このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

全関節形成術後の疼痛管理は、外科的技術および器具類が向上しそして潜在的により迅速な回復時間を可能にするので、ますます関心のある分野であり続けている。関節形成術の外科医や麻酔科医は、ほとんど合意を得ずにさまざまな手術前後の疼痛管理プロトコルを使用しています。しかし、制御不能な術後疼痛は、動員の遅延、外科的転帰不良、および長期入院など、重大な罹患率をもたらす可能性があることは明らかです。この記事では麻薬の全身投与、神経軸麻酔、末梢総関節形成術集団で使用するための神経遮断、関節内鎮痛、および非オピオイド経口鎮痛薬について概説する。
前の記事次の記事
キーワード
疼痛無痛覚股関節形成術膝関節形成術全関節置換術局所麻酔NSAID
著作権©2008 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1045452708000394