このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
従来の頸部関節位置誤差(JPE)試験は、頸部痛を有する人々における頸部求心性機能障害の尺度として使用されてきた。ただし、テスト中の頭の動きも前庭系を刺激する可能性があります。この試験の目的は、新しい試験が頸部求心性機能障害のより決定的な尺度であるかどうかを判断するために、首のねじり操作を用いた修正JPE試験の効果を調査することです。ファストラックとレーザー装置を使用して、慢性頸部痛の25人の志願者と18〜60歳の26人の健康な対照をJPEの3つの試験で評価した。首の痛みのグループは1つの従来のJPEテストとほとんどすべてのねじれテスト(p <0.05)。Enbloc(Control)テストに違いは見られませんでした。強い有意な相関に適度もFASTRAK及びレーザー方法(使用JPEの測定の間に見られたP 0.01≤)を。この予備的研究の結果は、慢性頸部痛を有する人々における頸部求心性機能障害に対して、「JPEねじれ」が「JPE従来型」よりもより適切な試験であり得ることを示している。さらに、レーザー法はFastrakに匹敵し、従来の試験とねじり試験の両方に対する再位置決め誤差の臨床的尺度として有用であり得る。
前の記事次の記事
キーワード
首のねじれ関節位置エラー固有受容首の痛み
全文を見る
著作権©2013 Elsevier Ltd.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1356689X13001100