このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

1997/1998年以来、米国の成人における疼痛有病率は25%増加した。

2013/2014までに約6800万人の成人が作業活動を妨げる痛みを感じました。

疼痛関連の干渉レベルの上昇は、より高いオピオイド使用と関連していました。

疼痛管理のための強力であるが弱くないオピオイドの使用は時間とともに増加した。

疼痛管理のための医療提供者への訪問は時間とともに減少した。
抽象
我々は、全国的に代表的な医療費パネル調査のデータを使用して、非癌性疼痛有病率および疼痛関連干渉の全体的な割合、ならびに疼痛管理に直接起因する医療用途における18年の傾向を決定した。痛みを伴う健康状態を報告している成人の割合は、1997/1998年の32.9%(99.7%CI:31.6-34.2%; 1億2000万人)から41.0%(99.7%CI:39.2%-42.4%; 178百万成人)に増加した2013/2014に(p 傾向 <0.0001)。痛みを伴う健康状態に関連した重度の疼痛関連障害を有する成人のうち、特に疼痛管理のための強力なオピオイドの使用は、1997/1998年の11.5%(99.7%CI:9.6-13.4%)から24.3%に2倍以上増加した。 2013/2014年には(99.7%CI:21.3-27.3%)(p 傾向 <0.0001)。小さい増加(p激しいオピオイド使用における相互作用 <0.0001)は、最小の疼痛関連干渉を有する者において見られた:1997/1998年の1.2%(99.7%CI:1.0-1.4)から2013年の2.3%(99.7%CI:1.9-2.7%) 2014年 小さいながらも統計的に有意な減少(p 傾向 <0.0001)が以下に見られた:1)痛みを伴う外来診療を1回以上受けた、痛みを伴う健康状態を有する成人の割合:56.1%(99.7%CI:54.2-58.0) 1997/1998年には%)、2013/2014年には53.3%(99.7%CI:51.4-55.4%)。2)自分の痛みのために少なくとも1つの緊急治療室を訪れた割合。9.9%(99.7%CI:8.6〜11.2%)〜8.8%(99.7%CI:7.9〜9.7%)。3)一晩以上入院したときの痛みの割合:3.2%(99.7%CI:2.6-4.0%)から2.3%(99.7%CI:1.8-2.8%)。 展望 我々のデータは、米国における過去20年間の痛みを伴う健康状態の管理における変化を示しています。特に激しい疼痛に関連した干渉を持つ人々において、強いオピオイド使用は依然として高いままです。オピオイドのリスク/ベネフィット比に関するヘルスケア提供者と一般市民の追加教育は正当化されるようです。 キーワード 痛みの有病率痛み関連干渉疼痛管理長期的傾向、オピオイド 開示 RLN、BJS、TF:外部からの資金援助は提供されなかった。著者は競合する利益を持ちません。BSはこの原稿の計画、分析および執筆の際に連邦請負業者として働いており、この契約の一部としてこの仕事を行っています。 ©アメリカ疼痛学会に代わってElsevier Inc.が発行 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1526590018304802