このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

概要
目的
膝の痛みに内側と外側の膝蓋大腿関節(PFJ)の軟骨損失と骨髄病変(BML)の関係を調べること。
方法
多中心性変形性関節症(MOST)およびFramingham変形性関節症(FOA)試験から得られた膝磁気共鳴画像法(MRI)の全層軟骨喪失とBMLの位置を損傷なし、孤立内側、孤立外側、またはその両方の内側として分類した。横(混合)。各PFJ領域のMRI病変と一般的な膝痛との関係を調べた。分位点回帰を使用して、膝痛の重症度の違いをPFJ全層軟骨喪失とBMLのカテゴリー間で比較した。
結果
MOST(n = 1137膝)では、全層軟骨喪失のない膝と比較して、孤立した外側または混合PFJ全層軟骨喪失を有する膝は、膝のオッズの1.9(1.3、2.8)および1.9(1.2、2.9)倍であった。孤立した内側軟骨喪失は膝の痛みと関連がなかったが、それぞれ痛み。内側および外側PFJの両方のBMLは、BMLを含まない膝と比較して膝痛のオッズが1.5(1.1、2.0)倍であった。膝痛の重症度は孤立した内側PFJ軟骨損失またはBMLを伴う膝で最も低かった。FOA(n = 934膝)では、孤立した内側軟骨損失も外側軟骨損失も膝痛と関連していなかったが、どちらの領域でも孤立BMLは疼痛と関連していた。
結論
結果は完全には一致していなかったが、膝の痛みのリスクと重症度は、側方PFJに分離された(MOST)またはそれを含めた(MOSTおよびFOA)軟骨損失で最も大きいことを示唆している。一方、内側または外側のPFJのBMLは疼痛に関連しています。
前の記事次の記事
キーワード
変形性関節症膝蓋骨大腿疼痛磁気共鳴画像
前書き
膝蓋大腿関節(PFJ)変形性関節症(OA)が一般的である 1、 2、 3、強い痛みと機能制限付きアソシエーション有する 4、 5、 6、 7、 8。痛みを伴うPFJ OAは外側PFJの過剰な負荷から生じるとの推定の下、多くのテーピング、ブレースおよび他のリハビリテーション介入が内側PFJに負荷を再分配しようと試みる。まだ、PFJ応力は、横区画で最大であることを示唆している生体力学モデルの予想に反して 9、 10 、我々は、以前の非常に高い有病率を示しました膝の痛みや病理学のために選択されていない高齢者のコミュニティコホート、および膝OAのリスクが高い集団の両方における、内側PFJ 11における磁気共鳴画像法(MRI)検出軟骨喪失。
内側PFJ軟骨損失の正確なメカニズムは不明であるが、内側PFJの不十分な負荷が軟骨変性をもたらし得ることが示唆されている12、13。これが正しければ、関節負荷の増加14と密接に関連している骨髄病変(BML)は、内側PFJに起こるとは予想されないでしょう。BMLsが強く膝の痛みに関連付けられている間、また、15、16 、軟骨、というaneural、痛みの頻繁な原因であると予想されていません。内側および外側PFJにおけるBMLの有病率が異なるかどうか、およびそのような差が膝痛の有病率の差と関連しているかどうかは不明である。
疼痛に対する内側および外側のPFJ構造損傷の関係についての知識は、PFJ OAのための適切なコンパートメント特異的非薬理学的治療(例えば、リハビリテーション、筋交いなど)の処方を知らせるために重要である。PFJ OAのために公表され、いくつかの臨床試験は、内側よりも大きな横PFJ疾患の重症度と膝が含まれている17、18、19 。これらの研究で規定されたテーピングまたはブレース介入は膝蓋骨を再調整することを目的とした内側に この種の治療は孤立した外側PFJ OAには適切かもしれませんが、痛みを伴う内側PFJ OAには不適切かもしれません。内側および外側PFJ OAが同様に疼痛と関連している場合、適切なコンパートメント特異的治療を検討するためには、PFJの慎重な評価が正当化される。
本研究の目的は以下の通りである:(1)内側および外側PFJにおけるMRIで検出された全層軟骨喪失およびBMLの有病率を記述し、(2)存在に対するこれらの領域における軟骨喪失およびBMLの関係を調べる高齢者の2つの大規模コホートにおける膝痛の程度と重症度
方法
研究サンプル
本研究の対象は、多施設OA(MOST)試験およびFramingham OA(FOA)コホートの参加者であった。MOSTコホートは、膝OAを患っているか、またはリスクがある高齢の成人で構成されています。アイオワ州アイオワシティとアラバマ州バーミンガムから3026名の参加者が集まりました。現在の研究では、適格な参加者全員が膝MRIを取得し、軟骨形態およびBMLを評価した84ヶ月の来院からのデータを使用した(下記参照)。PFJ軟骨喪失およびBMLを伴う膝関節数を最大にするために、84ヶ月の来診からのデータを使用した。
FOAコホートは、マサチューセッツ州フラミンガムに住む、膝の痛みまたはOAのために選択されていない、高齢者の一般集団のサンプルです。FOAの研究には、50歳以上の歩行者が含まれていました。参加者はランダムな数字ダイヤルで募集されました。連絡2582人のうち、1039年には関心を表明し、炎症性関節炎、二国間で2002年から2005年の間、これらを検討した膝関節全置換、認知症、末期癌、または禁忌除外したMRIに20、21、22、23。
MRI取得
MOSTでは、1.0T四肢MRIシステム(マサチューセッツ州、ONIメディカルシステムズ、ウィルミントン、マサチューセッツ州、ONI Medical Systems)を以下のシーケンスを得るために使用した。面、サジタル(繰り返し時間(TR)4800ms、TE 35ms、3mmスライス厚、0mmスライス間ギャップ、32スライス、288×192マトリックス、140mm2の視野(FOV)、エコートレイン長8)および軸方向(TR 4680ms、TE 13ms、3mmスライス厚、0mmスライス間ギャップ、20スライス、288×192マトリックス、140mm2FOV、エコートレイン長8)および短タウ反転回復(STIR)シーケンス冠状面(TR 6650ms、TE 15ms、TI 100ms、スライス厚3mm、スライス間ギャップ0mm、28スライス、256×192マトリックス、140mm2) FOV、エコートレインの長さ8)
FOAでは、両方の膝のMRIスキャンを、8チャンネルフェイズドアレイ膝コイルを備えた1.5Tスキャナー(Siemens Medical Systems、Erlangen、ドイツ)を使用して取得した。4つのパルスシーケンス、すなわち軸方向、矢状方向および冠状脂肪抑制、PD強調、ターボスピンエコーシーケンス(反復時間3610ms;エコー時間40ms;スライス厚3.5mm)からの画像をOA特徴の評価に使用した。スライス間ギャップ、0 mm、エコー間隔、13.2 ms、ターボ係数、7; 視野、140mm×140mm。脂肪抑制のないサジタルT1加重スピンエコーシーケンス(反復時間475ms;エコー時間24ms;スライス厚3.5mm;スライス間ギャップ0mm;視野140mm×140mm)。 ;マトリックス、256×256)。費用のため、両方の研究で被験者あたり片方のMRIのみが読まれた。FOAでは、一般的に右膝が読まれましたが、MOSTでは、適格な被験者ごとに1つの膝が無作為に選択されました。
構造損傷評価
FOAとMOSTの両方の研究において、2人の筋骨格放射線科医(FWR、AG)が全臓器磁気共鳴画像法スコア(WORMS)24を使用して4つのPFJ領域(内側/外側膝蓋骨)における軟骨形態およびBMLを評価した内側/外側滑車)。全層軟骨喪失は、2.5、5、または6のWORMSスコアによって同定され、それぞれ単一、複数、またはびまん性全層喪失を表す。任意のサイズのBMLおよび大きいBMLは、それぞれ1以上および2以上のWORMSスコアとして定義された。構造的損傷の種類ごとに、損傷が存在していたPFJ領域を、PFJ損傷なし、孤立内側、孤立外側、および内側と外側の両方(混合)として特定した。MOSTでは、PFJ軟骨とBMLの読者間信頼度(加重カッパ)は、それぞれ0.72と0.63でした。FOAでは、それぞれ0.74と0.64でした。さらに、1.0T四肢MRIと大口径1.5T MRIを用いたWORMS法の比較により、同様の読者間および読者内信頼性25が得られた。
膝の痛みの評価
両方の研究の参加者は、「先月、膝に痛み、痛み、または硬直がありましたか」と尋ねることによって、膝の痛みの有無を評価しました。MOSTでは、頻繁に起こる膝の痛み(FKP)をそれぞれで評価しましたFOAコホートでは、「ほとんどの日に、どちらかの膝に痛み、痛み、またはこわばりがありますか?」この質問に「はい」と答えた場合、参加者は左右の膝を尋ねられました:「あなたの膝の痛み、痛み、または硬直は軽度、中程度または重度ですか?」私たちはFOAではFKPはなしより大きいと考えましたコホート。膝の痛みの重症度は、「過去30日間で平均して、膝の痛みはどれほどひどいものでしたか?」と尋ねることによって、MOSTでのみ評価されました。痛みの重症度を評価するための0から100までのビジュアルアナログスケール(VAS)。FOAでは痛みの重症度は評価されていません。
統計分析
まず、全層軟骨喪失、あらゆるPFJ領域内のBMLおよび大BMLの有病率について説明した。次に、ロジスティック回帰を使用して、各PFJ領域における流行性膝痛およびFKPに対する全層軟骨喪失およびBMLの関係を調べた。モデル。分位点回帰を用いて、VAS疼痛の各百分位数におけるPFJ領域間の膝疼痛重症度の違いを比較した。VAS疼痛スコアは正規分布していなかったので、分位点回帰により、すべての疼痛パーセンタイルにわたる曝露(PFJ領域の構造的損傷)と結果(疼痛重症度)との関係を評価することができた。したがって、それは単に平均値または中央値を比較する代わりに、PFJ構造損傷の位置と膝痛の重症度との間の関連性のより包括的な評価を提供した。参加者の40%が0の疼痛スコアを持っていたので、我々は10パーセンタイルポイントの増分で40から90パーセンタイルを評価し、参照として損傷なしで各パーセンタイルカテゴリ内の異なるPFJ構造損傷カテゴリの疼痛スコアを比較しました。疫学研究うつ病スケール26)。我々は、脛骨大腿関節(TFJ)疾患が膝痛の一因となり得るが、時系列の事象(TFJ疾患が先行するのか、またはPJF構造損傷の結果であるのか)を知らずに調整して結果を偏らせることができると認識する。このため、私たちの主な分析はTFJ疾患については調整されていませんが、TFJの同時構造損傷を調整して感度分析を行いました。また、TFJ前頭面整列はOA PFJの位置に関連付けられている 27、 28 さらに感度分析で、MOSTの60ヵ月の訪問で長肢フィルムから評価された整列カテゴリー(内反、外反、中立)を含めた(整列はFOAまたはMOSTの84ヵ月の訪問で評価されなかった)。
結果
それぞれMOSTとFOAの1137と934の膝には、完全なMRIデータ、膝の痛みの評価、および共変量がありました。MOSTでは、平均年齢およびBMIはそれぞれ68.9(7.5)および29.3(4.7)であった。63.8%が女性でした。FOAでは、平均年齢およびBMIは63.4(8.8)および28.5(5.6)であった。57.4%が女性でした。先月の膝痛の有病率は、MOSTで55.3%、FOAで36.0%でした。FKPの有病率はMOSTで28.8%、FOAで22.9%であった(表I)。
表I。記述統計
MOST(n = 1137膝) FOA(n = 934膝)
年齢、平均(±sd)、年 68.9(7.5) 63.4(8.8)
セックス(%女性) 63.8 57.4
BMI、平均値(±sd)、kg / m 2 29.3(4.7) 28.5(5.6)
膝痛の有無(%)※ 55.3 36.0
FKPの存在(%) 28.8 22.9
膝の痛みの程度†、中央値(四分位範囲) 5(0〜18) 該当なし

すべての膝の痛み=過去1か月間の痛み、痛み、またはこわばり。

0〜100 VAS。
PFJにおける全層軟骨損失およびBMLの分布は、使用された定義に応じて変化した(表II)。; 大部分の膝は、PFJのいずれのコンパートメントにおいても軟骨損失またはBMLを全く有していなかった。存在する場合、内側PFJに分離された全層軟骨喪失が観察された最も一般的なパターンであり、外側PFJに分離された軟骨喪失、または内側および外側PFJ軟骨喪失のどちらよりも有病率が高かった。対照的に、大きなBML(WORMS≧2)は、横型PFJに対して最も一般的に孤立していた。任意のサイズのBML(WORMS≥1)の発生に関しては、2つのコホートからの結果は矛盾していました。MOSTでは、あらゆるサイズのBMLが最も一般的に内側と外側のPFJの関与の混在パターンで発生したが、FOAでは、あらゆるサイズのBML(WORMS≧1)が最も一般的に内側のPFJから分離された。
表II。PFJ における全層軟骨喪失とBMLの有病率
MOST(n = 1137) 全層軟骨喪失(WORMS 2.5、5–6) BML(ワーム≧1) BML(WORMS≧2)
膝の数(%) 膝の数(%) 膝の数(%)
無し 690(60.7) 421(37.0) 848(74.6)
孤立した内側 196(17.2) 254(22.3) 88(7.7)
孤立した側面 133(11.7) 150(13.2) 148(13.0)
混在 118(10.4) 312(27.4) 53人(4.7人)
FOA(n = 934)
無し 689(73.8) 564(60.4) 800(85.7)
孤立した内側 127(13.6) 156(16.7) 48(5.1)
孤立した側面 49(5.3) 61(6.5) 59(6.3)
混在 69(7.4) 153(16.4) 27人(2.9人)
MOSTでは、単独で発生するか[OR = 1.9(95%CI:1.3、2.8)]、または全層内側軟骨喪失との組み合わせで発生する[OR = 1.9(1.2、2.9)] ]は、先月中に膝の痛みを経験する可能性のほぼ2倍に関連していました。対照的に、内側PFJにおける孤立した全層軟骨喪失は、最も一般的な軟骨喪失部位であるにもかかわらず、いかなる膝痛の報告とも関連性がなかった[OR = 0.8(0.6、1.1)](表III)。)過去1カ月の間に、あらゆるサイズのBMLおよび膝の痛みを経験する可能性について、同様の関連パターンが観察された。任意のサイズのBMLを横方向PFJの[OR = 1.5(0.98、2.1)]または[OR = 1.5(1.1、2.0)]までに分離した場合、参加者は、膝の痛みを感じる確率が1.5倍になりました。 PFJ BMLのない膝と比較した場合の過去1ヶ月。対照的に、孤立した内側のPFJ BMLと膝の痛みの間に関連性はありませんでした。最後に、大きなBMLのみを考慮した場合、外側PFJにおけるそれらの孤立した存在は、膝の痛みのオッズの1.8倍(1.2、2.6)と関連していた。内側および外側PFJの両方に大きなBMLがある。分位点回帰の結果は、VAS疼痛パーセンタイルの範囲にわたって、膝疼痛重症度スコアが孤立した外側および混合PFJ全層軟骨喪失を有する膝の間で類​​似していることを示した。対照的に、孤立した内側全層軟骨喪失を伴う膝の疼痛重症度は、全群の中で最も低かった(表IV)。BMLと膝痛の重症度との関係においても同様のパターンが観察された。膝痛の重症度は、外側PFJに分離されたBML(WORMS≧1)を有する膝の中で、すべてのVAS疼痛パーセンタイルにわたって最大であり、一方、孤立内側PFJ BMLを有する膝は、最も低い膝痛重症度スコアを有した。
表III。PFJにおけるMRIで検出された構造的損傷を伴う膝の「任意の膝の痛み」の可能性
MOST(n = 1137) 全層軟骨喪失(WORMS = 2.5、5または6) BML(ワーム≧1) BML(WORMS≧2)
痛みを伴う膝のN /膝のN(%) 調整済みOR *(95%CI) 痛みを伴う膝のN /膝のN(%) 調整済みOR *(95%CI) 痛みを伴う膝のN /膝のN(%) 調整済みOR *(95%CI)
無し 361/690 参照 210/421 参照 446/848 参照
(52.3) 1.0 (49.9) 1.0 (52.6) 1.0
孤立した内側 97/196(49.5) 0.8(0.6、1.1) 138/254(54.3) 1.1(0.8、1.5) 53/88(60.2) 1.2(0.8、1.9)
孤立した側面 89/133(66.9) 1.9(1.3、2.8) 91/150(60.7) 1.5(0.98、2.1) 99/148(66.9) 1.8(1.2、2.6)
混在 82/118(69.5) 1.9(1.2、2.9) 190/312(60.9) 1.5(1.1、2.0) 31/53(58.5) 1.2(0.7、2.1)
FOA(n = 934)
無し 224/689(32.5) リファレンス1.0 166/564(29.4) リファレンス1.0 267/800(33.4) リファレンス1.0
孤立した内側 53/127(41.7) 1.4(0.96、2.1) 67/156(43.0) 1.7(1.2、2.5) 26/48(54.2) 2.4(1.3、4.4)
孤立した側面 24/49(49.0) 1.8(0.98、3.2) 24/61(39.3) 1.5(0.9、2.7) 31/59(52.5) 2.1(1.2、3.6)
混在 35/69(50.7) 2.0(1.2、3.4) 79/153(51.6) 2.4(1.7、3.5) 12/27(44.4) 1.4(0.6、3.1)

年齢、性別、BMI、および鬱症状について調整しました。
表IV。MOSTのPFJにおけるMRIで検出された構造的損傷のカテゴリー間の膝痛の重症度スコアの差(95%CI)
VASの痛みの百分位数 全層軟骨喪失*(WORMS 2.5、5または6) BML *(WORMS≧1)
孤立した内側vsなし 孤立した側面対なし 混合対なし 孤立した内側vsなし 孤立した側面対なし 混合対なし
40日 0.3(-0.4、1.0) 4.7(2.5、6.8) 4.5(2.0、7.0 −0.6(−1.2、−0.03) 3.3(1.4、5.1) 1.9(0.8、3.0)
50日 −0.2(−1.4、0.9) 5.4(2.8、8.0) 5.3(2.4、8.1) −0.9(−2.4、0.7) 4.2(2.2、6.1) 2.3(0.2、4.6)
60日 -1.2( – 3.2、0.8) 5.5(1.4、9.6) 5.5(1.4、9.6) −1.8(−4.1、0.6) 4.8(0.1、9.5) 3.3(0.9、5.7)
70日 −3.3(−6.9、0.3) 5.9(−0.4、12.2) 8.3(2.0、14.7) −4.3(−8.8、0.7) 11.3(4.0、18.7) 5.2(1.1、9.3)
80日 −3.8(−9.1、1.5) 6.2(​​1.5、10.8) 6.2(​​−0.4、12.7) −7.4(−12.5、−2.3) 10.2(4.3、16.0) 3.3(-2.2、8.8)
90日 −6.4(−20.5、7.7) −0.5(−9.4、8.5) 0.8(−9.5、11.2) −16.9(−32.0、−1.8) 13.0(4.2、21.9) 7.4(-2.3、17.2)

年齢、性別、BMI、および鬱症状について調整しました。
FOAでは、明確な調査結果のパターンはそれほど明白ではありませんでした。孤立した内側と孤立した外側PFJ全層軟骨喪失のいずれも膝の痛みと関連していなかったが、内側と外側のPFJ(混合)損傷の両方を有する膝は膝と比較して2倍(OR = 2.0; 1.2、3.4)オッズ軟骨損失なし(表III))任意のサイズのBMLと膝痛との関連性は、孤立内側(OR = 1.7; 1.2、2.5)および孤立外側(OR = 1.5; 0.9、2.7)のPFJ病変では同程度であったが、結果は孤立内側病変についてのみ統計的に有意であった。 。外側または内側PFJに分離した場合、大きいBMLは同様にあらゆる膝痛と関連していたが、内側および外側PFJのいずれのサイズBMLもあらゆる膝痛と最も強い関連性を示した(OR = 2.4; 1.7、3.5)。内側および外側PFJの両方において、膝痛との関連はなかった。
FKPを疼痛転帰として使用した場合(補足表1)および同時のTFJ損傷について調整した場合の感度分析(補足表2および3)において同様の結果が観察された。TFJアライメントをさらに調整しても、これらの結果は変わりませんでした。
討論
多くの研究は、PFJ OAとの間の関係を実証してきたが、膝痛 4、5、6、7、8 、現在までの研究は、これだろう、膝痛を(横対すなわち、内側)PFJ OAの位置に関連しているかどうかを調べていませんPFJ OA関連疼痛に対する生体力学的治療法に関係している。PFJ OAがもっぱらまたは主に外側関節の疾患であるという長年の仮定に反して、本研究はその軟骨を証明している喪失とBMLはどちらも内側のPFJで非常によく見られます。内側PFJにおける孤立した全層軟骨喪失および任意のサイズのBMLの有病率は、一貫して外側PFJ内に孤立したこれらの同じ病変の有病率を超えた。大きなBMLのみに注目が集まった場合にのみ、2つの研究コホートにおいて、孤立性外側および孤立性内側PFJ病変の有病率が類似していることが判明した。さらに、膝の痛みは、内側または外側のPFJ構造損傷を伴う膝で一般的に報告されていました。
しかし、MRIの位置の関係膝の痛みの病変は完全に一貫していませんでした。一般的に、膝の痛みは、特にMOSTサンプルにおいて、外側のPFJに孤立しているかまたはそれを含む全層軟骨喪失を伴う膝の中で最も一般的かつ最も重度であった。さらに、MOSTでは、孤立した内側BMLとの関連は認められなかったが、孤立した外側BMLはあらゆる頻度の流行性膝痛と一貫して関連していた。対照的に、FOAでは、孤立した内側の大きなBML(WORMS≧2)が、孤立した外側の大きなBMLと非常によく似ていますが、一般的な膝痛と最も強い関連性を示しました。示された違いは、試験サンプル自体に起因している可能性があります。FOAは膝の痛みに関係なく募集された地域密着型のコホートですが、MOSTは、1つまたは複数の既知の危険因子の存在に基づいて、採用時にOAを発症した、または発症するリスクがあるかどうかを選択された集団です。2つのコホート間のそのような違いは、MRI病変の有病率に影響を及ぼし、それによって得られた効果推定値に影響を及ぼし得る。さらに、2つのコホートではMRI取得に多少の違いがありましたが、軟骨喪失とBMLに関する読者間の信頼性は実質的に同一であり、どちらの研究も同じ経験豊富な読者を使用しました(AG、FWR)。MOSTとFOAの痛みの評価はわずかに異なりました(2つのコホートではMRI取得に多少の違いがありましたが、軟骨喪失とBMLに関する読者間の信頼性は実質的に同一であり、どちらの研究も同じ経験豊富な読者を使用しました(AG、FWR)。MOSTとFOAの痛みの評価はわずかに異なりました(2つのコホートではMRI取得に多少の違いがありましたが、軟骨喪失とBMLに関する読者間の信頼性は実質的に同一であり、どちらの研究も同じ経験豊富な読者を使用しました(AG、FWR)。MOSTとFOAの痛みの評価はわずかに異なりました(方法も研究間の結果の違いを説明するかもしれません)、。
内側と外側のPFJの間で膝疼痛の有病率と重症度に違いがあるのか​​どうかについての潜在的な説明は、これらのコンパートメント間のストレスの違いに関係しているかもしれません。膝が曲がり、大腿四頭筋が膝の座屈を防ぐために収縮するとき、PFJ応力は外側PFJで最大である9。膝の屈曲を必要とする機能的活動の間のこの増大したストレスは、外側PFJへの損傷から知覚される痛みを増大させるかもしれない。しかしながら、Gross 等。軟骨損傷は、既存の生体力学的理論に反して、内側PFJにおいて一般的に起こると報告している。内側PFJ軟骨損傷のための一つの潜在的機構は、内側PFJの不十分なローディングで12、13これは、その領域の軟骨細胞が、間質性空間への間欠的な負荷の下で押し出される滑液からの栄養を受け取ることを妨げる。しかし、BMLが内側PFJに孤立して、または外側BMLと関連して発生するという我々の知見は、内側PFJ軟骨損傷のこの考えられたメカニズムを支持しない。BMLは過度の関節負荷14に関連しており、この区画の負荷が不十分な場合、内側PFJには存在しないだろう。明らかに、コンパートメント固有の介入の処方に対して内側対外側のPFJ OAが発生するメカニズムを決定するためにさらなる調査が必要である。
今回の研究では、外側のPFJと同じくらい内側のPFJでもあらゆるサイズのBMLが一般的であり、外側のPFJでは大きなBMLが一貫してより一般的であることがわかりました。この所見は、重症度の低い軟骨損傷(低いWORMSスコア)が内側PFJで最も一般的であることを実証した以前の発見と一致しているが、外側PFJの損傷はより重度の損傷のみに限定されるWORMSスコア)11。これらの知見を合わせると、内側PFJの損傷(軟骨損傷とBMLの両方)が非常に一般的であるが、外側PFJで生じる損傷よりも悪化することは少ない頻度であることを意味するかもしれない。この解釈が正しければ、外側PFJの損傷は、一般により重症度が高いため、内側PFJの損傷よりも膝痛とより強く関連しています。PFJ OAのための介入を調査し、いくつかのランダム化比較試験を再調整しようとした介入ブレースやテーピングに焦点を当てている膝蓋骨を内側に17、18、19を。この介入は、痛みを伴う内側PFJ構造損傷を伴う膝には適切ではないかもしれない。再調整治療は、内側よりも横方向の方が重症度の高いPFJ損傷を示す多くの痛みを伴う膝に適しているかもしれませんが、内側のPFJに対するこの内側再調整の影響を監視する必要があります。PFJのある個人のケアを管理する臨床医は、影響を受ける区画を特定するためにPFJを慎重に評価する必要があります。内側および外側のPFJ OAに対するコンパートメント固有の介入に関するさらなる研究が必要である。
現在報告されている研究の限界は、患者が報告した疼痛の局在化は病変の位置に非常に特異的ではないかもしれないが、疼痛の位置または膝周囲の触診による疼痛の詳細な評価がないことである29。さらに、OAにおける疼痛経験は多因子性であり、構造的病変のみを超えた要因を含む。滑膜の炎症および関節滲出液によっても疼痛が引き起こされうるこれはコンパートメント固有の調査結果ではありません。したがって、これらの機能は疼痛に関連しているかもしれませんが、コンパートメント固有の介入には特に関係ありません。感度分析でTFJ損傷を調整しても同様の結果が得られました。ただし、このアプローチの制限は、PFJとTFJの損傷の時系列が知られていなかったため、バイアスにつながる可能性があることです。同様の理由で、我々はバイアスの導入を避けるためにそれぞれの分析において軟骨病変またはBMLを調整することを試みなかった。MRI病変の時系列の十分な理解の欠如を考えると現在行うことは困難である疼痛に対する様々なMRI病変の潜在的な仲介効果を探究することは将来の研究において興味深いであろう。
要約すると、軟骨の喪失が内側PFJ 11に共通しているという以前の知見と同様に、BMLも内側PFJに共通している。膝痛の有病率および重症度は、大部分は、外側PFJに孤立しているかまたはそれを含む軟骨喪失を伴う膝において最大である。BMLの位置と疼痛との関係は矛盾していたが、内側または外側のPFJに分離された大型BMLは疼痛に関連していることを示唆している。
投稿者の投稿
すべての著者は、研究の概念と設計、データの分析と解釈、記事の起草と重要な知的内容のための批判的な修正に貢献し、提出された最終版を承認しました。Stefanik博士は、開始から完成品まで、作業全体の完全性について責任を負います。
資金源の役割
Stefanik博士は、Rheumatology Research FoundationおよびArthritis Foundationから資金を受けました。Framingham 変形性関節症研究は、国立衛生研究所 / 国立老化研究所(R01-AG018393)によって資金提供されました。多施設性変形性関節症研究は、国立衛生研究所/国立老化研究所によって資金提供された(U01-AG18820、U01-AG18832、U01-AG18947、U01-AG19069およびAR-47785)。資金源は、研究デザイン、データの収集、分析および解釈、あるいは出版のために原稿を提出することの決定には何の役割もありませんでした。
競合する利息声明
Guermazi博士は、Sanofi-Aventis、Merck Serono、およびTissueGeneからコンサルタント、講演料、および/または名誉を受けており、画像評価サービスを提供する会社であるBoston Imaging Core Lab(BICL)LLCの社長兼株主です。Roemer博士は、BICL、LLCの最高医療責任者兼株主です。
謝辞
Framinghamおよび多施設変形性関節症研究の対象に感謝します。
付録A 。補足データ
以下は、この記事に関連する補足データです。
Word文書のダウンロード(21KB)docxファイルに関するヘルプ
参考文献
1
RC ダンカン、EM ヘイ、J. Saklatvala 、PR クロフト
放射線の有病率変形性関節症は、それはすべてあなたの視点に依存します
Rheumatology 、45 (2006 )、pp。757 – 760
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
2
TE McAlindon 、S. 雪、C. クーパー、PA ディエップ
コミュニティにおける膝関節の変形性関節症のレントゲンパターン:膝蓋大腿関節の重要性
Ann Rheum Dis 、51 (1992 )、pp。844 – 849
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
3
JJ Stefanik 、J. 丹生、KD グロス、FW レーマー、A. Guermazi 、DT Felson
膝関節の構造的損傷のコンパートメント有病率を決定するために、磁気共鳴イメージングを用い
変形性関節症軟骨、21 (2013 )、695 – 699ページ
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
4
R. ダンカン、G。 ピート、E。 トーマス、L。 ウッド、E。 ヘイ、P。 クロフト
痛みと機能はコンパートメントの分布とX線撮影による変形性膝関節症の重症度によってどのように異なるのでしょうか。
Rheumatology(Oxford)、47 (2008 )、pp。1704 – 1707
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
5
DJ ハンター、L。 マーチ、PN Sambrook
軟骨体積と膝の痛みの関係
変形性関節症軟骨、11 (2003 )、725 – 729 頁
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
6
PR コルナート、JL ブルーム、RY Ceulemans 、N. リヤジ、FR ローゼンダール、RG Nelissen 、他。
変形性膝関節症:臨床像とMR画像所見との関連
放射線科、239 (2006 )、頁811 – 817
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
7
B. Szebenyi 、AP オランダ、P. ディエップ、B. Quilty 、J. ダディ、S. クラーク、ら。
変形性膝関節症における疼痛、機能、およびX線撮影の特徴との関連
Arthritis Rheum 、54 (2006 )、pp。230 – 235
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
8
R. ダンカン、G。 ピート、E。 トーマス、L。 ウッド、E。 ヘイ、P。 クロフト
孤立した膝蓋大腿骨性骨関節炎は重要ですか?
変形性関節症軟骨、17 (2009 )、pp。1151 – 1155
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
9
S. Farrokhi 、JH Keyak 、CM パワーズの
膝蓋大腿痛展示大きい膝蓋大腿関節のストレスと個人:有限要素解析研究
変形性関節症軟骨、19 (2011 )、287 – 294ページ
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
10年
RP Ficat 、DS ハンガーフォード
膝蓋骨 – 大腿関節の障害
ウィリアムズおよびウィルキンズCo 、ボルチモア(1977 )
Google Scholar
11
KD グロス、J. 丹生、JJ Stefanik 、A. Guermazi 、FW レーマー、L. シャルマ、ら。
外反の法則を破る:内側膝蓋大腿軟骨損傷の驚くべき説明できない有病率
Ann Rheum Dis 、71 (2012 )、pp。1827 – 1832
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
12年
J. グッドフェロー、DS ハンガーフォード、C. ウッズ
膝蓋大腿関節の力学および病理学。軟骨軟化症の膝蓋骨
J Bone Joint Surg Br 、58 (1976 )、pp。291 – 299
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
13年
J. グッドフェロー、DS ハンガーフォード、M。 ジンデル
膝蓋骨 – 大腿関節力学および病理学。膝蓋骨 – 大腿関節の機能解剖学
J Bone Joint Surg Br 、58 (1976 )、pp。287 – 290
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
14年
KL Bennell 、MW Creaby 、TV リグリー、KA ボウルズ、RS ヒンマン、F. Cicuttini 、ら。
骨髄病変は内側変形性膝関節症における動的膝負荷に関連する
Ann Rheum Dis 、69 (2010 )、pp。1151 – 1154
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
15年
DT Felson 、CE Chaisson 、CL Hill 、SM Totterman 、ME Gale 、KM Skinner など。
変形性膝関節症における骨髄病変と疼痛との関連
Ann Intern Med 、134 (2001 )、541 – 549 頁。
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
16
DT Felson 、J. 丹生、A. Guermazi 、F. レーマー、P. Aliabadi 、M. クランシー、ら。
磁気共鳴画像法における骨髄病変の拡大と膝痛の進行の相関
関節炎ダイオウ、56 (2007 )、頁。2986 – 機2992
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
17年
KM Crossley 、GP Marino 、MD Macilquham 、AG Schache 、RS Hinman
膝蓋骨テープは膝蓋骨大腿骨関節炎に関連する膝蓋骨の不整列と痛みを軽減することができますか?
Arthritis Rheum 、61 (2009 )、1719 – 1725ページ
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
18年
KM クロスリー、B. Vicenzino 、MG Pandy 、AG Schache 、RS ヒンマンは、
膝蓋大腿関節の変形性関節症のための理学療法をターゲット:無作為化、単盲検対照試験のためのプロトコル
BMC Musculoskelet Disord 、9 (2008 )、p。122
Google Scholar
19年
DJ ハンター、W. ハーヴェイ、KD グロス、D。 フェルソン、P。 マクリー、L。 リー、他。
膝蓋大腿骨関節炎の治療のための膝蓋大腿骨ブレースの無作為化試験
変形性関節症軟骨、19 (2011 )、792 – 800ページ
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
20
DT Felson 、A. Naimark 、J. アンダーソン、L. Kazis 、W. カステリ、RF Meenan
高齢者の膝の変形性関節症の有病率。フレーミングハム変形性関節症研究
Arthritis Rheum 、30 (1987 )、pp。914 – 918
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
21
DT Felson 、Y. チャン、MT 阪南、A. Naimark 、BN ワイスマン、P. Aliabadi 、ら。
高齢者における変形性膝関節症の発生率と自然史 フレーミングハム変形性関節症研究
関節炎ダイオウ、38 (1995 )、頁。1500 – 1505
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
22
DT Felson 、J. 丹生、C. McClennan 、B. 袋、P. Aliabadi 、DJ ハンター、ら。
膝座屈:有病率、危険因子、および関連する機能の制限
Ann Intern Med 、147 (2007 )、pp。534 – 540
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
23
M. Englund 、A. Guermazi 、D. ガーレ、DJ ハンター、P. Aliabadi 、M. クランシー、ら。
中高年者における膝MRIに関する偶発的半月板所見
N Engl J Med 、359 (2008 )、pp。1108 – 1115
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
24
CG Peterfy 、A. Guermazi 、S. Zaimの、PF Tirman 、Y. ミオー、D. ホワイト、ら。
変形性関節症における膝の全臓器磁気共鳴画像法スコア(WORMS)
変形性関節症軟骨、12 (2004 )、頁177 – 190
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
25年
FW レーマー、JA リンチ、J. 丹生、Y. チャン、MD クレマ、I. Tolstykh 、ら。
変形性関節症の半定量的全臓器評価のための専用1.0 T四肢MRIと大口径1.5 T MRIの比較:MOST研究
変形性関節症軟骨、18 (2010 )、pp。168 – 174
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
26
LS Radloff
CES-Dスケール:一般集団における研究のための自己報告うつ病スケール
APPL Psychol [測定、1 (1977 )、頁385 – 401
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
27年
S. Cahue 、D. ダンロップ、K. ヘイズ、J. ソング、L. トーレス、L. シャルマ
膝蓋大腿骨関節炎の進行における内外反整列
関節炎ダイオウ、50 (2004 )、頁。2184 – 2190
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
28年
S. Elahi 、S. Cahue 、DT Felson 、L. エンゲルマン、L. シャルマ
内外反整列および膝蓋大腿骨関節炎の間の関連付け
関節炎ダイオウ、43 (2000 )、頁。1874年- 1880年
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
29年
JJ Stefanik 、T. Neogi 、J. 丹生、FW レーマー、NA シーガル、CE ルイス、ら。
膝蓋大腿関節における構造的損傷を伴う膝の同定における前膝痛および活動関連疼痛の診断性能:多施設性変形性関節症研究
J Rheumatol 、41 (2014 )、pp。1695 – 1702
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
著作権©2015変形性関節症研究協会インターナショナル。Elsevier Ltd.が発行します。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1063458414013971