛強度は、トルコ語版のOswestry Disability Index(ODI)(Yakut et al。、2004 )およびODIの疼痛セクションをそれぞれ用いて評価した。インデックスには10の項目があります(痛みの激しさ、パーソナルケア、リフティング、ウォーキング、座っている、立っている、寝ている、性生活、社会生活)と旅行)。すべての項目は、機能的なパフォーマンスに基づいて、0〜5ポイントのスケールで採点されます(最良のスコアは「0」、最悪のスコアは「5」です)。インデックスの最高得点は「0」、最低得点は「50」です。より高いスコアはより重度の障害と痛みを示します。さらに、患者の障害状態は、可能な最大点を加えた印を付けた項目の点を100の二乗で割ったものとして計算した。0%〜20%の結果が最小の障害を示し、20%〜40%が中程度の障害を示し、40〜60%が重度の障害を示し、60〜80%が障害を示すことを示し、そして80〜100%が寝たきりを示すことが示された。また、疼痛強度はODIの疼痛部分(0〜5点)で評価した。
体位安定性特性は、Biodex Balance System SD(ニューヨーク州シャーリーのBiodex Medical Systems、Inc.)を用いて、両側立位で静的および動的モードで評価した。患者は検査手順の概要を与えられ、彼らは裸足でシステムのプラットフォーム上に配置された。評価中、患者は立ち上がった両足で作業台を直立させます。ベースはスタティックモードでは「スタティック」に設定され、ダイナミックモードでは「12-1」の間に設定されています。このシステムでは、基底は静的モードでは安定であり、動的モードでは数が減少するにつれて不安定であり、したがってモード「1」が最も不安定なモードであった。プラットフォームが傾いている間、患者は安定した状態を保つように求められた。習熟のための2、3回の試行の後、テストは目の開いた位置に適用されました。すべての患者は同じ順序で静的および動的モードを完了した。静的測定と動的測定の両方とも、各患者についてそれぞれ32秒かかった。全体的に、静的モードおよび動的モードの前後方向(正面)および内側方向(矢状方向)の姿勢揺れスコアは、姿勢安定度特性として得られた。シュミット&アーノルド、1998)。
2.4 。テーピングアプリケーション
Kenzo KaseのKinesioテーピング法(Kase et al。、2003 )に従って、経験豊富な理学療法士(DOK)によって患者にテープを貼った。キネシオテーピングは、筋肉技術を用いて傍脊椎筋の両側に、および立位で靭帯技術を用いた仙骨に適用した。4つのI字型Kinesioテープ(KinesioTex ® 幅5cmおよび厚さ0.5mmの金)を使用しました。腰椎の屈曲が最大点に達したときに2本のバンドを適用し、反対側への腰椎回転を実施した。これらのバンドは下部後腸骨稜から垂直に当てられた。各傍脊椎筋の10〜15%の緊張力(ペーパーオフ緊張力)残りの2本のバンドは、仙骨に対角線上に50%〜75%の張力で取り付けられていました(図1 参照)。
図1
高解像度画像をダウンロード(176KB)フルサイズの画像をダウンロード
図1。キネシオテーピングの応用
2.5 。サンプル数と統計解析
20人の参加者が試験的試験のために無作為に募集された。この研究に必要なサンプルサイズを決定するために、G *パワーパッケージソフトウェアプログラム(G*Power、バージョン3.0.10、フランツフォール、キール大学、ドイツ語)を使用した。研究の疼痛パラメータによれば、d = 0.33の効果サイズ、α= 0.05のI型誤差、およびβ= 0.05のII型誤差で95%の検出力を得るのに101人の個人からなるサンプルが必要であると計算された(Faulら)。他、2007年)。
結果を分析するために、IBMSPSS統計21.0(IBM Corp. 2012年リリース。ウィンドウズ用IBM SPSS統計、バージョン21.0、ニューヨーク州アーモンク)プログラムを使用した。変数を視覚的(ヒストグラム、確率プロット)および分析的方法(コルモゴロフ – スミルノフ検定)を用いて調べ、それらが正規分布しているかどうかを決定した。記述分析は、正規分布変数については平均値と標準偏差(SD)、非正規分布変数と順序変数については頻度、中央値、最小値と最大値の表を使用して表示されています。対応のあるスチューデントのt検定とWilcoxon検定テーピング前後の姿勢安定性と疼痛強度の測定値を比較するために使用した。0.05未満の全体のp値は統計的に有意であると考えられた。
3 。結果
105人の患者のうち、4人の患者は選択基準を満たさなかった。腰椎に関連する手術による3人の患者および側弯症による1人の患者は、研究から除外された。111人の患者(年齢:53.00(10.69)歳、BMI:31.52(5.57)kg / m2)が試験を完了した。このアプリケーションで報告された有害事象はありませんでした。
人口統計学的および身体的特徴を表1に示した。ODIスコアによると、19.8%が最小限の障害、40.6%が中等度の障害、29.7%が重度の障害、9.9%は障害のある患者でした。
表1。参加者の人口統計学的および身体的特性
人口学的および身体的特徴 CLBP患者(n = 101)
年齢(歳、X(SD)) 53.00(10.69)
BMI(kg / m 2、X(SD)) 31.52(5.57)
ODIスコア(中央値(最小 – 最大)) 18.00(1.00–38.00)
性別(n、%)
女性 74、73.3
男性 27、56.7
喫煙(n、%)
いいえ 89、88.1
はい 12、11.9
アルコール消費量
いいえ 100、99.0
はい 1、1.0
運動習慣
いいえ 77、76.2
はい 24、23.8
X:意味 SD:標準偏差、最小:最小、最大:最大、ODI:オスウェストリー障害指数。BMI:ボディマスインデックス、CLBP:慢性腰痛。
適用の前後で、静的な全体的および前頭位の揺れスコア、動的な全体的および矢状方向の揺れスコア、および疼痛強度が減少することが見出された(p <0.05)。しかしながら、静的矢状および動的前頭姿勢安定性スコアに差は観察されなかった(p> 0.05)(表2参照)。
表2。キネシオテーピング前後のCLBP患者の姿勢安定性と疼痛強度スコアの比較
CLBP患者のスコア(n = 101)
前 95%信頼区間 役職 95%信頼区間 p
痛みの強さ(中央値(最小 – 最大))
ODIの痛みのセクション 2.00(0.00〜5.00) 1.65〜2.14 1.00(0.00〜4.00) 0.88〜1.29 <.001 * 姿勢安定性スコア(X(SD)) 静的全体安定性 1.49(1.15) 1.25〜1.71 1.25(1.11) 1.03〜1.47 .046 * 静的な前後方向の安定性 0.96(0.86) 0.78〜1.12 0.74(0.59) 0.62〜0.86 .016 * 静的中 – 外側安定性 0.84(0.78) 0.68〜0.99 0.82(1.01) 0.62〜1.02 .785 全体的な動的安定性 3.12(2.26) 2.65〜3.54 2.73(2.44) 2.24〜3.22 .005 * 動的な前後方向の安定性 2.33(1.99) 1.92〜2.70 2.12(2.33) 1.65〜2.59 .105 動的中 – 外側安定性 1.62(1.12) 1.39-1.83 1.24(0.75) 1.09〜1.39 <.001 * * p <0.05。 4 。討論 本研究では、CLBP患者の姿勢安定性と疼痛に対するキネシオテーピングの即時効果を調査し、以下の所見を観察した:(i)患者の疼痛強度が減少した、(ii)静的全体および前頭面安定性が改善した。 (iii)動的全体および矢状面安定性はテーピング適用直後に改善された。 最近、患者と専門家は、CLBPの治療のための効果的で即時の、そして副作用のない介入を求めています。最近、キネシオテーピングは疼痛管理のための人気を得ています。系統的レビューは、おそらく改善することにより、補助療法として用いた場合kinesioテーピングが有効であり得ることが示された運動の範囲、筋持久力、及びモータ制御(ネルソン、2016)。文献では、腰痛患者におけるキネシオテーピングの効果を調べる様々な研究がある(Inanoglu andBaltacı、2014年、Kaplanら、2016年、Kelesら、2017年、Nelson、2016年)。、Paoloniら、2011)。カプラン等。(2016)腰椎キネシオテーピングが疼痛強度と妊娠関連腰痛の女性の障害に及ぼす影響をパラセタモール使用と比較して調査しました。彼らは、キネシオテーピングが疼痛および身体障害の軽減においてパラセタモールを使用するよりも優れていると宣言した。Keles等。(2017)3週間適用されたキネシオテーピングの疼痛、腰椎屈曲運動、身体障害、生活の質、及びパラセタモールの使用に対する短期(テーピング後)及び長期(20週間後)の効果を腰痛患者に調査した腰椎椎間板ヘルニアによる痛み。彼らは、キネシオテーピングは短期的および長期的にすべてのパラメーターを改善し、そしてまたこれらの患者の鎮痛薬の必要性を減らしたと説明した。イナノグルとバルタジュ(2014)神経学的欠損のない腰椎疾患における痛みと生活の質に対する異なるテーピング技術(硬直、プラセボ、キネシオテーピング)の3週間の効果を評価した。彼らは、テーピング療法だけが痛みと生活の質に良い影響を与えたと説明しました。さらに、キネシオテーピングは硬直テーピングおよびプラセボと比較したときより効果的であることがわかった。これらの研究と同様に、我々はまた、CLBP患者の疼痛強度に対するキネシオテーピングの即時効果を調べ、疼痛強度が減少することを見出した。文献では、疼痛管理に関して多くの根本的なメカニズムが議論されている。我々の研究では、疼痛強度は、組織を所望の位置に整列させるために筋膜を集めること、血液の活性化およびリンパ循環のために直ちに減少する可能性がある皮膚を持ち上げて皮膚の機械的受容体を刺激することによって(Kachanathuら、2014年、 Mostafavifarら、2012年、 Williamsら、2012年)。この研究は、疼痛管理と可能なメカニズムに関する文献を支持しています。 疼痛管理に加えて、固有受容体刺激および外部受容体刺激および機能的自信は、体節の調節、体位反射、および体位安定特性にさらに影響を及ぼす可能性がある(Baeら、2013年、 Paoloniら、2011年)。テーピングは、感覚入力および安定性を増し、そして姿勢反射の遅延を減らすことによって、動的安定性を改善し得る(Riemann&Lephart、2002)。様々な研究が、CLBPの姿勢安定性に対する異なるテープ貼付の影響を調査した( Baeら、2013年、 Jassiら、2017年、 Paoloniら、2011年)。)Jassi at al (2017)CLBP患者における疼痛強度及び姿勢制御のための機能的テーピングの腰椎に対する即時的(テープの貼付後及び7日後の介入後)及び1ヶ月効果を研究し、それを偽造テーピングと比較した。この研究の結果は、機能的テーピングが偽テーピングと比較して疼痛強度および姿勢制御に効果的であることを証明した。この研究と同様に、我々は静的立位でも動的位置でも腰骨盤領域に適用されるキネシオテーピングの即時効果に疑問を投げかけた。Tsigkanos等。(2016年)動的バランス能力と静的バランス能力の両方がCLBPの存在の識別のための補足情報を提供するかもしれないと宣言しました。ただし、動的バランスがより有益なものとして焦点を当てていました。我々の知る限りでは、本研究はCLBPの動的安定性とテープに対する体の反応を調査した最初の研究である。我々は姿勢の安定性の減少とともに静的な全体的および前後方向の、そして動的内側 – 外側方向の安定性の改善を見出した。前後方向の動揺は矢状面の順応を指し、内側 – 横方向の動揺は前頭面の順応を指す。腰骨盤領域に貼られたテープは内側 – 外側方向の揺れを改善し、それを可能にするかもしれないようです静止位置における感覚運動システムの微調整。しかしながら、動的な姿勢安定性は、特に矢状面において向上した。Pinheiro-Franco and Roussouly(2016)によれば、退行性椎間板疾患ではサジタルバランス障害が一般的に言及されています。CLBPの私達の患者はおそらく私達が調査しなかったある程度の変性状態を持っていた。さらなる研究は退行性の状況を考慮するかもしれません。しかし、我々はテーピングは変性椎間板疾患を有する患者のポストグラフグラフィの特徴を改善するかもしれないと結論付けることができます。 今回の研究にはいくつかの制限がありました。まず第一に、研究は即時効果を観察するように設計されました。累積治療効果も調査することがあります。しかし、長期的には、治療は他のアプリケーションや運動でさらに進歩しました。これはテーピングの効果に加えて異なるアプリケーションの効果の寄与を引き起こしたかもしれません。第二に、我々の研究には対照群はありませんでした。しかし、私たちのサンプルサイズは、改善を示すのに十分な大きさでした。第三に、変性状態は過小評価されていた。それはさらなる研究のために考慮されるかもしれません。第四に、申請の前後に実施された評価および第二の評価は、試験デザインに従ってテーピング後に常に行われた。これは運動学習を引き起こしたかもしれない姿勢安定性評価のための効果と痛みのための肯定的な心理的アプローチ。さらに、疼痛管理および腰部支持としてのテープの主な目的を患者に説明しなければならなかった。それは患者に前向きな心理的効果をもたらすかもしれません。しかしながら、バランスコントロールのためのいかなる利益も参加者には伝えられなかった。これらの条件は考慮に入れられるべきです。 5 。結論 キネシオテーピングは、CLBP患者の疼痛強度ならびに静的および動的姿勢安定性を直ちに改善する可能性があることが研究により観察された。 資金調達 この調査は、公共、商業、または非営利の各セクターの資金提供機関から特別な助成を受けていません。 利益相反 無し。 謝辞 著者は、研究のための患者の組織化を手助けしてくれたAnil Ozudogru、PTに感謝します。 参考文献 アンダーソン、1999年 慢性腰痛の GB アンダーソン 疫学的特徴 Lancet 、354 (1999 )、pp。581 – 585 Google Scholar アンダーソン、1997年 GBJ アンダーソン 脊椎疾患の疫学 JW Frymoyer (編)、大人脊椎:原則と実践、リッピンコット-レイヴン、フィラデルフィア(1997 )、頁。93 – 141 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Assendelft et al。、2004 WJ Assendelft 、SC モートン、EI Yu 、MJ Suttorp 、PG Shekelle 脊椎 手術 療法 コクランデータベースシステム 改訂版、1 (2004 )、記事CD000447 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Bae et al。、2013 SH Bae 、JH Lee 、KA Oh 、KY Kim 慢性腰痛患者の予想姿勢制御および大脳皮質における潜在性に対するキネシオタッピングの効果 J.Phys。その サイ。、25 (11 )(2013 )、頁1367 – 1371 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Barrey et al。、2016 C. Barrey 、JL ピニェイロ・フランコ、JC LE-Huec 、G. ペラン、P. Roussouly 腰椎の変性疾患におけるサジタルバランスの維持に貢献する代償機構 JL Pinheiro-Franco 、AR Vaccaro 、EC ベンゼル、HM メイヤー(編)、高度概念、腰椎変性椎間板疾患、Springer 、Berlin Heidelberg (2016 )、pp。725 – 737 CrossRef Google Scholar Dagenais et al。、2008 S. Dagenais 、J. カロ、S. Haldeman 病気の研究の腰痛コストの系統的レビューの米国および国際的 脊椎J. 、8 (1 )(2008 )、頁。8 – 20 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Engers et al。、2008 A. Engers 、P. Jellema 、M. Wensing 、DAの ファンデWindt 、R. Grol 、MW バンTulder 腰痛のための個別の患者教育 コクランデータベースシステム 改訂版、1 (2008 )、記事CD004057 Google Scholar Faul et al。、2007 F. フォール、E. Erdfelder 、AG ラング、A. ブフナー G *電源3、社会的行動、および生物医科学のための柔軟な統計的検出力分析プログラム ふるまい。結果 方法 、39 (2007 )、頁175 – 191 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード French et al。、2006 SD フレンチ、M. キャメロン、BF ウォーカー、JW レガーズ、AJ エスターマン 腰痛に対する表在性の暑さまたは寒さのコクランレビュー 脊椎(フィラPa1976) 、31 (9 )(2006 )、頁998 – 1006 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Halbertsma et al。、2001 JP Halbertsma 、LN Goeken 、AL Hof 、JW Groothoff 、WH Eisma 非特異的腰痛患者のハムストリングスの 伸展 性と硬直性 アーチ。Phys。メド。リハビリ 、82 (2001 )、PP。232 – 238 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Hayden et al。、2005 JA ヘイデン、MW バンTulder 、A. Malmivaara 、BW Koes 非特異的腰痛の治療のための運動療法 コクランデータベースシステム 牧師、3 (2005 )、条CD000335 Scopus Google Scholarでレコードを表示する イナノグルとバルタジュ、2014 D. Inanoglu 、G. Baltacı Nörolojikはolmayanベルağrılıhastalardafarklıbantlama tekniklerininyaşamkalitesiましアグリüzerineetkisi defisiti J.Exerc。その リハビリ 、1 (1 )(2014 )、頁。26 – 34 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Jacobs et al。、2016 JV ジェイコブス、CL ロイ、JR ヒット、RE ポポフ、SM ヘンリー 神経機構と摂動バランスの乱れに対する姿勢反応の慢性的な腰痛との機能的相関 Neuroscience 、339 (2016 )、pp。511 – 524 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Jassi et al。、2017 FJ JASSI 、T. デル・アントニオ、R. モラエス、SZ ジョージ、TC シャベス painintensityandstaticposturalcontrolforpatientswithnon-specificchroniclowbackpain上の偽テーピング、最小限の介入と比較して機能テーピングの効果:無作為化臨床試験プロトコル 理学療法、103 (2 )(2017 )、pp。154 – 159 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Kachanathu et al。、2014 SJ Kachanathu 、AM Alenazi 、HE Seif 、AR Hafez 、MA Alroumim 非特異的腰痛治療におけるキネシオテーピングと伝統的な理学療法プログラムの比較 J.Phys。その サイ。、26 (8 )(2014 )、頁1185 – 1188 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Kaplan et al。、2016 S. カプラン、M. Alpayci 、E. カラマン、O. Cetin 、Y. オズカン、S. ILTER 、V. SAH 、HG Sahinの 妊娠関連腰痛を有する女性におけるKinesioTapingの短termeffects:無作為対照臨床試験 メド。サイ。月 Int。メド。J.Exp。クリン 結果 、22 (2016 )、頁1297 – 1301 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Kase et al。、2003 K. カセ、J. ウォリス、T. カセ Kinesioテーピング法の臨床治療への応用 ケニア会、東京(2003 ) Google Scholar Keles et al。、2017 BY Keles 、EY Yalcinkaya 、B. Gunduz 、AN Bardak 、B. エルハン 無作為化、二重盲検試験:腰椎椎間板ヘルニアの患者でKinesioTaping J.バック筋骨格。リハビリ 、30 (3 )(2017 )、PP。543 – 550 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Mostafavifar et al。、2012 M. Mostafavifar 、J. WERTZ 、J. Borchersの 筋骨格傷害のためにテーピングkinesioの有効性のA系統的レビュー 医師とスポーツ医学 、40 (4 )(2012 )、頁。33 – 40 CrossRef Google Scholar 2016年ネルソン 慢性腰痛に対する NL Nelson Kinesiotaping:系統的レビュー J.Bodyw。Mov。その 、20 (3 )(2016 )、PP。672 – 681 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Paoloni et al。、2011 M. Paoloniは、A. BERNETTI 、G. Fratocchi 、M. マンゴーネ、L. パリネロ、M. デルピラークーパー、L. セスト、L. DiSanteは、V. Santilli KinesioTapingは、慢性低の筋肉の影響臨床的及び電特性を腰椎に適用しました腰痛患者 ユーロ。J.Phys。リハビリ メド。、47 (2 )(2011 )、PP。237 – 244 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Pinheiro-Franco and Roussouly、2016 JL ピニェイロ・フランコ、P. Roussouly 腰椎変性ディスク疾患の治療のための矢状バランスの重要性 JL Pinheiro-Franco 、AR Vaccaro 、EC ベンゼル、HM メイヤー(編)、高度概念、腰椎変性椎間板疾患、Springer 、Berlin Heidelberg (2016 )、pp。703 – 724 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Riemann and Lephart、2002 BL リーマン、SM Lephart 感覚運動システム、パートII:運動制御と機能的関節安定性における固有受容の役割 J.Athl。列車。、37 (2002 )、頁。80 – 84 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Ruhe et al。、2011 A. ルーエ、R. フェイエール、B. ウォーカー 圧力遠足のセンター、健康対照と比較して、非特異的腰痛の患者のバランス性能の尺度として:文献の系統的レビュー ユーロ。脊椎J. 、20 (3 )(2011 )、PP。358 – 368 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Ryan et al。、2009 CG ライアン、PM グラント、PM ドール、H. グレー、M. ニュートン、MH GRANATの 慢性腰痛を有する個体は、対応する対照と比較して身体活動の低レベル、および変更されたパターンを有する:観察研究を オース J.Physiother。、55 (2009 )、頁。53 – 58 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar シュミットとアーノルド、1998 バイオシュテックススタビリティシステムを用いたダイナミックバランスプロトコルの R. シュミッツ、B。 アーノルド インターテスターおよびインターテスターの信頼性 J.スポーツリハビリ。、7 (1998 )、頁95 – 101 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Sitthipornvorakul et al。、2011 E. Sitthipornvorakul 、P. Janwantanakul 、N. Purepong 、P. Pensri 、AJ ファンデビーク 身体活動と首と腰痛との関連性:系統的レビュー ユーロ。J.スパイン、20 (2011 )、頁を。677 – 689 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Taylor et al。、2014 JB Taylor 、AP Goode 、SZ George 、CE クック 初回インシデント腰痛の発生率と危険因子:系統的レビューとメタアナリシス Spine J. 、14 (10 )(2014 )、pp。2299 – 2319 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Truszczyńskaet al。、2016 A. Truszczyńska 、M. Dobrzyńska 、Z. Trzaskoma 、J. Drzał-Grabiec 、A. Tarnowski 腰椎椎間板慢性疾患患者における姿勢の安定性の評価 Acta Bioeng。バイオメック 、18 (4 )(2016 )、頁。71 – 77 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Tsigkanos et al。、2016 C. Tsigkanos 、L. ギャスケル、A. Smirniotou 、G. Tsigkanos 静的および慢性腰痛における動的バランス欠乏 J.バック筋骨格。リハビリ 、29 (4 )(2016 )、PP。887 – 893 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Voglar and Sarabon、2014年 M. Voglar 、N. Sarabon パイロットスタディ:Kinesiotapingは、若い健康な被験者に姿勢反射反応とトランクの先行姿勢の調整に影響を与えることはありません。 J.Sport Sci。メド。、13(3)(2014)、p。673 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Walker et al。、2004 BF ウォーカー、R. ミュラー、WD 助成金 オーストラリアの成人における腰痛:有病率と関連障害 J.マニピュレーションフィジオール。治療します。、27 (2004 )、頁238 – 244 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Williamsら、2012 S. ウィリアムズ、C. ワットマン、PA ヒューム、K. Sheerin スポーツ障害の治療及び予防にテーピングKinesio:その有効性に関する証拠のメタ分析 スポーツ医学 、42 (2 )(2012 )、PP。153 – 164 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Xia et al。、2008 T. Xia 、JA Ankrum 、KF Spratt 、DG Wilder 単純および複雑な影響に対する人間の反応の反応:脊髄周囲筋活動 Int。J.Ind.Ergon。、38 (2008 )、頁767 – 774 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar ヤクート他、2004 E. ヤクート、T. Duger 、C. Oksuz 、S. Yorukan 、K. Ureten 、D. トゥラン、T. Firat 、S. Kiraz 、N. Kirdi 、H. Kayhan 、Y. ヤクート、C. Guler の検証腰痛患者のためのOswestry障害指数のトルコ語版 脊椎(PhilaPa 1976) (29 )(2004 )、頁581 – 585 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード ©2017 Elsevier Ltd.無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1360859217303431