このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
バックグラウンド
前膝痛(AKP)は、全膝関節形成術後の患者の満足度に影響を与える複雑な問題のままである。いくつかのX線撮影パラメータが様々なデザインの原因となる要因であることが示されている。この研究の目的は、解剖学的膝蓋骨ボタンを備えた最新のプロテーゼの設定において、AKPの既知のX線撮影パラメータと臨床転帰(すなわちAKP)を評価することです。
方法
2012年7月から2013年12月までの間に、90膝関節全置換術で30°、45°、60°の3つのスカイラインビューが表示されました。AKPの発生率、無痛ノイズ、および満足度を評価するために、2年間の追跡調査時に患者管理アンケートを実施した。X線写真を膝蓋大腿骨過充填、膝蓋骨傾斜、および膝蓋骨変位について分析し、膝蓋骨切除角を評価した。
結果
患者管理アンケートでは、10人(11.1%)の患者が軽度から中等度の程度のAKPを報告した。私たちは、膝蓋骨切除角がAKP(オッズ比1.21、P = 0.044)および痛みのないノイズと相関していることを見出しました。オッズ比1.22、P = 0.034)。膝蓋骨変位および膝蓋骨大腿詰め物は、AKPまたは無痛ノイズと相関しなかった。膝関節スコア、疼痛スコア、機能スコア、または可動域の変化と相関するX線撮影測定値はありません。
結論
膝蓋骨切除角度は2年間の追跡調査でAKPの発生率と無痛ノイズと相関することがわかった。臨床結果と膝蓋大腿骨過充填、膝蓋骨変位、または膝蓋骨傾斜との相関関係を見つけることができなかった。膝蓋大腿関節を完全に評価するには、3つのマーチャントビューを使用することをお勧めします。
キーワード
人工膝関節置換術膝蓋骨キネマティクス調子前膝の痛みPAQ
この研究はニューヨーク州ニューヨークの特別外科病院で行われた。IRB#28094によって承認されました。
この論文の執筆者の一人以上は、直接的または間接的な支払いの受領、制度的支援、あるいは潜在的な矛盾があると思われる可能性のある生物医学分野の団体との関連付けなどの潜在的または適切な利益相反を開示しています。この作品に興味があります。完全な開示声明についてはhttps://doi.org/10.1016/j.arth.2019.01.011を参照してください。
この研究のための外部資金は受領されなかった。
©2019 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0883540319300385