このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
顎関節(TMJ)の内部異常(ID)の治療において、摘出術、椎間板切除術単独、および腹部真皮脂肪移植片(D + ADFG)を用いて達成された転帰を比較し、失敗した症例を簡単に議論すること。 2回目の手術が必要でした。
患者と方法
これは、保存療法に反応しなかったために膀胱摘除術(A群、n = 6)、椎間板切除術のみ(B群、n = 8)、またはD + ADFG(31人)(女性27人、男性4人)を対象としたレトロスペクティブ研究です。グループC、n = 17)。TMJのIDはすべて一方的でした。視覚的アナログスケール(VAS)および最大歯間開口部(MIO)での機能的下顎疼痛強度を術前および最新の術後検査(平均、30ヶ月)で記録した。術前および術後の結果を各群間および各群内で比較した。
結果
全体として、TMJ症状の軽減に関して、B群とC群の患者はA群の患者よりも予後が優れていた。MIOの術後の増加は、A、B、およびC群で統計的に有意であった(それぞれP <0.027、P <0.017、およびP <0.000)。椎間板切除術を受けた関節(BおよびC群)を有する患者は、最近の追跡調査で疼痛スコアが有意に改善された(P <0.05)。31人の患者のうち6人(19.3%)(3人の膀胱摘出術、1人の椎間板切除術、および2人のD + ADFG)では、持続的な症状のため手技が失敗したとみなされ、2回目の手術が行われた。 結論 ADFGを伴うまたは伴わない椎間板切除術は、疼痛を軽減し関節機能を改善するという点で髄膜摘出術より明らかに優れていた。しかし、症状の改善に関して二椎間板切除術グループに有意差はなかった。 前の記事次の記事 キーワード 顎関節TMJ椎間板切除術腹部真皮脂肪グラフト内部の混乱 ☆ この研究は、2016年9月13〜16日にロンドンで開催された第23回頭蓋骨頭蓋外科手術学会のポスター発表として発表されました。 全文を見る Cranio-Maxillo-顔面手術のための©2017欧州連合。Elsevier Ltd.が発行します。 https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1010518217300598

関連記事はこちら