このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
非手術治療に反応しない顎関節症(TMJ)の患者さんは、関節穿刺や関節鏡検査などの侵襲的手技を必要とする場合があります。TMJの機能障害を有する80人の患者を2つのグループに分けた:従来の関節穿刺によって治療された対照群と超音波ガイド下の関節穿刺によって治療された実験群。両群を術後3日、1週間、および1ヶ月モニターし、臨床転帰を比較した。実験群は手術直後の期間に疼痛の程度が有意に減少した(p = 0.015)。しかしながら、超音波ガイド下関節穿刺は、従来の関節穿刺と比較して症状全体に有意な改善を示さなかった。両方の技術は、TMJの機能不全の管理に効果的であるようです。
前の記事次の記事
キーワード
顎関節症内乱関節穿刺超音波ガイド下関節穿刺
前書き
顎関節(TMJ)の関節穿刺は、従来の方法と超音波ガイドの両方を用いて行うことができます。しかしながら、従来の技術は経験を必要とし、椎間板の側副靭帯および隣接する軟組織に損傷を与える危険性があるが、超音波ガイド下の関節穿刺術は針の角度および深さの正しい位置および位置決めを可能にする。我々は(使用して手術後一週間に三日目に口開口部と顎の動きに痛みの量の改善を比較し、1ヶ月た視覚的アナログスケール超音波ガイドと従来関節穿刺後、(VAS)を)。
保守管理は TMJ、内部の混乱のための最初の治療である1、 2、全体の人口の4分の1にまで最初に保守的に扱われるTMJ、内部の乱れを持っていることが報告されています。3関節固定術は、TMJの閉鎖錠を有する患者の関節の痛みを軽減し、開口部の範囲を拡大するための、簡単で、低侵襲的で非常に効率的な方法であり、Nitzanらは、最も単純な形態のTMJ 関節円板を解放し、椎間板と窩との間の癒着をTMJの上室の灌注からの水圧によって除去するので、そのような機能不全を治療する。4関節穿刺後の確認された長期的な結果とともに、疼痛および開口部のかなりの改善が報告されている。5
溶解および洗浄を成功させるためには、針を適切に配置するために、基準点を上関節腔に配置する必要があります。図4は、しかしながら、上関節空間に到達するために、この「ブラインド」技術を使用することは、経験を必要とし、側副靭帯および隣接する軟組織への損傷のリスクを伴います。超音波(US)スキャニングは、磁気共鳴映像法(MRI)がTMJの内部異常の診断のためのゴールドスタンダードであるとしても、針の配置を導くための効果的な方法です。6 USは、外科医が上部コンパートメントの位置を特定するのを助け、それによって、関節穿刺術のために正しい角度および深さで針を適切に配置することを可能にする。
患者と方法
2015年1月から2017年10月までに政府歯科医院の口腔顎顔面外科の外来クリニックに参加したTMJの内科的混乱のある合計80人の患者を研究した。倫理委員会は調査を承認し、書面による同意を得た各患者
患者を無作為に対照群(従来の関節穿刺術を受けた人)と実験群(超音波ガイド下関節穿刺術を受けた人)に割り当てた。72人の女性患者と8人の男性しかいなかった、そして、彼らの年齢は表1に示されています。
表1。2群間の開口部と痛みのスコアの比較 データは平均値(SD)です。
変数 対照群 実験グループ p値
口の開口部(mm):
術前 25.1(5.5) 22.4(4.3) 0.017
術後:3日目 31.0(5.55) 32.3(4.92) 0.271
術後1週間 34.5(6.06) 36.1(5.61) 0.224
術後:1ヶ月 35.4(7.95) 38.4(3.43) 0.031
VAS:
術前 5.1(0.84) 5.4(0.93) 0.166
術後:3日目 4.3(1.44) 3.5(1.3) 0.015
術後1週間 3.3(1.81) 2.8(1.42) 0.514
術後:1ヶ月 2.4(1.93) 2.2(1.42) 0.664
年齢(歳) 33(14) 38(14) 1.625
VAS = 視覚的アナログスコア。
80人の患者のうち40人が以前に薬物と咬合側軟部副木で治療され、20人が義肢 リハビリテーションと薬物治療を受け、16人が薬物のみを患い、そして4人の患者が矯正治療を受けていた。
包含および除外基準
TMJの片側性または両側性の疼痛または制限された口の開閉を伴う、保存的治療に反応しなかった内部の混乱がある場合、患者を試験に含めた。
顎顔面領域に対する最近の外傷歴またはTMJでの過去の手術歴がある場合、それらは除外された。
手術手技
どちらの手術も局所麻酔下で行われ、超音波検査は放射線科医の助けを借りて同じ外科医によって行われました。従来のTMJ関節穿刺における針の配置の正確さは、Nitzan et al。4行、横に中間tragal点から引き出された眼角( -ヘルシング線Holmlund)眼の。点Aは その線より10mm前方および2mm下方であるとマークされた。これは、上関節腔への最初の針の進入点として機能した。点Bは 、第1の点よりさらに前方 10mm、線より下方10mmとマークされた。これが第二針の進入点となった。
顎関節の超音波ガイド下関節穿刺:穿刺針の点が超音波検査で可視化しました。滅菌USプローブを、頬骨弓に垂直で下顎枝に平行にTMJの上に配置し、視覚化が最適になるまで傾けた。19Gの針を最初に使用して耳珠の前の皮膚を穿刺し、続いてUSガイド付き針を関節窩内に進めた(図1 )。膨張した上部関節腔に針が入った後、拡大した関節腔を直視しながら乳酸リンゲル液0.1〜0.2 mlをランダムな圧力で注射した 針の位置を確認します。関節腔の拡大が明らかになったとき、リンゲル乳酸塩 2mlを注射して上部関節腔を拡張させた。第2の19G針を米国の指導の下で関節の隆起の領域に挿入し、次いで関節腔をランダム圧力下でリンゲル乳酸塩300mlで灌注した。洗浄後、両方の針を取り除き、圧力包帯を適用した。患者は、定期的な積極的な開口運動を行い、痛みを軽減するために必要に応じてイブプロフェン 400 mg を使用することを勧められた。日中、1 mmの下側ソフトバイトスプリントが着用されました。
図1
高解像度画像をダウンロード(239KB)フルサイズの画像をダウンロード
図1。顎関節空間における針先の超音波像
同じ外科医による手術の前後で、センチメートルスケールを使用して開口部の差(歯間距離)を測定した。疼痛スコアも手術 前後に10cmの視覚的アナログスケール(VAS)を用いて記録した。
統計分析
統計分析は、Windows用のIBM SPSS Statistics(バージョン20、IBM Corp)を使用して行われました。データはマイクロソフトエクセルに入力された。マン・ホイットニーU検定は、グループ間の口の開口部の違いや疼痛スコアの重要性を分析するために使用されました。
結果
従来技術を用いて、針を対照群の関節腔に正確に配置した。米国のガイド付き関節穿刺術では、穿刺点は超音波検査によって視覚化されました。
TMJ疼痛の開口度(切歯間距離)およびVASスコアは、両方の群において有意に改善した(表1)。図2は、2つのグループにおける線間距離の比較を示しています。
図2
高解像度画像をダウンロードする(180KB)フルサイズの画像をダウンロード
図2。2群間の追跡調査中の腸間距離
VASスコアは、両群とも術後数日で減少し、術前測定と比較して3つの追跡期間すべてで有意に異なった(図3)。両群間で年齢に有意差はなかった。
図3
高解像度画像をダウンロード(173KB)フルサイズの画像をダウンロード
図3。2つのグループのVASスコア。
討論
臨床転帰は両方の群において処置後に改善したが、どちらの群も他よりも有意に良好な結果を示さなかった。松本らは、コーンビーム計算機式断層写真法(CT)画像誘導穿刺法と従来技術とを針の配置の正確さに関して比較し、画像誘導技術が従来技術よりもかなり正確であることを報告した。7
Fritzらは、TMJへの注射を誘導するためにMRIを使用し、手術の平均(範囲)期間は25(16〜53)分でした。8しかし、MRIは、比較的安価である、米国に比べて高価で面倒であるとして、これは常にオプションではないかもしれないが、(コーンビームCTが行うように)放射線に患者を公開していない、そしてダイナミックな許可リアルタイム画像を生成します評価。装置は携帯用および移動式であり、それは両方の関節の評価を可能にする。Sibbittらは、米国のガイド付き関節穿刺術で手術中の痛みが大幅に減少したことを報告しました。9
2003年にRazaらは注射部位として近位指節間または中手指節間関節をマークし10、針の関節内配置の正確さの観点から針の触診誘導配置とUS誘導を比較した。針の位置は、触診で案内されたとき59%で関節内であったが、米国で案内されたとき96%であった。これは、従来の関節穿刺による最初の試みにおける針の関節内配置による60%の成功率、および米国の指導による100%の成功率の我々の発見を確認する。
Cunningtonらは、米国の手引きを用いた技術を使用すると関節内注射の精度が大幅に向上するが、注射の結果は向上しないことを見出した。11これらの知見はまた、実験群の患者における口の開口部の改善が従来の群のそれと有意に異ならなかったという点で我々の意見と一致する。USガイド下関節固定術を受けた患者は針の位置を変える必要がなかった。これは術後3日目の対照群と比較してVASの著しい減少の理由である可能性がある。針の位置を変えようとする試みの数は術後の転帰に影響を与える可能性があります。
Sivriらはまた、TMJの米国ガイドと従来の関節穿刺を比較した。12 interincisal距離で彼らの増加は、1ヶ月の米導かれた関節穿刺後に5.3だった 私たちはinterincisal距離は10.3で改善したことに対し、ミリメートル 実験群でミリメートル。彼らは1か月の追跡調査で最大2.3のVASの減少を報告しました、それは1か月後の我々の実験グループのVAS(2.2)にほぼ等しいです。従来のグループでは、患者と術者の両方を位置づけることが困難であることがわかった。超音波ガイド下の症例では針の位置を変える必要がなかったため、3日間の追跡調査ではVASの著しい減少が見られました。しかし、1週間と1ヶ月後には、2つのグループ間で結果に違いはありませんでした。
対照群の40人の患者のうち、洗浄液の適切な流出を得るために針を16個に再配置しなければならなかったが、針の配置は完全であったので実験群では必要ではなかった。また、肥満患者では、USガイド下の関節穿刺が関節腔の位置を特定する上でより正確であったのに対し、従来の関節穿刺は洗浄を成功させるために複数の穿刺を必要とした。術後の開口部(切歯間距離)は3つの追跡期間すべてで改善し、両群で有意なままであった。
両群とも術後期間中にVASの有意な減少があり、3日目には1週1ヶ月ではないが対照群と比較して実験で有意に減少した。
この研究の限界は、比較的少数のグループを対象とした短期追跡調査であったことですが、米国のガイド付き関節穿刺の利点は、関節に適切にアクセスするのに必要な針刺し回数の減少に主に関連しているようです。
倫理陳述/患者の許可の確認
倫理的承認および患者の許可が得られた。
利益相反
利益相反はありません。
参考文献
1
SC Chung 、HS Kim
TMJクローズドロックに対するスタビライザースプリントの効果
頭蓋、11 (1993 )、頁95 – 101
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
2
F. Mongini 、F. Ibertis 、A. Manfredi
長期
保存療法を受けても椎間板置換術を
受けない患者
頭蓋、14 (1996 )、PP。301 – 305
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
3
S. 由良、Y. 戸塚
十分な圧力及び顎関節の条件下関節穿刺の有効性との関係
JオーラルMaxillofacのSurg 、63 (2005 )、PP。225 – 228
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
4
DW Nitzan 、MF Dolwick 、GA マルティネス
顎関節関節穿刺:重度の、限られた口の開口部のための簡略化された治療
J Oral Maxillofac Surg 、49 (1991 )、pp。1163 – 1167
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
5
M. 西村、N. Segami 、K. 金山、ら。
顎関節の関節穿刺における予後因子:内科障害を有する100人の患者の評価
J Oral Maxillofac Surg 、59 (2001 )、pp。874 – 877
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
6
EH Dayisoylu 、E. Cifci 、S. Uckan
顎関節の超音波ガイド下関節穿刺
Br J Oral Maxillofac Surg 、51 (2013 )、pp。667 – 668
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
7
K. 松本、T. Bjornland 、Y. カイ、ら。
上顎関節腔の穿刺のための画像誘導技術:従来の穿刺技術との臨床比較
オーラルのSurgオーラルメッドオーラルPatholオーラルRadiol Endod 、111 (2011年)、頁641 – 648
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
8
J. フリッツ、C. トーマス、N. Tzaribachev 、ら。
小児および成人における顎関節のMRIガイド下注入手技:技術、正確性および安全性
AJR Am J Roentgenol 、193 (2009 )、pp。1148 – 1154
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
9
WL Sibbitt Jr. 、LG Kettwich 、PA バンド、他。
超音波ガイダンスは膝の関節穿刺およびコルチコステロイド注射の結果を改善するか?
Scand J Rheumatol 、41 (2012 )、頁。66 – 72
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
10年
K. ラザ、CY リー、D. ピリング、ら。
超音波ガイダンスは早期炎症性関節炎患者の正確な針配置と小関節からの吸引を可能にする
Rheumatology(Oxford)、42 (2003 )、pp。976 – 979
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
11
J. Cunnington 、N. マーシャル、G.を 隠す、ら。
炎症性関節炎患者の関節への超音波ガイド下コルチコステロイド注射の無作為化二重盲検対照試験
J関節炎ダイオウ、62 (2010 )、頁1862年- 1869年
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
12年
MB Sivri 、Y. オズカン、FN Filiz Pekiner 、ら。
顎関節の超音波ガイド下および慣用的な斜腸穿刺術の比較
Br J Oral Maxillofac Surg 、54 (2016 )、pp。677 – 681
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
要約を見る
©2018英国口腔外科医協会。Elsevier Ltd.が発行します。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0266435618306351

関連記事はこちら