このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
本研究の目的は、手動治療と大腿骨寛骨臼関節を対象とした運動を併用または併用せずにLBPの理学療法を受けた後の疼痛と機能の改善に関連する腰痛(LBP)の主訴を訴える個人の記述的要因を特定することである。
方法
参加者は、大腿骨臼蓋関節(股関節)への介入の有無にかかわらず、LBPに対する理学療法の介入を調査する無作為化臨床試験に参加した。以下のすべてが満たされた場合、参加者は回復したと見なされた:数値疼痛評価尺度(NPRS)スコア≦2ポイント、退院時の修正Oswestry障害指数の≦10%、および両方で変化スコアの全体的評価スコア+ 4 2週間で退院します。ロジスティック回帰モデリングは、治療回復を最もよく予測する記述子変数を決定しました。
結果
90人の参加者からのデータが分析に含まれ、44%(n = 40)が理学療法からの退院(平均7.95 [±4.68])の訪問で回復を達成した。同時に起こる股関節問題、より低いボディマス指数 ≦25.4、過敏性状態、および4ポイント以下のベースラインNPRSスコアの変数は、最終モデルにおいて保持された(R 2 = .384)。同時股関節問題を抱えていると、モデルで回復を達成する可能性が最も高かった(オッズ比:5.34、95 %信頼区間:1.31-21.8)。
結論
本研究における患者の所見は、同時股関節問題、低ボディマス指数、過敏性症状、および4ポイント以下のベースラインNPRSスコアを有するものが、マルチモーダルな理学療法介入で回復を達成する可能性が高いことと関連していた。さらなる研究は、腰椎と股関節の間の相互作用を調査し続けるべきです。
前の記事次の記事
主なインデックス用語
腰痛リハビリテーション
国立健康科学大学による©2018。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0161475417301136