このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

概要
目的
実験的変形性関節症(OA)で関節痛を研究し、実験的OAで一酸化窒素(NO)の参加を研究する方法を説明すること。
設計
ラットを右膝の前十字靭帯離断(ACLT)(OA群)に供し、28日間評価した。偽のグループは偽手術され、素朴なグループは操作を受けていません。関節痛は、歩行中に右後肢が表面に触れなかった時間を記録することによって測定した。細胞浸潤(CI)および亜硝酸塩レベルを関節滲出液において測定した。滑膜における誘導性NO シンターゼ(iNOS)の発現は免疫染色によって検出された。薬理学的操作の特定の目的のために、グループはインドメタシン(2 mg / kg /日sc(皮下))、メロキシカムのいずれかを受けた。( 6mg / kg /日皮下)、モルヒネ( 200μg関節内)、非選択的NOS阻害剤1-NG – ニトロアルギニンメチルエステル(1 -NAE;30mg / kg /1日2回腹腔内)7日目に屠殺するまで30分前(予防的)または4日後(治療的)にACLTを投与した場合)、または選択的iNOS阻害剤1400W(0.5mg / kg /日s.c.)。それぞれの未処理グループはビヒクルを受け取った。
結果
OA群は、偽および対照群と比較して、関節痛を発症した(P < 0.05)。有意に増加した亜硝酸塩レベルおよびiNOS免疫染色がOA群で見られた。インドメタシンとメロキシカムの両方が関節痛を抑制した(P < 0.05)。モルヒネは関節痛を抑制したが、この効果はμ-オピオイド受容体ナロキソンの同時投与によって阻止された。CIは全グループ間で類似していた。予防的であるが治療的ではないl -NAMEまたは1400Wは関節痛を軽減した。 結論 ACLTモデルにおける体重負荷に関連する関節痛を定量化する方法を説明します。関節痛は古典的な抗侵害受容化合物に敏感です。NOS阻害は進行中の疼痛を阻害しないが、NO放出は関節痛に関連する。 前の記事次の記事 キーワード 変形性関節症痛覚過敏一酸化窒素疼痛 前書き 変形性関節症(OA)は、高齢者の身体障害の主な原因です。この病気の治療は症状の緩和と、そして最終的には関節置換術に限られたままです。OAの病態生理学を理解する上でなされた進歩にもかかわらず、効果的な疾患修飾薬はまだ欠けています1。が、関節痛が OA患者の最も頻繁に苦情だけでなく、障害の主要な原因であり、この症状の薬物療法は、まだ不十分であるとに依存しているパラセタモール、非ステロイド性抗炎症薬、オピオイド、およびコルチコステロイド1。 OAの疼痛に関与するメカニズムは多因子性です。軟骨分解生成物は、局所炎症2を誘発することによって、または関節包3の膨張によって痛みを誘発する可能性があります。小径の豊富な供給に軟骨下骨、神経線維および非アドレナリン作動性/非コリン作動性神経支配は、また、OA患者によって誘発される痛みに関与してきた4、5 。実際には、軟骨下虚血および関節負荷による静脈圧の上昇は、サブスタンスP および抗コリン作動薬などの非アドレナリン作動性/非コリン作動性疼痛伝達物質の遊離を誘導する可能性がある。下の骨のカルシトニン遺伝子関連ペプチド 6。 一酸化窒素(NO)は、滑膜細胞や軟骨細胞を含むさまざまな細胞によって産生されるラジカルであり7、OAの病態生理に関与していることが示されています。NOの測定値として使用される亜硝酸塩のレベルの上昇は、血清中およびOA患者の滑液中の両方で報告された8。いずれかのNOそれ自体又は反応種のNO放出後ない誘導し得る軟骨細胞アポトーシス 9、 10 および阻害アグリカン合成11、マトリックスメタロプロテアーゼ活性化に加えて 12、 13。さらに、侵害受容におけるNOの関与は、鎮痛薬であるか痛覚過敏薬であるかにかかわらず、依然として物議をかもしている。NOドナーが肩関節周囲炎の疼痛緩和を促進したことを示す報告がある一方で、他の14 人はNOドナーの皮内投与が痛覚過敏を誘発することを示した15 。実験的関節炎に関して、我々は最近、NO シンターゼ(NOS)阻害剤ではなくNOドナーがラットにおける進行中のザイモサン関節炎における痛覚過敏を予防することを示した 16。。しかしながら、我々の知る限りでは、OAの疼痛を仲介する際のNOの可能な役割に焦点を当てた報告はない。 ラットの前十字靭帯離断(ACLT)モデルは、実験的なOAモデル17として使用されています。このモデルでは、腫れた軟骨細胞は、細動の関節軟骨と軟骨細胞の損失は、早ければ7日間ACLT後に説明しました。これらの変化は、関節軟骨からのプロテオグリカンの喪失およびII型コラーゲン繊維の変性と相まって、後の段階で進行する。ただし、このモデルで関節痛の発生を実証する報告はありません。我々の知る限りでは、実験的OAにおける関節痛を定量化する試みは、半定量的アプローチを用いた動物の歩行の観察に基づいていた18。最近、別の暫定的アプローチは、足圧力試験(ランダル・セリットのテスト)の適応によって、ならびに接触性アロディニアの測定を介して、報告された19関節痛覚過敏を反映することができるが、適切OA変化に二次的関節痛を反映しないかもしれません。関節無力化試験は、炎症性刺激を膝関節に注射した後にラットが正常に歩行できないこととして定義され、観察者とは無関係の関節痛を測定するための容易に再現可能で定量的な手法である。これは、もともと使用して説明したカラゲニン扇動剤として20と、我々はザイモサン誘導関節炎モデルでは、この方法を使用している16、21は、。本研究では、ラットのACLTモデルにおける関節痛を直接評価するためにこの方法を適用した。さらに、このアプローチを使用して、我々はNOの参加の証拠とNOS阻害剤はこのOAモデルで進行中の超侵害受容反応を抑制しないことを提示します。 方法 動物たち 私たち自身の動物施設からのオスのウィスターラット(180-200 g)を実験を通して使用しました。動物の苦しみと使用される動物の数を最小限に抑えるために、あらゆる努力が払われました。実験プロトコールは、ブラジル動物実験大学のガイドラインに従った私たちの地元の倫理委員会(プロトコール番号03/03)によって承認されました。 前十字靭帯切断術 動物をエーテル吸入下で短時間麻酔した。右膝関節の局所剃毛および局所的な痛覚の後に、膝蓋骨の側方への変位が続く傍膝蓋骨切開がなされ、それによって関節空間へのアクセスを提供した。その後、前十字靭帯が容易に見え、外科的に切除した。大腿骨に対する脛骨の前方変位の増加を使用して、靱帯が切断されたことを確認した。次いで外科的創傷を閉じた。偽のグループは同じ手術を受けました靭帯を切除しないで、対照(ナイーブ)群は操作を受けなかった。動物を様々な時間間隔で殺し、ACLTを受けた群(OA群)で得られた結果を偽および未処理群の両方と比較した。 関節痛の測定 我々は、先に述べたように、わずかな変更を加えて関節無力化法を用いた20。動物を、スチール回転ドラム(30の上を歩くために置かれた センチ幅 × 50 3で回転cm直径)、RPM。特別にデザインされたメタルゲートルは両方の後足に巻き付けられていました。歩行者を配置した後、動物は慣れのために自由に歩くことができた。次に、右足を単純な回路を介してマイクロコンピュータのデータ入出力ポートに接続した。本研究で記録されているように、足上昇時間(PET)は、10分の間に後足がシリンダーと接触していない時間(秒)である。これは関節痛の尺度を与えると仮定されます 。結果は、4〜7日の間に達成された動物の群についての最大PETの平均として、または得られた最大PETの阻害パーセントとしてのいずれかとして報告される。これは、その特定の評価期間における最高の疼痛値を表すと仮定された。 滑液および滑膜の収集 実験開始後7日目に、動物を最終的に麻酔し(抱水クロラール 400mg / kg i.p.(腹腔内))、頸椎脱臼により殺し、そして失血させた。次いで、膝関節の滑膜腔を、 10mM エチレンジアミン四酢酸を含有する0.4mlのリン酸緩衝食塩水(PBS)で 洗浄した。滑膜滲出液は、によって収集し、吸引し、合計及び差分細胞数はそれぞれ、ノイバウアー室及び染色塗抹標本を用いて行きました。遠心分離後(500 g / 10 分)、上清を-20℃で保存し、総亜硝酸塩/硝酸塩(NO2-/ NO3- )レベルの決定に使用した(下記参照)。滑膜は、外科的に切除したパラフィン包埋し、日常的にヘマトキシリン-エオシンで染色するため、ならびに誘導型NOS(iNOSの)の検出のために処理アイソザイム使用して、免疫組織化学(下記参照します)。 NO生産量の決定 NO生成の程度は、グリース反応による全NO2-/ NO3-レベルの尺度として決定された。総NO 2 – / NO 3 -レベルがNOで、決定された3 -滑膜滲出液上清中の(0.08 ml)をNOに変換2 – 0.01インキュベーションによってmlの硝酸レダクターゼからアスペルギルス種(1単位/ ml)および0.01 ミリリットル37℃ で30分間のNADPH(1mM)。NO2-レベルは540で分光光度的に決定された。 0.1mlのグリース試薬(5%リン酸中のスルファニル酸(1%w / v)およびN−(1−ナフチル)エチレンジアミン(0.1%w / v))を 添加した後の0.1ml試料の吸光度を比較することによるnm2(1〜100μM )標準。 iNOS検出のための免疫組織化学 滑膜サンプルを使用して、市販のウサギ抗ヒトiNOS抗体(Santa Cruz Biotechnology、CA、USA)を使用して、iNOS酵素の発現を評価した。簡単に説明すると、脱パラフィン処理後、組織を過酸化水素と共にインキュベートし、そして洗浄した。クエン酸緩衝液中でインキュベートした後、組織を電子レンジでわずかに加熱した。ウサギ血清で一晩非特異的にブロッキングした後、試料をウサギ抗iNOS抗体(PBS + 1%ウシ血清アルブミンで1:100に希釈、2 時間)と共にインキュベートした。すすいだ後、切片を二次ビオチン化抗ウサギ免疫グロブリンG抗体とともにインキュベートした。。反応生成物をアビジン – ビオチン – ペルオキシダーゼ複合体(Vector Laboratories、Burlingame、CA)で検出し、反応の色をジアミノ – ベンジジン四塩酸塩(DAB、Sigma、USA)で発色させた。スライドをマイヤーヘマトキシリンで対比染色した。 薬物治療 OAモデルにおける痛覚過敏試験を検証する手段として、 5%w / vのNaHCO3溶液に 溶解した非選択的シクロオキシゲナーゼ(COX)阻害剤インドメタシン(2mg / kg /日、皮下)を投与した。選択的COX - 2阻害剤メロキシカム(Movatec(商標) – ベーリンガー – インゲルハイムブラジル社)(6mg / kg /日i.p.)、ACLT後4日目から開始し、屠殺するまで、7日目。別の群は 、4日目に、モルヒネ(200μg)を関節内(i.art)投与され、50μlの食塩水で希釈され、そして組み合わされたi.artを投与された群と比較された。μ-オピオイド受容体拮抗薬ナロキソン(500 錠)の投与 μg)およびモルヒネ( 200μg)。他の群は、非選択的NOS阻害剤1-NG – ニトロアルギニンメチルエステル(1 -NAEE: 30mg / kg / bid)または選択的iNOS阻害剤N – (3-(アミノメチル)ベンジル)アセトアミド(1400W:0.5)のいずれかを受けた。7日目に、屠殺するまでACLTの 30分前(予防戦略)または4日後(治療戦略)に開始する。復帰のL個の -NAME阻害はの前投与により評価したL個の -アルギニン(500 続いて、MG / kg /日BID)L -名。これらの群を、それぞれのビヒクルを受けたACLT切断を受けた動物の群と比較した(非テレート(NT)群)。インドメタシン、l -NAMEおよびl-アルギニンはSigma、ミズーリ州セントルイス、から購入し、1400WはCayman Chemから購入した。アメリカ。モルヒネおよびナロキソンは、LaboratóriosCristáliaBrasil Ltdaから購入した。 統計 結果は、各群の6匹の動物に対して行われた測定値の 平均値 ± SD(標準偏差)として表される。一元配置分散分析(ANOVA)とそれに続くテューキー検定を用いて平均間の差を比較した。P<0.05を有意と見なした。 結果 ACLTモデルにおける関節痛覚過敏の発症 図1 (A-D)は、開発の動態示す痛覚過敏 ACLT(OA)、偽、及び対照群です。OA群の動物は、擬似群と対照群の両方と比較して、PETの有意な増加を示した(P < 0.05)。PETの増加は、外科手術後の最初の日に始まり、そして手術後2週目の終わりまで上昇したままのOA群において最初の週の間にそのピークに達した。 高解像度画像をダウンロード(136KB)フルサイズの画像をダウンロード 図1。ACLTを受けたラットにおける関節痛覚過敏の動態 一群のラットをACLT(OA)(■)にかけ、偽の群(▼)をACLTなしで外科的処置にかけ、対照(ナイーブ)(□)群は操作しなかった。痛覚過敏は、処置後7日(A)、14日(B)、21日(C)または28日(D)まで毎日評価した。結果は 、6匹の動物の群の平均 ± SDとして表される。擬似群と比較して*P <0.05。(一元配置分散分析の後にテューキー検定)。 関節への細胞流入の解析 関節滲出液中の細胞数は、評価した時点のいずれにおいても3つの群の間で異ならなかった(表I)。すべての群で、関節滲出液中に単核細胞が優勢(≧80%)であった。 表I。ACLTを受けたラットの関節滲出液へのCI 。一群のラットをACLT(OA)にかけ、偽の群にはACLTなしで外科的処置を施し、そして対照(未処置)群は操作しなかった。CIは、関節で評価した洗浄液収集 7で処置した後、14又は28日間。結果は 、6匹の動物の群の平均値 ± SDとして表される(一元配置分散分析、続いてテューキー検定)。 グループ セル/ mm 3 7日 14日間 28日 素朴 49 ± 29 49 ± 12 52 ± 32 偽物 70 ± 59 74 ± 61 45 ± 29 OA 45 ± 39 42 ± 19 69 ± 39 関節滲出液へのNO放出の動態 図2は、の総量示す亜硝酸塩ベースラインレベルを含む異なる群に、7で ACLT後、14、または28日。OA群における濃度は、手術後7日目に、偽群において得られたものと比較して有意に増加した(236%)(P < 0.05)。対照(ナイーブ)群と比較して、OA群の亜硝酸塩レベルは評価したすべての時点で有意に増加した(P < 0.05)。偽および対照群の亜硝酸塩レベルは有意に異ならなかった。 高解像度画像をダウンロード(56KB)フルサイズの画像をダウンロード 図2。ACLTを受けたラットの関節滲出液中の亜硝酸塩濃度 一群のラットをACLT(OA)にかけ、偽の群にはACLTなしで外科的処置を施し、そして対照(未処置)群は操作しなかった。結果は 、6匹の動物の群の平均 ± SDとして表される。擬似群と比較して*P < 0.05。#P < 0.05未処置群と比較しました。(一元配置分散分析の後にテューキー検定)。 滑膜におけるiNOS活性の発現 図3 (A-F)は、の顕微鏡写真示す免疫染色におけるiNOS活性の滑膜制御(B)から得られた、シャム(D)を、およびOA(F)グループ。図3(A-C)は、一次のiNOS抗体なしでインキュベートした滑膜を表します。免疫染色は、OA群から得られた滑膜においてより強く、そしてそれは表在(滑膜)細胞においてより明白であった。 高解像度画像をダウンロード(697KB)フルサイズの画像をダウンロード 図3。ACLTを受けたラットの滑膜におけるiNOSの免疫組織化学 一群のラットをACLT(OA)にかけ、偽の群にはACLTなしで外科的処置を施し、そして対照(未処置)群は操作しなかった。数字は、一次抗iNOS抗体の存在下(B、D、F)または非存在下(A、C、E)(元の400倍)における、それぞれナイーブ、偽およびOA基を表す。 関節痛におけるCOX阻害剤、モルヒネおよびNOS阻害剤の投与の効果 インドメタシンまたはメロキシカムのいずれかの予防的投与は、NT群と比較して、関節痛を有意に減少させた(P < 0.01)(図4)。さらに、モルヒネの局所(i.art)投与もまた関節痛を有意に逆転させた(図5)。この効果はナロキソンとモルヒネの併用投与によって完全に抑制された。 高解像度画像をダウンロードする(61KB)フルサイズの画像をダウンロード 図4。ACLTを受けたラットの関節痛覚過敏におけるCOX阻害剤投与の効果 インドメタシン(2 mg / kg / d sc)またはメロキシカム(6 mg / kg / d sc)のいずれかを、ACLTの4日後から開始し、その後7日目に屠殺するまで毎日投与した。NT群にACLTを施して投与した。車両。PETは、ACLT後4〜7日の間に得られた最大痛覚過敏を表し、6匹の動物の群の平均 ± SDとして表される。*P < 0.01。NT群と比較して**P <0.001。(一元配置分散分析の後にテューキー検定)。 高解像度画像をダウンロードする(61KB)フルサイズの画像をダウンロード 図5。ACLTを受けたラットの関節痛覚過敏におけるモルヒネ投与の効果 i.art ACLT後4日目に モルヒネ(200μg)を投与した。NTグループはACLTを受けて車両を受け取りました。別のグループが複合i.artを受け取りました。μ-オピオイド受容体拮抗薬ナロキソン(500μg)およびモルヒネ(200μg)の投与 。PETは 、i.artから30分後の4日目に得られた痛覚過敏の阻害率を表す。6匹の動物の群の平均 ± SDとして表される注射。NT群と比較して*P < 0.05。#P < モルヒネと比較して0.001。(一元配置分散分析の後にテューキー検定)。 関節痛におけるNOS阻害剤の予防的投与の効果を図6に示す。NT群と比較して、l -NAMEおよび1400 Wの両方が疼痛を有意に抑制した(P < 0.001)。l-アルギニンとl – NAME の併用投与は後者の化合物の効果を逆転させたが、単離されたl-アルギニンは効果がなかった。しかしながら、1 −NAMEまたは1400Wの治療的投与は、それぞれのNT群と比較して、関節痛を変えなかった(P > 0.05)。 高解像度画像をダウンロードする(98KB)フルサイズの画像をダウンロード 図6。ACLTを受けたラットの関節痛覚過敏におけるNOS阻害剤投与の効果 非選択的NOS阻害剤I -NAME(30mg / kg / bid i.p.)または選択的iNOS阻害剤1400W(0.5mg / kg /日s.c.)のいずれかをACLTの30分前(予防的)または4日目に開始して与えた。NT群をACLTに供し、ビヒクルを投与した。Lが -アルギニン(Lの -Arg:500 ミリグラム/ kg /日入札SC)と組み合わせて、L -NAMEまたは孤立した、犠牲になるまでACLTの前に、その後毎日与えられました。PETは、ACLT後4〜7日の間に得られた最大痛覚過敏を表し、6匹の動物の群の平均 ± SDとして表される。結果は、6匹の動物の群の平均 ± SDとして表される。NTと比較して*P <0.001。(一元配置分散分析の後にテューキー検定)。 討論 前十字靱帯の完全性は、前転位の強度および脛骨の回転を減少させることにより、膝関節の安定性にとって不可欠である22。ACLTに続発する不安定化効果は、ヒトOAのものとよく似ている関節の変化の研究のためのモデルとして使用されてきた23。これらは、表在性細動、コラーゲンとプロテオグリカンネットワークの混乱、関節包肥厚、および骨棘形成を含む24。 ラットのACLTモデルにおける関節痛の客観的かつ再現性のある研究のための方法を標準化した。以前の研究では、我々のグループは、ラットのザイモサン誘発関節炎で起こる痛覚過敏症の研究のために関節無力化のための試験を利用してきた。このアプローチを使用して、我々は関節周囲組織の感作が痛覚過敏の開発21に関与していることを実証した。 ラットにおける関節機能不全の試験は、もともと実験的な関節痛を研究するための定量的で再現可能なアプローチを可能にする方法として記載されていた。とられる措置は、観察者から独立しているので、主観的でノンパラメトリックな結果は避けられます。この方法では、コンピュータ支援装置が動物が回転する円柱の表面に触れることなく歩く時間を測定する。PETと呼ばれるこの期間は、関節の機能不全に正比例すると想定され、そして関節痛を表す。彼らの元の報告では、著者らは、インドメタシン、ジクロフェナクナトリウム、ジピロンなどの一般的に使用される鎮痛剤および/または抗炎症化合物であることを示しました。モルヒネと同様に、予想通り、カラゲニンの膝への注射の結果として起こる関節痛の抑制を提供した 20。本研究では、OAモデルの関節痛はザイモサンモデル 21のそれより目立たないだろうと我々は仮定した。したがって、運動中の体重負荷に関連する関節の痛みを反映するように、我々はより長期間にわたってPETを測定することによって従来の方法をACLTモデルに適合させた。予備的研究の後、 目視で観察されるように、それが再現可能に関節痛を反映しているので、我々は10分の毎日の記録期間を標準化した。 本研究では、動物は 、ACLT後6時間という早い時期にPETを増加させ(データ示さず)、PETは、偽グループと比較して、14日まで上昇したままであった。実際、偽グループの動物は、ナイーブな動物と比較して、PETの増加を示さなかった。関節痛は14日まで持続したが、それは最初の7日の間に最大であった。外科的外傷に関連して起こる可能性のある偏りを避けるため、そして動物の苦しみを最小にする倫理的な理由のためにも、ACLT後4〜7日に得られるPETの関節痛分析メカニズムにおける炎症性メディエーターの関与を研究することにした。 ACLT後の歩行異常は、関節を安定させるための保護的行動によるものと考えられます。犬モデルでは、床に対する反力の減少は、求心性神経の完全性に依存するように見えました。ACLTの前に行われた背側根の同側神経節切除術は対照と比較して垂直衝撃力を増加させたが、その増加はその研究では統計的に有意ではなかった25。ACLT犬は立脚相の持続時間中にのみ一時的な減少を示した 26と膝の増加延長重量受付中「収率」に減少した全体の観察期間中に見られた、 25、 26。膝伸展の増加は、罹患四肢への着地時に大腿四頭筋への要求を減少させる可能性があり、したがって前脛骨並進を減少させる。歩行分析は、ACL欠損のヒト、すなわち大腿四頭筋回避歩行において同等の適応を示している27。ラットにおけるこのような順応の発達は、この研究で見られるように、2週間後に正常なPETに戻ることを説明するかもしれません。 実験的OAにおいて関節痛を評価することを目的とした方法のいくつかの報告がある。股関節異形成症を呈する犬は、痛みの徴候として解釈される自発運動の変化を示しました18 。ヨードアセテートラットにおけるOAモデル、注入に由来する力の低減後肢は関節痛覚過敏反映するものとして想定した28。最近になって、定量的アプローチが異痛症を測定するために使用され、ヨードアセテートモデルにおいて足痛覚過敏を反映した19。関節の不安定性に関連する関節の痛みを測定したので、我々の現在の研究はこれらの以前の報告に追加する。とOAの開発。本研究で評価されるように、体重負荷時の疼痛は、OAにおける関節痛の多因子メカニズムの主要な要素を表すと我々は考える。 関節痛を評価する方法には、古典的な鎮痛剤および/または抗炎症化合物による薬理学的調節が含まれる。我々は、インドメタシンとメロキシカムの両方が、ビヒクル処置動物と比較して、関節痛を有意に抑制することを見出した。方法を検証するのに有用であることに加えて、この結果は明らかに、ACLTモデルの関節痛に関与するプロスタノイド成分を示唆している。 関節痛をさらに特徴付けるための別の試みにおいて、本発明者らは古典的オピオイド受容体アゴニストモルヒネの 有効性を試験した。モルヒネの局所投与は関節痛を有意に抑制した。この効果は、μ-オピオイド受容体拮抗薬、ナロキソン、およびモルヒネの併用投与によって阻害された。本発明者らは、モルヒネ(6mg / g)の腹腔内投与が関節痛を抑制することを見出した(データ示さず)。しかしながら、全身的な鎮静作用を避けるために、我々はモルヒネi.artを評価することを選んだ。内因性μ-オピオイド受容体アゴニストの関与の示唆に加えて関節痛では、この結果は、現在のモデルで測定されたように、ヒトのOAで観察されたものと疼痛の類似性を強化する1。さらに、モルヒネに対する局所的な反応は、PETの変化に対する行動的な要素ではなく疼痛を主張している。 ヒトOAにおける関節への細胞の流入(CI)は軽度であり、これは通常で構成され、リンパ球および単核細胞29、30 。様々な群の細胞数に有意差はなかった。ACLTを受けた犬は、滑膜に軽度の単核球浸潤を示したと報告された31。私たちの知る限りでは、これはCIを直接OAモデルのジョイントに定量化する最初のレポートです。我々のデータは細胞浸潤を示唆しているラットのACLTモデルにおける関節痛には寄与しない。我々は、関節周囲構造の増感がこのメカニズムを説明すると推測している。滑膜32に存在する非アドレナリン作動性/非コリン作動性受容体の直接刺激もまた関節痛に寄与し得る。 増加した亜硝酸塩のレベルが報告されている滑液 OA患者の 8、33 。我々は、関節滲出液中のNOレベルの増加を見出し、7 日で最大となった。局所内皮細胞とは別に、滑膜細胞および軟骨細胞は、関節におけるNO放出の潜在的な供給源である 7。確かに、正常な培養ヒト軟骨細胞はインビトロ刺激後に iNOSを発現する34。ACLTにかけたイヌから得られた軟骨細胞は、NO自発的に生じない、in vitroで35、36OAを呈する患者由来の軟骨細胞は、NOSのニューロンアイソフォームを発現し、in vitroで自発的にNO を産生する37。圧縮機械的ストレスは、インビトロでウシ軟骨スライスから亜硝酸塩の放出を誘導することが示された38。靱帯および半月板の裂傷は、インビボで関節軟骨に作用する力の正規分布を乱すことが知られている24。本研究では、ACLTを受けた動物の表在性滑膜細胞で iNOS活性の増加が検出されたので、これらの細胞、そしておそらく軟骨細胞がNOレベルの増加の原因であると提唱する。確かに、滑膜OA患者から得た、増加したiNOS発現はCD68 +マクロファージ39 に存在していました。 我々は、増加したNOレベルと関節痛の発症との間に密接な関連性を見出した。1 − NAMEまたは1400Wのいずれかの予防的投与は疼痛を有意に抑制した。ためのL -NAME効果がの併用投与によって抑制されたのL -アルギニンおよびiNOSアイソフォームのための1400Wの高い選択性を考慮すると、これらの化合物の抗侵害受容作用はほとんどiNOSの特異的な阻害効果によるものであったという我々の信念です。一方、進行中の疼痛(治療戦略)で投与し、いずれもL-NAMEも1400Wも効果がなかった。これらのデータは、iNOSの活性化がACLTモデルの関節痛に関連していることを初めて示唆しています。したがって、NOS阻害剤の予防的投与は、滑膜細胞および/または軟骨細胞の活性化を遮断し、それによって関節痛を阻害する可能性がある。しかしながら、進行中の過程において、NOS阻害剤は固有の抗侵害受容活性を示さない。 ラットの足におけるホルマリン試験ならびに酢酸注射により誘発される腹部の身もだえ試験において l -NAMEは抗侵害受容性であった40。選択的iNOS阻害剤アミノグアニジンまたは2−アミン−5,6−ヒドロキシメチルチアジンのラット内注射は、ラットにおいてカラゲニン誘発性熱痛覚過敏を阻害した41。NOドナー3-モルホリノラットにおける足圧力試験において(SIN-1)促進痛覚過敏42、一方、皮内注射、ヒトにおけるNOドナー生成痛みの15、43。逆説的に見えるかもしれませんが、NOに対する抗侵害受容効果を報告するデータもあります。ラットの足圧試験では、カラゲニンまたはプロスタグランジンE 2のいずれかを注射した後、アセチルコリン誘発鎮痛薬を 1-アルギニン:NO:cGMP(環状グアノシン一リン酸)系44に関連づけた。ヒトでは、 NOドナーとして使用される経皮硝酸塩パッチが術後疼痛45ならびに肩関節周囲炎患者14に軽減をもたらした。我々は、NOS阻害剤がザイモサン関節炎において予防的に使用された場合にのみ抗過侵害受容活性を示すことを報告した。ニトロプルシドナトリウムとSIN-1は関節痛覚過敏を有意に抑制した16。したがって、ACLTモデルにおけるNOの二重の役割はありそうなことです。さらに、活性窒素種の放出を介した関節痛へのNOの間接的参加は排除できない。現在のデータは、OAにおける鎮痛剤としてのNOS阻害剤に対して論じているが、この目的でのNOドナーの使用はさらなる研究を正当化する。 結論として、本研究はラットの実験的OAにおける関節痛を直接評価するための低コストで実用的で扱いやすく再現性のある客観的方法を提示する。この方法を使用して、我々はプロスタノイドとNOS製品が関節痛に役割を果たすという証拠を見つけました。 参考文献 1 KD Brandt 変形性関節症の非外科的治療:半世紀の「進歩」 Ann Rheum Dis 、63 (2004 )、pp。117 – 122 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 2 HR Schumacher 変形性関節症の痛みにおける炎症と結晶の役割 SEMIN関節炎ダイオウ、18 (1999 )、頁。81 – 85 Google Scholar 3 R. アルトマン、CJ ロザダ 変形性関節症および関連疾患:臨床像 MC Hochbergの、AJ Silman 、JS Smolen 、ME Weinblat 、M. ワイズマン(編)、リウマチ、モスビー、ロンドン(2003年)、頁1793 – 1802 Google Scholar 4 CM セレ、D. Farlay 、PD デルマ、C. シュニュの グルタミン酸含有繊維を含む骨組織の緻密かつ親密な神経支配の証拠、 Bone 、25 (1999 )、pp。623 – 629 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 5 DB Mach 、SD Rogers 、MC Sabino 、NM Luger 、MJ Schwei 、JD Pomonis 、他。 骨格痛の起源:マウス大腿骨の感覚的および交感神経支配 神経科学、113 (2002 )、頁155 – 166 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 6 T. Kiaer 、J. Gronlund 、KH ソレンセン 骨内の圧力と変形性関節症における酸素と二酸化炭素の分圧 セミン関節炎ダイオウ、18 (1989 )、頁。57 – 60 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 7 M. Stefanovic-Racic 、J. スタドラー、CH エバンス 一酸化窒素および関節炎 Arthritis Rheum 、36 (1993 )、pp。1038 – 1044 Google Scholar 8 AJ Farrell 、DR Blake 、RMJ Palmer 、S. Moncada 滑液および血清サンプル中の亜硝酸塩濃度の増加は、リウマチ性疾患における一酸化窒素合成の増加を示唆する アンダイオウディス、51 (1992 )、頁。1219 – 1222 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 9 FJ ブランコ、RL オークス、RL シュワルツ、M. Lotz 軟骨細胞アポトーシス一酸化窒素によって誘発されます AM J Pathol 、146 (1995年)、頁。75 – 85 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 10年 M. Del Carlo 、RF Loeser 一酸化窒素を介した軟骨細胞の細胞死には追加の活性酸素種の生成が必要 Arthritis Rheum 、46 (2002 )、pp。394 – 403 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 11 D. Taskiran 、M. Stefanovic-Racic 、H. Georgescu 、C. Evansの 窒素酸化物は、インターロイキン1により軟骨プロテオグリカン合成の抑制を媒介します Biochem Biophys Res Commun 、200 (1994 )、pp。142 – 148 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 12年 K. 佐々木、T. ハットン、T. 藤沢、K. 高橋、H. 井上、M. 滝川 一酸化窒素は、培養ウサギ関節軟骨細胞におけるマトリックスメタロプロテイナーゼのインターロイキン-1誘導性の遺伝子発現および塩基性線維芽細胞増殖因子を媒介します J Biochem(東京)、123 (1998 )、pp。431 – 439 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 13年 GA マレル、D. チャンは、RJ ウィリアムズ 一酸化窒素は、関節軟骨におけるメタロプロテイナーゼ酵素を活性化します BIOCHEM Biophys RES COMMUN 、206 (1995年)、頁。15 – 21 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 14年 JR Berrazueta 、A. Losada 、J. ポベダ、A. Ochoteco 、A. Riestra 、A. サラス、ら。 経皮ニトログリセリンによる棘上筋腱炎による肩痛症候群の治療成功 二重盲検試験 痛み、66 (1996 )、頁。63 – 67 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar 15年 H. Holthusen 、J. アルント 一酸化窒素は、皮内注射に人間の痛みを呼び起こします Neurosci LETT 、165 (1994年)、頁。71 – 74 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 16 ラットのザイモサン誘発性関節炎の関節炎性炎症性疼痛における一酸化窒素の二重作用 JCS ロシャ、MEB ペイショト、S。 ジャンカー、FQ クンハ、RA リベイロ、FAC ロシャ Br J Pharmacol 、136 (2002年)、PP。588 – 596 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 17年 R. ストゥープ、P. BUMA 、PMの ファンデKraan 、AP オランダ、RC ビリングハースト、THM Meijers 、ら。 ラットの前十字靭帯離断後の関節軟骨細動におけるII型コラーゲン分解 変形性関節症軟骨、9 (2001 )、pp。308 – 315 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 18年 AK Hielm-ビョークマン、E. Kuusela 、A. Liman 、A. Markkola 、E. Saarto 、P. Huttunen 、ら。 犬の慢性変形性関節症に伴う痛みの評価方法の評価 J Am Vet Med Assoc 、222 (2003 )、pp。1552 – 1558 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 19年 J. Fernihough 、C. ジェントリー、M. Malgangio 、A. フォックス、J. Rediske 、T. Pellas 、ら。 ラット膝の変形性関節症の2つのモデルにおける疼痛関連行動 痛み、112 (2004 )、頁83 – 93 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar 20 CR Tonussi 、SH Ferreira ラット膝関節カラゲニン無力化試験:中枢および末梢鎮痛薬のための客観的スクリーニング Pain 、48 (1992 )、pp。421 – 427 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar 21 FAC ロシャ、AGM Aragão ジュニア、RC オリベイラ、MML ポンペウ、MR ヴァーレ、RA リベイロ 関節周囲炎ザイモサン誘導関節炎で歩行障害を促進します Inflamm RES 、48 (1999 )、PP。485 – 490 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 22 G. のLi 、J. Suggs 、T. ギル 刺激筋肉負荷の下で膝関節機能上の前十字靭帯損傷の影響:三次元計算機シミュレーション Ann Biomed Eng 、30 (2002 )、pp。713 – 720 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 23 KD ブラント、EM Braunstein 、DM ビスコ、B. オコナー、D. ヘック、M. アルブレヒト 前方イヌにおいて(頭蓋)十字靭帯離断:変形性関節症の真正なモデルではなく、単に軟骨損傷および修復の J Rheumatol 、18 (1991 )、pp。436 – 446 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 24 LA Setton 、DM Elliott 、VC Mow 変形性関節症を伴う軟骨の力学の変化:ヒト変形性関節症と関節変性の実験モデル 変形性関節症軟骨、7 (1999 )、頁。2 – 14 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 25年 BL O’Connor 、DM Visco 、PI Rogers 、LA Mamlim 、KD Brandt 同側肢からの感覚入力の中断の有無にかかわらず、片側膝関節不安定 症 の犬の連続力プレート分析。 変形性関節症軟骨、7 (1999 )、567 – 573ページ 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 26 JA Vilensky 、BL O’Connor 、K. Brandt 、EA Dunn 、PI Rogers 前十字靭帯トランザクション後の体幹と四肢の関節の連続的運動学的分析:変形性関節症の イヌモデル における時間的、空間的、および角度変化 J Electromyogr Kinesiol 、4 (1994 )、pp。181 – 192 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 27年 TP Andriacchi 、D. Birac 前十字靭帯欠損膝で機能テスト CLIN整形外科、288 (1993年)、頁。40 – 47 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 28年 K. 小林、R. 今泉、H. Sumichika 、H. 田中、M. 合田、A. 福成、ら。 ラットにおけるヨード酢酸ナトリウム誘発実験的変形性関節症と関連疼痛モデル J Vet Med Sci 、65 (2003 )、pp。1195 – 1199 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 29年 H. 石井、H. 田中、K. 加藤、H. 中村、M. 長島、S. 吉野 変形性関節症を有する患者の滑膜においてT細胞およびTh1 / Th2型サイトカインの浸潤のキャラクタリゼーション 変形性関節症軟骨、10 (2002 )、277 – 281ページ 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar 30 I. 斎藤、T. コシノ、K. 中島、IM Uesug 、T. 斉藤は、 変形性関節症の膝の炎症性滑膜における細胞浸潤の増加しました 変形性関節症軟骨、10 (2002 )、PP。156 – 162 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 31 KD ブラント、SL マイヤーズ、D。 バー、M。 アルブレヒト 変形性関節症、前十字靭帯切断後54カ月後のイヌ関節軟骨、軟骨下骨および滑膜の変化 Arthritis Rheum 、34 (1991 )、1560 – 1570ページ Scopus Google Scholarでレコードを表示する 32 DA ウォルシュ、M.の サーモン、PI MAPP 、J. ウォートン、N. ギャレット、DR ブレイク、ら。 正常および炎症を起こしたラットおよびヒト滑膜への微小血管サブスタンスPの結合 J Pharmacol Exp Ther 、267 (1993 )、pp。951 – 960 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 33 A. カラン、MA カラン、P. Vural 、N. Erten 、C. Tascioglu 、C. Aksoyの、ら。 変形性膝関節症患者における滑液性一酸化窒素濃度 CLIN Rheumatol 、22 (2003 )、PP。397 – 399 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 34 IG チャールズ、RM パーマー、MS ヒッキー、MT ベイリス、AP チャブ、VS ホール、他 ヒト軟骨細胞由来の誘導型一酸化窒素シンターゼをコードするcDNAのクローニング、特性化および発現 Proc Natl Acad Sci USA 、90 (1993 )、pp。419 – 423 Google Scholar 35 JP ペルティエ、D. ヨバノビッチ、JC フェルナンデス、P. マニング、JR コナー、MG カリー、ら。 誘導型一酸化窒素シンターゼの選択的阻害による in vivo での実験的変形性関節症の進行の抑制 Arthritis Rheum 、41 (1998 )、pp。1275 – 1286 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 36 D. Spreng 、N. Sigrist 、T. Jungi 、A. Busato 、J. ラング、H. フィスター、ら。 頭蓋十字靭帯破裂犬の頭蓋十字靭帯、滑膜および関節軟骨における一酸化窒素代謝産物の産生 Am J Vet Res 、61 (2000 )、pp。530 – 536 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 37 AR アミン、PE ディチェーザレ、P. Vyasさん、M. Attur 、E. Tzeng 、TR Billiar 、ら。 ヒト変形性関節症罹患軟骨細胞における一酸化窒素シンターゼの発現と調節:上方制御された神経型一酸化窒素シンターゼの証拠 J Exp Med 、182 (1995 )、pp。2097 – 2102 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 38 AM Loening 、IE ジェームス、ME Levenston 、AM アナグマ、EH フランク、B. クルツ、ら。 ウシ関節軟骨の有害な機械的圧縮は軟骨細胞アポトーシスを誘導する Arch Biochem Biophys 、381 (2000 )、pp。205 – 212 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 39 PS Grabowski 、PK Wright 、RJ Vant’Hof 、MH Helfrich 、H. Ohshima 、SH Ralston 滑膜における誘導型一酸化窒素シンターゼおよび関節リウマチおよび変形性関節症における軟骨の免疫 局在 Br J Rheumatol 、36 (1997 )、pp。651 – 656 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 40 PK ムーア、AO Oluyomi 、RC Babbedge 、P. ウォレス、SL ハート L – N G -ニトロ-L-アルギニンメチルエステルは、マウスにおいて抗侵害受容活性を示します Br J Pharmacol 、102 (1991年)、PP。198 – 202 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 41 MG Osborne 、TJ Coderre カラギーナン誘発熱痛覚過敏に対する一酸化窒素シンターゼ阻害剤の髄腔内投与 に対する 効果 Br J Pharmacol 、126 (1999年)、頁1840 – 1846 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 42 KO Aley 、G. マッカーター、JD レヴァイン ラットに痛みや侵害受容器感作におけるシグナリング一酸化窒素 J Neurosci 、18 (1998 )、pp。7008 – 7014 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 43 D. Kindgen-Milles 、JO Arndt ヒトの静脈からの痛みの発生における化学的関連としての一酸化窒素 Pain 、64 (1996 )、pp。139 – 142 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar 44 IDG Duarte 、BB Lorenzetti 、SH Ferreira 末梢鎮痛および一酸化窒素 – サイクリックGMP経路の活性化 ユーロJ Pharmacol 、186 (1990年)、頁289 – 293 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 45 GR Lauretti 、R. de Oliveira 、MP Reis 、AL Mattos 、NL Pereira 経皮的ニトログリセリンは整形外科手術後の脊髄スルフェンタニル術後鎮痛を増強する Anesthesiology 、90 (1999 )、pp。734 – 739 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 版権の©2006年のOsteoArthritisの研究協会インターナショナル。Elsevier Ltd.が発行します。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1063458406000148