このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
変性顎関節症(TMD)患者における骨髄核細胞(BMNc)関節内注射の信頼性を評価し、その有効性をヒアルロン酸(HA)のそれと比較する。
材料および方法
この研究は、並行群の無作為化対照試験として設計された。退行性関節下顎疾患に罹患した患者はこの前向き臨床試験に登録され、無作為に2つのグループに分けられた。HA群は顎関節症(TMJ)関節穿刺とHA注射を受けたが、BMNc群の患者は洗浄後に関節内にBMNcを接種した。結果の尺度は、安静時および運動時の痛み、関節の雑音、咀嚼効率、最大の切開間隙を評価することでした。軟骨再生を検査しながら、術後のMRIスキャンを実施し、術前のスキャンと比較した。臨床的および放射線学的データは、ベースラインから12ヶ月の追跡調査まで収集された。
結果
各グループにつき15人の30人の患者が、片側性TMDの程度が内部の混乱を訴えていたので、登録して治療した。両方の群において、術後1年までの手順の後に有意な臨床的改善が検出された。BMNc群は、6ヶ月後(p= 0.028)および12ヶ月後(p= 0.000)にHA群よりも有意に良好な疼痛緩和を示した。ジョイントノイズに関しては、大きな違いは見られませんでした。咀嚼効率に関しては、BMNc群は12ヵ月後に正の有意差を示した(p = 0.000)。最大interincisal開口は、6ヶ月後(BMNC群で有意に良好な値を示したP = 0.001)および12ヶ月(P= 0.000)。軟骨再生のMRIによる証拠は報告されていない。
結論
関節内TMJ BMNc注射はTMD治療における臨床転帰を改善した。この最初のヒトモデル研究の結果は有望であるが、BMNcがTMDのための最良の治療を表すことができるかどうかを決定するためにさらなる研究が必要である。
キーワード
顎関節症TMJ幹細胞顎関節症関節軟骨の再生
この記事の研究データ
利用できないデータ/ データは要求に応じて利用できるようになります
研究データについて
全文を見る
©2018ヨーロッパ頭蓋骨 – 顔面外科手術協会。Elsevier Ltd.が発行します。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S101051821830708X